03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-08-25 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

黄金坂ハーフウェイズ黄金坂ハーフウェイズ
(2011/07/01)
加藤 実秋

商品詳細を見る

第一話 「春・月夜小路に猫たまる」
第二話 「夏・黄金坂まつり奔走」
第三話 「秋・学校ジャージで鹿鳴館」
第四話 「冬・すずしろ町ゲッタウェイ」
第五話 「ふたたび春・黄金坂ハーフウェイズ」

 あの「インディゴの夜シリーズ」が面白かったので、今作にも期待! スカイエマさんのジャケ画も雰囲気出て良いな~!! 以下BOOKデータベースよりあらすじ。

江戸情緒とほのかなフランスの香り、東京の新名所、黄金坂。
裏通りのバー、HOLLOW―会員制なのに立ち呑み、しかも昼酒限定―ここを事務所代わりに素人探偵を始めることになった就職浪人の隼人と、同級生の楓太&謎のバーテンダー、イズミ。賑やかでバカみたいで「あのころ」みたいに楽しい日々。だが…。


 ううむ。「インディゴ」と比べてはイカンと思いつつ、なんとなくなんとなーく、テイストは似たカンジ。あんなに弾けたキャラ達は登場しませんけどね。
 就活がなかなかうまくいかない隼人と親の商売のおかげで働かずともやっていける同級生の楓太。
 隼人が地方の大学を卒業して地元・黄金坂に帰ってきたことから、二人の腐れ縁は復活。そして楓太の馴染みの店であるらしい、なぞの会員制立ち呑みバーHOLLOW。ここの妖しげなバーテンダー・イズミを交えた3人が地味に探偵業を始めてしまうという展開。とある店を舞台にしてそこに縁ある人物が素人探偵業に手を染める……というところが、ちょっと「インディゴ」と似てるかなと。クールでナゾなイズミもなんとなく憂也とキャラが被りそうで。

 でもメインは隼人と楓太のゆるい友情物語。サバサバしていて空気みたいな存在。時折激しく衝突するけれど、いつのまにか仲直りしている。そのもったいぶらなくて、適度な距離感ある友情がなかなかリアルで読んでいて納得できたかも。
 お互いまともに就職できなくて社会の落ちこぼれを自認している。傷をなめ合うわけでなく、自分の置かれた立場を充分理解してなんとかそこから抜け出そうとあがき、衝突する。ヘンに上っ面だけの友情ではなくて、お互いにむき出しの感情をぶつけ合うシーンが多々あってちょっと新鮮だった。

 一応ミステリーにカテゴライズされるかと思うんだけど、謎解きとしてはご近所モノ。ブレーンはイズミでちょっと安楽椅子探偵ならず、カウンター内探偵といった様相。彼の推理を行動派?の隼人と楓太が実証してゆく──といったパターン。
 彼らの探偵業の原動力はなんといっても地元・黄金坂のため。愛する地元を守るために必死こいて奮闘する姿も滑稽で微笑ましい。
 そんなコメディ要素に、隼人と楓太が学生時代につるんでいたメンバー達の実は屈折した過去の関係も絡んできたりして終盤はちょっとダークな展開に。

 作者サンお得意の昭和なガジェットは健在。今回はイズミが愛読しているマンガがそうだった。思わずくすっと笑ってしまうタイトルのラインナップ。
 ミステリーも絡めながらのモラトリアム期真っ只中・隼人と楓太の友情と成長物語といったトコロでしょうか。相変わらずのテンポ良い作風でサクサク読めてしまいました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 加藤実秋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-03-09 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

Dカラーバケーション(インディゴの夜)Dカラーバケーション(インディゴの夜)
(2010/04/22)
加藤 実秋

商品詳細を見る

 図書館に9月に予約してやっと今手元に……半年待って読むのはたったの2・3時間……なんか虚しい気がするな。以下アマゾンより内容紹介。

風営法の改正に合わせ、営業形態を変更させたclub indigo。カジュアルなカフェ風の二部を設け、若手ホストが接客を担当するようになる。
他者に興味を持たないイマドキな若手ホストはトラブルを運んでくるし、渋谷警察署の豆柴は殺人事件に巻き込まれるし、開店以来一度も休んだことのない憂夜が突然休暇を取れば厄介で大きな問題が巻き起こる―。
愛すべきホストクラブに集う、一風変わったホスト探偵団の活躍を描く、シリーズ最高傑作登場。


●7days活劇 ─セブンデイズロンパース─
●サクラサンライズ
●一剋
●Dカラーバケーション …の4篇収録。

 面白かったです~。洒落てて気軽に読める1冊というカンジですね~。ずっとこのシリーズのカバーを手掛けているワカマツカオリ様のイラストもあいかわらず素敵です!
 今回も都市伝説(口裂け女のパクリでエコ女とか)やら、ローマの休日テイストやら、女子に人気のスウィ~ツ絡みやら、宝石強盗やら、ネタがバラエティに富んでいて楽しませてくれました。
 で、特に自分的に好みなのが、以下の2作品。

サクラサンライズ
 まるで、インディゴ風ローマの休日と言ってもいいような。アラビアのとある国から来たカリームが麻薬事件に巻き込まれてしまい、その窮地をクラブ・インディゴメンバーが絶妙なチームワークで救い、事件を無事解決。 
「抱きしめてTONIGHT」・「横浜銀蠅」等々、昭和のかほりをプンプンさせながらクラブオーナー・晶姐さんが今回も頑張ってます。
 実は小国の国王であったカリームとインディゴメンバーとの束の間の出逢いと別れと友情。爽やかで、ユーモア溢れる秀作。

Dカラーバケーション
 Dカラーって、ダイヤモンドの最高品質(特に色)のことなんだそうで。その盗難ダイヤモンドを巡るインディゴメンバーの活躍と、club indigoの柱である憂也の過去の謎を絡めたストーリー展開。さらに、オカマのなぎさママの魅力・迫力全開といったカンジですかね~。
 個性的なキャラクターを存分に活かしながらも、強気の昭和なヒロイン・晶の存在感もしっかり感じさせる。ミステリー部分もなかなかだと思うし、なんといっても作者のユーモアセンスに脱帽!!

 コメディ+ミステリーで一気に読んでしまいました。全シリーズ通して旬のネタをミステリーの素材にするアイデアに感心しきりです。
 シリーズは今作で一区切りなのかなあ? この作者サンの他の作品も読んでみたいなと、つくづく思ってしまいました。タイトルにもセンスの良さを感じますしね。ドライでスタイリッシュな作風が好みです!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 加藤実秋
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
半年も待ったのですねー(><)
確かにこの軽さだと、読むのは2.3時間ですねー(笑)

私。最近軽いのばかり読んでいるから、
時間掛かる本、読めなくなっていたりしてぇ~(苦笑)

今はルパンがおもしろくって仕方がない!です。
でも、言い回しが古いから、何度も読み返したりして、結構時間掛かってます(^^;)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんにちは~i-178
> 半年も待ったのですねー(><)
> 確かにこの軽さだと、読むのは2.3時間ですねー(笑)
あんなに待ち焦がれたのに、みるみる間に読み終わっちゃってなんかボー然。
とっても面白かったからいいんだケド。

> 今はルパンがおもしろくって仕方がない!です。
> でも、言い回しが古いから、何度も読み返したりして、結構時間掛かってます(^^;)
きゃ~!!
ルパンを面白いといってくれるのですね~!!
なんだか嬉しいです☆
残念なのが、やっぱり訳の古さですよね。
今読むとなんじゃ?コレ?
と思ってしまう文章がいくつか。
わかります~♪

個別記事の管理2010-08-11 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

チョコレートビースト―インディゴの夜 (創元推理文庫)チョコレートビースト―インディゴの夜 (創元推理文庫)
(2009/02)
加藤 実秋

商品詳細を見る

返報者
マイノリティ/マジョリティ
チョコレートビースト
真夜中のダーリンの4篇収録。
 
ホワイトクロウ (インディゴの夜) (創元推理文庫)ホワイトクロウ (インディゴの夜) (創元推理文庫)
(2010/02/10)
加藤 実秋

商品詳細を見る

プロローグ
神山グラフティ
ラスカル3
シン・アイス
ホワイトクロウの5篇収録。

 面白くて2冊一気に読了。
 ホストで探偵という、ある意味斬新で衝撃的だった第1シリーズの、ミステリーやギャグ・ユーモアの質を落とすことなく、そのテンションを維持していることに感動。
 第2シリーズまでは前作をほぼ踏襲して、この作品のヒロインでもあるclub indigoのオーナー、晶の一人称でハナシは展開してゆく。が、第3シリーズ「ホワイトクロウ」でちょっと趣向を変えているのに、思わずニヤリ。

 神山グラフティ・ラスカル3・シン・アイスの3作はまったく晶の登場はナシで、三人称語りでの展開。晶のあのボケといいグチりがないのが、ちと残念ではありましたが、それはそれ。そのかわりホストの面々+αのキャラクター達も加わって、謎解きに縦横無尽・八面六臂の活躍!
 そのちょっと変わったエッセンスの3篇が、ラスト「ホワイトクロウ」で収斂されていく構成には思わずやられたッと思いました。

 何にせよ、この作品を一言で表現するならスタリイッシュという言葉に尽きますね。それはclub indigoに降りかかる事件のキーワードを見ても一目瞭然!
 巨大落書き・路上生活者・タトゥー・ホスト選手権大会等々。すべてイマドキの素材を巧く扱って、ミステリーに仕立てている作者サンのセンスとアイデアに脱帽!

 前後しますが、第2シリーズのチョコレートビーストの4編も粒ぞろいの面白さ。
 特に瞠目したのがマイノリティ/マジョリティのパソコンパスワード解除のエピソード。伏線張られたキャラ登場も巧いし。よくできてるな~と。
 でも何と言ってもタイトルとなっているチョコレートビーストが秀逸の出来&面白さ。このタイトルを読んで、自分は最初野獣でも登場するのかと思ったし。
 で、さんざん気を揉ませた揚句のオチは何とも微笑ましく心憎かった。

 とにかく何から何までセンス良くお洒落。人を食ったところもあるけれど、ハートフル&ユーモラス。2転・3転するハナシに気持ち良く裏切られる推理……ミステリーとしての展開もなかなかだと思うのですが。
 ゴージャスなホストの世界を舞台にしていますが、ちっともゴージャスじゃないヒロイン晶のフツーのアラサー加減、時折現れるフツーのグチや怒り。このヒロインに親近感湧きまくりです。もうすでにこの時点で作者サンの術中に、この作品の魅力にハマッている自分なのでした。
 次回作をゼヒお願いします~


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン 
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 加藤実秋
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

NoTitle * by 藍色
ホストたちの行動に心の中でいちいちツッコミを入れている晶…という構図が凄く楽しいです。
トラックバックさせていただきました。

Re: NoTitle * by 惺
>藍色様
テンポ良くセンス抜群の作品かな~と個人的に思ってます☆
またもTBありがとうございました!!

個別記事の管理2010-08-04 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

インディゴの夜 (創元推理文庫)インディゴの夜 (創元推理文庫)
(2008/03/11)
加藤 実秋

商品詳細を見る

 ちょくちょくおじゃまさせていただいているのびんこ様のブログで知った作品です。ドラマ化されていたのは知っていましたが、のびんこ様のレビューを拝見して、これは是非一読しよう!! と思い立ちました。以下、文庫背表紙よりあらすじ。

「クラブみたいなハコで、DJやダンサーみたいな男の子が接客してくれるホストクラブがあればいいのに」
フリーライター・高原晶の一言から生まれた、渋谷のホストクラブ。店の評判は上々だが、なぜか次々と事件に巻き込まれる晶たち。
それらを解決するために、個性的なホスト探偵団が夜の街を活き活きと駆け巡る!


インディゴの夜・原色の娘・センター街NPボーイズ・夜を駆る者 の4編収録。

 様々な作品を読んで思うことは、作中人物=キャラクター次第でその作品の面白さは決まるのだなァということ。
 最近読んだモノで言うと「風が強く吹いている」しかり、「インザプール」の伊良部しかり。魅力的な登場人物でないとどうしても作品に感情移入が出来ない(あくまで自分の場合)……ということが、このハナシを読んでよ~く理解できました。

 とにかくすべてのキャラクターが素晴らしいし面白い! ひとりもムダな人物がいないし。個性の書き分けがしっかりしてて、かぶるキャラがいない。それに彼らの洒落た会話、特にイマドキの会話にムリがない。陳腐じゃないというのかな? あまりにも自然で、作者サンのセンスの良さをひしひしと感じました。

 ホストで探偵? となるとラノベ或いはライトな作品かと思いきや、出版社はあの「創元推理文庫」! 作者サンのその実力のほども確かです。
 テーマもトランスジェンダー(オカマ?)、少女売春や区長選挙絡みの土地買収等々手を変え品を変え、様々なジャンルを扱っていて飽きさせない。それでいて、ホロッとさせるエピソードも混ぜていて、う~ん、なかなかやってくれますね~と唸ってしまいました。

 語り手のヒロイン、ホスト達の頼れる姉御、晶のサバサバした感じも最高。最初、作者サンは男性かな? と思ったけれど、あとがき読んで納得。このヒロインは絶対女性じゃないと描けないと思う。この晶というキャラクター創造がこの作品の最大の魅力でもあり、成功の一端でもあるのかなと。塩谷との毒のある夫婦漫才チックなやりとりも堪らない~!

 全編通して乾いた、ムダのない文体。そしてまんべんなく散りばめられたギャグにユーモア。キャラでピカイチは、もちろん天下無敵のなぎさママ。自分的には晶の相手によって変わる着メロがツボでした。

「原色の娘」で思わず涙腺が緩んだ自分です。こういう落とし所も巧いな~と、やられたな~と思ってしまいました。もちろん続編の「チョコレートビースト」も読むつもり。タイトルからしてとっても気になるじゃありませんか!! 楽しみです☆

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 加藤実秋
* Comment : (10) * Trackback : (1) |

おもしろそう * by 読書系女子
なんともスタイリッシュな表紙!
「魅力的な登場人物」そそられますね~~☆
これはおもしろそう。

NoTitle * by ひいち
こんばんは~♪
私も加藤実秋さんの本がきになっていて、
先日、「ヨコハマB-side」を読んだばかりです~♪
「インディゴ・・・」も「チョコレートビースト」も読みたいな。。

Re: おもしろそう * by 惺
> 読書系女子様e-420

サクッと読めるけど、ホロッとさせられる。面白くてあっという間に読了! っていうのがイイですよ~。
第3弾まで出ているらしいので、多分全部読むつもりです♪
おススメしま~す☆

Re: こんばんは☆ * by 惺
> ひいち様e-343

おおおっひいちサンもこの作者サンの読者でしたか~!
「ヨコハマB-side」も面白そうですね☆
「インディゴ」は自分的には文句なしの面白さ。おススメしますッ!
「チョコレート」は図書館から借りているので、読むのが楽しみ☆

おお~! * by のびんこ
わたくしなんぞの記事でそんな風に思ってくださって、ありがとうございますe-259

>この晶というキャラクター創造がこの作品の最大の魅力でもあり、成功の一端でもあるのかなと。
なるほど~
そうやなぁ、晶さんがもっと普通の女の人だったら、こんなに魅力的なお話じゃなかったかもしれないですね。
ドラマでは、違う設定になってて、塩谷にだまされて出版社を終われ、雇われ店長になる、みたいな感じみたい。
見てないから分からないけど、ちょっと残念な設定やな、って思いました。

私もまだ2冊しか読んでないから、ぜひぜひこの先も読みたいです!!

Re: おお~! * by 惺
>のびんこ様e-420

そうなんだ~。塩谷にだまされるって……やっぱオリジナルの設定のほうがいいな~。
面白くてあっという間に読んじゃいました!
次も読みたくてどうしようもない状態。
のびんこサンのレビューのおかげ☆
ありがとうございましたッe-466

こんにちは。 * by 伊織
大変ご無沙汰しております。
毎日毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか??

「インディゴ~」のこのシリーズは以前から気になっていた1冊で去年の時点で既に購入していたにも関わらず、未だに積ん読本です。
なので続編の新刊も出ましたが、まだしょっぱなからして読めていないのでもぅこのままいっそのこと図書館で借りてやろうかと思っています(汗)

図書館本だと返却期限があるのでいいですが、積ん読本はあれば満足という状態に陥りがちです…。

はぁ~一体いつになったら積ん読本は減るのでしょうか…(涙)
ってか、「インディゴ~」が既に部屋のどこにあるかすらわかっていないということに今気付いて愕然としました。。。


久しぶりに来た挙句、長々と失礼しました!

Re: いらっしゃいませ~☆ * by 惺
> 伊織様e-398

お元気でしたか? PCの具合はいかがでしょうか?
暑い日にもめげず、何とか日々を暮らしております。
巷で話題?の「インディゴ」サン。とっても面白かったですよん☆
シリーズ3作あるらしいのですが、ラッキーなことに勤務図書館でキープできまして、いつ読もうかと虎視眈々な自分です。
積ん読本は自分もヤバいです。最近発見したのですが、自分は図書館で予約待つよりも買ってしまえ~!傾向にあるようです。なので必然的に部屋が本だらけに。
なんとかしなくては……e-263
また、いつでもいらしてくださいね~。伊織サンのところにもお邪魔します☆

NoTitle * by 藍色
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

Re: NoTitle * by 惺
> 藍色 様 v-353
わ~!! 自分の稚拙な記事にTBありがとうございます☆
こちらも喜んでさせていただきます。
コメントありがとうございましたe-466

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。