10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-25 (Sun)
ご訪問ありがとうございます☆

光媒の花 (集英社文庫)光媒の花 (集英社文庫)
(2012/10/19)
道尾 秀介

商品詳細を見る

 久しぶりの道尾秀介。初期作品しか読んだことがなかったのと、秀作との噂高いので挑戦してみました。以下BOOKデータベースより内容。

印章店を細々と営み、認知症の母と二人、静かな生活を送る中年男性。ようやく介護にも慣れたある日、幼い子供のように無邪気に絵を描いて遊んでいた母が、「決して知るはずのないもの」を描いていることに気付く……。三十年前、父が自殺したあの日、母は何を見たのだろうか?(隠れ鬼)/共働きの両親が帰ってくるまでの間、内緒で河原に出かけ、虫捕りをするのが楽しみの小学生の兄妹は、ある恐怖からホームレス殺害に手を染めてしまう。(虫送り)/20年前、淡い思いを通い合わせた同級生の少女は、悲しい嘘をつき続けていた。彼女を覆う非情な現実、救えなかった無力な自分に絶望し、「世界を閉じ込めて」生きるホームレスの男。(冬の蝶)など、6章からなる群像劇。大切な何かを必死に守るためにつく悲しい嘘、絶望の果てに見える光を優しく描き出す、感動作。

第一章 隠れ鬼 / 第二章 虫送り / 第三章 冬の蝶 / 第四章 春の蝶 / 第五章 風媒花 / 第六章 遠い光

 連作短篇集。実は道尾氏の短篇って初めてかも。前に読んだのが「向日葵の咲かない夏」だったのでギャップがありすぎて(個人的に良い意味で)。ジャンルとしてミステリー&ホラーしか読んだことがなかったので、こんなにしみじみとした感動作自体も初めてのような気が。印象に残った作品をいくつか。

第一章 隠れ鬼
 なんか、ツルゲーネフの「初恋」を連想してしまった。ジナイーダとその彼女に恋する少年というシチュがね。とっても。
 認知症の母親という設定がとてもリアリティあって良かったし、少年の苦い初恋エピソードなのかと思いきや、ラストのオチにミステリーが絡んでくるところがさすがだなと。中年男性の悲哀が感じられて複雑な思いも。

第三章 冬の蝶
 これもなかなか悲惨な話で。とあるホームレスの男の回想形式で話が展開。
 そのホームレスの少年だった頃の淡く残酷な初恋譚。よもや少年が犯罪に手を染めるのかと思いきや、実は…というまさかのオチが巧いなと。

第五章 風媒花
 とある姉弟のストーリー。それまでの流れでこれもかなり哀しげな話なのかなと思っていたら、ラストがこれまたやられたなといった感じ。
 母親と確執がある弟。そのふたりを案じる姉。その彼女が突如として入院することに。思わしくない症状。よもや命の危険が…といった時に弟がとった行動は? 一枚上手の姉が見事。正直騙されました。明るいラストが良かった。

 などなど、決して大仕掛けではないけれど、どの話もじんわり心に沁みてくるような印象的なものばかり。まさかのオチにまんまと引っ掛かったりして、とても面白く読了できた。
 解説を読んで、この話は円環に繋げているとの指摘があったのだけど、まさにその通り。それぞれの主人公が次作に登場したりとなかなか凝った構成で、自分的にご町内感動作と名付けたくなった。
 この作品読んで、道尾作品の印象がかなり変わったかも。ちょっと他の作品も読んでみたくなりましたね。文句なく面白かったです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 道尾秀介
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-01-07 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る

 直木賞作家の道尾氏←思いっきり今さらですが。 久しぶりに読みました。以下BOOKデータベースより内容。

明日から夏休みという終業式の日、小学校を休んだS君の家に寄った僕は、彼が家の中で首を吊っているのを発見する。慌てて学校に戻り、先生が警察と一緒に駆け付けてみると、なぜか死体は消えていた。
「嘘じゃない。確かに見たんだ!」混乱する僕の前に、今度はS君の生まれ変わりと称するモノが現れ、訴えた。
―僕は、殺されたんだ。半信半疑のまま、僕と妹・ミカはS君に言われるままに、真相を探る調査を開始した。


 解説に「好き嫌いが分かれる作品ではあるだろう」とありますが、まさにその通りかと。
 自分的には申し訳ない×でした。流石に文章は巧みで素晴らしいと(自分がこう言うのもものすごくおこがましいのは承知です、スミマセン)思うのですが、如何せんストーリーが……これはミステリーになるのですよね……一応……(>_<)

 読了後どうしてだかカフカの「変身」を連想してしまって。幻想性(?)と現実性が巧くミックスされていると言っていいのかどうか……あ、そもそもそういう観点で読んでいいのか自分的に自信がないのですが。
 ミステリーとしてもうーん、どうも自分的にはこじつけ感が否めなくて。主人公は9歳設定なんだよね? こんなしっかりした9歳児まずいないよな……ってそこから感情移入ができなかった、ハイ。

 二転三転する容疑者もなんだか堂々巡りのような気がしたし、犯人の動機もイマイチ訳がわからなかった。
 主人公の母親もやはり少し薄っぺらいカンジがして……。
 なので自分的には合わなかった作品だったのでしょう。でもなんだかんだ言って、惹きこまれて一気に読了しちゃったんですけどね。
 これ以上書くと収拾つかなくなるのでここらへんで失礼いたします。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 道尾秀介
* Comment : (12) * Trackback : (4) |

* by HappyFlowerPop
今年もどうぞよろしくお願いします。

これは私の初道尾作品でした。
正直期待したほどじゃないって思ったんですけど
そのあと何冊が読んでいくうちに
いつの間にか大の道尾秀介ファンになっていました(笑)




Re: happyflowerpop 様☆ * by 惺
こちらこそヨロシクお願いいたします。

> これは私の初道尾作品でした。
> 正直期待したほどじゃないって思ったんですけど
> そのあと何冊が読んでいくうちに
> いつの間にか大の道尾秀介ファンになっていました(笑)
意外なストーリーにビックリでした。
ミステリーかと思っていたら違う方向に……(汗)
自分も早く道尾作品の魅力を感じたいです~!!

ご挨拶が遅れまして * by 道楽猫
昨年は色々と楽しかったです♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

私は道尾作品はこれしか読んでないんですが、とても面白く読みました。
怖かったのでもう一度読もうとまでは思いませんが^^;
妹の正体とか、スミダさんも実は…とか
色々衝撃的でした。

* by ひいち
あれ?
この本読んだ事あるけれど、
こんな内容だった?全然覚えてない!
こんなに思いっきり内容すっぽり抜けているのって
珍しいな・・・うーん。なんでだろ。
もう一度読んでみよう。

道尾さんは、作者さんご本人のお姿も素敵ですよね(^∀^)

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
こんばんは!
> 昨年は色々と楽しかったです♪
自分もです~!
bk1書評の鉄人♪とかね!

> 私は道尾作品はこれしか読んでないんですが、とても面白く読みました。
> 怖かったのでもう一度読もうとまでは思いませんが^^;
> 妹の正体とか、スミダさんも実は…とか
> 色々衝撃的でした。
なるほどなるほど!
やはり合う合わないが分かれる作品なのね!
ミステリーではなくホラーとして読むのだと
やっと知りました。乙一氏を真似て
黒道尾もしくはブラック道尾として読めばいいのかしらー?
確かに衝撃的でした!
道楽猫サン、こちらこそ本年もヨロシクお願いいたします。

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
そうそう!道尾氏はイケメン作家サンですよね。
作風にギャップを感じてしまいましたが、
やはりそこも魅力なのかも!

思っていたストーリーと全然違ったので
ホント衝撃的だったなあ。
でも惹きこまれて一気に読んじゃいました!

* by ゆう
これ、読んでみたいと思っていたんです。
あらすじを読んでミステリーと思ってたんだけど、ホラーに近い感じなのかしら。だったら苦手な部類かなぁと思いつつも、「好き嫌いの分かれる作品」なんて言われると、また気になっちゃったりして。

こんばんは * by 読書系女子
向日葵読んじゃったのですね。
コワイですよね~これv-12
道尾秀介さんはホラー作家だったのか!と衝撃でした。
見た目とのギャップが・・
ツイッターでもたまにホラーっぽいつぶやきをしておられますw

Re: ゆう様☆ * by 惺
こんばんは!
自分は最初てっきりミステリーかと思っていたのですが、
実はホラーっぽいです。
すごく面白いって方とうーん、イマイチという方がいて、
ホント好みがわかれる作品なんだなって思いましたね~。
でも読みだすと惹きこまれて一気に読んでしまう
という不思議な作品でもありました!


Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんはー!
> 向日葵読んじゃったのですね。
読んじゃいましたよう~!

> コワイですよね~これv-12
> 道尾秀介さんはホラー作家だったのか!と衝撃でした。
てっきりミステリーかと思っていたから衝撃だった(汗)
怖いというよりも、キモチワルイという印象が強かった…!

> 見た目とのギャップが・・
> ツイッターでもたまにホラーっぽいつぶやきをしておられますw
ホントにビックリですよー、イケメン作家サンが!!
ま、でもそこもきっと魅力なのね。
ホラーっぽいつぶやき…!! 
一体どんなつぶやきなんだろう?

個別記事の管理2010-10-13 (Wed)
ご訪問ありがとうございます☆

ソロモンの犬 (文春文庫)ソロモンの犬 (文春文庫)
(2010/03)
道尾 秀介

商品詳細を見る


 いつもお邪魔させて頂いている読書系女子様のブログで紹介されていた道尾作品です。
 本来なら「シャドウ」→「ソロモンの犬」→「ラットマン」の順で読むのがおススメとのことですが、読書系女子様に倣って敢えて逆から読了していくことに挑戦!
「 ラットマン」がかなり重く感じられた作品だったのですが、こちらは大学生4人組の貴重なひと夏の経験的な物語でした。もちろん、ミステリー絡んでます。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、まだ幼い友・陽介の死で破られた。
飼い犬に引きずられての事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。
そして予想不可能の結末が……。


 青春だなァ……。まさにこの一言。前半ヒーロー(というか探偵役?)秋内のなんともシャイというか純なヤツというか、ズレ具合が何ともいえずツボです。
 密かに想いを寄せる智佳に対する脳内妄想とジレンマ描写の巧さに、思わず笑いが。作者サン、もしかして自分のかつての経験を描いていらっしゃる? と錯覚してしまうくらい。こんなコミカルなキャラもお描きになるのね~と、ちょっと意外な感じが。

 で、この秋内クンが前半の探偵役なんですが、あらすじ読むと結構本格ミステリーを思わせます。が、ここが道尾作品の一筋縄ではいかないトコロ。
 大学生4人の思惑が交錯し、意外な真実が判明するのも面白い。そして一応ミステリーと銘打っているのですが、その動機も犯人も犯行手口も判然としない。さらに、後半になって探偵役が鮮やかに交代するのにもビックリ!
 自分的にはこの後半探偵役・間宮助教授がお気に入り! 謎解き部分はちょっとこじつけかな? って思うトコロもあったけど、飄々としてちょっとおトボケ的な彼がナイス!

 この作品、いっそミステリー仕立てにしないで、思いっきり青春モノにしたらもっと楽しめたのにな~。ラストの秋内と智佳の関係もなかなか清々しい。
 そして影の主役はもちろんタイトルにもなっているオービー(犬)だと密かに思っているのですが。何気に活躍してたし。間宮の良い相棒になりそうな予感。
 ソロモンの犬=賢者の犬=間宮の犬という図式は成り立たないかしら?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 道尾秀介
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

NoTitle * by ひいち
んー?「シャドウ」と「ソロモンの犬」は読んだので、
次は「ラットマン」なのね。
私は意図せず、普通の順番で読むことになりそうデス(笑)
次の図書館デーに借りられるといいなー☆☆

ここ数日、読書が進んでいませぇん(><)

Re: NoTitle * by 惺
>ひいち様v-353
順当に読んでいらっしゃいますね~。
「ラットマン」意外と重かった。最初ネズミ男のハナシかと思ってたし。
2転・3転する展開にビックリですよ~!
お試しあれ~☆

脳内妄想! * by 読書系女子
記事にリンクありがとうございます。
かたじけない。

秋内くんの脳内妄想はかなり笑えましたね^^
あのイケメンさんが「もしかして自分のかつての経験を描いていらっしゃる?」…なんて私も錯覚しちゃいましたi-237

それにしても、間宮先生、強烈キャラでしたよね~~

Re: 脳内妄想! * by 惺
>読書系女子様v-353
こちらこそご紹介ありがとうございます!
間宮センセーもっと他の作品にも出てこないかな? 探偵役として。

そしてそして、次はいよいよ「シャドウ」かな?
フフフ……楽しみだヮ☆

個別記事の管理2010-08-16 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

ラットマン (光文社文庫)ラットマン (光文社文庫)
(2010/07/08)
道尾 秀介

商品詳細を見る

 何かと話題の作家サン。初・道尾秀介です。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

結成14年のアマチュアロックバンドのギタリスト・姫川亮は、ある日、練習中のスタジオで不可解な事件に遭遇する。次々に浮かび上がるバンドメンバーの隠された素顔。
事件の真相が判明したとき、亮が秘めてきた過去の衝撃的記憶が呼び覚まされる。
本当の仲間とは、家族とは、愛とは──。

 ものすごく感動!! とか、涙ボロボロ~とかいう作品ではないです。静かに淡々と展開していく内容、というカンジがしました。
 特に序盤から中盤にかけては伏線張りまくりで、注意して読んでいないとラストの謎解き部分でえ? 何々? こんな描写あったっけ? となってしまいます。それほど、終盤にかけての畳みかけるような急展開が自分的に斬新でした。

 ただ、それが効果的かというと……ちょっと無理を感じたのが正直なところ。この人物が犯人なんだろうな~と思わせといて、実は……というのも、もちろん嬉しい誤算であり展開なんですが、それがあんまりにも頻繁にありすぎると、どうしてもこじつけ感が否めない。事件解決の大団円後、素直に理解・納得が出来なかったのが少し残念でした。

 亮の家族関係もあまりにも極端設定のような気がするし。それに呼応するひかりの家族関係も、う~ん、共感し難い。
 ただ、亮の負った心の傷、過去のトラウマから逃れられない心情なんかは痛いくらい伝わってきて、終盤、母親との関係に微かな明るい兆しが見えたことに、思わずほっとしてしまったのも事実。そして何より、タイトル「ラットマン」ときちんと絡んでくるラストが秀逸でした。なるほど~こうくるのか~と1本取られたカンジです。巧いです! 他の作品も読んでみたくなりましたね。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 道尾秀介
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

それでも読まずにいられない(笑) * by 読書系女子
>あんまりにも頻繁にありすぎると、どうしてもこじつけ感が否めない。

そうですよね~。おもしろいといえばおもしろいのですが、…。
ここまで頻繁じゃなくても十分読ませる内容だと思うので、もう少しシンプルでも良かったかなぁ~?

道尾秀介さんのファッションをみていて、バンドマンっぽいな~、と思っていたのですが、ラットマンを読んで、ますます昔(今も?)バンドマンだったのかなぁ~、と思いました。

NoTitle * by かちお
はじめまして。
タイトル含め興味の魅かれたブログですのでリンク貼らせていただきました。

ちょくちょく訪問させて頂きます。

Re: わかるわかる☆ * by 惺
>読書系女子様e-398

ウンウン、言えてますね~。だってあんなに詳細なスタジオや機器の描写なんて、経験者じゃないとできない気がする。本人にも充分雰囲気あるし! 是非聴いてみたいものだわ~。ホントにバンド経験者だったら☆
コメントありがとうございました!

Re: はじめまして☆ * by 惺
> かちお様e-420

この稚拙・偏り・雑食ブログでよろしければ喜んで!!
自分もちょくちょくお邪魔させていただきます☆
今後ともどうぞヨロシクお願いいたしますe-466

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。