07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-09-03 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

異邦人 (新潮文庫)異邦人 (新潮文庫)
(1954/09)
カミュ

商品詳細を見る

 セレクト基準はただひとつ。猛暑がなかなか終わらないから(意味不明です。ゴメンなさい)です。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して人を殺害し、動機について「太陽のせい」と答える。
判決は死刑であったが、自分は幸福であると確信し、処刑の日に大勢の見物人が憎悪の叫びをあげて迎えてくれることだけを望む。
通常の論理的な一貫性が失われている男ムルソーを主人公に、不条理の認識を極度に追及したカミュの代表作。


 「今日ママンが死んだ」・「太陽のせい」というセリフが有名。
 真夏の描写がものすごく印象的で、この作品に対しては、前出の2セリフとうだるような夏の描写に対するイメージしかないです。
 よく「不条理小説」とも言われますが、その不条理ってなに? の世界だったので、一応調べてみました。

 不合理であること、あるいは常識に反していることを指す。なんらかのものあるいは人とうまく調和しないことを意味する。通常の予測を外れた行動または思想であり…… ~ウィキペディアより引用~

 なるほど~。この定義に照らし合わせると、まさにこの通りの小説であり、主人公だなと。
 主人公ムルソーの一人称で語られる展開。淡々とした語りと、その奇妙な精神世界に結構のめり込んでしまいます。喜怒哀楽の欠落と感情の変化に乏しい彼の行動に否が応でも引き込まれてしまう。
 中盤、彼が殺人を犯すシーンが秀逸。例え読んでいる季節が冬だったとしても、ダラダラと汗かきそう。真夏の暑さに取り憑かれたようなムルソーの異常性の描写がとっても巧い。

 第2部は主に裁判シーンになるのだけれど、そこでもまた薄皮を剥ぐようにムルソーの不条理な思想と行動が顕著に暴露されてゆく。
 そして死刑判決を受け、司祭に対して向けられるムルソーの激しい感情の発露がこの小説の最大の見せ場かと。

 何故異邦人というタイトル? という疑問も解説を読んで納得。
 我々が生きる世界において、生活を混乱させないために我々はウソをつく。しかし、ムルソーはウソをつくことをしない。ゆえに彼はわれわれの社会において異邦人なのだ、と。

 ムルソーが自ら犯した殺人の理由などは、なんか現代にも通じるモノがあるなと思ってしまう。
 常人には理解できない理由で人を殺める人、多いですよね。通り魔とか、学校に押し入るとか……。この作品を読んでふと、そんなことを思ってしまいました。

 この作品の素晴らしさは理解できます。が、学生の頃に何度読んでもムルソーという人間が理解できず。そして今回久しぶりに再読しましたが……やはり彼の心情を理解できない自分なのでした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 異邦人
* Comment : (12) * Trackback : (1) |

太陽のせい * by 読書系女子
ホント暑いですよね~
割とすぐ本を処分してしまうワタクシですが、この本だけはなぜかずっと持っています。

だれもがムルソー的なところも持っているのではないかと思いますが、その部分を一人の人物として書き上げたところがすごい、と思ったり。。。

Re: 太陽のせい * by 惺
> 読書系女子様e-420

> だれもがムルソー的なところも持っているのではないかと思いますが、その部分を一人の人物として書き上げたところがすごい、と思ったり。。。 ← なるほど! そうですよね。人間、善人の部分だけではないし。読書系女子サン、鋭いな。自分はまだまだ読みこみが浅いな~と実感☆
いつもコメントありがとうございます!!

青春の書でした * by キヨハラ
主人公が理解できなくても、何度もお読みになるという根気に脱帽です。

私はいたく共感を覚えたような…そう読書系女子さんがおっしゃているような自分の中のムルソー的なものとそれを貫く生き方に。…なんちゃって、20年以上前に読んだ本。あらすじも何もまるっきり忘れていたんですけどね。『転落』はさらに面白かったような気がします。
京浜東北のTVのセイン・カミュを見るたび、おじいちゃんを思い出します。

Re: 青春の書でした * by 惺
> キヨハラ様v-353

いつもコメントありがとうございます☆

>主人公が理解できなくても、何度もお読みになるという根気に脱帽です。
   ← いや~単に読解力が無いだけですe-263 キヨハラさんや読書系女子サンのような読み方もあるのか~とひたすら感心してます。「転落」も機会があれば挑戦してみようかな~。

> 京浜東北のTVのセイン・カミュを見るたび、おじいちゃんを思い出します。
   ← なになに~? ものすごく気になります! 見てみたい!!

* by キヨハラ
セイン・カミュがワンポイント英語学習プログラムをやってます。週替わりで。たぶん山手線も同じプログラムをやっていると思います。

Re: タイトルなし * by 惺
>キヨハラ様v-354
そ~なんだ! 今度チェックしてみます! 面白ソ☆

言い直し * by キヨハラ
あ、もしかして、
惺さんが気になったのは
> …おじいちゃんを思い出します。
の方ですか?
だとしたら、表現が不適切でした。
誤解のないように表現すると、下記のようになります。

普通のテレビ番組ではあまり見かけなくなったセイン・カミュは京浜東北のTVプログラムで見かけます。セイン・カミュを見るとセイン・カミュのおじいちゃんであるアルベール・カミュを思い出します。そして『異邦人』と『転落』には感動したくせにちっとも内容を思い出せないなあと思わされるのです。

Re: 言い直し * by 惺
> キヨハラ様v-353
詳しい解説ありがとうございます~v-354
両方共に良くわかりました!
セイン・カミュのじいちゃん、同性同名なんだ~って、もしかしてこの作者じゃないよね?
セインさん、FC2の広告で毎日出てくる。キヨハラさんのとこには出てこない?
ま、ど~でもいいことでしたe-263
今度電車の車内モニター? 注意して観てみま~す☆

読みたくなった~ * by 読書系女子
>>惺さま
>>キヨハラさま

惺さまのレビューやキヨハラさまのコメントを読んでいたら、久しぶりに「異邦人」読みたくなりました~~!!

私も、読み進めるうちに「いたく共感を覚え」ました。
セインさん、英語の先生みたいなタレントさんですよね。
お祖父様がフランスなのに不思議~
もしかしてセインさんはフランス語もできるのでしょうか???

Re: 読んで~ * by 惺
>読書系女子様e-420
> 惺さまのレビューやキヨハラさまのコメントを読んでいたら、久しぶりに「異邦人」読みたくなりました~~!!
   ← 是非読みましょう☆ これぞ「異邦人の輪」……しょ~もなくてスミマセンe-263

> セインさん、英語の先生みたいなタレントさんですよね。
> お祖父様がフランスなのに不思議~
> もしかしてセインさんはフランス語もできるのでしょうか???
   ← ヒマだったので調べたら、セイン・カミュの大叔父(母の父の弟)が、この作品の作者サンとのこと。え゛~~と今さらビックリな自分!! 皆様知ってました? 知らなかったの自分だけ?
セインさんはおフランス語はどうなのでしょう? 数ヶ国語を喋れるとウィキには書いてあるけれど……なんか喋れそ~な気がする。思いっきり個人的に。

たのしいコメントありがとうございました☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。