01≪ 2017/03 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-02-06 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

椿姫 (岩波文庫)椿姫 (岩波文庫)
(1971/01)
デュマ フィス

商品詳細を見る


 高級娼婦マルグリット・ゴーチェと、いいとこのお坊ちゃんアルマン・デュバールとの決して結ばれぬ悲恋。あまりにも有名な作品です。
 表紙の女性はこの作品のヒロイン、マルグリットのモデルになったマリー・デュプレシスという、やはり高級娼婦さんだそうで。著者デュマのつかの間の恋人だったらしい。つーことは、著者は自分の恋愛体験を多少アレンジして作品に仕上げたとのこと。う~ん、さぞや素晴らしい恋愛だったのだろう……。いやいや悲恋に終わったのかもしれん。

 小説の構成が少し凝っていて、アルマンがとある人物に自分の恋バナを語って聞かせるという手法をとっていて、物語終盤、マルグリットの書簡と日記で構成される展開に入ってからは、怒涛の勢いで読ませて泣かせてくれます。

 自らも私生児だった著者はおのずと社会的弱者に温かい視線を投げかけます。この場合の対象は、当時社会の底辺である、恥ずべき娼婦に身を堕とさなければならなかったマルグリットに対してだと。
 偽りの愛を売る娼婦の中にも真実の愛を知っている者もいるのだと、著者はラストでアルマンの話をずっと聞いていた人物にそう言わせています。

 
ムーラン・ルージュ プレミアム・エディション [DVD]ムーラン・ルージュ プレミアム・エディション [DVD]
(2009/02/13)
ニコール・キッドマン ユアン・マクレガー

商品詳細を見る


 コレなんの予備知識も無く観たんですが、モロ「椿姫」ですヨ!
 「ムーラン・ルージュ」を舞台に繰り広げられる、キッドマン=マルグリットとマクレガー=アルマンの悲恋。
 くどくどしいほどの極彩色の映像と、キッドマンの美しさ、細さッ! 何とも強烈。
 劇中歌、確か「ロクサーヌのタンゴ」?とか何とかいう曲はあまりにも有名。フィギュアスケートで、以前高橋大輔とキム・ヨナが使用してました。えらくいい曲ですッ☆

 ロミジュリと共に世界中で愛される悲恋。自分も大好きです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト
Theme : オススメの本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 椿姫
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

はじめまして♪ * by 伊織
先日は当HPまでお越しいただいてありがとうございました☆
足跡を辿って遊びに参りました、伊織と申します。

ムーラン・ルージュ、私も見たくってたまらなかったんですが、まだ見れていないままです。
でも悲恋ものってなぜか避けがちになってしまうんですよね…(汗)
一度レンタルして鑑賞してみることにします!

ではではお邪魔いたしました~♪

Re: はじめまして♪ * by 惺
>コメント頂き、とっても嬉しいです☆
ムーラン・ルージュいいですよ~。オススメします。
朝倉卓哉も読んでみたいです。自分の好みだと、どうしても偏りがちになってしまうので。
また遊びに行かせていただきます!

拙いブログにわざわざお越しくださいましてありがとうございましたe-420

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。