05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-03-24 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

降霊会の夜降霊会の夜
(2012/03/07)
浅田 次郎

商品詳細を見る

 確か新聞の書評を読んで気になり購入。久々の浅田次郎作品でした。以下BOOKデータベースより内容。

謎めいた女の手引きで降霊の儀式に導かれた初老の男。死者と生者が語り合う禁忌に魅入られた男が魂の遍歴の末に見たものは……。
至高の恋愛小説であり、一級の戦争文学であり、極めつきの現代怪異譚――。まさに浅田文学の真骨頂!


 感想書くの難しいです。帯の惹句「至高の恋愛小説であり、一級の戦争文学であり、極めつきの現代怪異譚」というのに惹かれたのですが……果たしてその帯の通りの作品だったかというと、個人的にはそうではなかったような……難しいところです。
 思うに、きっと男性読者だったらかなり共感できる部分がたくさんあるのではないかなと。初老の主人公が自分の今までの過去・生き方を振り返り、あらためて自身に問うてみる──その手助けとなるのが、不可思議な西洋の老夫人。
 自宅の庭に迷い込んだ一人の不思議な女性。素性もわからぬその女性に導かれるまま、男は霊媒を生業とするミセス・ジョーンズの許へとたどり着く。
 そのシーンから一気にストーリーは幻想的・怪異的な世界へ突入してゆく。

 老夫人ミセス・ジョーンズは降霊術によって男の逢いたい人物に逢わせてくれるというのだ。半信半疑・戸惑いながらも男は降霊術の言うことを信じ受け入れる。
 子供時代に見捨てた友人。貧しく・家庭環境に恵まれず、友といえるのは男ひとりっきりであったその哀れな少年。その少年のことが今さらながら思い出されたからだ。
 父親のいうがまま、「当たり屋」として使われ最後は車にはねられて命を落とす。その少年にまつわる哀しく悲惨な事件を、降霊術によって甦る複数の霊たちが証言してゆく。実は少年の「死」に少なからず自分も関わったであろうことに、長年負い目を感じていた男の心は果たして救われるのか。

 もうひとつのエピソードは男が若き学生時代に捨てた恋人にまつわるもの。若さゆえの冷酷さで結果的に2人の女性を捨ててしまった愚かな自分。その贖罪のために霊媒師ミセス・ジョーンズを通して呼び出してもらった霊たちが今さらながら男にむかって切々と心情を吐露してゆく。

 若き日の至らなさと後悔と苦悩。人生の黄昏時となった現在、男の胸に去来するものは一体何だったのか?
 ラストの押し寄せる孤独と寂寥感がなんともいえず。きっと同年代の男性ならば感動必至のストーリーなのかなと。
 内容的には帯の通り、恋愛小説・戦争文学・怪異譚の3つの要素がコラボした作品なのですが、自分的には若干感動するに至らなかった。
 やはり女性の目で読んでしまうからなのかなあ? テーマもちょっとこじつけを感じてしまってすんなりと心に入ってこなかったというか……。
 自分的に少し消化不良の作品だったような気が……うーん、残念だなあ。 


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 浅田次郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-12-04 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

珍妃の井戸 (講談社文庫)珍妃の井戸 (講談社文庫)
(2005/04/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

 「中原の虹」にしようか「珍妃の井戸」にしようか迷いましたが、「蒼穹の昴」の次作はコチラらしいので、チョイス。読了後の印象、良く出来たサイドストーリー、またはリンク作品といった趣でした。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。
その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?
犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真実とは──。

 スケール的には「蒼穹の昴」には及ばないけれど、多視点から語られる趣向を凝らした構成・さりげにミステリー仕立ての展開に、序盤から否が応でも引き込まれてしまった。
 華麗に登場し、幕を引く狂言回しのミセス・チャンが秀逸! 

 幽閉された光緒帝の寵愛を受けた珍妃を殺したのは一体誰か? 
 このスキャンダルを逆手にとって中国での利権を手にしようとする、イギリス・ドイツ・ロシア・日本の高官たちが、あたかも探偵役となってその真犯人を追いつめる。
 史実では西太后の仕業であることが周知の事実だけれど、今作においては冒頭からその説は否定。真の犯人は他にいると信じて、新聞記者・元宦官・袁世凱・珍妃の姉、瑾妃・珍妃付きの大監・廃太子・光緒帝と、さまざまな地位にある7人から事情聴取し、珍妃殺害の真実に迫ってゆく。
が、事は簡単に進まず。芥川龍之介の「藪の中」のごとく各人の話はことごとく異なり、混乱する高官達。

 それと同時進行で光緒帝と珍妃の固い絆と、加えて末期的な清朝の情勢を浮き彫りにさせてゆくあたり、巧いな~としきりに感心。
 第一章で謎かけをし、第二章で新聞記者に清朝の現状を語らせて、読者にさりげなく歴史の理解を促す。そして第三章以下、様々な推論を投げかけて読者を翻弄し、独自の小説世界に引き込んでしまう。披露される幾通りもの珍妃殺害エピソードは、すなわち作者の優れた独自の歴史的見解の成せる技かと。

 誰が珍妃を殺したのか? 謎がいっこうに解けぬまま、遂に光緒帝にまで行きついた4人。彼の口から語られる恐るべき真実と真犯人。

 義和団の乱とそれを鎮圧するために介入した八カ国連合軍の暴挙。それがこの小説の重要な背景となっている。
 珍妃を中国に、そして探偵役と思しきイギリス・ドイツ・ロシア・日本の高官達をそれぞれの国に擬人化した作者の卓越した歴史観と配役の妙にひたすら脱帽!
 ストーリーとしてはそこそこ楽しめるといった程度だと。けれど、従来の歴史の定説を覆し、独自の見解を提示してそれを見事に小説世界に融合させている浅田次郎の職人芸を堪能させていただきました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 浅田次郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-11-10 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)蒼穹の昴(4) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

 読んでしまいました……面白いのと感動でしばし呆然。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

人間の力をもってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか──紫禁城に渦巻く権力への野望、憂国の熱き想いはついに臨界点を超えた。
天下を覆さんとする策謀が、春児を、文秀を、そして中華四億の命すべてを翻弄する。
この道の行方を知るものは、天命のみしるし"龍玉"のみ。


 1巻で正体不明の老婆・白太太に予言された、春児・文秀・王逸の主要3人のたどる数奇な運命。
 結果的にその予言を逆手に取って、自分で運命を切り拓き、夢を掴み取った春児が現時点での人生の勝者というべきか。

 清朝終焉を背景にさまざまな人物を織り交ぜ絡ませ、3人の人生を描いていく作者の手腕には、ただただ脱帽です。
 様々に張り巡らされた伏線が、終盤になるにつれ収斂されて感動へと結ばれる。
 虚実織り交ぜた人物とエピソードの見事な融合。史実をしっかりと踏まえた上での、作者の独自の解釈・見解。特に西太后・李鴻章のキャラクター造形は素晴らしかった!
 主要3人のキャラクターも個性豊か。もちろんその配置も見事。
 宦官の最高位に上り詰めた春児は滅亡しかかった清朝に、王逸はおそらく未来の共産党(中国)に、そして文秀は日本へと。
 それぞれがその後がどうなるのか、否が応でも先が知りたくなる。
 王逸がまだ子供の毛沢東に向かって、そしてラスト、文秀が手記の中で身分を越えて光緒帝に「同志」と呼びかけるシーンも、唸るほどの巧さ!
 暗に未来の中国の姿を示してますよね。

 この続きは「中原の虹」になるんでしょうか? だってまだ謎は残ってるよね~。「龍玉」は一体どうなったの?とか。 このキャラクター達はまた登場するのかな~? 「中原の虹」は張作霖が主人公とのウワサもチラッと聞いたけど。溥儀登場はまだかしら? 満洲国建国エピソードはあるの? などと妄想は果てしない。
 感動しすぎてマトモな感想が書けませんが、自分的に大当たりな作品でした。今年一番と言ってもいいかもです。
 紹介・おススメしてくださった、本読み人M様のびんこ様、ありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 浅田次郎
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

NoTitle * by のびんこ
>感動しすぎてマトモな感想が書けませんが
分かります!
めっちゃよい本って、読み終わった後は呆然としてしまって、ぜんぜん書けません~
だけど、惺さんのレビューとってもいいです!

>特に西太后・李鴻章のキャラクター造形は素晴らしかった
西太后のキャラ、よかったですよね。
こんな西太后は初めてと思いました。
李鴻章も、香港譲渡のシーンがとても印象深く覚えてます。

一気に読んで1時間睡眠で仕事に行ったことを思い出しました。
あ~ 再読したくなってきました~


Re: のびんこ様☆ * by 惺
>面白すぎました。
最後まで読めるかな? と思ったけれど、のびんこサンが言うとおり、一気に読めてしまいました~。
おススメしてくれてホント感謝です!!
再読したくなる気持ちわかります!
…にしても、1時間睡眠で仕事とは、のびんこサンかなりツワモノ。
それだけ読者をトリコにする罪な本!ということですね~。
コメントありがとうございました☆

こんばんは~ * by 本読み人M
ついに読み終えましたか!
私も再読したくなってしまいました♪
前に読んだときは図書館で借りたんですけど、文庫買っちゃおうかしらv-353

先日『中原の虹』を読み終わったんですけど…私はやっぱり『蒼穹の昴』の方が好き!と思いました。
再来週あたり記事アップすると思いますが、文句ばかりなので興を削いでしまうかもしれません ><

Re: 本読み人M 様☆ * by 惺
読みましたよ~!!
超・面白かったです~i-176
Mサンやのびんこサンがすすめてくれなかったら、おそらく読んでなかったし。
ありがとです。

> 先日『中原の虹』を読み終わったんですけど…私はやっぱり『蒼穹の昴』の方が好き!と思いました。
> 再来週あたり記事アップすると思いますが、文句ばかりなので興を削いでしまうかもしれません ><
前作の面白さを凌ぐのはやはり難しいんですね~。
「中原の虹」も近いうちに読んでみたいと思います。
Mサンの記事楽しみにしてま~す☆

個別記事の管理2010-11-09 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)蒼穹の昴(3) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

 ヤバイ……何なんでしょうか、この面白さ。時間があれば4巻まで一気に読んでしまいたかったんですが……はやく結末が知りたい!! ということで文庫裏表紙よりあらすじ。

落日の清国分割を狙う列強諸外国に、勇将・李鴻章が知略をもって立ち向かう。
だが、かつて栄華を誇った王朝の崩壊は誰の目にも明らかだった。
権力闘争の渦巻く王宮で恐るべき暗殺計画が実行に移され、西太后の側近となった春児と、改革派の俊英・文秀は、互いの立場を違えたまま時代の激流に飲み込まれる。


 あらすじにもあるとおり、李鴻章が全権をゆだねられてイギリスと締結する「展拡香港界址専条」のシーンが個人的に名場面だな、と。
 歴史的事実では、清はイギリスに屈して条約を締結したとなっています。が、作者サン、ここを最大の見せ場のごとく盛り上げます。
 交渉する李鴻章がカッコイイのなんの! もちろん卑屈さは皆無、潔し、そして感動的!!
 李鴻章を先見の明のある賢人として描き、新聞記者・トーマスに
「~イギリスは大変な犠牲を払って香港を返還しなければなるまい。九十九年かかって肥やした香港のすべてを、その都市機構もろともに返さねばならないんだ ~本文p227から引用~
 と語らせるあたり、巧すぎです。

 今作はかなり印象的なシーンがたくさんあって、読み応え充分。
 新たに登場の新聞記者・岡とトーマスが極秘に春児と会見する件。五十四章まるごと春児の独白となっているのですが……ここも読ませます!!
 誤解と偏見に満ちた西太后の真の姿と、己の感情を切々と語るあたり涙腺が崩壊すること必至です。
 しかし、春児=イエス・キリストに重ねるあたりは、さすがにそれはね……と思ってしまいましたが。
 感動のラスト、宦官たちの反乱? シーンも胸がすく思い。「春児=報われないすべての宦官たちの夢」という言葉にはものすごく納得。

 カスチリョーネとヴェネツィアングラスがどうも偽の龍玉と絡んでいるのでは? と思うのは深読みしすぎ?
 読みたくてとっても我慢できないので、最終巻は明日。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 浅田次郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-10-26 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る


蒼穹の昴(2) (講談社文庫)蒼穹の昴(2) (講談社文庫)
(2004/10/15)
浅田 次郎

商品詳細を見る

 滅びゆく中国清王朝末期を舞台にした有名な作品。自分的に好みな時代なので・今話題なので(ミーハーだなッ)読んでみました。涙と笑い満載の期待以上の面白さでした。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう──中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を信じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。
都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道。
(1巻)


官吏となり政治の中枢へと進んだ文秀。一方の春児は、宦官として後宮へ任官する機会を待ちながら、鍛練の日々を過ごしていた。
この時、大清国に君臨していた西太后は、観劇と飽食とに明けくれながらも、人知れず国の行く末を憂えていた。権力を巡る人々の思いは、やがて紫禁城内に守旧派と革新派の対立を呼ぶ。
(2巻)

 ただの史実のつなぎ合わせに終わらせていないところがさすがです。
 冒頭の占い師の老婆・白太太による予言の文言からもう、完全に小説世界に引き込まれた~!! この部分が作者サンのプロの技だな~と感嘆。

 内容も様々な要素が盛り込まれいて、飽きずにあっという間に読めてしまう。
 例えば、歴代皇帝が所有するというミステリアスな「龍玉」をめぐるエピソードはまるでファンタジーを彷彿させるし、ダブルヒーローの春児・文秀の二人がそれぞれの目的に向かって難題をクリアしていくところなんかは、まるでゲーム感覚で一気に読ませる。もちろん史実に忠実で歴史小説としても充分通用するのは言うまでも無いし。

 何より登場人物が皆、ものすごく魅力的。特に笑えたのが西太后!
 歴史上あまりにも悪名高い女性ですが、この小説においては何とも愛すべき人物として描かれているのが出色!! 
 彼女に関する通説とは真逆のキャラクター設定となっていて、しかも説得力がある。確執があるとされた光緒帝との関係も不自然さを感じないし。特に幻? 亡霊? となって現れる乾隆帝とのやりとりは、はっきり言って笑える!!

 まだまだ2巻読み終えたばかりなので、今後が楽しみ。
 歴史的に清朝の悲劇的な行く末は決定的なので、春児と文秀、その他登場キャラクターたちがどのような運命をたどり、己の人生を切り拓いていくことになるのか? 
 日本軍の不気味な影もチラッと描写されているので、そこらあたりも気になるところ。
 読み応え充分のエンタメ作品でした。この浅田次郎版中国近代史シリーズ(?)次読むとしたら「珍妃の井戸」なの?(違う?) え~、まだまだ先じゃん!!
「中原の虹」もすっ飛ばして、はやく「マンチュリアン・レポート」読みたいわ~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 浅田次郎
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

は、早っ… * by 本読み人M
私はまだ『中原の虹』の3巻アタマをうろうろしてます。
西太后のキャラクター造形は斬新ですよねぇ。
私は李鴻章おじさんも好きです♪

NoTitle * by ひいち
あ。これ、かなり前に読みましたが、
読み応えありましたねー。
もう、かなり内容薄れちゃってるな~。

また、読み返してみようかな?

↓ももちゃんシリーズ。
とっても可愛いですよね☆こちらも、また読みたい!

Re:乱読です……。 * by 惺
>本読み人M v-353
> 西太后のキャラクター造形は斬新ですよねぇ。
> 私は李鴻章おじさんも好きです♪

ド肝抜かれました。西太后の2重人格?ぶり。
李鴻章おじさん…って、イイ! サイコ~☆
ハナシは真面目なんだけど、この作品に登場する人物ってなんかラノベ的。
面白すぎる。
引き続き読みたいと思います。はやく「中原~」までたどり着きたいですe-263

Re: NoTitle * by 惺
> ひいち様v-353
>あ。これ、かなり前に読みましたが、
> 読み応えありましたねー。
> もう、かなり内容薄れちゃってるな~。

おお~! ひいちサンは既に経験者だったのね☆
自分はまだまだ未体験ゾ~ン。
今ハマり真っ只中です!

> ↓ももちゃんシリーズ。
> とっても可愛いですよね☆こちらも、また読みたい!

かなりハードな展開となるらしいので、自分も同じく読みたいです!
コメントありがとうございます☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。