10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-11-21 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)黄色い部屋の謎 (創元推理文庫)
(2008/01)
ガストン ルルー

商品詳細を見る

画像のタイトルは「黄色い部屋の謎」となっていますが、自分が読了したのは新潮文庫「黄色い部屋の秘密」なのです。アマゾンさんには新潮文庫版の画像が無くて、やむなくこちらの画像で。
 2008年発行なので、新訳なのかな?

 大昔に読んで当時ものすごく感激して購入した本。作者のガストン・ルルーは「オペラ座の怪人」で有名ですよね。自分はミステリーのこちらの作品でその名を最初に知ったので、え? 同じ作者だったの? とちょっとびっくりでした。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

世界的な理学者スタンジェルソン博士の城館の一室で惨劇が起きた。鍵と閂と鉄格子で固く閉ざされ、蟻の這い出る隙もないこの部屋から犯人は雲のごとく消え失せ、博士の令嬢が瀕死の傷を負って倒れていた。
犯人はどこから逃げたのか? そして犯人は誰か? 青年探偵ルルタビルは天才的な推理力を武器に敢然と事件に立ち向かう。
G・ルルーの名を不朽にした密室事件の古典的傑作。


 で、初読の時にものすごく感激したと思ったんですが……今読み返してみると、正直イマイチでした。何でだろ?
 密室事件のトリックとしてはよく出来てるなァと思います。なんたって時間差攻撃(!)というアイデアがスゴイなと。ただ、アイデアは素晴らしいのですが、その仕掛けがちょっとね……2段階に分かれて密室事件は起こるのですが、その2回目のトリックがなんとも自作自演っぽくてかなり残念感が。
 これはちょっとないんじゃない? という印象強くて自分的には納得しにくいトコロでした。

 そしてなにより一番残念だったのが、若干18歳にして新聞記者。そして天才的な推理力を誇る主人公・ルルタビルというキャラクター。この彼にイマイチ感情移入ができなかったんですよ~。
 未成年のクセに平気でパイプふかしてるは、年上に向かって不遜な態度をとるは、たかが駆けだしの新聞記者のクセに態度がいちいち上から目線だし。
 語り手の友人、弁護士・サンクレールもルルタビルに心酔しきっていて、他のオトナに対する非常に失敬な態度を目の当たりにしても完全スルー。
 誰からも愛される主人公像を目指しているのかも知れないけれど、う~ん、彼の魅力がイマイチ自分にはよく分からなかったのでした。

 ただ、作者サン見せ場がとても巧いな~と。ラスト法廷劇に突入するんですが、ここぞッ!! というシーンにルルタビルを巧く登場させるあたりがお見事。
 そして明かされる意外な犯人。これには自分もビックリでした。ちゃんと辻褄が合っているので、なるほどそうだったのか~と唸るばかり。冒頭からちゃんと伏線が張られていたんですよね。やはり作者サンの緻密な構成力の確かさを感じます。

 被害者だと思われていたスタンジェルソン博士の令嬢。その彼女に秘められた重大な秘密。密室事件の謎……等々、多少冗長な印象は否めませんが、このジャンルのパイオニアである作者サンのアイデアに敬服。
 探偵役も天才少年というトコロがまた当時としては斬新だったのかも。
 古典推理小説の名作。なかなか楽しめました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 黄色い部屋の秘密
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

僕も既読で~す^^ * by チルネコ
こんばんわ^^
ルルーも読んでらっしゃいましたかー。惺さんもいろいろ読んでるんですね~^^ちなみに僕は創元推理版です。古典推理ものは大体創元かな。
トリックのアイディアはそれなりに驚いたんですが、犯人はすぐわかっちゃいましたよね^^。古典のミステリは時がたってるのでトリックは後世のもののほうがやっぱ驚きますね。でも、古典には古典にしかない雰囲気、そして読ませ方の妙があるから辞められません^^
でもルールタビーユのキャラ立ち具合が一番気に入ったかも(笑)

Re: チルネコ様☆ * by 惺
>けっこう古典モノは好きみたいです。今さらながら気が付きました。
読むわりにミステリー慣れしてなくて、犯人最後までわかりませんでした。再読のハズなのにe-263

>古典には古典にしかない雰囲気、そして読ませ方の妙があるから辞められません
そうそう!! ソレなんですよ~。ソレが自分にとってかなりツボなんです!
ルルタビル(創元推理版の訳者サンはルールタビーユなんですね)はね~、自分はちょっとム・リなキャラでした。
同じ少年探偵なら、ルパンシリーズ「奇岩城」のイジドール・ボートルレ君の方がいいかもです。
でも、このキャラも結局はルルタビルのパクリだそうなので、ルルタビルは相当個性的なキャラなのでしょう。
コメントありがとうございました☆

古典ミステリー * by 道楽猫
じっ実は私、古典ミステリーってほとんど読んでないんですよね。
姉がアガサクリスティとかエラリークイーンとかが大好きで、家にいっぱい本があったにも関わらず、その頃はミステリーには全く興味がなかったのです。ああもったいない。
今になって、古典ミステリーを読みたいなぁと思っています。
まずはクリスティあたりから始めてみようかなぁ。

Re: 道楽猫 様☆ * by 惺
> 古典ミステリー好きなんですが、自分もそんなに読んではいないんです~。
本格ミステリーとは違うかもですが、今一番ハマッているのが「ルパンシリーズ」なんです。
冒険あり・ミステリーあり・ラブロマンス(ふふふe-266)あり、とかなり楽しめます。
クリスティも面白そうですよね。
昔NHKでよく観ました。ポアロとか☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。