07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-12-22 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

黎明に叛くもの黎明に叛くもの
(2003/11)
宇月原 晴明

商品詳細を見る

 いつもお邪魔させていただいている節約・やりくり・お小遣いひいち様のブログで知った作品です。歴史モノと知ってすかさず借りてしまいました。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

時は戦国。洛東はるかに、西域は波斯の暗殺教団“山の長老”伝来の暗殺の法を秘かに伝える山があった。
玉のごとき美貌を謳われ、山中深く刺客として養われた一人の稚児が、兄弟子とともに修羅の巷に下りる時、戦国一婆娑羅な悪党の伝説が始まる!
天下二分の夢を誓った兄弟子・斎藤道三への想い、昇る日輪のごとく台頭する若き織田信長への嫉妬と憤怒…。舞い踊る傀儡、乱れ咲く毒の花、神秘の霊薬、妖しの法を自在に操り、久秀は迫りくる千軍万馬に、独り立ち向かい続ける。
時代に先駆けながら、自らの誇りにのみ従い、時流に叛逆しぬいた男の華麗なる生涯―虚と実の狭間に屹立する、異形の戦国史。


 山田風太郎作品でもおなじみな戦国武将・松永弾正を描いた、いわゆるピカレスク・ロマンといった趣です。
 自分の中での弾正像は、極悪人・エ○ジジイ・策略家……等々、あまり良いイメージ無かったんです。ま、山田風太郎作品ではほとんどこの人物悪役として登場するので、仕方ないんですが……。
 が、今作を読んでそのイメージが一新!! 天下取りを切望しながらも成しえなかった悲哀を感じると同時に、群雄割拠の戦国時代を華麗に生き抜いた一人の(ホント)異形な武士としての生き様を魅せてくれました。

 彼の完全な史実・伝記と言う訳ではもちろんなく、松永弾正=幻術師・果心居士設定というのが目新しいトコロ。その彼が自分の分身?でもある「果心」を操り、敵対する武将を翻弄してゆく様がなんともユニークで幻想的。
 そして兄貴分である、斉藤道三との幼少時からの固い絆─二人で必ず天下を二分しよう─という約束を頑なに信じているトコロも何だか純粋で切ない。
 その敬愛してやまない道三が次第に織田信長に傾倒してゆくのに、弾正が嫉妬ともつかない複雑な感情を抱くあたり、かつてない人間味を感じてしまったし。

 歴史上独特な存在でもある弾正がとても魅力的に描かれていること。そしてコーランや聖書からの引用、彼が操る幻術などのアイテムがこの上なく作品を伝奇的・幻想的に仕上げていること……などからしても、今作はありふれた歴史小説とは一線を画してます。

 さらに織田信長をはじめ、徳川家康・明智光秀・木下藤吉・武田信玄・伊達正宗・濃姫等、有名人物もきらびやかに登場して楽しませてくれる。
 松永弾正の天下統一を目指す波乱万丈の生涯と究極のライバル・織田信長との邂逅・叛乱。激しくもアツい展開から一転してラスト、明智光秀の辞世の句がずしんとそして静かにココロに染みいります。

 最初図書館でこの本を手に取った時、あまりのブ厚さに呆然。まるで聖書を思わせる凝った装丁・ずっしりとしたハードカバーの重みに思わず「辞書か? コレ」と思ってしまった。
 が、読み始めたら何故か一気に読めてしまった。独特な作者サンの作風にやられましたね。
 新しい作品との出逢いを作ってくださった、ひいちサン。ありがとうございました!

 ほんとはね、こっちを借りたかったの~!! 1巻の画像が無いんだけどさ~ ジャケットにホレました。

      


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
 
スポンサーサイト
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 宇月原晴明
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

NoTitle * by ひいち
こんにちは☆
ふはー!惺さんがレビューすると、さすが!な内容になりますねー♪

私は自分が好き~ってだけで、ここまで上手に表現できません(トホホ)
楽しんで読んでもらえたようで、とっても嬉しいですー♪
素敵に紹介してくれて、ありがとうございます☆

この独特の歴史感が魅力ですね。
「信長」も楽しんでもらえるといいなー♪
これも分厚くて、読んでいると手も疲れたし、
頭も疲れました(笑)

いまさらなのですが・・・(笑)
こちらのブログリンク貼らせていただいてもいいでしょうか?

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは~♪
> この独特の歴史感が魅力ですね。
> 「信長」も楽しんでもらえるといいなー♪
そうそう、一種独特の雰囲気の歴史小説!
初めてですね~、こういうの。
「信長」も面白そうですi-176
時間を作ってじっくり読みた~い!

> こちらのブログリンク貼らせていただいてもいいでしょうか?
こちらこそ是非お願いします!!
さっそくリンクさせていただきました♪
これからもヨロシクおねがいします☆

ばんわー * by チルネコ
この方もファンタジーノベル出身ですよね~。あれなんだっけ?ぎゅどどすなんちゃらみたいなタイトルの(笑)これも面白うですが、分厚いんですねぇ~^^;この作家さんの作品が未読なのは、分厚さから食指が動かないからでございます^^。

Re: チルネコ様☆ * by 惺
こんばんは♪
> この方もファンタジーノベル出身ですよね~。
そうみたいですね。
読んでいるとよくわかります~。その賞出身の作家サンてちょっとクセがあるというか。

>あれなんだっけ?ぎゅどどすなんちゃらみたいなタイトルの(笑)
そうそう! わかります~!
信長のヤツですよね?
面白そうだけど、この作家サンのって、どの作品もブ厚そうなんで気合い入れて読まないとダメですね☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。