07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-07-21 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの事件簿 (新潮文庫)
(1953/10)
コナン・ドイル

商品詳細を見る

 先日「図解シャーロック・ホームズ」を読んでむしょうに本編を読みたくなって借りてきました! 以下文庫裏表紙より内容。

端正で知的な顔の背後に地獄の残忍性を忍ばせた恐るべき犯罪貴族グルーナー男爵との対決を描く「高名な依頼人」。
等身大の精巧な人形を用いて犯人の心理を撹乱させ、みごと、盗まれた王冠ダイヤを取り戻す「マザリンの宝石」。
収集狂の孤独な老人がその風変わりな姓ゆえに巻き込まれた奇妙な遺産相続事件のからくりを解く「三人ガリデブ」。
ますます円熟した筆で描く最後の短篇集である。

高名な依頼人
白面の兵士
マザリンの宝石
三破風館
サセックスの吸血鬼
三人ガリデブ
ソア橋
這う男
ライオンのたてがみ
覆面の下宿人

 内容にもあるとおり、まさに「最後の短篇集」という雰囲気が漂っていた作品でありました。ホームズの哀愁というか、寂寥というか。
 今までは主にワトソンがこの物語の書き手となっていたのだけれど、本作は結婚していなくなってしまった彼のかわりにホームズ自身が事件の全貌を書き残すという、ちょっと凝った趣向もあったりして。中でも印象に残った作品をいくつか。←全部面白かったのだけどね!

高名な依頼人
 極悪非道な男爵に騙され、結婚まであと一歩というところまで迫った恋は盲目な令嬢を、男爵の魔の手から救い出すためにホームズとワトソンが供に奔走する。手強い男爵に大けがを負わされながらもワトソンとの絶妙な連携プレーと、思わぬ助っ人の登場で無事令嬢に結婚を思いとどまらせる。
 あくどい男爵と対峙することとなったワトソンと、血だらけの包帯を頭に巻いて危機一髪のワトソンを助けるホームズの活躍が爽快!
白面の兵士
 突如失踪した友人の身を案じたとある人物の依頼を受けて解決に乗り込むホームズ。殺されたのか? 行方不明か? と心配したものの、実は不治の伝染病に罹って隔離されていたとの真相。しかし、ホームズの目はさらに真相を見極める。読後感良いハッピーエンディング。
 さらに、今作はワトソンが結婚でホームズの許を離れていたために、ホームズ自身が書き手となっているという変わり種。ワトソン不在の淋しさをチラリと吐露する心情が大変素直でよろしい。
マザリンの宝石
 ホームズの等身大の蝋人形が大活躍。トリックとして巧く活かされた結末。
三人ガリデブ
 「ガリデブ」という姓の人間を三人みつけたら、高額な遺産を相続できる。という奇妙な遺産相続に巻き込まれてゆくホームズとワトソン。
 遺産相続とみせかけて実はその裏には巨大犯罪に結びつきかねない秘密が。ここでもホームズの推理が冴える。
 犯人が放った拳銃の流れ弾にあたったワトソンをなりふり構わず心配するホームズの優しさに胸熱。
ライオンのたてがみ
 またもワトソン不在譚。とある不審な死を遂げた若者の背中には無数の謎めいた傷跡が。そして死の間際に残した「ライオンのたてがみ」という謎の言葉。不審な人物は多々挙がるが、犯人は意外にも……。

 とまあ、ホントに書ききれなくて。全作面白かったんですよ! 
 巻末の解説にもあるとおり、最後の短篇集ということで、作者コナン・ドイルもマンネリを避けて従来のワトソン語りとは違った、ホームズ視点で綴る話を用意したりと、そのサービス精神には頭が下がる。
 今年はロンドンオリンピックの年でもあるし、TVシリーズの「シャーロック」もかなり面白いみたいだし(自分も観たいの~!!)、ぜひぜひシャーロック・ホームズ読んでみてはいかがでしょう? 意外や意外、ホームズはワトソンにデレているという事実が判明したり。今作はツンデレなホームズを垣間見れること間違いなし!です。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-11-10 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

     

 面白そうなタイトルに惹かれて購入。シャーロックホームズですね。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

ある日、ベーカー街を訪れた若く美しい婦人。
父がインドの連隊から帰国したまま消息を断って十年になるが、この数年、さまった日に高価な真珠が送られてくるという……。
ホームズ達が真珠の所有者を捜し当てた時、無限の富をもつこの男は殺され、そこには"四つの署名"が──。
インド王族秘蔵の宝石箱をめぐってテムズ河に繰り広げられる追跡劇!


 シャーロック・ホームズシリーズの良いところはムダに長くないところ。でなお且つわかりやすいところだと。
 この話も冒頭からホームズがコカイン注射をしているところから始まって一気に引き込まれてしまった! え?コカイン? てちょっとビックリ。
 仕事の依頼がなくてヒマを持てあますとホームズはコカイン打っちゃうのね! いかんだろ、それは!! って突っ込み入れたくなりました。←どうでもいいんだけど。

 そんなホームズとワトソンの許にとある上品な婦人が訪れたことから事件は始まる。
 失踪した父、毎年送られてくる高価な真珠、そして突然贈られたナゾの人物からの面会を希望する手紙……などなどストーリーは急展開。
 ホームズとワトソンはもちろん事件解決に向けて動きだすのだが、婦人と同行した先で殺人事件に遭遇してしまう! その殺人事件を発端としてホームズの名推理が冴えわたる!
 前半は事件のあらましを。後半になって犯人の独白と共に、ホームズの推理の解説と大変わかりやすい。古典的展開といっちゃあそうなんですが、事件の裏に隠されたインド王室の秘宝とか、インド大反乱という背景を巧く使ったなるほど納得の事件と推理とその解決。

 で、今作の目玉はなんといっても語り手であるワトソン君のラブロマンスでしょう!
 え?え? そうだったの? もしかして一目惚け ボレ? 的なエピソードでちょっと驚いてしまいました。
 わりと薄めでサクッと読める作品。難しいコト考えずにホームズの世界を楽しめるかと思います~。自分的に、ストリートチルドレンで結成された「ベーカー街特務隊」がツボ。ホームズは人を使うのが巧いな~とつくづく思っちゃいますね!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
こんにちはー☆

私が、あさきゆめみしを何度も繰り返し読んではまっているうちに、惺さんはどんどんどんどんどんどん・・・・・!
読んでる~(>∀<)
すごいなー♪

でも、もうしばらく、源氏の君に浸りますぅ~♪

藤木凜氏の「バチカン・・・」シリーズ(>∀<)
右のプラグインに見つけちゃった~♪
藤木氏の本も好き~☆☆

心配してくれてありがとうね。
もう、お気持ちがあったかくて嬉しくて、
それだけで元気チャージ!でっす(^0^)
色々な事に負けていられないね。がんばるー!!!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
バチカンシリーズはジャケ買い!
もうもう藤木氏のイラストにホレました~(>_<)
読むのも楽しみ☆

人生…生きていくうちにはいろいろあるものね…←なんか演歌調ww
溜まったら吐き出して励まし合いながら頑張りましょー!

個別記事の管理2011-09-03 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)バスカヴィル家の犬 (新潮文庫)
(1954/05)
コナン・ドイル

商品詳細を見る


 以前読んだ「あさのあつこのマンガ大好き!」で、あさのセンセが読書の楽しさに目覚めた1冊。として挙げられていたので、これは読んでみようと。以下詳細は コチラ で!

 由緒ある男爵家に伝わる呪われた黒い犬の伝説。というこのモチーフだけでも自分的にポイント高いです。弱いんですよー。
 その呪われたバスカヴィル家の当主が突然謎の死を遂げる。死体には外傷がなくほとんど自然死か病死だと思われたが、実は現場には巨大な犬の足跡が!その死に対して疑問を抱いた、当主の主治医であった医師がホームズの許に謎の解明を依頼することから話は展開。

 ここまでがものすごくテンポ良くて一気読み。さらにその後、バスカヴィル家の新たな相続人・ヘンリーが登場するのだけれど、その彼をめぐって、不審者による尾行・持ち物の紛失など周囲で早くも不穏な動きが。
 実直な性格のヘンリーの身を護るため事件解明に乗り出すホームズとワトソンだったけれど、当のホームズは多忙を理由にほぼワトソンに丸投げ(!!)してしまうという……。
 それでもワトソンはホームズの言うとおりにヘンリーについてバスカヴィル家へと乗り込んでゆく。ホームズに対して逐一の報告も忘れずに。

 謎めいた執事のバリモアと妻、脱獄囚・セルデン、近所に住むステープルトン兄妹等々、怪しげな人物達が次々と登場。そしてさらにもう一人、ワトソンをつけ狙う謎の人物も現れて──と、目はクギ付け。
 ホームズシリーズってワトソン視点で書かれているんですよね。初めて読んだ時ビックリしました。後半はそのワトソンによるホームズへの手紙や日記による、バスカヴィル家の詳細な報告がメイン。なるほど、こういう構成も変わってて面白いなと。
 ワトソンも次第に事件の核心に迫っていくけれど、どうしてもあと一歩のところで真実を掴むことができない。彼が拾い集めた断片的な事実を、ラスト、ホームズが見事に収斂していき、謎がストンと解決してゆくのがなんとも爽快!

 呪われた犬というモチーフを巧く使った事件。トリックの他にも、舞台となった陰湿な沼原の情景描写もリアルだった。その気候までもトリックに組み込んでしまうという作者のアイデア。ある部分ではすぐにネタがわかってしまうというのもあったけれど、全体的に作品としてはとても楽しめました。
 皮肉屋ホームズに決して負けてないワトソン。シリーズの魅力のひとつである、このふたりのコンビの魅力も充分堪能できました!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
こんにちはー☆

あさのあつこさんが紹介
していたのね!それは私も読んで見なくっちゃ!
メモメモ・・・

惺さん本当に、たくさん読んでいるねー。すごい!羨ましい!
最近読み進まない自分が、もどかしい~(><)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
> あさのあつこさんが紹介
> していたのね!それは私も読んで見なくっちゃ!
そうなの~。
面白そうに紹介されてたから
ついつい読んでしまった!!
やっぱり面白かったです。わかりやすくて、ホームズとワトソンのコンビもいいし~☆
おススメかもです♪

個別記事の管理2010-12-27 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

緋色の研究 (新潮文庫)緋色の研究 (新潮文庫)
(1953/05)
コナン ドイル

商品詳細を見る

 ルパンを読んだので、シャーロック・ホームズも……という意味もない単純な理由で、記念すべき第一作のコチラをセレクト。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

文学の知識─皆無、哲学の知識─皆無。毒物に通暁し、古今の犯罪を知悉し、ヴァイオリンを巧みに奏する特異な人物シャーロック・ホームズが初めて世に出た、探偵小説の記念碑的作品。
ワトスンとホームズの出会いから、空家で発見された外傷のないアメリカ人の死体、そして第二の死体の発見……と、息つく間もなく事件が展開し、ホームズの超人的な推理力が発揮される。

第一部  元陸軍軍医 医学博士ジョン・H・ワトスンの回想録再刻
第二部  聖徒たちの国  

 短編なので、かなり読みやすかったです。
 あまりにも有名なホームズとワトスンとの出会いが描かれていると知って、期待していたのですが、あまりにも現実的過ぎてビックリ。
 今でいうルーム・シェアの相手として出会ったのね~、なんだかとってもリアリティ感じました。全編通してほぼワトスンの一人称で語られてますが、彼のホームズに対する第一印象はいかにも変人! が、しかし!! 次第に明らかになるホームズの才能と独特な個性に知らぬ間に惹かれてゆくという過程がまた面白い。

 第一部では2人の出会いとワトスンから見たホームズ像。そして事件発生とホームズの冴えた推理による、いきなりの犯人逮捕!
 突如出現した犯人に自分はえ? なぜ? どうして? と一瞬理解不能に。ホームズが小出しにする推理の断片だけで、何故にこうなるの? という疑問は第二部で解明されました。自分的にはこの第二部が面白かった。
 犯人が何故、いかなる理由で犯行に及んだのか、その背景をきっちりと描いていて読ませてくれました。
 とある宗教団体がからんだ復讐譚なのですが、いわゆる犯行の動機部分に当たるこの第二部があってこそ、作品により深みが増すのかな、と。
 そしてラストは犯人逮捕に至ったホームズの見事な推理の解説で締めくくる、という構成もなかなか。苦悶に満ちた被害者の死に顔・壁に残った謎の血文字……などなど、雰囲気をもりあげるアイテムは充分だったのだけど、その謎解き部分は、自分的にちょっとこじつけ感が否めませんでしたね。

 ホームズの兄さんのマイクロフトも相当な変人だわ~、と思ってましたけど、さすが弟! ホームズもかなりな個性の持ち主と知りました。
 ルパンが華麗な悪の怪盗とするなら、ホームズは質実剛健の変人探偵(失礼!)とでもいいましょうか。
 予想外の「イヤなヤツ」ぶりが何とも面白かったです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

ホームズ! * by semicolon?
ホームズとワトソンの出会いのシーンが大好きです。
驚きすぎて、私も鏡をじっくりみて自分を観察した記憶があります。
まー新発見を期待した私があほでしたが・・・(笑)。

Re: semicolon?様☆ * by 惺
> ホームズとワトソンの出会いのシーンが大好きです。
意外でした~!
もっと感動的なのかと思ってたら、淡々としすぎてた。
あの2人だからあんなカンジなのね~と、今は逆に妙に納得!

> まー新発見を期待した私があほでしたが・・・(笑)。
わはは……semicolon?サンはホームズシリーズお好きですか?
もしおススメがありましたら、いつでも良いので教えてください!
結構ハマりそう~☆

個別記事の管理2010-08-24 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)
(2010/07/27)
アーサー・コナン・ドイル

商品詳細を見る

 初・コナン・ドイルで、シャーロック・ホームズもの!
創元推理文庫の「シャーロック・ホームズ全集」の第2短編集ということで、これがなかなか面白かったです。以下文庫見開きよりあらすじ。

レースの本命と目されていた名馬が失踪し、調教師の死体が発見された。犯人は事件当夜に厩舎情報をさぐりにきた男なのか?
錯綜した情報のなかから絶対的な事実のみを取り出し、推理を重ねていくシャーロック・ホームズの手法が光る「<シルヴァー・ブレーズ>号の失踪」。
ホームズが最初に手がけ、探偵業のきっかけとなった「<グロリア・スコット>号の悲劇」、発表時イギリスに一大センセーションを巻き起こした、宿敵モリアーティー教授登場の「最後の事件」など、11の逸品を収録するシリーズ第2短編集。


<シルヴァー・ブレーズ>号の失踪・黄色い顔・株式仲買人・<グロリア・スコット>号の悲劇・マズグレーヴ家の儀式書・ライゲートの大地主・背の曲がった男・寄留患者・ギリシア語通訳・海軍条約事件・最後の事件 の11編収録。

 ホームズの優秀な右腕でもあり親友でもあるワトソンが、今まで2人で遭遇した事件、とくに印象に残った事件を備忘録として著している、という形でハナシは展開。
 11編様々な題材を扱っていて、それが成功しているハナシもあれば、はっきり言ってちょっと失敗? しているハナシもあって、とにかくバラエティ豊か。
 競走馬を扱った冒頭の「<シルヴァー・ブレーズ>号の失踪」は、作者があまり競馬に詳しくないために、当時いろいろと物議を醸した作品のようです。でも、謎解きとしては面白かったし、よくできてるな~と。

 特に印象に残った作品なんですが、自分的にかなり新鮮だったんで、11編すべてがイイ感じ。でも敢えて1編というなら、やはりラスト「最後の事件」かなァ?

 ホームズ最大の宿敵、モリアーティー教授が登場! と文庫帯には華々しく掲げてあるんですが、今作ではその教授との華麗な対決があるわけでもなく……ちょっと唐突感が否めないんですが、ラスト直接対決になるはずのモリアーティーとホームズの意外な幕引きに物哀しい余韻を感じさせ、一体彼らはどうなったの? と期待をもたせる終わり方に作者の巧さを感じました。
 次作のシリーズ名が「シャーロック・ホームズの生還」というので、ちょっと一安心!

 ちなみに、今作でホームズの兄、マイクロフトが登場(マイクロソフトって読んじゃった!)。兄がいたのね~とビックリ! でもこの兄、今で言うヒッキーさんみたい。ちょこちょこ活躍するんですがね。
 あと、ワトソンて医者だったのね。しかも新婚さん☆ 
 というように、いろいろな発見がありました。あまりにも有名な作品なんで、知っているようで実は知らなかった設定や登場人物がたくさんあって、とっても楽しめました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。