05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-01-11 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
(1986/07)
不明

商品詳細を見る

 SFの1ジャンル、サイバーパンクを読みたくなってセレクトした作品。そのジャンルにおいて代名詞的作品ということで、期待値大で読みました。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

ハイテクと汚濁の都、千葉シティの空の下、コンピュータ・ネットワークの織りなす電脳空間を飛翔できた頃に思いを馳せ、ケイスは空虚な日々を送っていた。
今のケイスはコンピュータ・カウボーイ能力を奪われた飢えた狼。だが、その能力再生を代償に、ヤバい仕事の話が舞い込んできた。依頼を受けたケイスは、電脳未来の暗黒面へと引き込まれていくが……新鋭が華麗かつ電撃的文体を駆使して放つ衝撃のサイバーパンクSF!


第1部  千葉市憂愁 チバシティ・ブルース
第2部  買物遠征  ショッピング・エクスペディション
第3部  真夜中のジュール・ヴェルヌ通り 
第4部  迷光仕掛け  ストレイ・ライト・ラン
結 尾  出発と到着  デパーチャとアライヴァル

 まず、サイバーパンクとは何ぞや? という方はコチラをどうぞ。自分も一体何?というジャンルだったので。意味を知ったら、な~んだ、映画「マトリックス」の世界観なのね!と納得しました。
 で、この作品、かなりそのマトリックスを彷彿させるものでした。いやいや、違います。逆にマトリックスの方がこの作品のオマージュ・或いはかなり影響を受けたと言ったほうがいいらしい。

 自分的には……訳が合わなかったのか……かなり読むのに苦労しました。和訳語にわざわざ原語をルビしてあって、それが非常に読みづらい。そのまま原語カタカナ表示でいいじゃん? と思う箇所が殆どで、作品の理解度を妨げていたカンジが。←いやいや、もとから読解力が無いのだ。
 意外にも近未来の日本、しかも千葉が舞台となっているのにオドロキ! 一種のスラム街という設定がとても巧く、その荒んで退廃的な冒頭シーンの描写はなかなか読ませてくれました。ただ、ちょっと、中国と錯覚してる?的な部分もありましたが、一種独特のムードがこの作品の雰囲気を盛り上げていることは間違いなし。

 ある意味ダーク・ヒーローのケイス。
 彼が再起不能となって千葉シティで燻っている描写も良いんですが、謎の最強クール・ビューティー、モリイと出会ってコンピュータ・カウボーイとして再起を果たしてからの彼の活躍に胸がすく思い! そのモリイとの乾いたラブロマンスも粋だしね。
 専門用語がバンバン飛び出してきて、そこら辺り、SFに慣れてない自分は流し読み。ただ、本当に詳細な設定・現代でも通用する用語等々、そのリアリティの確かさには唸りました、ホント! 1986年発行なので今から約30年前の作品だよね? 素人の自分にはため息モノでした。

 ラスト、タイトルにもある「ニューロマンサー」とケイスの意外な邂逅。そのシーンがやたら物哀しく、清々しい。少年という設定なのも憎いくらいの巧さです。
 作品発表当時、かなり衝撃的作品であったとのこと。わかりますね。今読んでも古臭くないし、キャラクターも魅力的。文体も、翻訳物は訳者のセンスによってかなり左右されると思いますが、斬新な表現がかなりあってとても刺激的。

 映画化のウワサもあるようですが、どうなるんでしょうね~。先行作品の「ブレードランナー」の元ネタ「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」も面白そう!
 サイバーパンクのパイオニア的作品。いやいや、読むのに苦労しましたが、洒落たタイトルの意味にヤられ、作品の斬新さにびっくりな1冊でした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : ニューロマンサー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ばんわー^^ * by チルネコ
おぉ~千葉シティ読まれましたか(笑)ギブスンは親日家なので、日本のガジェットが多いみたいですよ^^80年代SF=サイバーパンクで、その金字塔的作品なので斬新に映るでしょうね~。僕も『重力が衰えるとき』を読んだときにはガツン!とやられちゃいました!アンドロイド~はもう傑作です^^

Re: チルネコ様☆ * by 惺
ばんわ~♪
> おぉ~千葉シティ読まれましたか(笑)
読みました~!! サイコーッすね。

>僕も『重力が衰えるとき』を読んだときにはガツン!とやられちゃいました!
そうです、チルネコさんのレビュー読んでサイバーパンクに興味持ったので。
感謝です!!!
いやいや、ちょっ~と読みにくかったけど、斬新でしたね~。目からウロコ。
マトリックス(映画)、相当この作品に影響受けてるな~と思ったし。

>アンドロイド~はもう傑作です^^
フフフ…次はコレにしようかと。
しかし、いつ読めるかな~e-263
コメントありがとです☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。