03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-05-01 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第三部 -ドン- (講談社文庫)
(2009/07/15)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る

 読みました、第三部! いやいや、面白かったです。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

いよいよ始まる。最後の学年、最後の戦いが。
100m、県2位の連と4位の俺。「問題児」でもある新入生も加わった。部長として、短距離走者として、春高初の400mリレーでのインターハイ出場を目指す。
「1本、1本、走るだけだ。全力で」。最高の走りで、最高のバトンをしよう──。


 自分は陸上などとはまるで縁の無い人間ですが、この作品読んでリアルな追体験をしたような錯覚覚えました。描写がハンパなく素晴らしいな~と。
 最初、新二の一人称なので他キャラクターの心理がイマイチよくわからないなあと思ったりもしましたが、そんな不満をチャラにしてしまうほど新二の魅力全開!! 
 新二をとりまく脇キャラ達の個性も豊かで丁寧に書かれているあたりとっても好感持ちました。さまざまなタイプの走者達をうまく特徴付けて、新二と絡ませ且つ活躍させてゆくあたりもう巧いな~と。 ただひとつ難を言うと、親友でもあり良きライバルでもある連との関係をもっと突っ込んで描写してほしかった。連視点からの新二、というのも読んで見たかったし。

 この第三部は、陸上部最大の目標であるインターハイに向けて、県大会・南関東大会の展開に終始。これがまた詳細で丁寧な描写。数多く登場するキャラクター達を見事に描き出して、さらに新二の不安や葛藤、そしてそれぞれの試合にみなぎる闘志などが感じられて、個人的にとっても臨場感あるなあと。まるで自分もその競技場にいて、レースを観戦しているような気にさせてくれる。そう思うほど、全てにおいて詳細な描写が見事でした。

 新二が陸上をやるということは必然だったのでしょうね~。高校時代の3年間で恐ろしく成長した彼の走りはある意味天才型といえるのでは? 大きな挫折も知らず、怪我も無く友人やライバルに恵まれた競技生活。ま、彼なりに多少は悩みなどもあったようですが、ほぼ理想的なアスリートといえるのでしょうね。読んでいて爽やかこの上ない! こんな設定もアリだよな、と思ってしまうほど、強烈で存在感溢れるキャラでした。

 ただ、ツッコミどころは多々あるんですけどね。天才サッカー選手の兄は単なる雑魚キャラだったの? と思うほど、終盤おざなりだったのが惜しいところ。あと、谷口サンとは一体どうなってしまったの? とか。

 ラストはもちろん最高な形でのハッピーエンド。第一部で陸上を始めたころの新二と、第三部でやっとこさ試合を終えた新二を比べてみると、別人のようです。天才肌の兄へのコンプレックスはいつのまにか姿を消し、精神的成長を遂げた彼の静かで穏やかな心境に至ったラストに感動。
 一人称語り、正直途中で辛いな~と思う時もありましたが、逆にテンポよいセリフ運びで一気に読めました。
 若さっていいな~。青春万歳!! そんな読後感でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 佐藤多佳子
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by まいまい
そうそう、思い出しました。臨場感があるんですよね。
部活で大会に出ている気分。若いっていいですよね~。
惺さんのつっこみいいなあ。
この本3冊目がとっても厚ぼったくて・・
書ききれなかったんでしょうねえ(笑)


Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
自分は絶対新二と谷口サンとの後日譚があると思ってたから、
何も無くラストに突入してちとショックでした!!
良い雰囲気だったのに~!!
しかし、あの語りであれだけ描き切る作者サンの力量、スゴすぎです。
あさのあつこといい、森絵都といい、三浦しをんといい、
スポーツもの書く女性作家サンて、こういう爽やか男子書くの巧いよね~。
願望入ってるのかな?

個別記事の管理2011-04-28 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)
(2009/07/15)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る

一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)一瞬の風になれ 第二部 -ヨウイ- (講談社文庫)
(2009/07/15)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る

 友人から借りた、超・おススメ!という作品。あまりにも有名なので興味津々で読了しました~(第二部まで)! 以下文庫裏表紙よりあらすじ。

春野台高校陸上部、一年、神谷新二。
スポーツ・テストで感じたあの疾走感……ただ、走りたい。天才的なスプリンター、幼なじみの連と入ったこの部活。すげえ走りを俺にもいつか。デビュー戦はもうすくだ。
「おまえらが競うようになったら、ウチはすげえチームになるよ」。

オフ・シーズン。強豪校・鷲谷との合宿が始まる。この合宿が終われば、二年生になる。新入生も入ってくる。そして、新しいチームで、新しいヨンケイを走る!
「努力の分だけ結果が出るわけじゃない。だけど何もしなかったらまったく結果は出ない」。
まずは南関東へ──。


 主人公・新二の一人称で全編綴られていくのがとても読みやすかった。もとサッカー少年で、天才的サッカー選手を兄に持つ彼。外見上は金髪(茶髪?)でけっこうナンパなキャラなんだけど、天才の兄を持ちながらも精神的に屈折することない、まったく明るいキャラクター。
 けっこう楽天的なんだけど、サッカーに対する自分の才能の限界を感じていて、さらりと陸上へと方向転換してしまう。その陸上転向には、彼の幼なじみである一ノ瀬連の影響もある。その連も天才的なスプリンター。何故か天才に囲まれている主人公の環境がイマイチ出来すぎ? とツッコミ入れたくなってしまいましたが…けれど、その連は「走る」ということに対して天才的なセンスと才能がありながら体力無く、練習に対して淡白すぎるのが最大の欠点。
 そんな彼に惹かれて陸上を始めた新二の、スプリンターとして波乱に満ちた生活が始まってゆく……という、王道の青春ストーリー!

 サッカー経験者ということで、走るということに対してある程度の素養がある新二が連とどのように絡んでゆくのか?  陸上部顧問の三浦先生が新二の秘められた才能をどう開花させてゆくのか? 魅力的な他校のライバル達とどう競り合ってゆくのか? 新二の淡い恋は一体どうなるの? などなど、読みドコロは満載!
 何より、この新二というキャラがとてもイイ! スタミナ抜群、練習することにかけては天才的! その新二が尊敬する兄の負傷に打ちのめされ、陸上を諦めようとする。その傷心の彼を見守る陸上部の面々もさりげなく、それでいて優しい。そして彼が立ち直るきっかけとなるのも、やはり「走る」ということ。

 サッカーから陸上へ。新たな世界の扉を開けた新二の成長と仲間の触れ合いがものすごく清々しい。
 ちょっとね、新二の口調というか、語り口がムリしてるよ、作者サン。と思われるフシも多々ありますが、登場キャラ達の会話のテンポも心地よいし。
 第三部まで読み切れなかったのが残念! 彼らが一体どんな風を巻き起こしてくれるのかとっても楽しみなので、近いうちに挑戦します!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 佐藤多佳子
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by まいまい
確かに天才が多すぎ~(笑)
新二もある意味天才だものね。
でも小さな挫折を抱えている。
実際ホントに足の速い子はサッカー下手らしいです。

陸上って野球やサッカーと違って小説になりづらいんじゃないかと思います。
短距離はめったにネタにならないんじゃないかな。
ものすごく取材されたみたいですよ。
だから陸部の子どもたちでもけっこう楽しめたみたい。
このお話はヨンケイでチームワークを打ち出したところがよかったのかな。
おっしゃるように仲間達とのふれあいが清々しいですよね。
でもちょっと爽やかすぎる嫌いがあるかもしれませんが(笑)
3巻も楽しんででくださいね。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
> でも小さな挫折を抱えている。
> 実際ホントに足の速い子はサッカー下手らしいです。
そうなんですね~!!
作者サン、詳しすぎる! 取材の賜物なんですね。
でもこの新二って、ものすごくポジティブだなあと。
挫折を巧い具合に昇華しててエラいぞ! ともうここで、感情移入!

> 陸上って野球やサッカーと違って小説になりづらいんじゃないかと思います。
> 短距離はめったにネタにならないんじゃないかな。
> ものすごく取材されたみたいですよ。
> だから陸部の子どもたちでもけっこう楽しめたみたい。
> このお話はヨンケイでチームワークを打ち出したところがよかったのかな。
> おっしゃるように仲間達とのふれあいが清々しいですよね。
> でもちょっと爽やかすぎる嫌いがあるかもしれませんが(笑)
> 3巻も楽しんででくださいね。
おお! まいまいサンの詳細な解説が勉強になります。
そうなんだ~。チームワークか。なるほど!!
新二の語りがイカしてますよね☆ 3巻楽しみで~す!

* by ひいち
こんにちはー☆
こちらもおもしろそうです!
あぁ(^^)どんどん読みたい本が増えるウレシさ♪♪

いつもありがとう~

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
いやー、スポーツものなので、かなーり面白いです。
話題&有名作なので、読んで損はないかも。
まだ自分も途中までしか読んでないからなんとも言えませんが、
早く結末知りたいな、と。おススメですよん☆

個別記事の管理2011-04-17 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

聖夜 ― School and Music聖夜 ― School and Music
(2010/12/09)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る

 初・佐藤多佳子。新聞の書評で評判良かったので借りてみました。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

少し早い、俺たちだけの聖夜。そのオルガンは、特別な音で鳴った。18歳の少年が奏でる、感動の音楽青春小説。

 さらっと読めた爽やかな感動作という印象。
 牧師の父、音大卒の母を持つ主人公・鳴海一哉。その彼の一人称で物語は展開。
 一哉は幼い頃に両親の離婚を経験し18歳の今は父親と祖母と共に暮らしている。絶対音感を持ち、キリスト教系学校のオルガン部の部長でもある。一部の女生徒からも人気があり、幼少時から母親の手ほどきを受けているので、音楽の才能も豊か。
 そんな傍目には恵まれた環境にいながらも、実は彼の心は母親喪失の痛手を負っており、それが一種のトラウマとなっている。ゆえに性格はちょっと屈折気味。

 離婚という事実に起因した父親に対する穏やかな反抗、離れ離れとなっている母親への思慕、音楽への愛情と反発、自分の才能の限界……などなど、若さ特有の悩みと葛藤を体現している主人公・一哉がとても好感度大。ともすれば、高慢で嫌味なキャラクターとなるかもしれないところを、ギリギリの線でクールで憎めない人物像として描いている所が巧いなと。
 その一哉の強がりは、裏を返せば母親の愛情に飢えた、孤独な心の現れ。その心の埋められない隙間を、学内の大切なコンサートをサボッたり、教師に反発してみたり、と「反抗」という形で埋めようとする。

 周りの環境から必然的にクラシック畑で育ってきた彼は、その環境さえも否定するようにロックやジャズに走ろうともする。その若さゆえの反抗や、どうしようもない焦燥感がものすごく良く描写されていて、しばし、一哉に感情移入してしまう。
 そんな彼の唯一の慰めが、1年後輩の天野。真の演奏者である彼女の弾くオルガンの音だけが、彼の心を癒してくれる。音楽を通して、心の共鳴を感じる2人。一時は迷走した一哉が、クリスマスの聖夜、天野の心に染みいるオルガン演奏によって、自分の音楽への愛情を自覚するラストはとても清々しい。

 父親への反発が理解へと変わり、自分を捨てたと思っていた母親が実は陰ながら自分を案じていてくれたと知った一哉。 迷走していた自分の殻を破って、一歩前へと踏み出した彼の精神的成長の描写がとても巧いなと。
 時代的には少し昔の設定なんでしょうかね。懐かしいロックグループも登場したりして。そしてまた、詳細なオルガン演奏の描写と解説も素晴らしいです。
 タイトルのとおり、クリスマスの時期に読むともっと雰囲気出たかもしれません。とても上質な音楽青春小説でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆

Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 佐藤多佳子
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by ひいち
こんにちはー♪

おもしろそう☆
こういう青春系が大好きなので、
今度探してみます(^∀^)v

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんにちは☆
なかなか上品な物語でありました。
ちょっと屈折した主人公の少年がまた、良い☆
クラシック聴きながら、クリスマスシーズンに読むと
さらに物語世界に浸れますよん♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。