05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-20 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか (幻冬舎文庫)キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか (幻冬舎文庫)
(2006/06)
北尾 トロ

商品詳細を見る

 先日発表になった「本屋大賞」の中の中2賞という、なにがなんだかよくわからない賞を受賞した作品。タイトルからしてとっても面白そうだったので、読んでみました。以下文庫裏表紙より内容。

知人に貸した僅か二千円の返済を迫る、電車でマナー知らずの乗客を叱り飛ばす、初恋の女性に二十三年の時を越えて告白する、激マズ蕎麦屋で味の悪さを指摘する……。
変人だと思われ相手に逃げられようが、暴力を振るわれようが、後悔するより、まずは行動! ちょっとした胸のつかえを取るために小心ライターが挑んだ、愛と勇気のルポ。

 ちょ、コレ、サイコーに面白かったです。その前に中2賞とは一体なんぞや? ということで、コチラ。
発行日、ジャンルを問わず。いちばん多感な時期でありながら、本が遠い中学2年生男子のために、今のうちに読んでおくといい本。
 という選考基準で選ばれた作品とのことです。受賞したのは、自分が読んだこの本ではなくて、 よりグレードアップしたであろう キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス の方なんですけどね。図書館に無かったので、こちらで。 
 で、この本なんですが、中2男子に限らずオトナが読んでも充分面白いし、ちょっと考えさせられましたね~。

第一章 ぼくはただキミと話がしたいだけなんだ
電車で知らないオヤジに話しかけ飲みに誘う
G・Wのお台場で孤独な男たちと人生を語り合う
第二章 そのひと言がなぜ言えない
電車でマナーを守らぬ乗客を叱り飛ばす
激マズの蕎麦屋で味の悪さを指摘する
キミはちょい知りの他人に「鼻毛が出てますよ」と面と向かって言えるか
第三章 勝負のときはきた
皐月賞に30万円1点で挑みJRAの封印付きの札束をモノにする
人前で詩の朗読をする
第四章 センチメンタルジャーニー
好きだと言えなかったあの女性に23年のときを超えて告白する
ぼくはなぜ生まれたのか。母親に恋愛時代の話を聞きに行く
番外編
消えたフリーライター持馬ツヨシの行方を追う

 などなど、ラインナップ見ても爆笑モノです。解説によるコンセプトは「中年男性が長年、出さずにいた勇気をだす」!
 とのことで。著者である北尾トロ氏、この本執筆時40歳。その自称小心者の彼がいろいろとテーマを決めて、長年モヤモヤとした心のつかえをスッキリさせようと、獅子奮迅!
 自分的にとっても共感してしまったのが、「電車でマナーを守らぬ乗客を叱り飛ばす」かな。
 北尾氏、結局は失敗してこっ恥ずかしい思いをしてしまうのだけど、マナー知らずのワカモノに注意するまでの葛藤と緊張感なんかは、読んでいてものすごく感情移入!!
 反対に、「キミはちょい知りの他人に『鼻毛が出てますよ』と面と向かって言えるか」では、これは見事に成功して、注意された本人から感謝されるというオマケつき! 少しの勇気が他人のために役立ったという典型的な例かな、と。

 この北尾氏に対して好感度がものすご~くUP!! 彼と一緒に怒り、迷い、焦りまくって、ちょっとホッとする。少しの勇気が自分をほんのちょっとだけ変えてくれる。そんなコトをリアルに追体験できてしまう、良書。なるほど、受賞するだけのことはあるなあ~と、妙に感心してしまったし。ココロがちょっと軽くなるような1冊でした。マジ、面白かったです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

すごいっ * by 道楽猫
もう、タイトルからして爆笑モノですよねぇ。
私も小心者なのでとても惹かれるものがあります(笑)。
前に「斉藤さん」だっけ?なかなか言えないことをずばっと言う人が主人公のそんなドラマがありましたよね。
私はあまりに正義感あふれる人っていうのはちょっと暑苦しくて苦手なんですが、この人のはなんか脱力系でとても面白そう。

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
おはようございます☆
> もう、タイトルからして爆笑モノですよねぇ。
でしょ~? ツボにハマりまくって即借りて即読んでしまいました。
おっしゃるとおり、ゆる~く脱力! イイ感じです☆

> 前に「斉藤さん」だっけ?なかなか言えないことをずばっと言う人が主人公のそんなドラマがありましたよね。
> 私はあまりに正義感あふれる人っていうのはちょっと暑苦しくて苦手なんですが、この人のはなんか脱力系でとても面白そう。
観月ありさ(だっけ?)のヤツ? 
自分もあまりズバッと物事言えないタチなんで、この北尾氏には激しく共感してしまいましたねー☆
「デラックス」の方も読んでみたいものです。 


* by キヨハラ
ええ、私もタイトルでもう爆笑モノでした。

「電車でマナーを守らぬ乗客を叱り飛ばす」とか「キミはちょい知りの他人に「鼻毛が出てますよ」と面と向かって言えるか」とか、タイトルを読むだけで、自分の実体験が蘇り、それだけで思うところ大です。ついつい読みたくなっちゃうタイトルっていうのもすごいです。

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
こんばんは!
スゴイですよね~!
こんな本があったのか!! と目からウロコ!
読んでいくと、う~ん、あるあるこんなこと!!
っていう内容がた~くさん!
タイトルもインパクト大ですが、内容もかなり印象的ですよん。
面白いです~☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。