08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-07 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

赤い影法師 (新潮文庫)赤い影法師 (新潮文庫)
(1963/03)
柴田 錬三郎

商品詳細を見る

 久しぶりの時代モノで忍者モノ。好きなんです、柴錬の研ぎ澄まされた文体が。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

寛永の御膳試合の勝者に片端から勝負を挑み、風のように来て風のように去る不敵、非情の忍者“影”。
拝領の太刀に秘められた謎をめぐり、柳生宗矩、真田幸村、伊賀の頭領服部半蔵がまんじ巴となった一大闘争の中で、皮肉な出生の秘密を背負う“影”は忍者として悩むのだった。

 既読なのですが、確かもっと薄かったような……それを期待して借りたのだけど、いざ手にしたら、結構なブ厚さ。え?どうしよう……と思いながら読了。さすがベテラン芸! といった印象でした。

 完全なるエンタメ作品です。
 あらすじを読んでも戦国の豪華キャラクター勢ぞろい。さらに徳川家光や春日局、チラッと宮本武蔵なども登場して楽しませてくれます。
 舞台は寛永御前試合という史実を踏まえ、それに謎の忍者「影」親子が絡む。
 その「影」親子が狙うのは、御膳試合の勝者への褒美である、豊臣家由来のいわくつきの太刀。全十試合で勝者に渡される太刀も計十振。その中の一振にはなんと、平家の財宝が隠されているという。
 「影」親子を裏で操り、その平家財宝を狙うのは一体誰か? 

 御前試合で対決する各剣豪のエピソードもかなり読ませます。対戦相手の妙、その闘いぶり、心理描写などなど、史実と作者の創造が巧いこと融合されて面白い。
 なにぶん、昔の作品なので、今と比べると展開のスピードに欠けるかなあ、という感は無きにしも非ずですか。それでも絶妙なアイデアに唸ります。

 冒頭の服部半蔵と「母影」の邂逅シーンが華麗です。一気に作品世界に惹きこまれ、さらにその半蔵と「母影」の子供である「若影」の活躍が秀麗な文体で綴られて鮮やか!
 闘いばかりの殺伐としたシーンばかりではなく、柴錬お得意の母と息子との耽美なシーンも用意されてます。ここらあたりは「眠狂四郎」や「真田幸村」でもおなじみ。母親と息子の妖しい関係を描写したら、柴錬の右に出る者はいないんじゃないでしょうか? 時代モノ・忍者モノという架空の設定なので、あくまでロマンティック。これが現代小説だったら、かなりヤバいかもね。

 その「若影」と遠藤由利との恋と母親への葛藤・「母影」と服部半蔵との複雑な愛も絡ませて、ラストは真田幸村VS徳川方の壮大な決戦へとなだれ込む。←あ、幸村も存命設定なのよね。かなり老人設定だけど。

 壮大な虚実織り交ぜた忍者・剣豪小説。柴錬の作風は山風(山田風太郎)のドロ臭さとは対極の冷徹な上品さを感じさせます。そこがまた良いんですけどね~。
 ものすごい懐かしさと共に、作品世界を充分に堪能させていただきました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 柴田錬三郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-11-06 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

眠狂四郎無頼控 (2) (新潮文庫)眠狂四郎無頼控 (2) (新潮文庫)
(1960/09)
柴田 錬三郎

商品詳細を見る

 1作目で見事ハマッた眠狂四郎シリーズ。2作目もその面白さは変わらず。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

江戸を出て、京・大阪に旅する狂四郎に絶え間なくふりかかってくる剣難と女難──。
脂粉の香りに包まれた柔肌を情欲に燃やす将軍家斉の娘高姫。柳生流剣法を使い、執拗に狂四郎を襲う公儀直参の御庭番たち。
死地に立った時の虚無感の中で鋭く冴えわたる円月殺法……。
狂四郎をめぐる事件は、いよいよ凄惨と妖艶を加えるが、奇想天外の活躍で次々と解決してゆく。


 金髪碧眼の外国人薄命美女ルシアや海賊船が登場したりと、前作より少しだけスケールアップしてます。
 21の短~中編の連作集。かなり読み応えあります。

 今回はまさに狂四郎女難の巻ともいうべきで、モテまくりです。中でも痛快・愉快なのが、高姫とのエヒソード。
 秘宝の在処が隠されているという花瓶を巡って火花を散らす狂四郎と高姫とのやりとりが笑える。エロティック&スリリングなオトナの駆け引き描写が何ともいえず。
 一方では病気がちの本妻・美保代を江戸に残したまんまだし、従妹で狂四郎を慕っている静香は彼が元で狂人になりかけてしまうし……。
 狂四郎を取り巻く女性キャラ陣はなんとも報われないですな。でも、それも仕方ない。彼は強度のマザコンだから。
 非業の死を遂げた母親の翳を未だに引きずっているのが、ちょっと女々しいゾ! と思ってしまうけれど、そこがまた母性本能をくすぐるトコロ。作者サン、巧いです。

 満月の下、愛刀・無想正宗を構える黒い着流し姿の狂四郎は、まるで死神を思わせるクールでダークなイメージ。それにこのシリーズ、彼のキャラクターにも因るせいなのか、キリスト教絡みのエピソードがかなり多い。
「切支丹坂」などは今作の中でもその最たるもので、一人の伴天連をとある女を使っていかに転ばそうとするか。
アダムを騙そうとするイブのハナシがモチーフになっているのでは? と思わせる。
 その異国情緒がまた、他の時代モノと一線を画しているようでいいのだけれど。

 その彼の出自も陰惨・悲惨であるけれど、心根は純粋で優しい。
 出食わす様々な窮地を、相棒や行きずりの旅人、愛すべき女性達に助けられながら切り抜けてゆく。
 ある時は悲嘆にくれ、またある時はコミカルに。狂四郎の様々な表情と練り上げられたストーリー。そして端麗な筆致で楽しませてくれる作者の手腕に、毎度のことながら舌を巻き、どっぷりと作品世界にハマッてしまう自分なのでした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 柴田錬三郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-09-05 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

眠狂四郎無頼控 (1) (新潮文庫)眠狂四郎無頼控 (1) (新潮文庫)
(1960/08)
柴田 錬三郎

商品詳細を見る

 ヤバイヤバイヤバイ! 久しぶりにハマりそうな予感!! 超~おもしろかったし~!! もっと早く読んどけよ、自分(泣)! と嘆きつつ以下文庫裏表紙よりあらすじ。

徳川二百年の太平が文化・文政の爛熟を生んで、人情、風俗ともに退廃した江戸を舞台に、異端の剣客眠狂四郎を登場させ、縦横無尽の活躍を描く。
ころび伴天連が大目付の娘を犯して生ませた混血特有の風貌で女をひきつけ、しかも平然と犯し、異常の剣"円月殺法"をふるって容赦なく人を斬る。


 今さら言うまでもない「時代劇のヒーロー」と謳われつつ、未読でした。が、今回読んでみてその面白さを堪能! そして未だに高い人気の理由も判明。
 週刊誌に連載開始が昭和31年……とかなり昔なのですが、ちっとも古さを感じないゾ! 人物造形や話の展開等々すべて……あ、でも、やっぱり女性の描き方がね、ちと古臭いかな~。狂四郎を慕う2人の女性がひたすら「いつもまでも貴方をお待ちしております……」的な。ここが、唯一時代だな~と感じたトコロ。

 が、後はもう怒涛の勢いで読みあげてしまいました。とにかく、孤高のヒーロー眠狂四郎がものすごくイイ!
 今まで全然知らなかったが、なんと彼はハーフだったのだ!(知るの遅すぎ~) なんと斬新な設定!
 ころび伴天連(いわゆる踏み絵踏んじゃった、キリシタンの裏切り者?)とさる高貴な娘との間に生まれた、今で言う非嫡出子。出生時から重い運命を背負って生きる素浪人。
 剣の使い手であることはもちろん、残虐非道・ターゲットを容赦なく斬り捨てるあくまでクールなヤツ。そんな一面とはうって代わって、亡き母親の影をずっと慕い続けるちょっとマザコンのところもご愛嬌。
 この作品の成功と人気の秘密は、ひとえにこの眠狂四郎にあるといっても過言ではないゾ。

 読み切り短編~中編作が20作。ページ数にして500ページ弱。面白いのであっという間に読んでしまう。解説も遠藤周作氏で読みごたえあります。
 最初1作からしてもう引き込まれる。狂四郎が自分の相棒? を探す話から始まって、重要なお宝である「雛の首」捜しを根底に据えて、その上にミステリーあり、人情話あり、恋バナあり、出生の秘密話あり……の豪華てんこ盛り。

 Gackt主演の舞台あるということで……Gackt……う~ん、どうなんだろ? ハーフ設定だからビジュアル的には合っているのか?
 オリジナルのイメージ通りだといいんですけどね。

レビュー書く・書かないに関わらず、是非ともシリーズを読んでみたい作品でした☆


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 柴田錬三郎
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

こんばんは~ * by 本読み人M
眠狂四郎、名前だけは知っていたんですが、全くの未読です。
普段おだやかな(←イメージ)惺さんが、これだけアツくおススメされるとは!
時代モノも大好きなMとしては気になります!

記事違いですが、私もつい先日「阪急電車」読了しました~。
なんて偶然v-353

Re: こんばんは~ * by 惺
>M様e-420
あ、イヤだわ……つい素がでてしまって……失礼しましたe-263
眠狂四郎シリーズいいですよ~。好みありますが、自分はハマりましたね。
おヒマありましたら1巻だけでもどうでしょう? お試し的なカンジで。

「阪急電車」どうでした~? 
UPされるんでしたら楽しみにしてま~す☆
コメントありがとうございました!!

個別記事の管理2010-02-13 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

 昨晩ブログがとんでもないことになってアワ喰った自分です。なので、夜中にシコシコとテンプレを変えました。なんだかもうグダグダです……修復中にご訪問頂いた方いらっしゃったら、お見苦しいところをお見せしたかもです。スミマセン それと、いつもぽちしてくださる方、本当にありがとうございます。身に余る光栄ですッ!

猿飛佐助 (文春文庫―柴錬立川文庫)猿飛佐助 (文春文庫―柴錬立川文庫)
(1975/03)
柴田 錬三郎

商品詳細を見る

真田幸村 (文春文庫―柴錬立川文庫)真田幸村 (文春文庫―柴錬立川文庫)
(1975/04)
柴田 錬三郎

商品詳細を見る


 今でこそ歴女という言葉が流行っておりますが、もし○年前にそれが流行っていたら、自分は間違いなく歴女だったでしょう。但し、忍者モノ限定ですが。山田風太郎氏と並んで当時愛読していたのが、上の2冊。
 タイトルは「真田十勇士」と銘打ってますが、柴錬立川文庫と称して、第1巻「猿飛佐助」と第2巻「真田幸村」の2巻に分かれてます。その昔「里見八犬伝」で大人気を博したNHK人形劇。← 今は「三銃士」で復活してますね~。その後番組の「真田十勇士」の原作本です。

 第1巻「猿飛佐助」以下目次。
 猿飛佐助・霧隠才蔵・三好清海入道・柳生新三郎・百地三太夫・豊臣小太郎・淀君・岩見重太郎
 第2巻「真田幸村」
 真田大助・後藤又兵衛・木村重成・真田十勇士・風魔鬼太郎・山田長政・徳川家康・大阪夏の陣

 見るからに豪華ラインナップな短編集!
 猿飛佐助は武田勝頼の遺児、霧隠才蔵は南蛮人・三好清海入道は石川五右衛門の息子というように、作者の独特なアレンジが施されています。幸村の息子大助はなんと実の母親とキケンな関係にハマってしまうという、少し翳のある人物として登場しますし(それ相応の理由があるのですが)、ちょっと危うい柴錬ワールドが存分に楽しめます!

 物語の牽引役? の猿飛佐助の天然具合がなんとも笑わせてくれます。ユニークな個性の剣豪、忍者群を生み出し、キレのある秀麗な文体で読者を魅了してくれる柴田錬三郎氏の手練手管に見事ハマッてしまった自分なのでした。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン

 
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 柴田錬三郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。