05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-08-29 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

クロイツェル・ソナタ/悪魔 (新潮文庫)クロイツェル・ソナタ/悪魔 (新潮文庫)
(1974/06)
トルストイ

商品詳細を見る

 文豪トルストイ作ということと、意味もわからず素敵なタイトルに惹かれて購入。以下BOOKデータベースより内容。

嫉妬のため妻を殺した男の告白を通して、惨劇の理由を迫真の筆に描き、性問題に対する社会の堕落を痛烈に批判した『クロイツェル・ソナタ』、実在の事件に自身の過去の苦い経験を交えて懺悔の気持をこめて書いた『悪魔』。
性的欲望こそ人間生活のさまざまな悪や不幸、悲劇の源であるとして、性に関するきわめてストイックな考えと絶対的な純潔の理想とを披瀝した中編2作。

 う~ん、記事を書くのにとても困った内容の本でした。
 トルストイさん、「光あるうち光の中を歩め」もかなり宗教色の強い作品でしたが、こちらもかなりシビアな内容でした。特に女性にとってはね。
 一読した限りではなんて前時代的な物事の考え方の主人公なんだッ!! という思いがひしひしと。
 扱っているテーマはズバリ性愛問題・禁欲、といったトコロでしょうか。
 男性に対する女性の隷属・男性に対する女性の反抗・精神的結びつきのない男女関係…これら作者の主観がかなり作品に投影されていると思われます。

 作品の主人公であるポズドヌイシェフが列車の中で隣り合わせた旅人に自分の罪を語るという告白体でハナシは展開。
 その彼が犯した罪とはズバリ妻殺し。犯行に至った動機から、殺意を抱きコトを起こすまでの詳細な経過と犯行時の様子を、列車の走行と共に語ってゆくという手法。
 禁欲的で支配欲の強いポズドヌイシェフが次第に妻と険悪な仲となり、夫婦生活は破綻し、果ては妻が不倫に走っているのではないかと猜疑心に苛まれてゆく。
 隷属を強いられる妻はむろん耐えがたく、自我を強く訴えるけれどポズドヌイシェフに通じるはずがない。

 この話約100年位に書かれたものだけれど、夫婦間・男女間の諍い事というのは今とそうたいして変わっていないなという印象受けた。今作はポズドヌイシェフの理不尽で偏執的な嫉妬からくる夫婦破綻・妻殺害の話となるのだけれど、現代で言うとまさに究極のDV。妻を1個の人格として見ていない、女性を1人の人間として認めていないということによる悲劇。
 ラスト、自分がふるった暴力によって腫れあがった妻の悲惨な顔をみて初めて赦しを乞おうとするポズドヌイシェフ。そして妻の死顔を見てようやく彼女が1人の生きて意志を持った人間であったことを悟る、愚かな彼の嗚咽にむせびながらひっそりと旅人にする懺悔。

 時代は加速度を増して発展してゆくけれど、このように根強く生き続ける男女間の確執・差別はなかなか改善されないように思う時がしばしば。
 なかなかに考えさせられる内容の本でした。同時収録の「悪魔」は読めなかった(泣) セットで読むと良いらしいのでまた今度挑戦。
 ちなみにクロイツェル・ソナタはポズドヌイシェフの妻とその不倫相手と噂される男性が演奏するベートーベンのヴァイオリンソナタの曲名。ポズドヌイシェフの愚かな嫉妬の象徴として自分は理解しました。実際妻とその相手が本当に不倫をしていたかどうかもはっきりしたことは不明。すべてが彼の思いこみだった、という可能性もなきにしもあらずなのだ。
 しかし、なんといっても哀れな犠牲者は彼の妻=女性なのだ。複雑。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : トルストイ
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

拍手コメお礼☆ * by 惺
タイトルとジャケ画に騙されて中身がとーんでもなかった!! …っていう失敗を何度も(泣)
この本も懲りずにタイトルの響きだけで購入してしまったし。
まあ、考えさせられる話で良かったんですが……。
拍手とコメントホントにありがとうございました!

個別記事の管理2011-05-13 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)光あるうち光の中を歩め (新潮文庫)
(2005/05)
トルストイ

商品詳細を見る

 タイトルと薄さに惹かれて購入。初・トルストイ。タイトルの言葉は聖書・ヨハネによる福音書からとったもの。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

欲望や野心、巧妙心などの渦巻く俗世間にどっぷりつかっている豪商ユリウスと、古代キリスト教の世界に生きるパンフィリウス。
ユリウスは何度かキリスト教の世界に走ろうと志しながらも、そのたびに俗世間に舞いもどるが、しかし、長い魂の彷徨の末についに神の道に入る。
──福音書に伝えられているキリストの教えに従って生きよと説いた晩年のトルストイの思想を端的に示す。


 ほぼ宗教文学です。文豪トルストイの晩年の思想が強烈に反映された作品だなと。一見、敷居が高そうですが、読んでみるとそうでもありません。
 ローマの豪商ユリウスという俗世間に生きるごく普通の一男性の生涯にわたる迷い・悩み・苦悩が描かれてます。そしてその彼が人生の壁にぶち当たった際に、何度もキリスト教に入信するかしないか煩悶し葛藤する姿を描いた、とてもわかりやすい内容でした。

 そのユリウスという人物がまるで現代にもいそうな・いや、絶対いるだろう! みたいな人物。
 裕福な家に生まれた彼は若い時は放蕩三昧。財産を食い潰す寸前にまで荒れた生活を送り家族からも勘当寸前。そんな彼がキリスト教信者になった幼なじみのパンフィリウスと出会い、自分も信者になろうとして迷う。が、逡巡したあと、やはり元の俗世間へと戻ってしまう。
 その後もユリウスの人生の節目ごとに遭遇する、おそらく生きていくうちで誰もが迷う諸問題──結婚であったり、子供の教育であったり、労働であったり──に躓き、自己嫌悪に陥り、途方に暮れて苦悩する姿がなんとも人間臭くて親近感湧きます。
 そして自分の進むべき道に迷った時には必ずパンフィリウスに相談をもちかけ、自分たちの信じる宗教をめぐって議論を戦わせるあたり、双方互角の言い分。緊迫した主張の応酬に作者トルストイの鋭い宗教観を垣間見た思いが。

 ただ、如何せん、自分自身宗教にあまり興味なく、もちろん詳しくないので(文学として聖書は読みますが)読んでいてちょっとツライ部分もあったのは確か。
 ラスト、ユリウスは晩年になってようやくキリスト教に入信。その後は教えを守り、安らかな死を迎えたところで終わります。
 一人の男の人生における苦悩と葛藤。そして信仰の重要性とその意義を考えさせられた内容でした。

blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 聖書・キリスト教 * Genre : 学問・文化・芸術 * Category : トルストイ
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by semicolon?
宗教色の強い本(どの宗教でも)はそれだけで考えかたのヒントになりますね。
良いとこ取りが無信仰者の強みかな。


* by ひいち
こんにちはー♪
宗教を題材にした本って、難しい部分も多いけれど、
読後に人生についてすごく考えさせられたり、
自分の生活を見直すきっかけになったりしますよねー♪
私は仏教本の中から好きな言葉よく抜き出します~(^m^)

Re: semicolon? 様☆ * by 惺
こんばんは!
> 宗教色の強い本(どの宗教でも)はそれだけで考えかたのヒントになりますね。
> 良いとこ取りが無信仰者の強みかな。
あ、確かにそうですね。
ヘタに先入観・嫌悪感がないので、参考にしやすいです!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは☆
> 宗教を題材にした本って、難しい部分も多いけれど、
> 読後に人生についてすごく考えさせられたり、
> 自分の生活を見直すきっかけになったりしますよねー♪
> 私は仏教本の中から好きな言葉よく抜き出します~(^m^)
そうなんです。
自分が読む唯一の宗教関係の本が聖書関連なんですが、
やっぱり読後感慨に浸ります。
仏教本というのもいいですね。より感銘受ける言葉や思想に出逢えるかも!

* by 読書系女子
こういう作品もあったのですね~。知らなかった・・・

トルストイといったら超長編のイメージがあって。。。
アンナ・カレーニナは昔読んですんごくおもしろかったです。(でも長い!)

トルストイ自身は(信仰について)どうだったのかなぁ~

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは!
> こういう作品もあったのですね~。知らなかった・・・
自分もです!
図書館でたまたま見つけて、しかもタイトル惚れ。
作家サンは2の次でした。あら~、トルストイだったのね…的な。

> トルストイといったら超長編のイメージがあって。。。
> アンナ・カレーニナは昔読んですんごくおもしろかったです。(でも長い!)
自分もそうです。
だから今までちょっと敬遠していたのですが…、読書系女子サンおススメの
アンナ・カレーニナ、いつか挑戦したいです! 代表作の1つですものね。

> トルストイ自身は(信仰について)どうだったのかなぁ~
なんか、晩年はかなり信仰に傾倒していたみたいですよ。byウィキ。
人生いろいろですね、作家サンも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。