05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-09-27 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

 えっとですね。実は自分、図書館で働いておりまして。その仕事の一端で今年から「児童書」を読むお手伝いをすることになったのです…とまあ、自分の仕事事情はどうでもよいのですが。
 で、最近その児童書を読み始めたのですが…これがまた面白いのです。物語からフィクションといろいろバラエティに富んでまして。これは面白い!ということで。
 自分の担当は物語中心なのですが、オトナの小説と同じくらい考えさせられたり奥深かったりと優れた作品が多いので突発的「児童書特集」として、何回かに分けてここにもあげてみたいと思います~。

語りつぐ者語りつぐ者
(2013/04)
パトリシア・ライリー ギフ

商品詳細を見る

身なりはぜんぜんちがうけれど、目鼻立ちがそっくりなふたり。ひとりはアメリカ独立戦争に巻き込まれた18世紀の少女、もうひとりは21世紀の。羊皮紙に描かれた絵がふたりの少女をひきあわせ、二〇〇年後の語り手を得て、肖像画の少女が鮮やかによみがえる。

 ジャケ画に惹かれました。清楚な、それでいてこの意志の強そうな少女。タイトルもなかなか重厚で、児童書らしからぬ雰囲気が良いなあと。
 ズバリ言うと、ひとりの少女の成長物語。少女の祖先である200年前の少女の人生と交錯して描かれているところが面白かった。
 母親を亡くして父と暮らす少女・エリザベス。父の仕事の都合で、母親の姉であるリビーの許に預けられることとなる。転校先にもなじめず、おばにあたるぶっきらぼうで気難しいリビーともうまくいかずに落ち込むエリザベスの前に、自分とそっくりの一枚の肖像画が彼女の運命を変えてゆく。
 その肖像画のモデルはズィーという18世紀の少女。エリザベスの遠い祖先。アメリカ独立戦争のまっただ中に生きた彼女の苦難の人生とその足跡を知るうちに、エリザベスは自分の甘えを知り、大きく「周囲を見る」ことに気づいてゆく。

 自分の祖先を知る=歴史を知るということ。自分そっくりで同じ年頃のズィーがどのようにして独立戦争の戦禍をくぐり抜けたのか。その過酷な人生を知ることによって自分の人生をも豊かに切り拓いてゆこうとするエリザベスの心情の変化が巧みに描かれていて面白い。
 さらにエリザベスが生きる現代と、ズィーの生きる200年前の過去が交錯して語られるという構成もある意味劇的でぐいぐいと惹きこまれた。
 児童書ではあるけれど、劇的で重厚で大人が読んでも充分に堪能できる作品かなと。


ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く―笑って病気をぶっとばせ! (感動ノンフィクションシリーズ)ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く―笑って病気をぶっとばせ! (感動ノンフィクションシリーズ)
(2010/12/08)
あんず ゆき

商品詳細を見る

クラウン・Kこと道化師の大棟耕介さんは、病院を訪ねて患者に笑いを届けるホスピタルクラウン。Kちゃんとふれあうと、みんなが笑顔になって、病院が明るくなります。入院中の子どもたちの光と影を通し、Kちゃんとの交流を追った記録。

 これはノンフィクション。面白かったです。
「ホスピタルクラウン」という言葉と職業をこの作品で初めて知ったし。
 さらに、難病治療で入院している子供達の実情もさらりと書かれていてとても考えさせられたりもする。もとは棒高跳びでオリンピック出場を目標にしていた大棟耕介さんの「ホスピタルクラウン」=病院を訪れて患者に笑いを届ける道化師としての活動を、おもに小児病棟を中心としてレポートした著作。自分的に、この大棟氏にとても好感を抱いてしまって。
 難病を抱えた子供達の為に活動することにいろいろと葛藤や悩みはあるとは思うけれど、子供達に笑いをもたらそうとする、その徹底したプロ意識に感動。この作品を読んでいると、「笑い」というのはどんな優れた薬よりも効果があるのだなあ、と思わざるを得なくなる。
 日本ではまだまだその活動と知名度は低いような気がするので(あ、知らないのは自分だけかも…)、もっともっとこういった活動が盛んになれば良いなあとつくづく思った。

 ということで、今回読んだのはまったくジャンルも作風も違う作品だったけれど、どちらも児童書としては良書だと思う、個人的に。
 自分は今まで「児童書」とひとくくりにして考えていたけれど、その中でもいろいろなジャンルや作品があるのだわ、といたく感動したのでありました。

いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへblogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 児童書 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★児童書
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-08-15 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)
(2011/04/01)
浜田 桂子

商品詳細を見る


 終戦記念日なので。それに関連した本を読みたいなと。しかし、自分が本屋を漁った時はまだ早かったのか、そういったフェアはやっておらず。なかなか関連本がなくて困ったりして。たまたま課題図書で平積みされていたこの本をセレクトしました。以下BOOKデータベースより内容。

へいわってどんなこと? きっとね、へいわってこんなこと 。いろいろな事から平和を考えます。日本の絵本作家が中国と韓国に呼びかけ、三か国12人の絵本作家の協力で実現した平和を訴える絵本シリーズ第一作。
いろいろな事から平和を考える、日本・中国・韓国の絵本作家が手をつなぎ、子どもたちにおくる平和絵本シリーズ。


 日本・中国・韓国の絵本作家の方々の共作ということなのでしょうかね。今いろいろと社会情勢的に難しい立場にある日本です。ホント、いつまで経ってもなかなか関係改善されないのが複雑。その中にあってアジアの3国共同して絵本作りとかなかなか意義があるのではないかと思いつつ読みました。

せんそうをしない
ばくだんなんか おとさない
いえや まちを はかいしない
だって、だいすきな ひとに いつもそばにいてほしいから
いやなことは いやだって、ひとりでも いけんが いえる
わるいことを してしまったときは ごめんなさいって あやまる
どんな かみさまを しんじても かみさまを しんじなくても だれかに おこられたりしない
へいわって ぼくが うまれて よかったって いうこと
 本文より引用
 
 とてもシンプル。なのでわかりやすい。
 これってよく読むと基本的人権なのだなってわかる。
 平等権・自由権・社会権の中の生存権・教育を受ける権利 等々が子供にストレートに伝わるように、鮮やかで素朴な絵と共に描かれていてなるほどなと。
 オリンピックのあたりから、なんとなーく不穏な動きがある昨今、平和ってホント大切だなとチラって思ったりする。平凡な何事もない日常の積み重ねが、実は幸せなことなんだなあって震災に遭った時にもつくづく思ったし。
 普段はこんなこと思ったりする余裕はないんだけどね。こういう日をきっかけにほんの数秒・数分でもいいから考えてみるのも良いかなって思ったりする。
 絵本でありながら、オトナが読んでもなかなか考えさせられる1冊でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 絵本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★児童書
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-07-23 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)おおかみこどもの雨と雪 (角川文庫)
(2012/06/22)
細田 守

商品詳細を見る

 昨日から公開しているそうで。気になりつつも映画館には足を運べないので、それでは本を読んでみるかということで。以下BOOKデータベースより内容。

大学生の花は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした。ふたりは愛しあい、新しい命を授かる。
“雪”と“雨”と名付けられた姉弟にはある秘密があった。人間とおおかみの両方の顔を持つ“おおかみこども”として生を受けたのだ。
都会の片隅でひっそりと暮らす4人だが、突然“おおかみおとこ”が死んでしまう。残された花は姉弟を連れて田舎町に移り住むことを決意する―。


 ジャケ画&映画のキャラデザが貞本義行氏だったのですね。当たり前ながらエヴァとは全く違ったほのぼの系の画が素敵です。ちょっと花母さんがミサトさんっぽいかなーって。←どうでもいい。
 まったく予備知識無しで読んだのでなかなか楽しめました。

 おおかみおとこと恋におちて二人の子供をもうける花。元気良く逞しくある意味野生児の姉・雪と、繊細で虚弱で小心者の弟・雨。この二人が生まれて間もなく、父親であるおおかみおとこは死んでしまうという、花にとって予想外の過酷な運命が。
 自分をコントロールすることが巧くできない幼い姉弟。すぐにおおかみの兆候を晒してしまうため、都会で生活するのは至難の業。そこで花は一大決心をし、子供のために自然豊かな田舎へと引っ越しをする。

 自給自足の生活を余儀なくされ、畑づくりに何度も失敗しながらも、周囲の人々の温かさに支えられ、なんとか生活の道を切り開いてゆく──という件がなかなか読ませてくれました。花の農業挑戦描写はリアリティがあって、なるほど!と思いながら読んでしまったし。
 最初は打ち解けなかった地元の人々と次第に心通わしてゆく過程もなんだか癒される。特に頑固で素直じゃないけれど、実は優しい韮崎じいさまがいい感じ。

 自分的にとても良いなあと思ったのが、お姉ちゃんの雪。
 元気いっぱいで強くて明るい彼女が人間として精一杯生きようと頑張っている姿にちょっと感動。かわいらしい初恋シーンも良いよねー。
 対する弟の雨はおおかみとして生きようと決意して葛藤する姿が幼いながらなんだか辛い。人間の生活になじめずに山の先生との出逢いで自分の生きる道を見つけた後の成長ぶりが逞しく力強い。

 かたや人間として生き、かたやおおかみとして生きると決めた姉弟。その姉弟の辛い選択を受け入れ認める姿に、ああ、母は強いなーとしみじみ。
 ラスト近くの嵐のシーンなんかは映像で観たらきっと迫力があるんだろうなと。
 花がふたりの子供をしっかり抱いて大地にどっしりと立っているジャケ画が今作のテーマを如実に物語っている気が。なんてナイスなジャケ画!

 監督の細谷守氏は今作で小説初挑戦ということですが、文章自体はとても読みやすくてすんなり世界に入っていけたし、サクサク読める。ただ、擬音語(というの?おおかみの鳴き声とか)がね……ちょっと安っぽい感じが否めなかったかな。
 しかし、自分的にはファンタジーとして予想外に楽しく読みました。ファミリー向きだね。親子で読むにはもってこいなのかな。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 

Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★児童書
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by まいまい
ムスメが早速この映画を見てきて自慢するので
悔しい思いをしていました。
(TVの「サマーウォーズ」も見逃したし・・。)

ちょっと心惹かれますね。
監督さん、小説も自分で書くんだ。
それもすごい気がします。

Re: まいまい様☆ * by 惺
おはようこざいます!
かなり話題の映画みたいですよね~。
どんな話なのか気になっていたので、
本屋で表紙見てすかさず買ってしまいました(笑)
映画面白かったのですね~。ムスメさん、素早い!!
映像でみたらきっともっと感動&迫力あるんだろうなー。

サマーウォーズも同じ監督サンなんですね~、ビックリ。
小説も読みやすくて、才能豊かな監督サンなんだ…すごい~。

個別記事の管理2012-06-02 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

絵本・地獄絵本・地獄
(1980/08)
白仁成昭、宮次男 他

商品詳細を見る

 リンクしていただいている Mr.サンデーのピクニック気分 様のサイトで知った絵本です。今話題なのですね。書店でもかなり目立つ場所に陳列させておりました。以下BOOKデータベースより内容。

悪いことをすれば地獄に堕ちる 「針地獄」 「火あぶり地獄」 「かまゆで地獄」 「なます地獄」 悪いことをすると鬼たちが許さない。 絵本で子供たちに読み聞かせると、どんな子供も悪いことをしなくなると言う。

 他のメディアで取り上げられたから話題になっているらしいです。確かに奥付を見ると既に28刷。1980年初版とのこと。
 こんな絵本があるなんて知りませんでした。 Mr.サンデーさんのレビューを拝見して俄然興味が湧いて読んでみましたが、想像以上にインパクト&衝撃強かったです。

 ストーリー的には五平という人物が閻魔さまのつかいである鬼の牛頭・馬頭につれられて地獄までの道のりを旅するというもの。地獄に到着するまでに有名な場所を通過してゆくという構成も面白い。
 死出の山・三途の川を通り奪衣婆の許で衣服をすべてはぎ取られてしまう。ここまでで五平は既に生前に犯した罪に後悔し始め、ついに閻魔王の許に! ここですべての罪人は最後の審判を受けて地獄に落とされてしまうという……。
 しかし、五平は生前たったひとつ善行をしていたために、おじぞうさまの救いの手が差し伸べられる。生き返ることを約束された五平は戒めのためにおじぞうさまと共に地獄めぐりをすることに。
 ここからがこの絵本の真骨頂かと。

なます地獄 
動物の世話をなまけてころしたもののうける罰。
かまゆで地獄 
嘘をついたり、約束をやぶったものがうける罰。
火あぶり地獄 
ぬすみをしたものがうける罰。
針地獄 
いい子ぶってつげ口したり、他の人をばかにしてわる口を言ったりしたものがうける罰。
火の車地獄 
他の人の話をさいごまできちんと聞かずに自分勝手なふるまいをするものがうける罰。
竜の口地獄 
他の人の親切に感謝せずに、素直にありがたいと思わないものがうける罰。
無限地獄 
さまざまな罪を犯したものが繰り返しうけなければならない罰。

 社会生活の基本的なルールを破ったものがうける罰をわかりやすく、かなり刺激的な図で紹介。ラスト さいの河原 ではこどもたちに命をそまつにするなというメッセージを強烈に発して、罪人だった五平が改心するというエンディング。
 かなり教訓的だし、一種の脅しともとれるけれど、いのちのたいせつさ をストレートに伝えてくる迫力には圧倒される。
 今はゲームと切っても切り離せない環境にいる子供たち。育成ゲームでも育てるのに失敗して死んでしまってもいくらでもリセットできるし。
 それに慣れきってしまっている感覚に喝を入れるには良い絵本なのではないかなと、読んでいて思った。

 さらにまったくテイストは違うけれど、ダンテの「神曲」にとっても良く似ているなあと。
 地獄・煉獄・天国をめぐるダンテとこの五平が被ってしまって……。古今東西、地獄と天国・極楽をめぐる逸話には共通点があるのね。

 「絵本」とありますが、使用しているのは由緒ある絵巻物。もちろん子供向けなどではありません。
 職場の皆と読んだのだけど、20代女子は「自分がこの絵でトラウマになりそう……」だと。
 かなり刺激的。お子様にはどうなのかな? と少し心配……。しかし、稀有な絵本ですね。今の時代、貴重だと思います。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 絵本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★児童書
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

地獄 * by 風竜胆
地獄と聞くと、山崎ハコの「心だけ愛して」が脳裏に流れてきますw

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
こんにちはー!
山崎ハコー!! 
名前だけは知ってますが、残念ながら曲聴いたことないです……。
「心だけ愛して」ってタイトルからはまったく地獄って想像できませんが、
そのようなヘヴィな内容なのでしょうか?
気になる気になる…(笑)

山崎ハコ * by 風竜胆
「心だけ愛して」は、昔「地獄」という映画の挿入歌でした。確か原田美恵子主演だと思ったのですが、近親相姦もので、かなりヘビーな内容でした。(多く化しなので、細かいところは記憶にないですが)
もうひとつの挿入歌がやはり山崎ハコの「きょうだい心中」で、こちらも、なかなかのものですw

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
おはようございます!
ひー!知りませんでした。そのような映画あったんだ。
近親相姦で地獄…ほんとかなりイッちゃってる映画ですねー刺激的(>_<)
ようつべで検索してみようかしら? 聴いてみたいです~(笑)

個別記事の管理2011-05-15 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

マジョモリマジョモリ
(2003/05)
梨木 香歩

商品詳細を見る

春のマジョモリは花が満開。ある朝つばきは、森から届いた招待状を手に初めて森の奥へ。
そこで出会ったハナさんとノギクやサクラのお茶でティーパーティー。後からもう一人来た女の子は誰? 「小さな女の子の時間」を描く。
 「MARC」データベースより

 梨木香歩の文と早川司寿乃の絵がナイスなコラボレーションです。
 ある日、家の近くの「御陵」と呼ばれる森から不思議な招待状をもらったつばき。こどもたちの間では「まじょもり」と呼ばれている不思議な森からの招待に、とまどいながらも勇気を振り絞って森に入るつばきのひとときの不思議な体験。
 もう、絵とストーリーが見事!! なにげない日常から突然非日常の世界へとなんの違和感なく迷い込む。森の守り神「ハナさん」とふたばちゃんこと、少女時代のおかあさんとの心温まる交流。

にんきもののはつこい (にんきものの本)にんきもののはつこい (にんきものの本)
(2001/04)
森 絵都

商品詳細を見る

わたしのしょうらいのゆめは、ましょうのおんなになること。あいだとか、こいだとか、そんなもん、いちもんのとくにもならないとおもっていたけれど…。「BOOK」データベースより

 コチラも森絵都の文と武田美穂のちょっとゆる~い絵がとっても良すぎるコラボです。
 コレ、とっても人気でシリーズすべて貸出中だった。なので、昔読んだ記憶を頼りに書きますが、とっても面白い! 
 クラスのにんきものって皆の憧れの的。そんなにんきものになりたくて頑張る女子がちょっとズレちゃって、意外や意外な男子を好きになっちゃった……っていうハナシだったような。
 直木賞作家・森絵都の鋭い児童心理を突く内容と、「ますだくんシリーズ」がなんとも言えない武田美穂とのナイスコンビがたまらない!! 他に「にんきものをめざせ!」「にんきもののひけつ」など、どれも愉快でほろッとするシリーズあり。個人的に好きだ!!

なみだめネズミ イグナートのぼうけんなみだめネズミ イグナートのぼうけん
(2010/08/06)
乙一

商品詳細を見る

ぼくのなまえはイグナート。ちっぽけなネズミのぼくは、いつも涙目、ひとりぼっち。そんなぼくにも、生まれてはじめて友だちができた。
ナタリア。口は悪いけど、ぼくにパンを分けてくれたやさしい人だ。でも、ナタリアはいなくなった。いやがるナタリアを、兵隊がつれさった。ちっぽけなぼくだって、たまにはでっかいことをおもいつく!ナタリアに会いにいこう。旅に出るんだ。
「BOOK」データベースより

 前2作に比べると内容・質ともにちょっとグレードダウンかな。でもあの乙一の手によるものなのでセレクト。児童書というよりもどちらかというとコミック寄り。ちょっと中途半端な印象はぬぐえないかも。 一匹の嫌われ者のネズミが唯一の友達である王女を助け出す冒険譚という設定はなかなかよろしいんですけどね。

 大御所作家サンたちが描く児童書。それぞれとても個性的で面白いです。他にも「ピエタ」の大島真寿美も児童書出してますし。意外な発見と作者サンの引き出しの多さを知ることができてちょっと得した気分になりました。

blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 児童書 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★児童書
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by まいまい
「マジョモリ」は読んでいないんです。
ちょっと不思議なお話は梨木さんの得意とするところですよね。

森さんと武田さんの組み合わせもおもしろそうです。
「ますだくん」の絵本大好きです。
YAもいいけど絵本や児童書もいいですよね。
また紹介お願いします。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは☆
他にもう1冊おもしろそうな児童書があってどちらにしようかとても迷いました。
まあ、梨木サンなので、何を読んでもハズレはなさそうですが……。

> 森さんと武田さんの組み合わせもおもしろそうです。
> 「ますだくん」の絵本大好きです。
まさかまさかのコラボでビックリでした。
森絵都のストーリーに武田美穂の絵がとってもマッチ!!
お2人とも「さすが」といったカンジです。

> YAもいいけど絵本や児童書もいいですよね。
ホントです。
名作たくさんありますよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。