06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-19 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

鋼の魂 僕僕先生鋼の魂 僕僕先生
(2012/04/20)
仁木 英之

商品詳細を見る

 シリーズ最新作。相変わらずジャケ画が可愛くて癒し系。登場キャラ総出演といったカンジですね。以下BOOKデータベースより内容。

過去を隠して孤児を育てる元「捜宝人」の宋格之。父の命を奪った彼と生きる美しい紫蘭。ささやかな希望が芽生えた町を、ある日、皇帝の陰謀が襲った。美少女仙人・僕僕先生と王弁は、鋼の手で敵を滅ぼす伝説の神を求めて湖の底へ―。シリーズ第6弾。

 前作からかなり日が経ってしまったのでちょっと内容忘れてしまったのだけど、それでも楽しく読了!
 今作は今までとはちょっと違った硬質な内容。いつもの僕僕先生と王弁クンのあののんびりほっこりムードを期待してるとちょっと肩すかしかも。あ、でももちろん二人の掛け合いは健在ですけどね。

 自分的な印象としては、捜宝人・宋格之と施浪詔という国の神官(確か)馬銀槍との男の友情ストーリーなのかなと。
 弱小国である施浪詔にたどり着いた僕僕先生一行は、その国をめぐる争いに否応なく巻き込まれてしまうことに。大国・唐や、強豪国・吐蕃による侵略の危機にさらされる施浪詔。さまざまな陰謀や湖底に沈むという伝説の鋼人をめぐって多彩なキャラたちが活躍。
 特に魅力的だったのが無骨な馬銀槍かなあ。あ、あと前作から一行の仲間になった(多分)劉欣も。彼はラストの鋼人を甦らせる時に活躍するのだけどね。

 なんとかして大国の侵略を防ぎたい一行。
 仙人の僕僕先生が力を貸せば何とかなるんじゃない? と思ってしまうのだけれど、先生は今回ほとんどというかあまり出番なし。王弁クンもしかり。ひたすら人間達の葛藤と戦いぶりを静観する姿勢。活躍があまりなかったので、物足りないといえばそうなのかも知れないけれど、自分的には一国をめぐる人間同士の葛藤と団結的ストーリーがとても感動的だったなあと。
 特にラスト、宋格之と馬銀槍が互いを思いやりながら命を賭けて戦おうとするエピソードが物凄く良くて。いつものファンタジー色は少し薄いけれど、そのかわり熱い人間ドラマとなっていたところに新しさを感じてしまったし。
 今までとはちょっと路線変更的な今作。たくさんのキャラが登場しても、それぞれにちゃんと見せ場を作っている作者サンはさすが。特に今作は「親と子、家族のかけがえのない絆」というのがテーマなんじゃないかなと思ってしまった。
 たくさん登場する子供たちしかり、鋼人の正体しかり。隠されているのは親(特に母親)や家族の愛情だよね。

 などなどいろいろなことを考えながら読了しました。
 さて、次は一体どんなテイストになるのやら。読むのが楽しみなシリーズですな。
 

blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 仁木英之
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-07-28 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

胡蝶の失くし物―僕僕先生 (新潮文庫)胡蝶の失くし物―僕僕先生 (新潮文庫)
(2011/05/28)
仁木 英之

商品詳細を見る

 またも友人から借りた1冊。巻を重ねるごとに面白くなってゆく!! 以下BOOKデータベースより内容。

美少女仙人vs.最凶の刺客!?気ままな旅を続ける僕僕先生と王弁くんを、大唐帝国の闇で蠢く暗殺者集団「胡蝶」が追う―。
必殺の吹き矢を操る劉欣が登場。笑いあり、サスペンスあり、涙ありの第3弾。


職業兇徒 闇に囚われた者
相思双流 せっかちな女神
主従顛倒 夢に笑えば
天蚕教主 惑う殺し屋
回来走去 誰かのために流す涙
恩讐必報 失くし物、見つけた物 … さらにストーリー性が深まる良篇揃い!

 通勤車内で読んでたんですけどね、初っ端の職業兇徒が良すぎて思わず涙腺が……(>_<)
 新たなキャラ登場です、いきなり。これがまた意表を衝いたキャラクターで。何と、胡蝶と呼ばれる暗殺集団に属する劉欣。日本で言うとまんま忍者でしょうね。
 その非情な組織に属する彼が登場。異様に長い手足に骸骨のような容貌。人々から忌み嫌われどん底の生活を送っていた劉欣に差し伸べられた救いの手。
 ひとつは生きる上で必要な仕事を与えてくれた胡蝶の頭領。そしてもうひとつは自分を拾ってくれた優しい育ての親。
 このかけがえのない2つの恩恵を受けた劉欣は暗殺のエキスパートとして成長。そしてその彼のターゲットはなんと、仙人である僕僕先生!

 一体彼は僕僕先生を暗殺することができるのか? 一枚も二枚も上手な彼女の思惑に引っかかってしまい、人生最大の岐路に立たされた劉欣が最終的に選択するものとは?
 巧いストーリー運びに二者択一の決断を迫られた劉欣の切羽詰まった心理描写に泣きそうになった(必死にこらえた!←車内だったもん)。

 次に良かったのが回来走去。薄妃の恋人との再会譚なんですが……。
 やっと遠く離れた恋人との再会を果たした薄妃。けれど、そこには哀しい現実が。
 恋人と会う前の嬉しくも複雑な気持ちに激しく感情移入。可愛いよね、薄妃! 
 けれど、やっと再会できた恋人との哀しい現実。ひたすら恋人のことを一途に想ってした薄妃の純愛が健気。それにしても賈震の情けなさにはう~ん閉口だな!
 ここでも登場の劉欣との絡ませ方が巧すぎる! 意外や意外の薄妃の悲劇に泣けます。

 他のストーリーもぞれぞれ皆読ませてくれる! 僕僕先生と王弁のお約束のいちゃこら絡みは今回はあまりなし。ちと残念!! そのかわり僕僕先生の七変化(イケメン男子になったりとか)や、苗族のコスプレなどでいろいろと楽しい。
 そして新たに加わった抜・胡蝶の劉欣がまた意外性たっぷりのキャラクターで良いかな。自分的にカムイ外伝の抜忍・カムイの姿を重ねてしまいました!
 貸してくれた友人、もうこのシリーズ持ってない……ということなので、いよいよ自腹切って購入か、図書館で借りるか。迷いつつ、早く続巻を読みたいなあ。


blogram投票ボタン人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 仁木英之
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-07-09 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

薄妃の恋―僕僕先生 (新潮文庫)薄妃の恋―僕僕先生 (新潮文庫)
(2010/08/28)
仁木 英之

商品詳細を見る

 職場の友人から借りていたので、早く読まなきゃ! ということで読了。今作もとーっても面白かったです! 以下BOOKデータベースより。

さあ、ボクについてくることだ。この世界、二人で旅するには十分広い――。
小生意気な美少女仙人と、気弱な弟子の王弁くん。再び旅に出た気弱な弟子の王弁は、小生意気だけど憎めない先生の心がわかるようで、わからないようで……。今度の旅で出会ったのは、恋に焦がれた女の想いが妖異に姿を変えた薄妃―。
唐代の中国を舞台に、世界のホロ苦さと愛しさを奇想豊かに描くロードノベル。


羊羹比賽 王弁、料理勝負に出る
陽児雷児 雷神の子、友を得る
飄飄薄妃 王弁、熱愛現場を目撃する
健忘収支 王弁、女神の厠で妙薬を探す
黒髪黒卵 僕僕、異界の剣を仇討に貸し出す
奪心之歌 僕僕、歌姫にはまる … の今回もバラエティに富んだ6篇収録。

 1作目よりさらに面白さパワーアップ!
 料理対決・子供達の友情・新キャラ登場・仇討──などなど、バラエティに富んだモチーフに大満足。
 どのハナシも印象強いのですが、特にお気に入りの作品をいくつか。

陽児雷児 雷神の子、友を得る
 可愛い雷神の子と人間の子との友情物語。
 長雨が止まないとある村。それは毎日雷神の子・砰が人間の子・董虔の許に遊びにくるから。その雨を止ませるために、怪しげな道士によって董虔が人身御供にさせられる。それを必死に救出に行く王弁と砰。瀕死?の董虔のために半分近い血液を提供せざるを得なくなった王弁が何気カッコイイ!加えて素朴な砰と董虔の友情が微笑ましい。
飄飄薄妃 王弁、熱愛現場を目撃する
 いよいよ新キャラ登場! 
 ある日とあるカップルのいちゃこらシーンを目撃してしまった王弁と僕僕先生。なんとそのカップルは妖怪・薄妃と人間の男だという。薄妃に精気を吸い取られ瀕死の男を救った僕僕先生。彼女が薄妃の正体を暴くと、実はぺらっぺらの薄っぺらの皮だったという……。根は善人の薄妃。いつか肉体を持ち最愛の男と再会できる日まで僕僕先生一行と旅することに。薄妃のキャラ立ちなかなかよろしいかと。
奪心之歌 僕僕、歌姫にはまる
 歌姫・韓娥の美声に魅せられた僕僕先生と零陵の村人たち。その韓娥の美声を独占しようと零陵の刺史が彼女を誘拐。なんとかして奪還しようとする僕僕先生と王弁。そして意外な助っ人に、あの雷神の子・砰と同じく雷神に変化しつつある董虔が加勢。ラストの僕僕先生と王弁のラブラブ甘甘な雰囲気がなんとも可愛い。

 その他、巨大亀や若干酒乱気味で大暴れする女神様等々、個性溢れるキャラクター達も登場してとっても賑やか。で、相変わらず王弁の僕僕先生に対する妄想は止まず。さらにヒートアップしているような気も……でもとっても良い雰囲気の2人なのでした。次作も面白そう! ということで激しく期待します。 


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 仁木英之
* Comment : (5) * Trackback : (1) |

続きが気になります! * by BirdWing
こちらでは、はじめまして!

僕僕先生のシリーズ、面白いですね。1冊目が楽しかったので、その勢いで2冊目も読んでしまいました。

ちょうど七夕が終わった時期ですが、七夕は熱愛のあまり仕事をおろそかにするふたりを、神様が1年のうち1日だけ会えるように離したとか。薄妃の恋もちょっと似ているところがあるなあとおもいました。

もはや人間ではない妖異の女性と、肉屋の若旦那の熱烈な恋なのですが、あまりに逢瀬にのめりこみすぎて、男のタマシイが失われていきます。げっそりとした男を救ったのが僕僕たちともいえるのですが、そのときに薄妃も旅の仲間に加わります。

薄妃はこれからどうなっちゃうんでしょうね。惺さんも書かれていますが、僕僕先生の本は、どれも読後にこれからどうなる?という期待感が募ります。

第2弾はちょっとせつない話が多い気もしました。敵討ちに燃えているけれど便りない夫とその妻の、「黒髪黒卵」もそんな感じ。

これからが楽しみです。

Re: BirdWing 様☆ * by 惺
おはようございます!
> こちらでは、はじめまして!
はじめまして~♪
> 僕僕先生のシリーズ、面白いですね。1冊目が楽しかったので、その勢いで2冊目も読んでしまいました。
わかります!
自分も友人から3冊目借りてます! クセになりますよね。

> ちょうど七夕が終わった時期ですが、七夕は熱愛のあまり仕事をおろそかにするふたりを、神様が1年のうち1日だけ会えるように離したとか。薄妃の恋もちょっと似ているところがあるなあとおもいました。
BirdWingサン、目のつけどころがさすがですね~!!
言われてみればそうですね。なんだかちょっとロマンティック☆

> もはや人間ではない妖異の女性と、肉屋の若旦那の熱烈な恋なのですが、あまりに逢瀬にのめりこみすぎて、男のタマシイが失われていきます。げっそりとした男を救ったのが僕僕たちともいえるのですが、そのときに薄妃も旅の仲間に加わります。
中国の怪異譚に「聊斎志異」というのがあるんですが、
思わずその本を思い出してしまいました。この「薄妃の恋」みたいなハナシがたくさん収録されているんですよ~。

> 薄妃はこれからどうなっちゃうんでしょうね。惺さんも書かれていますが、僕僕先生の本は、どれも読後にこれからどうなる?という期待感が募ります。
自分的にはハッピーエンドになるんじゃないかな? と思っていますが……。
なんて想像できるトコロもこの小説の良い点ですよね!

> 第2弾はちょっとせつない話が多い気もしました。敵討ちに燃えているけれど便りない夫とその妻の、「黒髪黒卵」もそんな感じ。
そうですね。ちょっとオトナの「夫婦の愛」が描かれていて感動しました!

> これからが楽しみです。
まだシリーズ完結していないんですよね。
後味も良くてほっこりするこの小説、とても貴重だと思います。
早く続き読みたいですね。
ご訪問ありがとうございます☆ またツイッターでもヨロシクお願いします!

拍手コメお礼☆ * by 惺
ああああありがとうございます!!
もう半分お遊び的なノリですね。
もうちっとマトモに書けるように精進します!


暑い・・ * by nao
「1作目よりさらに面白さパワーアップ!」(!)
とあるのに注目し、この第二作、読んでみました。
一作目は登場人物や物語の設定(魅力ある世界観)の紹介で、
物語性(?)がやや薄いまま、終わってしまったようなトコありましたが、
今回から物語(エピソード)が自在に発展していく様子で、愉しめました。
・珠鼈・・お化けすっぽんナマズ・・こういう巨大怪獣は大好きであります!
・不空(坊さん)さんの関西弁・・「なんでやねん!」
(そう言えばこんな感じの言葉・セリフ「青年のための読書クラブ」にもあったような?・・)。
三作目・・いきますか?

Re: nao 様☆ * by 惺
こんにちはー☆
> 今回から物語(エピソード)が自在に発展していく様子で、愉しめました。
ホントですよね!
前作は説明部分が多すぎてちょっと分かりづらいトコロもあったけど、
今作は完全にエンタメ・ファンタジーとして楽しめた☆
自分的には薄妃がナイスキャラ!

> ・珠鼈・・お化けすっぽんナマズ・・こういう巨大怪獣は大好きであります!
自分もです!
このまま映像化できそうですよね~。

> 三作目・・いきますか?
もっちろんです。とりあえず今出ている作品制覇が目標で~す☆

個別記事の管理2011-06-28 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

僕僕先生 (新潮文庫)僕僕先生 (新潮文庫)
(2009/03/28)
仁木 英之

商品詳細を見る

 職場の同僚に「何かおススメの本ない?」と訊いて貸してくれたのがこの本。いやいやいや、大変面白かったです。いろいろな方からのおススメ本ってハズレがありません。以下BOOKデータベースより内容。

時は唐代。
若き王弁は父の財産に寄りかかり、学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。そんなある日、父の命で黄土山へと出かけた王弁は、そこでひとりの美少女と出会う。
自らを僕僕と名乗るその少女、なんと何千何万年も生き続ける仙人で…不老不死にも飽きた辛辣な美少女仙人と、まだ生きる意味を知らない弱気な道楽青年が、五色の雲と駿馬を走らせ天地陰陽を大冒険。


 第18回ファンタジーノベル大賞受賞作とのこと。なるほど~!! 「後宮小説」をなんとなく思い出してしまったし。気楽に読めるけれど、本格派というのが読了後の印象。
 何故に気楽に読めるのかというと、コレ、ラノベにしてもおかしくない設定だから。なんたってツンデレ美少女仙人・「僕僕」と何ごとにもやる気の起きないニート青年・王弁のカップリングがまさにラノベ的。さらに強気の女子が気弱な男子をグイグイ引っ張っていって、紆余曲折・冒険の後に2人は結局ラブラブに……という、わかりやすく言えばお約束のハナシ。さらに極めつけが、その美少女仙人がナント、ボクっ娘なのでした!

 けれど、いわゆるラノベとの決定的な差がその時代背景と考証の精緻さ。大唐帝国を舞台にし、あの有名な玄宗皇帝を登場させて小説世界に現実味を持たせている。特に終盤の蝗害のエピソードなんかは史実に忠実ですよね。駆除に奔走した実在の人物なども登場させたりして、フィクションとノンフィクションとのコラボも絶妙!

 そんな硬派(?)な一面もあるかと思えば、僕僕先生と王弁との微妙な恋心の描写もねー、良いですわ。意外なことに、王弁の僕僕に対する煩悩!! は早々にバレてしまい(あたりまえか、仙人サマは人間の心が読めるらしい設定なので)、開き直る王弁と、彼の自分に対する恋心を知っていておちょくる僕僕先生とのやりとりがまた萌えポイント!
 プラス、2人が様々な土地で繰り広げる冒険譚は読んでいて文句なく楽しい。それを盛り上げる小道具──例えば僕僕先生が乗る雲とか王弁が操る名馬とか、ファンタジーの雰囲気を巧く醸すアイテムも健在。

 美少女仙人に時に守られながら、次第に自分の進むべき道を見出してゆく王弁。今まで自分が知らなかった生きる力を開花させ、恋愛も知ることととなった彼の成長がゆっくりまったりと綴られてゆく。
 闊達な美少女によって触発され成長を促される無気力な主人公──という図式。一歩間違うととんでもなくありふれて(GOSICKのヴィクトリカと一弥もこんなカンジだよね?)没個性的な関係になりそうだけど、今作においては僕僕先生はツンデレでありながら時折見せる仙人としての達観具合もまた見事という、複雑で且つ超キュート。王弁は成人済みながらも無欲で純な性格設定という、嫌味にならないなんとも魅力的なキャラクターが大成功! ← あくまで個人的意見。

 ラスト、ちょっとだけホロッときます。切ないシーンもあくまでさらりと。これも僕僕先生の魅力ですね。けれど、最終的なハッピーエンドに大満足!!
 次巻は新キャラ登場とのことなので期待値大。フフフ……実は既に借りているのだ。読むのが楽しみだ! プラス特筆すべきは装画・挿画の三木謙次氏のイラスト。ほのぼのとしていて超超超・カワイイです!!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : ファンタジー小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 仁木英之
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

* by ひいち
わぁい(^∀^*)
これは絶対に探し出す!!読みたいっ☆

惺さんのつぶやき見て、速攻で調べたら、
挿画も可愛かった♪ほのぼの系~☆好きです。

長野まゆみさんの本も色々読んでいますが、
ボーイズラブなんだけれど、不思議世界で・・・
結構好きです~☆
「少年アリス」ってすんごーっく昔に読んだきりなので、
再読しよう~っと☆☆

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは(●^o^●)
面白かったよ~!!
キャラもとっても良かったし、ハナシも本格&ほのぼのといったカンジで。
おススメです♪

> 長野まゆみさんの本も色々読んでいますが、
> ボーイズラブなんだけれど、不思議世界で・・・
> 結構好きです~☆
そうなんだ!
BL系なんだあ。知らなかった。でも独特の世界が良いです~。
他の作品も読んでみたいなあ…。

チャイニーズ・ファンタジー! * by nao
ニッキーの僕僕シリーズですな(ニッキー=仁木の愛称・・のつもり)。
作中、王弁が「吉良」(老馬・・実は!)にてこずっている折、
僕僕は釣ったなまずを料理しますが・・旨そうなでありましたよ。
(全然、物語の展開に関係しないトコでありますが・・)

ところで、ファンタジー大賞「後宮小説」(!)・・あれはすばらしかったなぁ。
歴代(?)の受賞作にあって(自分の読んだ中)、最高のもののひとつです。
次巻「薄妃の恋」・・愉しみですなぁ(自分は未読)。

おっ!ファウスト発見!・・VSメフィスト星人。

Re: nao 様☆ * by 惺
こんばんは!
そうです、僕僕シリーズ初挑戦!
まさかチャイニーズ・ファンタジーとは思いませんでした!

> ところで、ファンタジー大賞「後宮小説」(!)・・あれはすばらしかったなぁ。
> 歴代(?)の受賞作にあって(自分の読んだ中)、最高のもののひとつです。
あれは良かったですよね!よくできた作品だと思います。
あの作品以降、チャイニーズ・ファンタジーというジャンルが
メジャーになった気がする。酒見賢一スゴイぞ。

> おっ!ファウスト発見!・・VSメフィスト星人。
以前から読みたかったんですよねー。
楽しみです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。