05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-09-12 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

ゲーテ詩集 (新潮文庫)ゲーテ詩集 (新潮文庫)
(1951/04)
ゲーテ

商品詳細を見る

家で見つけた、大昔に買った本があったのですかさず読みました。詩集は久しぶり&薄かったのでサクサクいけました。以下文庫見開きより内容。

自然そのもののように、おのずからに生まれ、外見はきわめて単純であるが、はばひろく深みのあるゲーテの抒情詩には、この上ない明るい喜びと悲痛な感情が歌われている。それは振動する生命そのものであり、詩人の状態がそのまま言葉とリズムに化した世界である。 ←なんのこっちゃわからん。

小曲  51曲
つどいの歌  3曲  
物語詩  11曲
くさぐさ  8曲
「ウィルヘルム・マイテル」より  7曲 … 合わせて80曲の珠玉の詩集。

 ちなみに、自分が読んだのはこの新潮社版ではありません。ものすごく昔の角川書店版です。画像がなかったので、画像付きの新潮社版を挙げました。なので、もしかしたら内容が少し違っているかもしれません。

 80曲ととても多いのですが、1曲がすごく短いのであっという間に読めてしまいました。
 ゲーテというと「若きウェルテルの悩み」とか「ファウスト」などの作品で有名ですが、まさかこんなに詩のストックがあるとは思いませんでした。
 ひと言でいうと、ほとんどが「愛の詩」です。ファウストであの悪魔メフィストフェレスを創造した作者サンとは思えないほど可愛らしい詩ばかりでビックリしました。
 一番バラエティに富んでいて面白かったのはやはり小曲かな。印象に残った詩を少しだけ。
野ばら
 シューベルトが曲をつけたという「野ばら」の詩らしいのだが、ホントにこの詩なのかはちと不明。←ウィキには原詩で載ってるから読めない…。
 少年に手折られまいトゲを駆使して必死に抵抗する野ばらだけれど、最後にはあっけなく折られてしまう…という歌詞。
 野ばらを少女に置き換えるとなんとも意味深な曲になりますよね。周知のメタファーなのかもしれないです。
誰が買う 愛の神々
 市場で売られるたくさんの美しい鳥たち。商売人が一生懸命売りこんでいる様子を歌ったもの。これも鳥を美しい女性として変換すると……やはりメタファーなのかも。
遠くに去った恋人に
 タイトルの通りです。去ってしまった恋人を想うやるせない詩。スミマセン、自分的にNO.6のネズ紫を連想してしまいました。だってあまりにもドンピシャ……。
不実な若者
 物語詩にカテゴライズされてます。少し長めの起承転結ある詩です。内容はというと……。
 タラシのイケメン男子がとある村で純情な村娘をナンパしてもてあそんだ挙句に捨ててしまう。ショックで娘は狂い死に。
 嵐の夜に道に迷ったイケメンが雨宿りのために立ち寄ったあばら家。その家の広間を目指して開けた扉の先には……死んだ娘が笑顔で迎えてくれた……。
 というなんともゾッとする詩です。この内容を巧く7行連に収めているのだからスゴイです。

 恋する純情少女に戻りたい方、一時でも良いから甘酸っぱい恋の記憶を辿りたい方(書いていて自分がキモい)にはとてもよろしいかと。
 わかりやすくて読みやすい。非常に楽しめました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ゲーテ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-07-13 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

ファウスト(下) (講談社文芸文庫)ファウスト(下) (講談社文芸文庫)
(2003/02/10)
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

商品詳細を見る

 やっと借りれた! 待ちに待っていた下巻。以下BOOKデータベースより内容。

4人来るのが見えたが帰って行ったのは3人
何やら困難とかいう言葉が聞こえ――
それに合せて追いかけた言葉は死……。
悪魔に魂を売り渡して超人的な力を手に入れたファウストは、権謀渦巻くドイツ宮廷からギリシャの神話世界へ、さらには生命の始原に向かい旅立つが……。


 もう豪華絢爛と言った様相でした。上巻は永遠の恋人グレートヒェンとの悲劇的結末で終わっていましたが、下巻はまったく展開の違った悲劇第Ⅱ部・第一幕から第五幕といった構成で始まります。
 ここからが悪魔メフィストーフェレスとファウストの冒険の真骨頂というべきか。

第一幕
 とある皇帝の臣下として生きることとなったファウストとメフィスト。国の困窮の打開策を提案したり、ギリシア神話で有名なヘレネーとパリスの霊を呼び出したりとその活躍は八面六臂。そこでファウストは呼び出したヘレネーに一目ボレ。彼女に触れた瞬間爆発をして気を失ってしまう。
第二幕
 舞台はかつてのファウストの書斎へ。そこで弟子だったヴァーグナーが人造人間・ホムンクルス創造に成功しており、覚醒したファウストとメフィストはそのホムンクルスと共にヘレネーを探しに時空を超えてギリシアの古典的ヴァルプルギスの夜へと飛び発つ。この第二章のラストがかなり自分には印象的で、風・火・水・地の各精霊達の賛歌で締めくくられる。
第三幕
 舞台は一転してギリシア世界に。メフィストの変装と画策によって生け贄となるはずだったヘレネーを無事ファウストの許に差し向ける。ついに結ばれたファウストとヘレネー。2人は「詩」の象徴である(ここらへんが自分的には謎な部分)オイフォーリンをもうけるが、ふとしたことで彼とヘレネーを亡くしてしまう。再び新たな人生へと旅立つファウスト。
第四幕
 第一幕での国家の再建を描いた一幕。メフィストの幻術の助けもあって戦争に勝利した国の再建事業に取り組むファウスト。皇帝から土地を頂く。
第五幕
 ファウストは国政に参画し、新たな「自由の土地」を開拓するという大事業を推進させていくが、メフィストとのすれ違いが顕著に。
 しかし、ファウストの内面の充実は計り知れず、「憂愁」が彼を誘惑するが取り合わなかったために盲目にさせられてしまう。がしかし、ようやく地上において満足する生活を得たファウストは幸福のうちに絶命する。メフィストは最初の契約通りに彼の魂を奪おうとするが、そこに天使の軍勢が現れ薔薇の花びらによって、ついに悪魔である彼も撃退される。ファウストの魂はかつての恋人グレートフェンによってようやく救済される。

 こうやってまとめてみて、やはり壮大な戯曲だったのだなとつくづく思いましたね。登場するキャラクターは総勢何人になることやら。悪魔に天使、ギリシア神話の神々に精霊、人造人間……等々、作者ゲーテの博識と知性に驚くばかり。
 人間と悪魔との契約とその人生の旅と漂泊の一大叙事詩。「神曲」と相通じるものを感じたりして。しかし、こちらの方がかなり読みやすく劇的だなと。特に印象的なのが、ラストのメフィストーフェレスの最期。天使の軍勢が散らす薔薇の花びらで死んでゆく──というドラマティックな悪魔の終焉にもうため息モノ。
 自分は急ぎ足で読んでしまいましたが、ぜひとももう一度じっくりと時間をかけて堪能したい古典の名作。
 特にメフィストーフェレスなんかいろいろなメディアに今でも登場するし(有名ドコロでは青エクかな~)。オリジナルは一体どんなカンジよ? と知っておくのもいいかと。
 ファウストもメフィストも一筋縄ではいかない強烈な個性の持ち主。そういう部分でも現代でも読み継がれ愛される1冊なのかもね。大変面白かったです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 海外小説・翻訳本 * Genre : 小説・文学 * Category : ゲーテ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

♪時間よ止まれ~YAZAWA * by nao
文学作品というより、壮大なファンタジー映画の脚本か(ハリウッド3D大作)?
コレは悲劇・・なのであろうか?(第一部はともかくも)・・よくわからんです。
最後は人間側の反則勝ちな感じで・・。出し抜かれたメフィスト星人・・
(一方的な契約不履行、裁判すりゃ勝てるぞメフィスト星人!)
お持ち帰りもできずで、もう踏んだり蹴ったりなのでした・・。

ところでG爺、この第二部では、もう主人公ファウストに興味を失くしていたのでは?、
一応の思想的な物語の側面は認められるけれども、
G爺は物語進行の手綱を離し、神話世界(オールキャストの登場人物)にどっぷり浸って、
思う存分愉しんでいたのだと思う(その軌跡もまた思想と言えるのかも知れませんが・・)。
薔薇(愛の炎?)に焼かれる(?)メフィスト星人・・
80も越えて、よくこんな場面思いついたもんですなぁ。

Re: nao 様☆ * by 惺
こんばんは☆
> 文学作品というより、壮大なファンタジー映画の脚本か(ハリウッド3D大作)?
> コレは悲劇・・なのであろうか?(第一部はともかくも)・・よくわからんです。
> 最後は人間側の反則勝ちな感じで・・。出し抜かれたメフィスト星人・・
> (一方的な契約不履行、裁判すりゃ勝てるぞメフィスト星人!)
> お持ち帰りもできずで、もう踏んだり蹴ったりなのでした・・。
わはは!
どれもものすご~く的確なご意見!!
「悲劇」はメフィストさんにとってなんですよ!!

> 最後は人間側の反則勝ちな感じで・・。出し抜かれたメフィスト星人・・ ←まさに悲劇!

ファンタジー映画の脚本!!! 言えてます~!
ミュージカルと言ってもいいですよね。

> ところでG爺、この第二部では、もう主人公ファウストに興味を失くしていたのでは?、
> 一応の思想的な物語の側面は認められるけれども、
> G爺は物語進行の手綱を離し、神話世界(オールキャストの登場人物)にどっぷり浸って、
> 思う存分愉しんでいたのだと思う(その軌跡もまた思想と言えるのかも知れませんが・・)。
うんうん、ファウストだんだん陰薄くなっていくし。
あれだけワキ役に力入れていれば、仕方ないような…(>_<)

> 薔薇(愛の炎?)に焼かれる(?)メフィスト星人・・
> 80も越えて、よくこんな場面思いついたもんですなぁ。
意外とロマンティスト?
ボケてるヒマないですね。
自分的にとっても楽しめた作品でした。やっぱ名作ですね♪
コメントありがとうございました☆

個別記事の管理2011-06-30 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

ファウスト(上) (講談社文芸文庫)ファウスト(上) (講談社文芸文庫)
(2003/01/09)
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

商品詳細を見る

 以前から読んでみたかった作品。とっても難解なんだろうなーと思いつつ躊躇していましたが、読んでみたら意外や意外、わかりやすくて面白かった!! 以下BOOKデータベースより内容。

(ファウスト)俺の喜びはただこの大地から生まれこの世の太陽だけが俺の悩みを照らすのだ。
(メフィスト)それならためらうことはない。さあ契約だ。……地上にある限りの日々……人間がまだ見ぬものを見るのです。
神ならぬ人間の身で世界のすべてを究めたい欲求に憑かれたファウストは、悪魔メフィスト―フェレスと契約を結ぶ。
文豪ゲーテ畢生の対策が柴田翔の躍動する新訳で甦る。


献げる言葉
舞台での前狂言
天上の序曲
悲劇第1部

 ファウストとかメフィストーフェレスとか、名前だけはどこかで聞いたことあるかと思います。が、その出自がゲーテの作品というところまではなかなか辿りつかないですよね。それほどまでにネーミングが有名で独り歩きしている感が。ファウスト(善・人間)とメフィスト(悪・悪魔)との契約と葛藤の物語……と書くと、やっぱりアニメとかミュージカルとかドラマとか、いろいろなメディアのテーマ(素材)になりそうな作品かなと。

 このハナシ、作者ゲーテのまったくの創作というわけではなく、

15世紀から16世紀頃のドイツに実在したと言われるドクトル・ファウストゥスの伝説を下敷きにして、~略~ このファウスト博士は、錬金術や占星術を使う黒魔術師であるという噂に包まれ、悪魔と契約して最後には魂を奪われ体を四散されたという奇怪な伝説、風聞がささやかれていた。~略~ そうしてこうした様々なファウスト伝説に取材し、彼を主人公とする長大な戯曲を仕立て上げた ~ウィキより引用~


 とのことで。意外でしたね、こんな伝説が存在していたということが。

 作品はまず印象的な 献げる言葉 から始まります。もうこのイントロダクションからして雰囲気抜群。グイグイと作品世界に引き込まれ、さらに 舞台での前狂言 で一気にのめり込む。全文韻文(ある一定のリズムのある文)の戯曲風であるため、この前狂言はとっても効果的。で、次の 天上での序曲 でようやく本編に突入。その登場キャラも豪華なことこの上ない!

 まずは、神。そして大天使ラファエル・ガブリエル・ミヒャエルと、この作品の重要キャラである悪魔メフィスト。その彼と神との間で交わされる会話。人間でもっとも徳が高いと評されているファウストをめぐる賭けの描写がなかなか面白い。この作品の発端となる部分ですが、いくらメフィストがファウストを誘惑しようと神は彼に絶対的な信頼を置いている。
「心ばえ秀でた人間は 暗くおぼろげなる衝動のうちにあっても 自分の踏むべき道を忘れることは決してないものだと」
 そう神から信頼されているファウストが一体これからどうなってしまうのか? メフィストの誘惑に乗って悪魔との契約をしてしまった彼のその後は?

 悲劇第1部。ファウスト最愛の女性・マルガレーテの母と兄を殺害し、さらに彼女と自分の子供を不幸の淵に落としてしまった彼の苦悩。それの彼を俯瞰して眺めているメフィストの冷酷なキャラクター造形が秀逸です。まさに悪魔!
 下巻も図書館に予約してるんですが、なかなか順番がこない~!! もどかしく思いつつもじっと我慢して待つことにします。 
 壮大なスケールの古典の名作。続きが楽しみです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 海外小説・翻訳本 * Genre : 小説・文学 * Category : ゲーテ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by nao
おっ・・読まれましたか・・。
自分の周りには、この古典読んだヒト、ひとりもいないのでありました。
柴っちの新訳・・(この文庫)少しのぞいてみましたが、読み易そう!

第一部と第二部・・まるで話が違ってきますが(壮大にスケールアップ!)、
惺さんはどんな感想もたれるのであろうか?
第二部の一章の終わり、ヘレナ(ヘレネー)登場の場面の、
ペ・ファウスト(?)の暴走ぶりなど・・ある意味、驚きますぜ。
なんにしても、80過ぎて第二部を完成させたGさん、
恐るべしであります。

Re: nao 様☆ * by 惺
こっんばんは!
> おっ・・読まれましたか・・。
読みましたッ!!

> 柴っちの新訳・・(この文庫)少しのぞいてみましたが、読み易そう!
ものすご~く読みやすかったです!
戯曲なのに違和感まるでナシっでした☆

> 第一部と第二部・・まるで話が違ってきますが(壮大にスケールアップ!)、
> 惺さんはどんな感想もたれるのであろうか?
> 第二部の一章の終わり、ヘレナ(ヘレネー)登場の場面の、
> ペ・ファウスト(?)の暴走ぶりなど・・ある意味、驚きますぜ。
ううう…楽しみすぎて早く読みたいです…。
ファウストくん、暴走しちゃうんだ…。どーした?
メフィストくんも自分的にかなりツボなんだが…。

> なんにしても、80過ぎて第二部を完成させたGさん、
> 恐るべしであります。
元気だのう…。老人パワー侮るべからず!
この名作残してくれたことにひたすら感謝ですう☆
それにしてもnaoサン、かなり読まれてますよね!
尊敬です(●^o^●)

個別記事の管理2010-10-19 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)若きウェルテルの悩み (岩波文庫)
(1978/12)
ゲーテ

商品詳細を見る

 怒涛の勢いで読み終えた、というのが素直な感想。もっと哲学的でコ難しい内容かと思いきや、まるで違ってました。読みやすい内容とちょっと劇的?な構成。
 さすが名作。面白かったです。以下文庫表紙よりあらすじ。

親友のいいなずけロッテに対するウェルテルのひたむきな愛とその破局を描いたこの書簡体小説には、ゲーテが味わった若き日の情感と陶酔、不安と絶望が類まれな抒情り言葉をもって吐露されている。
晩年、詩人は「もし生涯に『ウェルテル』が自分のために書かれたと感じるような時期がないなら、その人は不幸だ」と語った。


 若くて痛い。そしてなんて純なヤツなんだ、ウェルテル!! 
 人妻ロッテに対するその情熱と一途さに胸が熱くなる。自分は女なのでイマイチ理解できないけれど、(特に若い)男子はこのような心理に陥ることがあるのだろうか? もしそうだとするなら、やっぱりウェルテルに激しく共感するのだろう。

 書簡体という構成もなかなか凝っている上に、ウェルテルの一人称語りがとっても効果的。彼の心理がこの上なく巧く表現されていると思うし。
 そして何より、朗々と謳いあげるような情景・自然描写が素晴らしいな、と。時にくどく感じ、自分の世界入ってる?的な部分もあったけれど、詩的で美しい描写にはしばし感動。俗世間(いわゆる社会)を嫌い、自然と子供を愛するウェルテルという人物を際立たせるのに効果的だと思った。

 全編を通してウェルテルの心情告白なのだけれど、人妻を愛してしまった苦悩に自分を責め続け、破滅へとまっしぐらに突き進む。そんな彼の純粋な魂が哀れでもあり悲壮でもあり。全身全霊を込めたロッテへの愛情が報われることなく悲劇で幕を閉じてしまうけれど、不思議と清々しい読後感だった。
 何故なのかな? 自分でもよくわからない。けれどもしかしたら、ウェルテルが発する青春の煌めきの最期の光芒を、行間から感じたからかもしれない。

 純粋で一途で、アツイ男、ウェルテル。自分的にポイント高かったです。そして言うまでも無く、名作。堪能しました!!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ゲーテ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

ゲーテ!?! * by 読書系女子
>もっと哲学的でコ難しい内容かと
思っていました・・・

読みやすくて、劇的で、おもしろい!?!

そうだったのですね~~岩波文庫というだけで難しそうな気がしちゃうんですが^^;;;

Re: ゲーテ!?! * by 惺
> 読書系女子様v-353
意外でしょ?
分量的に薄いのがありがたかった☆
予期せぬオモシロさ。おヒマな時にでもどぞッ!
コメントありがとうございました☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。