01≪ 2017/03 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-04-29 (Mon)
ご訪問ありがとうございます☆

図書館が街を創る。 「武雄市図書館」という挑戦図書館が街を創る。 「武雄市図書館」という挑戦
(2013/03/28)
楽園計画

商品詳細を見る

 出かけたついでに寄った書店で見つけた本。最近ちょっとした話題となっているあの図書館について、堅苦しくない切り口で書かれた本だったので興味津々で購入・読了。以下BOOKデータベースより内容。

本書は、常に改革を目指してきた市長の挑戦と、それを支える人々の想い、それを実現しようという情熱をドキュメンタリー形式で綴ったものである。

◆「武雄市図書館」にまつわるいくつかの偶然と必然
◆序章 “ハコモノ"に命を吹き込む方法論
  対論 樋渡啓祐(武雄市長)× 山崎亮(コミュニティデザイナー)
◆第1章「武雄市図書館」という名のひとつの冒険
◆第2章「武雄市図書館」を創り続ける人々の肖像
◆第3章 書物が宿す光によって故郷を照らす試み
◆第4章 図書館のレーゾンデートルを探る道程
◆終章 図書館と企画会社の交点


 単行本でもなく文庫でもない。変形サイズのぱっと見、一瞬写真集かと思うほどのちょっとお洒落なデザインもなかなか。
 あのTSUTAYAの企画会社であるCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)が管理運営する佐賀県の武雄市図書館をめぐって、図書館業界参入とその運営方針&可能性について書かれた1冊。どちらかというとCCC寄りに書かれた本なのかなあ…という印象。
 自分も図書館に関わる人間としてちょっと気になってはいました。一体どんな図書館で運営方針はどうなってるの?と。

 今現在、公共図書館は民営化が進んでいて都内に限って言えばかなり民間企業が参入してるんですよね。地方ではまだ自治体運営のところが多いかと思うけれど(自分の住んでいる所もそうだ!)、だからこそ、この武雄市の決断にはビックリしました。昔からの受託会社にさえ委託を渋っている自治体が存在しているというのに、新規参入のCCCを管理会社として指定した武雄市。
 市長さんの対談が巻頭にあるのだけど、ふむふむ、なかなか斬新な発想をお持ちの方だと。
 どこか民間企業からスカウトされたのかな?と思いきや、実はバリバリ「官」なお方で。総務庁におられたというプロフィールを読んで驚いた!

 武雄市図書館のベースとなっているのが「代官山 蔦谷書店」。それを図書館仕様にアレンジして創り上げたのがこの図書館なのだとか。
 雑誌販売・カフェの併設(図書の持ち込み可)・図書カードにポイントの導入・開館時間延長・検索にはiPad使用・独自の分類法──等々、とても画期的&斬新なコンセプトの図書館だなあと。そのノウハウは総て「代官山 蔦谷書店」だというね。
 ただ弱点もあるようで。最近読んだ新聞記事(確か)では蔵書数&蔵書内容が少し残念とのことで。最初から総てが完璧であるのはとても難しいこと。これから試行錯誤しながら発展改良されてゆく図書館なのかなあと読んでみてふと思ったり。
 こうやって1冊の本として紹介されたり、賛否両論あるにせよ話題になったりするということは、やはり注目の実験的図書館なのだなあと。

 「武雄市図書館」についてだけではなく、その他、自分的にとっても面白く読めたのが第4章。
「情報を集め共有し提供する場」としての図書館の存在理由・意義と歴史。施設とともに今後図書館はどのように進化してゆくのか。その未来像をふと考えさせられた。
 将来の図書館の在り方。ターニングポイントとなりそうな武雄市図書館について知りたい方にはおススメの本かなと。コレを読んだら自分も一度行きたくなってきた!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★図書館
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by まいまい
東京の公共図書館って民営化が進んでいるんですか?知らなかった!
5時には図書館が閉館してしまう地方都市に住んでいるとよその国の話のようです。
カフェのある図書館って羨ましいような気もしますが、
しんと静まり返る図書館独特の雰囲気も
捨てがたいなと思ってしまいます。
古い人間なのかな(笑)

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
そうなんです。自分も図書館勤めするまでは知らなかったんですが。
自分の住む地方都市は民営化に対して地元民の反対が激しくて。それでもやっと去年初めて民間企業による管理運営が始まりました。今後もサービスや人件費等考えると、民間委託というシステムもやむなし、なのかなあ。

それにしてもここの図書館はかなり斬新ですよね。
成功すれば新しい図書館の形として全国的に普及する可能性もアリかなと。
なんだか時代の変わり目を感じるというか。流れには逆らえないのかなと、ちょっと淋しい気もします。

個別記事の管理2011-07-14 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

図書館で調べる (ちくまプリマー新書)図書館で調べる (ちくまプリマー新書)
(2011/06/08)
高田 高史

商品詳細を見る

 ストレートなタイトルに思わず手が伸びてしまいました。図書館勤務の自分にも何か役立つだろうと思い購入。以下BOOKデータベースより内容。

ネットで検索→解決の、ありきたりな調べものから脱出するには。図書館の達人が、書架と分類のしくみ、使えるレファレンスツール、検索することばのセンスを磨く方法など、基本から奥の手まで、あなたにしかできない「情報のひねり出し方」を伝授します。

第1章 分類からの発見
第2章 書架と本を活用する
 1 書架を使う──本が並んでいる魅力
 2 本を知る──一冊に詰まっている情報
第3章 検索の世界
 1 図書館員の検索法
 2 電子の情報とめくる行為
第4章 情報のひねり出し方
第5章 図書館でできること、自分だけができること

 と、このような内容です。利用する側、提供する側、どちらでも参考になるような知識とコツがわかりやすく記述されていて読みやすい。
 第1章では、ちょっとした図書館学の領域まで踏み込んだ内容もあるので(例えば分類に関して。分類記号の詳細な意味とか)、知っていたらより図書館を有効に活用できるかも。
 第2章で印象的だったのは、「1書架を使う」でしょうか。自分の好きな・興味のある書架を見るばかりではなく、まったく別の書架を覗いてみることを勧めてます。並んでいる図書が自分の趣味とまったくかけ離れた分野であっても、もしかしたら興味が湧くかもしれないとのことで。そこからまた自分の知的世界が広がってゆく──という内容になるほどなと。

考えながら歩いて、並んでいる本を観て、本の内容をイメージして、手に取ってめくっていく。図書館で本を探すというのは頭と体を使う作業なのです。



 この記述に大いに納得してしまいましたね。

 その他、「自分なりに調べよう」という記述があるのですが、コレは自分的に図書館員として大いに頷いてしまうモノでした。 
 よく自分で調べる前からいきなり司書に訊いてしまったり=解答を求めてしまったり……という利用者サンがいらっしゃるのですが、図書館員はあくまで利用者サンの調べものの「お手伝い」をする人間なので、いわゆる「調べる」主役は利用者サン。  
 よく子供の宿題の調べ物を親御サンが訊きに来る──というケースが非常に多いんですが、これはあまり感心しません。あくまで自分で調べる。その調べる過程でまたさらに自分の興味や知識が増えていく──ということも本書で述べられています。まったくその通りだなと。

 第3章の「検索の世界」はどちらかというと図書館勤務の方向けのテーマでしょうか。検索の際のキーワードの取捨選択・著者サンがよく利用しているデータベースの紹介など、やはり詳細でわかりやすく記述されているのがありがたい。
 第5章では一般図書館の利用の仕方の他に専門図書館の紹介とその有効活用を薦めとさらに、図書館の主体はあくまで利用者サンであって図書館員ではないこと。個人個人の個性を活かした調べものをしてゆくことの重要性を説いてます。

 その他、各章末に「栞さんの調べもの」と題された具体例もあって楽しくわかりやすい。図書館の利用方法のナビ本といったカンジですね。サービス提供する側の人間が読んでもなかなか為になる1冊でした。

おまけ 図書館関連のサイトあれこれ。
★図書館関連求人で最大のサイト。 
われわれの館 
★よくお世話になるオンライン書店bk1の運営会社。TRCMARC販売・図書館の受託も行っている企業。
株式会社 図書館流通センター


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★図書館
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-10-12 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

 今日は1年に1度行われる図書館員研修に行ってきました。
今や図書館は殆ど民間に委託されていて、カウンターなど表立った場所にいるのは大抵この民間委託社員といってもいいんじゃないかな?

 特に都内は8割方委託。ゆえに、必ずしも司書資格を持っていなくても図書館勤務ができるという時代に。かつては公務員にならないと司書なんかムリだ! と言われていましたが。自分は学生時代に司書資格取ったんでかろうじて安心でしたが、同僚の中には仕事しながら司書講習受けて資格取った方も何人かいます。
 なので、まったくの素人サンが業務につくことも珍しい事ではなく……質の向上の意味もあって、研修の場が設けられるのです。

 で、図書館員の研修って一体何やるの? と思う方も多々あるかと。
 分類記号を覚える? レファレンスのやり方? 図書の配架の仕方? といろいろあるかと思いますが、実は意外なコトをやるんです。

 まず第一に「接遇」。端的に言うと接客の仕方です。スーパーやデパートほどではないですが、元フライトアテンダントの方を講師にお迎えして2時間半、びっちり実技と言葉のトレーニング。実技は主にお辞儀の仕方。15度・30度・45度と角度を変えて会釈から最敬礼までを身体で覚える。なかなかね~これが難しい。センセイのお許しが出るまで何度もやらされる……ビデオに撮られて個々に反省点を言わされた事も……なかなかシビアな研修です。なんと言ってもこっ恥ずかしい……止めてもらいたい研修の一つです。←ウソです。
 でもこれが現場でとっても役に立つのです。この接遇研修を受けているのといないのとではやはり利用者サンに対する印象がかなり変わるそうです。
 何より大切なのは笑顔とアイコンタクト! 実生活でも役立ちそうですよね。実際頑張って自分もやっているつもりだけど、意識するとなかなか難しいモノです。

 第二に「個人情報」。近年やたらうるさくなりましたよね。図書館ではかなりピリピリしています。
 過去の事故実例とその対応や予防について。予約の際に必ず挟まっているレシートの扱い方など、かなり細かい。でも仕方ないですよね、利用者サンの住所や電話番号など、大切な個人情報を管理しているわけですから。
 眠気に苛まれながらも、頑張って聴いてました。1時間講義だったのですが、最後になんと! 簡単なテストが!!
 ひぇ~!!  2/3は出来てたゾ! ← 基本的なモノばかりなので全問正解が当たり前。

 最後は「レファレンス」。パワーポイントを使用しての研修で、一番面白くてタメになった講義かな? ネットを使用しての素早い検索方法とか同名異人の検索方法とか、目からウロコの内容ばかり。いつの間にか眠気も覚めてた!

 実務的なモノはやはり実地で憶えていくしかないのだけれど、やはり大切なのは利用者サンに対する接遇ですね。いかに気持ち良く図書館を利用して頂くか。これに関してはやはりプロのアドバイスがないとダメ。個人情報の管理も一人ひとりが自覚を持って臨まないと、とんでもない事故につながるということも実感。
 そして特に印象に残った講師の言葉が、コレ。
「何より大切なのはコミュニケーション。職場にとっても、利用者にとっても」
 うんうん、そうだな~とつくづく思いました。

「その道のプロから講義を受ける」という機会などめったにない事なので、今日の研修はとても有意義だったし、楽しかった!
 学んだことを仕事や日常生活に活かせるといいんですけどね。頑張ります!

日本十進分類法 新訂8版日本十進分類法 新訂8版
(1978/05)
日本図書館協会

商品詳細を見る

 黒いなァ……少しわかりづらいかもですが、図書館の本に必ずつけられている3ケタの数字=分類番号が網羅されている書籍。
 1つ前の版のモノなのでかなり古い。図書館の本はすべてこの分類番号によって分けられているのだ!
 図書館員はすべて暗記することが理想らしいが、自分はム・リで~す。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 勉強 * Genre : 学問・文化・芸術 * Category : ★図書館
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

NoTitle * by -

はじめまして、ノンフィクション作家の相楽総一郎と申します。

実は、この度、私のブログが書籍化されることになりました。


そこで、是非、当ブログの感想を、記事の中でご紹介して頂きたく

コメント致しました。


書籍化されるブログというのが、こちらです

⇒ http://ameblo.jp/nonfiction1 


率直な感想で構いませんので、是非とも、よろしくお願い致します。

Re: NoTitle * by 惺
>相楽総一郎様。
初めまして。
突然のことでちょっとびっくりなんですが。
ブログも拝見させて頂きました。
この稚拙ブログにおいて貴ブログの紹介など恐れ多くて……。
なので、お力になれなくて大変申し訳ありません。
ブログ書籍化おめでとうございます。
ご訪問ありがとうございました☆

NoTitle * by キヨハラ
接遇実技、私も受けたいです。人に物を頼むとき、にっこり笑ってやってくる人がいますよね。あんなのとか。

勤務先のそばの図書館は、民間委託で(だからこそ)有資格者ばかりのようです。(名札に名前と資格が書いてあります)
逆に家から近い3つの区はパートでまかなっている様子。安い賃金のためサービスが向上しないなど問題があるようです。
惺さんがお勤めの区は、予算がちゃんとついているようで、いいですね。

Re: NoTitle * by 惺
> キヨハラ様v-353

>接遇実技、私も受けたいです。
 ← なかなか刺激的ですよ♪ 熟練すると瞬時にして笑顔になれるというが、自分はまだまだ…。

図書館の状況も多種多様になっていて、某東京都知事はかつて「司書不要発言」をしていたような。
委託という形態はなかなか難しくて、自分の地元の自治体は未だ反対派。イメージしづらいんでしょうね。
キヨハラさんが以前図書館で不愉快な思いをしたことが脳裏によぎり、ああいったトラブルを軽減するためにもしっかり研修を受けなきゃならんな~と。
コメントありがとうございました☆

NoTitle * by レイア
事務的なことを勉強されるのかと思ったら接遇とは意外でした。
今や公的機関も接客が重要視されてるんですね。

そういえば、この間図書館に行った時に応対してくれた女性は
楚々とした、とても感じのいい美形の方でした。
そういうところも観て採用してるのでしょうかね~。

Re: NoTitle * by 惺
>レイア様v-353
利用者サンからいろいろとクレームがきているのかも。
接客悪い!! とかもっと愛想よくしろ!! とか…e-263
でも、自分も利用者として図書館行った場合、やっぱり接客の良い方がいいですものね。

> そういえば、この間図書館に行った時に応対してくれた女性は
> 楚々とした、とても感じのいい美形の方でした。
> そういうところも観て採用してるのでしょうかね~。

 ← ひぇ~!! どうなんだろ? そうだとしたら、もっとイケメンも採用して~!! と、つい本音が。
コメントありがとうございました☆


NoTitle * by のびんこ
やっぱり「その道のプロ」から受ける研修は楽しいですね~

私は実は学校図書館司書教諭の資格を持っていて、あこがれているんですが、
今は司書教諭は学級担任とかの仕事と兼任になっていることがほとんどみたいです。
なので、その道には行けてませんが、ステキな仕事だなぁ。

図書館への返却が遅れたときに(ごめんなさい・・・)、「返却が遅れてますよ」ってハッキリと言われるのですが、そういうところがすごいなぁっていつも思います。



Re: NoTitle * by 惺
>のびんこ様v-353
>やっぱり「その道のプロ」から受ける研修は楽しいですね~
 ← ホント! 自分にはめったにない事なので、余計に楽しかったのかも。

学校図書館司書教諭!! スゴクないですか? 教員免許+司書資格……尊敬しますよ~。
自分もこの仕事に就くまではものすごく憧れて理想を抱いていたんですが、やはりそこはお仕事。
理想と現実の違いを知り、なかなか大変なコトもた~くさんあります。
でも来館した方に気持ちよく利用して頂いて、探している本を提供できた時はやっぱり嬉しいです。
コメントありがとうございました☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。