01≪ 2017/03 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-02-22 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

NO.6 toi8デザイン&アートワークスNO.6 toi8デザイン&アートワークス
(2012/02/22)
toi8

商品詳細を見る


アニメ『NO.6』のキャラクター原案・コン セプトデザインを手掛けたtoi8氏のカラー イラスト・デザインワークをまとめた書籍 が登場!
版権イラストやエンドカード、DVD・BD ジャケットイラストのほか、幻の初期設定 画・未公開のデザインラフなどもこの一冊 に収録。toi8氏のコメントつきで掲載します。
その他、長崎監督との対談&描き下ろ しショートコミックなども収録。アニメ 『NO.6』の原点に迫る、ファン必携の1冊 です!


 2月22日発売。待ちに待ってたtoi8氏の画集! もうジャケ画からして悶絶でしょー!
 手が重なり合ってるんですよッ!! ふたりの手が!! もうこういったファンの心理をさりげなく容赦なく突いてくるところがね、もう職人芸ですよ!

GALLERY 
「NO.6」の世界観を形成するひとつのピースとして欠かせない、toi8氏による様々なデザイン。
ここでは、「NO.6」のメインビジュアルをはじめ、関連書籍やDVD/Blu-rayのパッケージ用の描き下ろしイラスト、さらには毎週アニメ本編のラストを飾ったエンドカードを一挙に公開する。
 今まであらゆるメディアに発表&登場してきたイラスト総出演。圧巻です。
 アニメ誌やBDジャケ画などなどでお馴染みのあのイラスト達。中でもエンドカードがものすごく良すぎですよ、まじで。
 紫苑・ネズミ・イヴ・イヌカシ・沙布・火藍・力河・仔紫苑・仔ネズミ等々、あの美麗イラストに目がクギ付けでござます。ヤバいです。
CHARACTER DESIGN 
「NO.6」のキャラクターデザインは、toi8氏によるキャラクター原案を石野聡氏がアニメーション用にクリナンップする体制で進められた。この章では、toi8氏のキャラクターデザインを初期段階から掲載、石野氏のデザイン稿やアニメで表現された人物像との共通点や差異を堪能していただきたい。
 面白い! ホントに各キャラ誕生までの道のりが……的な。
 紫苑は初期設定とほとんど変わらず。羽海野チカ「三月のライオン」の天パ気味(!)の主人公と同じイメージなのだとか(爆) "無自覚な天才"とのことで。そっかー、無自覚ちゃんなのかー。さらに仰天なのが、なんと佐藤健クンイメージだったのだそうだ…そうか健クンだったのか…自分の脳内には今紫苑=健クンというデータがインプットされた。
 で、数々の変遷を経て生まれたのがネズミだ! 初期設定はまったく違う……ショートだし、髪。イメージは「デビルマン」の飛鳥了……! 似てるし。
 その飛鳥了→リバー・フェニックス(BANANA FISHのアッシュと一緒じゃん)→伊勢谷友介氏が3次元でのモデルだったとか! ひぇ~そうなんだ。ちなみにイヴは俳優・松田龍平やアニメ「雲のように風のように」(原作・後宮小説)の双槐樹がモチーフだって。意外すぎる~。
 その他イヌカシ・沙布・力河・火藍(カトリーヌ・ドヌ―ヴがモデル~?)などなど各キャラの詳細設定がスゴイです。
CONCEPT DESIGN 
toi8氏は「NO.6」のキャラクター原案のほかにも、世界観を決定づける上欠かせない背景設定の原案=コンセプトデザインも担当している。NO.6やNO.5
、そして西ブロック──紫苑とネズミが駆け回った舞台がどのように生まれたのか、数々のデザイン稿から感じとっていただきたい。

 キャラだけでなく、背景設定も! すごいです。NO.6の映像イメージはすべてtoi8氏の手によるものだと言っても過言ではないのかな。都市・建物・街並み・室内等、全ての設定画が素晴らしいすぎですね、ハイ。
INTERVIEW & SPECIAL WORKS
「NO.6」での作業は、アニメーターを経てイラストレーターとなったtoi8氏にとって、どのようなものであったのか。ロングインタビューと「NO.6」監督・長崎健司氏との対談によって、デザインに込められた想いを紐解く。さらにスペシャル企画として、本誌描き下ろしのコミックとイラストを掲載!
 ↑のとおり、美味しいインタビューとなんとコミック&イラストが掲載!!! 自分はもちろんtoi8氏のコミックなんて初めて拝ませていただきました。なんとイヌカシが風邪ひいちゃったとか…! 力河が料理するとか! もうもうかわいすぎるよイヌカシ! 
 で、インタビューの方はというと、toi8氏のこの業界に入るきっかけとか、NO.6制作秘話とか。思わずガン読しちゃいたくなるような対談内容。なかでも気になったのが、toi8氏の
「ふたりの同性愛的な関係を表す露骨な描写は入れないようにしたかった」
 というイラストへの展望。なるほど!さらに
「そのあたりは視聴者側が補完するもので、こちらが大々的にやってしまうと面白くないかな」
 とのことです。深いな!

 それぞれのキャラに3次元でのモデルがいたというのが新鮮な驚き!
 キャラだけに限らず、すべての設定においてさまざまな素材を参考にして作り上げた「NO.6」の世界なのだなあ、としみじみ。美麗イラスト&お宝ネタ(?)など満載の充実の1冊でした!

NO.6 VOL.6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]NO.6 VOL.6 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/02/22)
梶裕貴、細谷佳正 他

商品詳細を見る

 こちらも2月22日発売。いよいよ最終巻。あの神回である第10話収録。
 ジャケ画も素晴らしいですよね。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : NO.6 * Genre : アニメ・コミック * Category : NO.6
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-09-20 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

NO.6 VOL.2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]NO.6 VOL.2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/10/26)
梶裕貴、細谷佳正 他

商品詳細を見る

 いいなあ、このジャケット。紫苑と沙布、いいカンジだよね! しかし二度と戻らない2人のこの姿が哀しい…。
 終わっちゃいましたね……残念。1週間に一度の癒しと楽しみの時間が無くなってしまって完全虚脱状態←ウソ。
 今日で関西圏は最終回、明日はBD&DVDvol.1発売ということで。
 淋しいな~ということで、未練たらしく7話~11話を振り返ってみます。またも表・裏バージョンがありまーす!

 ま・ず・は真面目に表から。
第七話 真実の嘘・虚構の真実
 沙布が矯正施設に拉致されたと知った紫苑が、ネズミとの別れを決意して単身救出に向かおうとする……が、あえなく失敗。
 鋭いネズミが気付かないわけがないのだ。この回、前半はもうどーでもいいです。後半、話題騒然となった、例のシーン以降が感動モノ。紫苑とネズミの殴り合いガチバトル? も貴重かも。朝日の中での仲直り~も感動しました、ハイ。

第八話 そのわけは…
 この回は……自分的にはどーでもいい…イヤイヤ、NO.6創立の謎とネズミの正体が明かされる貴重な回でしたね。
 やっぱ原作と違ったね。「老」って確か矯正施設の奥底にいたんじゃなかったっけ?←既にわからなくなってる。
 わざわざ逢いに行ったっけ? ちょっと違和感アリアリな回だった。

第九話 災厄の舞台
 なんたってイヌカシが~!! かわいすぎるだろ!!! 
 NO.6の高官を騙くらかして情報を得ようとするネズ紫たち。それに手を貸すイヌカシ&力河。作戦のツメの甘さに怒りまくるイヌカシがね、いいよ。それを慰める紫苑もね、いいよ。二人とも、良すぎだよ。
 後半は矯正施設に潜入するために「清掃作業」→人狩りにわざと狩られるネズ紫苑。人狩りシーンがかなり迫力だった!

第十話 奈落にあるもの
 自分的にネ申回でした! 
 もういいトシして泣いたよ。前半はまあ普通展開だったけど、後半からナニナニ?置いていかないでー!っていうくらいの怒涛&感動の展開に! 天才紫苑の本領発揮と、黒紫苑発動で、いやー楽しめました。
 で、何と言っても銃弾に倒れたネズミー!!! その前にも変わりつつある紫苑に、ところどころ見せた不安気な表情とかね。
殺人を犯した紫苑に対して、自分のせいだと負い目を感じて涙する姿に、ネズミ激愛者が倍増したに違いない。←スミマセン、荒ぶってます。
 アクション、ストーリー、作画(まあまあかな~)、どれをとっても全作中で一番のお気に入り回となりました。

第十一話 伝えてくれ、ありのままを
 タイトルがさ、まんま「ハムレット」なんだけど~。でも結局意味不明のタイトルとなってしまった感が……。逆に原作にはあってたかもね。
 自分的にはこの最終回無くていいです。←あくまで個人的感想!!
 放送前から危惧されていたことが現実に……やはりあの原作を11話でまとめるのはやはりムリだったようで。
 はっきり言ってストーリー破綻してました。前の第十話がナイス展開だっただけに非常に残念無念極まりない……。

 でもアニメをきっかけに、じゃ、原作も読んでみようかーってなってくれるといいなあ。
 やはりオリジナルは面白いです。作者サン独特の台詞の重みや色っぽさとか堪能できるしね。自分だけのネズ紫やその他のキャラたちのビジュアルを脳内妄想するのもまた良し!
 とにもかくにも、アニメスタッフの方々お疲れさまでした。楽しめた2カ月間でした!!

 ではでは、裏バージョンもよろしかったらどうぞ~っていってもたいしたことはない。キリッ


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆

エンドカード6

 お気に入りのtoi8氏のエンドカードのイヴちゃん! ホントにネズミかよ…ってイマイチ別人感アリアリですが。

第七話 真実の嘘・虚構の真実
 まさかまさか、あんなガチショット・キスシーンでくるとは思いませんでした!!
 濃かったですねー、家族と観てなくて良かったですねーって。
 ただ、自分的にはムードもへったくれもなかったなって。原作のあのなんともいえない寂寥感が良かったのに。特にネズミの。確か涙してたよね? で、もっとイカしたセリフあったよね?
 ま、放送ギリギリの線だったのでしょうね……って思うことにしておきます。
 逆に、その後の2人の殴り合いシーンは結構好きかも。でもってネズミの紫苑に対する告白回想感謝シーンもね。

第  八話・九話すっとばし!

第十話 奈落にあるもの
 この回は乙女なネズミさんハンパなかったです~。後半展開が素晴らし素晴らし!!
 ネズミのために自我と意識ふっとばして殺人まで犯してしまう、紫苑の脅威的な愛情の前には敵無し!! だよ、ホント。
 唯一紫ネズな展開を楽しめました~☆
第十一話 伝えてくれ、ありのままを
 最終回に関してはもういろいろと。残念すぎて泣けてくるよ、まじで。
 作者サン怒ってしかるべきだろうな……などと、余計なお世話。でもあまりにも改悪しすぎてショックだった。
 原作読まずに、アニメ観ただけでNO.6がこういう作品なんだと思われるのはちとツライな。スタッフは最高の布陣だったらしいのに、何故にあの内容?

 でも、ま。この2人が幸せなら、それでいいかー! 

abf7223c-s.jpg

Return

Theme : NO.6 * Genre : アニメ・コミック * Category : NO.6
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-08-27 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

NO.6 VOL.1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]NO.6 VOL.1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2011/09/21)
梶裕貴、細谷佳正 他

商品詳細を見る

今回は(も)まったくシュミの記事です。しかも本じゃないので全く興味無い方、うわ~、イタい~!! と思われる方は即行完全スルー推奨です!
ジャケ画のtoi8氏のイラストいいですよね~!DVDも9月発売ということでまたも散財の予感が……(;゚Д゚)
 7月に開始したアニメももう中盤越えてラスト11話まで残すところあと3話……(泣) やっぱ1クールなんてムリがあるのよーと、グチりながら今までの回を自分なりに復習。
 完全に自己満足の世界なのであしからず(>_<) あ、表バージョンと裏バージョンがありまーす☆

 まずは表バージョンであくまでマジメに☆
第一話 びしょぬれネズミ
 初回、もうドキドキして視聴しましたよ~リアルタイムで!! 
 12歳時のネズミと紫苑の運命の出逢いを原作にほぼ忠実にアニメ化してあって感動!
 1話まるっと2人のあのボーイ・ミーツ・ボーイの感動&重要なシーンで埋め尽くしたボンズの度量に敬服!! 
 傷ついたネズミを笑いながら手当てするちょっとブラックなちび紫苑がらしくて良かった。
第二話 光をまとう街
 いよいよ4年後。16歳になった紫苑がネズミと感動の(またか)再会を果たす~。
 前回ネズミを匿った直後、ロストタウンへの強制移住を余儀なくされた紫苑。初めて目の当たりにする寄生バチの恐怖。
 以前からマークされていた紫苑がとうとう殺人容疑で逮捕され矯正施設へ連行されそうになるトコロを、華麗にネズミが登場してさらっとあっという間に救出。カッコよすぎて鼻血が出そうになるよ、ネズミ~!!
 紫苑救出シーンのスピーディーな展開が一番のツボ。沙布と紫苑のあの有名で強烈なエピソードも健在。自分的に沙布の声ってドンピシャだと思うな~。
第三話 生と死と
 NO.6を完全に捨てて、スラム街・西ブロックでネズミと共に生活し始めた紫苑。
 ある日自分の体内に恐るべき寄生バチが巣食っていることを知り、激しい苦痛の中、ネズミがすんでのところで紫苑の体内からその寄生バチのさなぎを除去。完全管理都市NO.6に忍び寄る寄生バチの恐怖がじわじわと露わに。ネズミが紫苑の首筋からさなぎを取り出すシーンがめっちゃ原作通りで迫力!
 この回でイヌカシ初登場!! ビジュアルといい声といいどストライクすぎてビックリした。原作と自分のイメージそのまんまでしたわー。素晴らしい!!
第四話 魔と聖
 母・火藍となにげ連絡を取り合っているネズミさん。優しいよねー、こういうトコロ。その火藍母さんのメモにあった「ラッチビル」を目指すネズミと紫苑。
 いよいよ目的の男・元新聞記者(だったよね?)の力河に逢う。彼いわゆる女衒(わからないヒトは調べてねーアセアセ)もどきの仕事をしているどうしようもないおぢさん。
 その力河のネズミに対して放った暴言で、ブラック紫苑発動となりました。紫苑の未知なる力の片鱗が垣間見れた回。
 ネズミとイヌカシの葛藤(決闘?)がなかなかシビア。もう、2人とも素直じゃないんだからー!
第五話 冥府の天使
 これはー、自分的に神回だと思ってます!
 アニメ完全オリジナルストーリー。なんたって原作では登場しなかったイヴちゃんが!! 
 舞台に立っているイヴ(ネズミだよん)、それを観ている紫苑。そして沙布は隣都市NO.5に留学中。
 紫苑と力河が観劇最中、突然イヴことネズミが卒倒!! 同じくリンクして沙布まで気を失ってしまうという……。
 2人は同時に風を感じ、崇高な歌声を聴く。歌声の主・エリウリアスによって導かれたであろう(あくまで自分の推測~♪)、このネズミと沙布の間接的絡みがとっても良かったかも!! 原作では幻のお姿だったイヴが超絶綺麗だったのは言うまでもありまへん。
第六話 密やかな危機
 コレも自分的に神回。祖母が亡くなってNO.6に帰って来た沙布。しかし、その死に不審感を抱き、紫苑に会おうとするがすでに紫苑はNO.6からその存在は抹消済み。
 都市への疑惑と猜疑が渦巻く中、火藍に会いに行く沙布。ここのシーンがねー、もう清々しい……というか、沙布のキャラがアニメではとっても良いんだよね。
 原作ではネズミと紫苑をただひたすら際立たせるための捨てキャラっぽくて残念だったけど。アニメでの沙布の使い方はもうもう良すぎ!! でもさ、とうとう治安局に連行され囚われの身に!! 

 ……疲れたので、とりあえずここまで。
 なんたって作画は丁寧。EDの「六等星の夜」はこれまた泣かせる曲だし。
 キャラクターデザインも最初はネズミにものすごく違和感だったけど、今はもう慣れた。紫苑・沙布・イヌカシあたりはイメージ通り。力河は……あの蝶ネクタイがね……火藍母さんもいい味出してるし。のこり僅かとなったけど、後半も楽しみだわー!

TV ANIMATION NO.6 ORIGINAL SOUNDTRACKTV ANIMATION NO.6 ORIGINAL SOUNDTRACK
(2011/09/21)
TVサントラ

商品詳細を見る

 こんなのも。シルエットっていうのがシャレてるし~!!

六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR
(2011/09/07)
Aimer

商品詳細を見る

 こんなのも。神曲の呼び声高いED!
 どれもこれも9月発売…貢ぐよ、貢がせていただきます~!

 さてさて、崩壊しっぱなしの裏バージョンもアリ!! 読んでもいいゾ! という方は追記をどうぞ☆ 後悔しても責任は負いません☆


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 


もうもう、表では書けなかったオ・ト・ナな感想!! 行ってみます!!

第一話 びしょぬれネズミ
 これはもう原作に忠実!! ビジュアル的にもとっても良いネズ紫。かわゆすです。
 原作ではお互い抱き合ったままおねむとなってしまってますが、アニメではさすがにそこまでは……ということで、お手手繋いでねんねとなってます。
第二話 光をまとう街
 この回はもう沙布のあのセリフがもうもう驚愕&衝撃的だった!! あの原作のまんまΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ
 ツイッターでは実況されている方々の呟きがもはや呟きではなく叫びのように思えた。それほどセンセーショナルでした。
 沙布がどんなコトを紫苑に向かっておねだりしているのかは、原作を読んでみてね。セッ○スとか○子とか、とっても恥ずかしくてココには書けないわー! ← コラコラ!!
第三話 生と死と
 この第三話~第五話までがかなーりこゆーい、濃すぎる腐ストーリーといってもいいのでしょうか?
 制作会社ボンズの方々の中に腐○子の方々が圧倒的多数なのでは?と思ってしまったりもしました。今でも冷静に観れないハナシです。
 紫苑の首筋からネズミが寄生バチのさなぎを取り出すシーンがね……メタファー?
 声優の梶氏・細谷氏の渾身の演技といい、作画といい、後半パートすべてがエロく感じるのは自分だけ?
第四話 魔と聖
 「そいつ、おれのなんだ」のあの名セリフがこの回で登場!!
 しかもやたらキスシーン多発!! いいのか? いくら深夜とはいえさー、おいしいシーンでガン見しちゃったけどさ。
第五話 冥府の天使
 これも待望のイヴちゃん登場とあって、ワクワクだったしー☆
 声は女声じゃなかったのね。しかも卒倒したイヴを紫苑たら舞台衣装のままあの部屋にお持ち帰りとは…!!
 後半のダンスシーンはもう完全2人の世界!! 地球はキミたちだけのために回ってるよ!!
 自分だけではなく、きっとTV観ていた方々すべて置いてけぼり食らったに違いない。
 ネズ)ダンスの「経験は?」 紫苑)「ないよ」←だっけ? こんなセリフもメタファー?
第六話 密やかな危機
 この回からようやく腐的要素が薄ーくうすくなってきました。が!! 紫苑はネズミに対するアツーい想いを相変わらずぬけぬけと恥ずかしげもなく告ってます~。沙布が捕えられて急展開。もう2人でいちゃこらしている場合じゃないよ!!って思ったのもつかの間、次の7話でとんでもない展開に!! 

ネズミ

 先取りですが、7話ネズミのこの余韻に浸りきった表情…。
 ボンズ作画陣・脚本すべてもろもろGJ(グッジョブ)に感謝いたします。

Return

Theme : NO.6 * Genre : アニメ・コミック * Category : NO.6
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
いやいや・・・(^^;)夢中になって読んでしまいましたワ(オホホ)
いいなー。アニメ♪観たいよー☆☆
ブルーレイが出るという事はレンタルも出るかなー?
残りわずかなんだね♪
このまま、どっぷりはまってくださーい(^∀^)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんはー☆
> いやいや・・・(^^;)夢中になって読んでしまいましたワ(オホホ)
異常なテンションの記事になってしまいました!
読んでコメントまでくださるとは!!
ひいち様、ありがとうございます~☆

> いいなー。アニメ♪観たいよー☆☆
> ブルーレイが出るという事はレンタルも出るかなー?
多分そうじゃないかなあ?
レンタル可能になったらぜひともご覧ください♪

> このまま、どっぷりはまってくださーい(^∀^)
ハイ!
きっとどっぷりハマりすぎて二度と浮上できないかも(>_<)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。