08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-09-02 (Sun)
ご訪問ありがとうございます☆

フラニーとゾーイー (新潮文庫)フラニーとゾーイー (新潮文庫)
(1976/04)
サリンジャー

商品詳細を見る


「ナイン・ストーリーズ」「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」に続いくグラース家ストーリー。これで読破かな。評判の良さは知っていたのでかなり期待して読了。以下BOOKデータベースより内容。

名門女子大で演劇や詩を学ぶグラース家の末娘フラニーは、過剰な自意識にさいなまれ、エゴの蔓延する世の中に吐き気をもよおし、デートの最中に失神する。心身のバランスをくずした彼女は、「ひたすら祈れば悟りが開ける」と説く「巡礼の道」という本に救いを見出そうと、自宅のソファーの上で子どものように丸くなって祈りの生活に入る。
当然、家族にしてみれば、睡眠も食事もろくにとらない彼女が心配でたまらない。兄ゾーイーの懸命の説得もむなしく、フラニーの心はかたく閉ざされたまま。あげくの果てには、亡くなった長兄シーモアと話がしたいと言いだす始末。

そんな妹のために、兄の啓示を受けるべく、ゾーイーは久しぶりに兄の部屋に足を運ぶ。戻ってきた彼は理路整然とフラニーの過ちを指摘していく。
「目の前で行われている宗教的な行為(母親はなんとかチキンスープを食べさせようとしている)に気づきもしない人間が、信仰の旅に出て何の意味があるのか」など、ゾーイーの口を借りて伝えられるシーモアの言葉にフラニーは…。


 内容長い! しかし超面白かったです。「フラニーとゾーイー」>「ナイン・ストーリーズ」>「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」といったカンジかな、自分的に。
 もともと「フラニー」と「ゾーイー」という独立したストーリーを1つに収録したものなのだけど、関連した作品なのでつなげたことによって、より分かりやすくなっていて助かった。
 グラース家の末娘フラニーが恋人と過ごすはずだった週末。しかし独特の宗教観を持つ彼女と平凡な金持ちのボンボンである彼との間がしっくりすることがなく、恋人同士の甘い会話になるはずがすべて口論となり、終いにはストレス?のためにフラニーは卒倒してしまう。その後すぐに帰宅した彼女は精神的にかなり参っていて2日間飲まず食わずの状態で寝込んだまま──。というのが前振りで、これから以後、美貌の兄ゾーイーの渾身の説得によって妹を精神的に立ち直らせるのが、本作のクライマックス。

 後半部「ゾーイー」部分は主にフラニーとゾーイー、そして2人の母親であるベシーの会話がメイン。
 幼い頃に上の兄たち、今は亡きシーモアと小説家であるバディによってキリスト教から東洋哲学等々、さまざまな宗教観念を植え付けられた結果、独特の宗教観を持つ二人。反してまったく凡人の母親。この対比がかなり面白く、娘のことを心配しつつもその心の中まではまったく理解できず苦悩する母親の姿がまた滑稽であるけれど愛おしい。
 そしてある意味、フラニーと運命共同体であるゾーイーは手にとるように彼女の気持ちと苦悩・葛藤が理解でき、なんとかして妹を助け出そうと説得を試みる。だけど、このゾーイーもかなりクセ物で素直じゃない。けれど家族、特に妹に対しての愛情はハンパない。

 自分の宗教を求めて俗世に対して抵抗感・嫌悪感を抱いているフラニー。それをゾーイーは単なる「甘え」と看破して、時に厳しく時に優しく諌める姿にはっきり言って萌えた。
 救いの道・神をひたすら求めるフラニーに当初は困惑するゾーイー。説得は一時は決裂し、迷った彼は自殺した兄シーモアの部屋に行き、書き遺された彼の幾つかの言葉から何らかの光明を得る。役者でもあるゾーイーが、二番目の兄バディの声色で電話をかけてフラニーを再度説得するという洒落た設定に思わずやられたなと。
 既に傍にはいない2人の兄達の存在の大きさを身をもって知ったゾーイー。このラスト近くのエピソードが自分的にはいちばん好きだなあ。

 さらに畳み掛けるような静かで感動的なラスト。
「身近な出来事に神を見出せない人間が、真の神など見つけられるわけがない」(←多分こんなようなことを言っているのだと思う)
 ということをわかりやすくフラニーに諭し、同時に彼女に対して将来への希望を示唆するゾーイー。さりげない優しさが堪らず、やられましたねー。

 作者が傾倒する宗教やら思想やらがかなり入り込んだ作品らしくなかなか難解なのだけれど、グラース家の家族愛はひしひしと伝わるはず。
 「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」はバディからシーモアへの愛を、今作はゾーイーからフラニーへ、そしてシーモアへ、さらに家族へとその愛が感じられた感動作だと。ライ麦よりは断然こちらの作品の方が好きになったなあ…などと、またも長すぎる駄文! 失礼いたしましたー(>_<)


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : サリンジャー
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by まいまい
ああ、おかげさまでずいぶん思い出しました。
「フラニー」と「ホールデン」ってキャラはずいぶん違うけど、俗っぽい人や現実にうまく適応できないところは似ているような気がする。

そして「ゾーイ」!
「フラニー」を何とか助けようとする「ゾーイ」は
本当に素敵に思えた。でもグラース家の心の柱はいつもシーモアなんですよね。
確かもう一つ「ハプワース16、1924」っていうのがありますよね。さっぱり意味が分からなかった覚えがあります。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
期待を裏切らず面白かった!
サリンジャー作品では一番好きな作品となりました。
「フラニー」部分では一体これは何を言いたいの?
と正直謎でしたが、このエピソードがちゃんと伏線になっていたとは!
「ゾーイー」部分も最初はベシーとの会話ばかりでうーん、何だコレは?
と思っていたところ、次第にこれは妹を立ち直らせる話だとわかって来た時の感動といったら!
衝撃が(大げさ)じわじわきました。

>でもグラース家の心の柱はいつもシーモアなんですよね。

これはホントそう思います。
フラニーがふと漏らした「シーモアと話したい」という一言にグッときたり、
ゾーイーがシーモアの部屋にいってちょっと弱気な一面を見せるシーンを読むとかなりそう思いますね。
かなり小難しいけれど優しさにじみ出る話だなあと。
「ハプワース16、1924」は知りませんでした。まいまいサン、詳しすぎる!
さっぱり意味が分からないって、今までのサリンジャーを読んでいるとなんとなくわかりますね 笑。
そちらもぜひ読んでみようかと思います。



個別記事の管理2012-07-12 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章 (新潮文庫)大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章 (新潮文庫)
(1980/08)
J.D. サリンジャー

商品詳細を見る

以前読了したナインストーリーズにリンクした作品。
 サリンジャーはいうまでもなく「ライ麦畑でつかまえて」がメジャーだけれど、個人的には「ナインストーリーズ」や今作のモチーフとなっているグラース家にまつわる作品(グラースサーガ)が好み。以下BOOKデータベースより内容。

画一化された価値観を強いる現代アメリカ社会にあって、繊細な感受性と鋭敏な洞察力をもって個性的に生きようとするグラース家の七人兄妹たち。彼らの精神的支柱である長兄シーモアは、卑俗な現実を嫌悪し、そこから飛翔しようと苦悶する―。
ついに本人不在のまま終った彼の結婚式の経緯と、その後の自殺の真因を、弟バディが愛と崇拝をこめて必死に探ってゆく…。


 まず、グラース家については コチラ で。
 「ナインストーリーズ」の中の「バナナフィッシュにうってつけの日」という短篇でこのグラース家の長男シーモアはいきなり自殺してしまうのだけれど、今作はその彼にまつわるすぐ下の弟バディの語りがメイン。
 グラース家にとって長男のシーモアという存在はかなり影響があったらしく、特にバディにとっては尊敬と敬愛の情がかなり濃かったようで。その兄を偲ぶように、彼の結婚にまつわる騒動を回想してゆく。

 なぜシーモアは結婚式をすっぽかしたのか?
 兄の結婚式に参加しながらも、すっぽかしの憂き目にあってしまったバディ。
 当事者の弟というかなりヤバい身分を隠しながらも、やむにやまれず花嫁の親族と行動を共にすることとなったバディの心理の動き、シーモアへの複雑な感情などが、当時(1940年代)の情景とともにくどいくらいに詳細に語られる。
 芸能活動をしていた幼少時のエピソード、恋人とその母親との微妙な関係、周囲のシーモアに対する悪感情を直に聞かされながらも、バディのシーモアへの敬愛の情は揺るがない。さらに、兄弟と同居していた妹ブーブーがさりげなくバスルームに石鹸で書き残した、シーモアへ捧げる祝福の言葉。本書のタイトルの由来となったその詩の一篇がとても印象的でグラース兄妹の絆の深さに心打たれる。
 
 精神的に不安定だったと思われるシーモアが、結婚式を挙げずに花嫁と駆け落ちするという結果オーライのラストに、そしてバディの兄に対するささやかな祝福の気持ちに、少しほっとしながらも、シーモアの今後が分かってしまっているだけに、逆に切なさも感じてしまった。

 次作「シーモア─序章─」はやはり語り手はバディ。
 シーモアに対する盲目的な愛情と信頼を描いた作品ともいうべきなのかな?
 兄はなぜ自殺してしまったのか? 永遠に失われてしまったその答えをなんとかして得ようとシーモアという人間を深く詳細に考察。
 冒頭はただひたすらクールに理性的に兄について分析しているのだけれど、中盤から、特にシーモアの自分に宛てた手紙を披露した時点から様相は一変。抑えていた兄への思慕の情が溢れんばかりに、彼の記憶を必死にたどり、無邪気な弟の一面を見せながらシーモアへの愛情を綴っている。彼の早すぎた死に、死後何年も経つというのに心のどこかで彼を追い求めている弟の姿が哀しい。

 ミステリアスな長男シーモアをはじめとして、理性的なバディ、一番幸福そうな長女ブーブー、双子のウォルト(こちらは日本で戦死)とウェーカー、美男美女でともに俳優のゾーイーとフラニーのグラース兄妹。作品を読むたびごとにこの兄妹たちのストーリーに惹かれてしまう。
 次読むとしたら「フラニーとゾーイー」かな。この2人の兄妹もなかなか魅力的。でも自分的には海軍少尉で後に一児の母となる、心優しい長女ブーブーがお気に入り。彼女のストーリーがあったら読んでみたかったなあ。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : サリンジャー
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-09-08 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)
(1986/01)
サリンジャー

商品詳細を見る

 本屋で見つけてすかさず購入。吉田秋生の「BANANA FISH」にインスピレーションを与えた作品? というので興味津々で読みました。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

言いにくいことなんだけどね、彼らは死んじまうんだ──。
新妻リュミエルと海辺の町に来たグラース家の長兄シーモア。浜辺で謎の魚の話を少女に聞かせた後、彼が自殺するまでを淡々と描く「バナナフィッシュにうってつけの日」。
若者が内包する苦悩を、胸に突き刺さるような繊細な物語に託し、世界中で熱狂的な読者を有するアメリカ現代文学の巨匠サリンジャー。九つの自選短篇集。


バナナフィッシュにうってつけの日
コネティカットのひょこひょこおじさん
対エスキモー戦争の前夜
笑い男
小船のほとりで
エズミに捧ぐ──愛と汚辱のうちに
愛らしき口もと目は緑
ド・ドーミエ=スミスの青の時代
テディ


 なかなか難解。サリンジャー連作集・グラース・サーガの登場人物を主人公にしている作品もあったので、そちらを読んでいたらもっと楽しめたのかなあと。
 でも、自分的には「ライ麦畑でつかまえて」より断然楽しめました。どの作品もミステリアスでありながら残酷。常に「死」を内包したテーマ。独特の世界観と雰囲気にちょっとビックリ。中でも印象的だった作品をいくつか。

バナナフィッシュにうってつけの日
 これが吉田秋生の「BANANA FISH」に由来の作品なんですね。といっても作品自体に麻薬なんぞは一切出てきませんが。
 これもグラース家の物語の一端を担っている作品で、長男のシーモアの物語。新婚旅行で幸せ絶頂であるはずの彼が突然自殺してしまうという話。
 海辺で少女に語る「バナナフィッシュ」の話がなんとも暗示的。自分的にバナナフィッシュ=死 であると連想。
 病んでいると思われるシーモアの隠された狂気と少女・シビルの純粋さが対照的でありながら、お互いが呼応し合っているという皮肉。
笑い男
 少年野球チームにある日監督のガールフレンドが闖入。その彼女にほのかな想いを寄せるチームの少年。
 移動の際に監督が語る「笑い男」の話がなんとも残酷でありながら寓話的。ちょっとノスタルジーを感じた1作。
小船のほとりで
 これもグラース家の長女・ブーブーとその息子・ライオネルの話。メイドにユダヤ系であることをなじられたライオネル。ひどく傷ついた心を癒してゆく母親のブーブー。
 あくまで我が子の目線に立ち、巧みにその心をほぐしてゆく描写がとても素敵。反ユダヤを描いた作品であるとか。
エズミに捧ぐ──愛と汚辱のうちに
 軍人ととある少女との心温まる交流。教会で一瞬のうちにシンパシーを感じた2人が場所を変えて喫茶店で交わす印象的な会話の数々。
 後に戦地へ行くであろう軍人の身を気遣う少女、実際に戦地で負傷したと思われる軍人が想いを馳せる少女。例え離ればなれになろうとも繋いだ絆の深さ。
 ラストは実際の出来事なのか軍人の手による小説なのか。思いをめぐらすのもまた楽しい。
テディ
 こちらもグラース家関連。長兄・シーモアの幼少期と思われる少年・テディが主役。
 まだ幼い少年でありながら、インド哲学に心酔し明晰な頭脳を持つテディ。その彼の船旅でのとある1日。
 何ごとに対しても冷めた彼の視線・思想がある意味残酷で恐ろしい。ラスト、デッキから墜落するのは果たして妹なのか?
 ミステリー仕立てで少し背筋が寒くなる。

 どれも秀逸の作品群。却ってむしょうに「グラース家」関連の作品も読みたくなったし。
 ラストのオチがかなり利いている作品ばかりだったような気がしました。さすがの巧さで脱帽です。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆

Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : サリンジャー
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by まいまい
この昔ながらの表紙が懐かしい。
「バナナフィッシュに~」は再読したのですが、それ以外はやっぱりよく覚えてなくて残念。
もう一回きちんと読みたくなりました。

サリンジャーってグラース家の話ばっかりっていう印象です。
「フラニーとゾーイ」が読みやすかったです。
正直言って私の実力では??の作品も(笑)

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは!
難しいですねー! サリンジャーってもっとわかりやすいのかと思ってました。
グラース家についての予備知識がないと
まったくチンプンカンプンだったりして。
逆に今度はこのグラース家シリーズに興味津々。
まいまいサン、グラース家にも挑戦しているんですね。素晴らしいというか、スゴイ!!
読みたいなー。でも面白そうだけど、難解そう…。

個別記事の管理2011-07-26 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
(1984/05)
J.D.サリンジャー

商品詳細を見る

 ある日突然読みたくなって購入した本(そうことってないですか?)。あまりにも有名な作品ですが自分は今回初めて読みました。以下ウィキより内容。

大戦後間もなくのアメリカを舞台に、主人公のホールデン・コールフィールドが3校目に当たるボーディングスクールを成績不振で退学させられたことをきっかけに寮を飛び出し、実家に帰るまでニューヨークを放浪する3日間の話。

 あらすじとしてはこんなカンジ。読んでみるとなるほどこれといったハナシではないんですよね。
 主人公・ホールデンがまた超個性的。疎外感・劣等感を抱いたいわゆる落ちこぼれ少年。常に社会と人生を斜に構えた見方をしている、ある意味ひねたイヤなヤツ。
 文体も彼の一人称他人語りかけの上かなり砕けた表現なので、当時(作品発表が1950年代)の少年の心情を描いた一種の風俗作品かなと思って読みました。

 このホールデン少年、とにかく厭世的で悲観的。
 人に対しても事象に対しても、とにかく自分と関わる何ごとに対しても不満と文句を並べないと気が済まない人物。それがその年代特有のモノ、大人への階段昇る途中の通過儀礼なのだとしても、う~ん、なんだかなあ……と自分的にはイマイチ納得できず。
 酒にタバコに外泊に女遊び(かろうじてたいしたコトはできないんだけど)。クスリ以外のとりあえず全てのコトに手を出して失敗したり楽しんだり……と、苦くイタい青春を謳歌しているなあ……という印象もなきにしもあらず、なんですが。

 冒頭とラストでもチラッと触れているのですが、彼は実は病んでいたのかなあ。自分は読みが浅くてなかなか断言できないんですが、学校を3度も変わったり勉学に集中できなかったり、対人にあまり適応が巧くないというと、軽度の学習障害その他も疑ってしまったり。
 となると、若者特有の一過性の社会への反抗物語という読み方とは別に、病んだ少年の物語として読んだ方が深みを増すのか?とも思ってしまったり。

 酒やタバコでいきがってはいるけれど、ギリギリ限界のトコロまで追い込まれると、ホールデン少年はよく泣いてしまうんですな。やはりココがまだお子様なトコロ。純な心をずっと隠し続けていて、本当の自分をさらけ出すことのできるのが唯一妹・フィービーに対してだけ。
 このフィービーという少女がまた賢くて、迷走し続ける兄に向って鋭い言葉を投げかけ、それに対してホールデン少年が「僕はライ麦畑の捕まえ役になりたい」と答えるシーンが今作の白眉かと。
 彼の唯一にして最大の理解者でもあり、共通の純粋な魂を持つこのフィービーの登場によって、ホールデンの迷える青春と葛藤の漂泊にピリオドが打たれる……といったラストのようですが、やはり自分には病んだ妹萌え(こういう説もあるらしい)少年の、複雑な深層心理を描いた作品、としか読めなかったですね。
 この作品に共感するにはかなりトシを食ってしまっていた……ということでしょうか(泣)。
 想像していた内容(もっとスカッとした青春小説)と違っていたので、そういう意味ではかなり衝撃的でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : サリンジャー
* Comment : (14) * Trackback : (2) |

この小説… * by 読書系女子
ライ麦畑…っていろいろイワクありの小説らしいですよね。読んだことないんですが…
読んでみよっかなぁ~ある日突然w

* by まいまい
懐かしいのでついコメントしちゃったりしますが、
遠い昔に読んだきりなのでいいかげんなところがあってもお許しください。
(いや村上訳でも読んだかも(^^;))

ホールデンって表面は不良少年みたいですけど、
ものすごくピュアな人物として描かれてますよね。
あんまり純粋すぎると社会の中で暮らすだけで
傷だらけになっちゃうのかな・・っていう印象をもちました。
この人の救いは本当に小さな妹、フィービーしかいない。
あまり救われた感じがしません。純粋と病気は紙一重ですかね。

サリンジャーの別の作品も、ピリピリと神経症にかかっているような雰囲気で、
「俗物」と接してているだけで傷ついていく様が痛いようでした。

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんはー(●^o^●)
> ライ麦畑…っていろいろイワクありの小説らしいですよね。読んだことないんですが…
イワクあり…どんなイワクなんだろう?
ものすごく気になる気になる!!

> 読んでみよっかなぁ~ある日突然w
読んでみてーある日突然発作のように ← 自分がそうだった、なぜかw

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは☆
> 懐かしいのでついコメントしちゃったりしますが、
> 遠い昔に読んだきりなのでいいかげんなところがあってもお許しください。
> (いや村上訳でも読んだかも(^^;))
いやいやいや、もうもう嬉しいす☆

> ホールデンって表面は不良少年みたいですけど、
> ものすごくピュアな人物として描かれてますよね。
> あんまり純粋すぎると社会の中で暮らすだけで
> 傷だらけになっちゃうのかな・・っていう印象をもちました。
> この人の救いは本当に小さな妹、フィービーしかいない。
> あまり救われた感じがしません。純粋と病気は紙一重ですかね。
読んでいてこの少年、生きづらいだろうなーって思っちゃいました。
「異邦人」のムルソーにも似たカンジがして。
でもホールデンは唯一の拠り所としての妹がいたから
ある意味救われて良かったかなと。
純粋すぎると病みやすいのかも…。

> サリンジャーの別の作品も、ピリピリと神経症にかかっているような雰囲気で、
> 「俗物」と接してているだけで傷ついていく様が痛いようでした。
そうなんだ!
今作が初めてだったので。他の作品も似たカンジなんだ。
ものすごいスカッと青春モノを想像していたので
良い意味で覆されましたねー☆

真偽はわかりませんが… * by 読書系女子
http://bogusne.ws/article/120716547.html
こんなサイトもあるんです・・・
ホントのところはどうなのかなぁ。。。
読んでないからなんとも言えないのですが。

ライ麦畑 * by 風竜胆
これは、本当によく分からない本ですね。
この間、テレビでジョンレノンの事件についてやっていましたが、この本も紹介されていました。

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは!
記事あげる前にこの作品と作者サンをウィキで調べたんですが…。
やはり続編騒動はちょろっと記載されてましたね。
サイトの内容に言及することはできませんが
作者としてはやっぱ「他人が自作の続編を書く」という部分には抵抗があるのかと。
ま、なんにしろ話題作であり有名作であることには違いないですね~。
ハナシのネタとして読むのにはいいのかも☆

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
こんばんは!
> これは、本当によく分からない本ですね。
> この間、テレビでジョンレノンの事件についてやっていましたが、この本も紹介されていました。
ま、いろいろと話題作ということで。
自分はもっと爽やか感動作を想像していたので、
まったく違う内容だったことにショックでした(>_<)
いつもTBありがとうございます。
自分も今からさせていただきます☆

* by ひいち
あぁ。そうそうそう!全体的にもやーっとはしていたかも。
でも、当時は結構考えさせられる本だわー!
なんて思ったのよねー(笑)
高校生の時だったかなぁ~。

今、読んだら、ホールデン少年に
「シャキットしろー!!」って思うかも(笑)
読み時ってあるのかも知れないね(^^)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
> 今、読んだら、ホールデン少年に
> 「シャキットしろー!!」って思うかも(笑)
> 読み時ってあるのかも知れないね(^^)
病んだ少年が主人公だったので
あまりの予想外な内容にビックリでした!
「読み時」って必ずあると思う。
もっと若い時に読んでいたらもっと感動してたのかも☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。