05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-09-26 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

こころtoこころこころtoこころ
(2011/05/30)
玉兔

商品詳細を見る

 ブログでコメント頂いた方からのおススメ本。なので興味津々で読了しました。以下bk1より内容説明&著者コメント。

私立の女子高にスクールカウンセラーとして勤める私。生徒・翠のいじめ問題を解決してから1年ほどが経ったある日、翠が再びカウンセリングルームを訪れた。
翠は、兄に体を触られたと話し…。

複雑化する現代人のこころの悩み。それは翳りに沈む孤独の迷路のようなものです。そこに光は、出口はあるのか。
スクールカウンセラーの目を通して、独り彷徨う少女のこころに迫ります。明かされる真実、彼女の自我(こころ)の行方とは。
心理カウンセリングの観点から、読者の皆さまとともに、人間のこころ、その勇気ある生き方を見つめ直していければと考えています。

 自分ではきっとセレクトしない作品だなと。だからこそ、紹介して頂き新たなジャンルを開拓した思いが。
 今作、もちろん小説なのだけれど、まるで一患者に対する詳細なカウンセリングレポートのような印象でした。作者の玉兔(つき)サンのプロフィールがまったく記載されていないので、女性なのか男性なのか、医療に従事されていて、実際本当にカウンセラーなのか? そこのところがわかればもっと作品を堪能できたのかと思うと、少し残念な気も。

 ストーリーは一人のスクールカウンセラー視点で展開。
 まず、文章が巧くてビックリでした。故意にそうしているのかは判別できないけれど、かなり難しい言い回しと非常用漢字の多用で、独特な世界を創りあげていることに脱帽。
 冒頭の秋の情景描写から自然な流れで人間の精神の病の説明を経て、主人公自らの紹介となってゆく展開が素晴らしいと思った。正直、これからどんな展開が待ち受けているのか期待を膨らませて、思わず惹きこまれてしまった。

 イジメに遭っていたことがきっかけでそのスクールカウンセラー(略してSC)の許にやってくるのが高校2年生の少女。
 少女はSCと次第に心を通わせて無事イジメを克服するのだが、数ヵ月後、再度SCの許にやってくる。今度は兄による性的虐待の事実を相談をするために。
 少女から告げられる衝撃の事実と、それによる少女への精神的な打撃と苦痛。それらをどうやって最小限に食い止めることができるのか。
 あくまでも沈着冷静に淡々と少女への療法を分析し提示してゆくSCの描写が素晴らしいと思った。作者サンが実際にSCなのではないかと思わせるほど、専門用語の多用と性的虐待に対する被害者の後遺症などのわかりやすい説明。

 被害者はどちらかというと、自分に非があると思い込みがちなのだそうだ。しかし、決してそうではない。少女に向かって自分を責めてはいけないということを、過去に自分の身に降りかかった同様の被害を例に挙げてカウンセリングを施してゆく治療過程が、読んでいて臨場感を感じるとともに、悲痛な現実も感じた。
 語るSCは自らの過去に遭った悲惨な虐待を乗り越え、今自分の眼前で同様の被害に遭って苦しむ一人の少女を救おうとする。そのSCのカウンセリングで自虐的だった思考が矯正され、癒されていく少女。
 少女をカウンセリングしながら、かつて自分も被害に遭ったという現実から逃避することなく、虐待の精神的ダメ―ジを完全に克服したSCの強さをひしひしと感じることができた。
 タイトルにもあるように、こころとこころが触れ合い、カウンセリングが成功した瞬間のSCの達成感がとても清々しかった。

 とても考えさせられる小説でした。本当に小説といっていいのかどうか。もしかしたら実際にあった症例なのかも知れないな、と思わせるほどリアリティに溢れる内容でした。
 ご紹介してくださったリーネ様、ありがとうございました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆

スポンサーサイト
Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ご紹介の本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-07-31 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

あなたの魂に安らぎあれ (ハヤカワ文庫JA)あなたの魂に安らぎあれ (ハヤカワ文庫JA)
(1986/03)
神林 長平

商品詳細を見る

 ご訪問してくださったものりす様からのご紹介本です。初めて読む作家サンであったのと、なんてったって、タイトルに惹かれました。以下B00Kデータベースより内容。

核戦争後の放射能汚染は、火星の人間たちを地下の空洞都市へ閉じ込め、アンドロイドに地上で自由を謳歌する権利を与えた。
有機アンドロイド―人間に奉仕するために創られたそれは、人間のテクノロジーをひきつぎ、いまや遥かにすぐれた機能をもつ都市を創りあげていた。
だが、繁栄の影では、ひとつの神話がアンドロイドの間でひそやかに伝えられている。「神エンズビルが天から下り、すべてを破壊し、すべてが生まれる…」
果して破壊神エンズビルは本当にあらわれるのだろうか? ―人間対アンドロイドの抗争を緻密なプロットで描く傑作!

 1986年初版発行なのでやはりちょっと古い印象は否めなかった。
 語り口は緩やかでじっくりとハナシが進んでゆきますが決して冗長というのではなく何故か引き込まれてしまうという、不思議な魅力の作品です。
 ジャンルはやはりSFですね。だからといって専門用語がバンバン登場するというわけではなくて、作者創造の用語も何故か日本語表記多くて読みやすい。

 読了して自分は何故か聖書を連想。終末思想というか、未だ現れない神にも等しい存在をひたすら待ちわびるアンドロイド達──という、 なかなか惹かれるモチーフで、なおかつラスト近くの意表を衝くどんでん返しが面白い。
 火星の地上に生きるアンドロイド、地下に住む人間。その彼等の間には緩やかな対立が存在し、時が経つにつれて増大し、次第に一触即発の事態へと展開してゆく。

 紫外線に焼かれることを恐れて地下に住む人間達の倦怠に満ちた日常の描写がとてもリアル。厭世感たっぷりというのか、序盤のキーパーソンである誠元のけだるさがなんとも鬱々。それがそのまま人間世界のメタファーとなっている。
 逆にヒエラルキー的には人間の下に属するアンドロイド世界が何故か充実して見えてしまうという矛盾。
 人間VSアンドロイド。さらにアンドロイドの神エンズビルが絡んで、ゆったりとした序盤から徐々に加速度をまして一気に驚きのラストへと突入してゆく手腕に脱帽。

 アンドロイドと人間の差異とは一体何なのか? 自分の存在とは一体?
 なんだか哲学的なテーマも多少入っていてなかなか考えさせられたりもします。自分達が住んでいた火星が実は地球だったとか。既存の概念がことごとく打ち壊されてゆく恐怖と驚き。
 アンドロイドの神「エンズビル」の到来は実は遥か過去から仕組まれた人間達による計画だった──という設定もありがちといえばありがちですが、そのアンドロイドたちの末路が悲劇的なものではないことが救いかも。
 欲を言うと、もう少しアンドロイド側の心情描写があっても良かったかなあ、と思ったりもしましたが……なかなか見事な怒涛のラストへの収斂具合になるほどなあと感心しました。

 バリバリ派手なSFというわけではなく、文芸作品的なSFといったカンジでしょうか。自分的にとても新鮮な作品でした。ご紹介くださった、ものりす様ありがとうございました!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ご紹介の本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。