06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-06 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

ジャンピング・ジェニイ (創元推理文庫)ジャンピング・ジェニイ (創元推理文庫)
(2009/10/29)
アントニイ・バークリー

商品詳細を見る

 以前から読みたかった作品。タイトルに惹かれました。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

屋上の絞首台に吊された藁製の縛り首の女―小説家ストラットン主催の“殺人者と犠牲者”パーティの悪趣味な余興だ。
ロジャー・シェリンガムは、有名な殺人者に仮装した招待客のなかの嫌われもの、主催者の義妹イーナに注目する。
そして宴が終わる頃、絞首台には人形の代わりに、本物の死体が吊されていた。探偵小説黄金期の雄・バークリーが才を遺憾なく発揮した出色の傑作。


 ラストのどんでん返しに唖然とした作品でした!
 探偵役はバークリー作品でお馴染みのシェリンガム。その彼があらすじにもあるとおり、小説家ストラットン主催の“殺人者と犠牲者”パーティに招かれ、そこで起こった殺人事件に巻き込まれてゆく……というものなのですが。

 従来の正統派探偵小説を期待していた自分は、思いっきり裏をかかれました。なにせいきなり犯人ありきの展開だったので。
パーティーの招待された人物の中で、もっとも破壊的人格の女性イーナ。そして一種異様なパーティーを象徴するかのような、屋上に設けられた絞首台。その絞首台でイーナの首つり死体が発見されるのだけれど、この時点で自殺ではなく殺人とされ、さらに誰がイーナを殺したのかがわかってしまうという……。

 で、そこで探偵役のシェリンガムが登場。彼は既に犯人の辺りをつけているのだけれど、ふとした彼の軽はずみな言動で、自分が犯人だと疑われても仕方がない状況に追い込まれてしまう。
 と、ここからがこの作品の特筆すべきところ。殺人犯を捜索するどころか、シェリンガムを含めた招待客全員が自分たちが疑われないようにイーナを自殺と見せかけようと策略するのだからなんとも皮肉な展開に。
 警察も介入し、とうとう法廷での証人合戦となるのだが、証人喚問されたすべての招待客の二枚舌と演技が見もの。
 本来犯人を捜し出すはずのシェリンガムまでもなぜか証拠隠ぺいを図ろうと必死に奔走する姿が、ある意味滑稽さを感じさせる。

 一体真犯人は誰なのか? 
 当初犯人だと思われていた人物が実はそうではないこと。終盤のラスト1行で真犯人が判明するという、鮮やかな幕切れに思わずやられました!
 個性豊かな多数の登場人物たちとその人間模様。法廷で繰り広げられるスリリングな証言合戦。従来の探偵小説とは一線を画した独特な世界。裏の裏をかく見事な構成力に脱帽の1冊でした。面白ーい! で、ちなみに「ジャンピング・ジェニィ」とは「縛り首の女」という意味だそうです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : アントニイ・バークリー
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

面白そう。 * by ゆう
読みたいっ。面白そうですね~。
“殺人者と犠牲者”パーティってのも、なんとも見当がつかず気になりますが。やっぱりコスプレで参加するのでしょうか。
読みたい本リストに早速追加です♪

Re: ゆう様☆ * by 惺
こんばんは!
> 読みたいっ。面白そうですね~。
けっこうブ厚くて途中挫折しそうになりますが、
ラストの鮮やかな幕切れはやられたなっ! てカンジです。

> “殺人者と犠牲者”パーティってのも、なんとも見当がつかず気になりますが。やっぱりコスプレで参加するのでしょうか。
そうです!! コスプレ参加が条件のパーティーです!!!
古典の域に入ってしまうミステリーだそうですが、
たまにはいいかもです。

わー。面白そう。 * by semicolon?
殺人と犠牲者のパーティなんて参加したい!!
最後の1行は楽しみになりそうですね。

Re: semicolon? 様☆ * by 惺
こんばんは!
> 殺人と犠牲者のパーティなんて参加したい!!
> 最後の1行は楽しみになりそうですね。
おお~。では是非コスプレ必須で~(笑)
最初に犯人ありきの展開で…。
でも実は真犯人がいてそれがラスト1行で判明するとか…
もう呆気にとられたエンディングでしたー!
ただ、そのラストにたどりつくまでがとてつもなく長いですけど…(>_<)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。