06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-10-30 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

大人もぞっとする初版『グリム童話』―ずっと隠されてきた残酷、性愛、狂気、戦慄の世界 (王様文庫)大人もぞっとする初版『グリム童話』―ずっと隠されてきた残酷、性愛、狂気、戦慄の世界 (王様文庫)
(2002/10)
由良 弥生

商品詳細を見る


 今書店店頭でかなり目立っている書籍。以前読んだ「本当は怖ろしいグリム童話」と似たテイストなのかなと、興味津々で購入。以下BOOKデータベースより内容。

これから寝かしつけようという幼い子どもに、手足を切断するような話など、とてもできない―。
そんな批判を受けて改筆される以前の初版『グリム童話』では、残酷な刑罰、男女の性愛なども、あけっぴろげに語られていた。
夢のように見えるおとぎ話の中に隠された残酷、狂気、不道徳の世界、そして、当時の人々のアクの強い知恵を、感じてほしい。


Ⅰ ヘンゼルとグレーテル
Ⅱ トゥルーデおばさん
Ⅲ 長靴をはいた猫
Ⅳ わがままな子ども
Ⅴ 灰かぶり(シンデレラ)
Ⅵ 千匹皮
Ⅶ 赤ずきん
Ⅷ ガチョウ番の娘
Ⅸ 兄と妹

 桐生操サンの「本当は怖ろしいグリム童話」に比べたら全然怖くないです。毒はそれほどでもなかったな。同じ素材を扱っていながらも両作とも違うストーリーとなっているのが面白い。桐生サンの方がより著者の創作部分が多かったということなのかな。それはそれで斬新な解釈で面白かったけれど。
 こちらはほぼ原典に忠実なのでしょうか?
 一般的に認知度高いグリム童話でもあまり知られていない作品をいくつか。

トゥルーデおばさん
 村一番の美少女は、実は高慢で我がままで淫乱である意味人格破壊されているどうしようもない人物。その彼女にほとほと手を焼いている両親。
 そんな彼女はある日とうとう両親と大喧嘩をして家出をしてしまう。向かったのは森の奥深くトゥルーデおばさんという魔女が棲むと噂されている家。勝気な少女は不気味な噂をものともせずにその家に乗りこんでゆくが……。言うことをきかない子供に対する親の復讐譚とのことです。
わがままな子ども
 年老いてから授かった子供を甘やかした結果、わがままに育ってしまった少年。神を冒涜するような遊びをする彼は村の厄介者。しかし、ある時急な病で亡くなってしまう。墓に埋葬したのはいいが、不気味なことに腕だけが土の下から生えてくる。何度埋葬しなおしても無駄で、困った両親は大司教の教えの通りに屍となった少年の腕に激しく鞭を打つ。親のいいつけをまもらなかった少年、あまやかしすぎた親への制裁だそうです。
千匹皮
 とある国の王妃が亡くなった。最愛の妃を亡くした国王が選んだ相手はなんと王妃にそっくりな実の娘! 娘は必死に逃げ出してお城の下働きとして身を隠すけれど、紆余曲折あってとうとう実の父親と結婚することとなってしまう。グリム童話には近親相姦を扱った作品が多々あるとのことで……。

 などなど、マイナーな作品が収録されていると同時に、各ストーリーに詳細な解説があるのもありがたい。当時の時代背景や風習などを理解した上で読むとさらに童話の裏に隠された暗喩などがわかる。けっこう黒いハナシばかりです。唯一読後感爽やかなのは「長靴をはいた猫」かな。でもこれも解説を読むと猫の正体が「男でありながら女性性を内に宿す美少年だった!?」 という解釈が面白い。

 嫌いじゃないですね、このテの本。類似書籍がかなりありますが、比較して読むのもまた面白いかと。童話って奥深いな~と改めて思いました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 大人もぞっとする 初版「グリム童話」
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ラブラブラッキー
こんにちは。
「本当は怖ろしいグリム童話」以前から興味津々でした。
こちらの方がもう少しソフトな感じなのかな?
いきなりエグイのいくと眠れなくなっちゃいそうなので、
ソフトなほうから読みたいです(笑)

Re: ラブラブラッキー様 ☆ * by 惺
こんばんは!
> 「本当は怖ろしいグリム童話」以前から興味津々でした。
> こちらの方がもう少しソフトな感じなのかな?
そうですね。こっちの方がよりマイルドで読みやすいかも。
今一般に知られているグリム童話とのギャップにビックリです!
これはお子様には読み聞かせできないだろ!っていうハナシが殆どで。
でも視点を変えて読むと面白いです。教訓的で。
ぜひぜひご挑戦を~☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。