04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-11-19 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

バチカン奇跡調査官  黒の学院 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)
(2010/12/25)
藤木 稟

商品詳細を見る

 や、やっと読めた……ゼエゼエ(>_<) 長かったです&ブ厚かったです。でもまあ、自分的に好みだったので楽しめました。以下BOOKデータベースより内容。

天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。2人は良き相棒にして、バチカン所属の『奇跡調査官』―世界中の奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。
修道院と、併設する良家の子息ばかりを集めた寄宿学校でおきた『奇跡』の調査のため、現地に飛んだ2人。
聖痕を浮かべる生徒や涙を流すマリア像など不思議な現象が2人を襲うが、さらに奇怪な連続殺人が発生し―。

 思いっきりジャケ買いでした。ハズしてしまうかな? と思いきや、結構のめり込んでしまいました。
 カトリック信者の総本山であるバチカン所属の神父二人──天才科学者の顏を持つ日本人・平賀と、語学に秀で暗号解読を得意とする、平賀の良き理解者ロベルト。
 そんな彼等は「奇跡調査官」というバチカンの特殊な任務を負っている。その二人に下った仕事は、寄宿制男子校・セントロザリオ学院で起こった変事──尼僧の処女懐胎という奇跡の調査。

 もうここから一気に引き込まれました! 寄宿舎寮長(しかも美少年)の掌に現れる聖痕・涙を流すマリア像・少年達の間で行われる謎の黒ミサ・猟奇的連続殺人事件──などなど、雰囲気たっぷりのエピソードと事件が畳みかけるように起こって一気に読まされる。
 細かく章分けされていて、語られる視点もそれぞれ違うのもまた変わった構成。
 セントロザリオ学院に新たに入学することとなった少年・セバスチャン視点から語られるエピソードがかなり面白かった。無神論者の彼が美貌の寮長マリオに傾倒していって、次第にその心情に変化が現れるのだけど、それも作中の重要なポイントとなっていることが後で判明して、思わず巧いなあと思ってしまったし。
 このセントロザリオ学院のエピソードはまんま「トーマの心臓」っぽくてちょっとビックリ。セバスチャンがなんだかエーリクに似てたり、マリオがユーリを思わせたり……まあ、自分の考えすぎかもしれないけれど。なかなかここの件が面白かった。

 学院内で立てつづけに発生する奇跡を、科学者の顔を持つ平賀が持てる知識を駆使して、科学的見地で飄々と解決してゆく。相方のロベルトとのコンビもまあまあ良いかな、といった印象。キリスト教にちなんだ事件がこれでもかこれでもかと発生して、ちょっと詰め込み過ぎかな~と思うこともあったけれど、逆に作者の知識の深さに正直唸った。
 で、いよいよ終盤でまさかのあの党?と絡ませてくるとは。なるほど! と目からウロコ。かなりリアリティと説得力あって唸りました。
 ただ、自分はもう半ば頃で犯人が分かってしまって……なので、本格ミステリーを期待するとちょっと肩すかし食ってしまうかも。
 あくまでキリスト教テイストの事件とその豊富なウンチク、奇跡をどう科学的に解明してゆくのか。そして個性的なキャラ──そういった面を楽しんだ方が良いのかも。
 シリーズ化しているそうで。うん、これはちょっと続巻を読みたいな、と思ってしまった。自分的になかなか斬新で好きなテイストなのでかなり楽しめました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 藤木稟
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
うふふー♪
私も続巻よみたーい。
藤木氏の本は、朱雀シリーズが結構好きです。

吉田直氏の「トリニティ・ブラッド」も読んで欲しいなぁ♪柴本さんの画繋がりで・・・(^m^)

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは☆
> うふふー♪
> 私も続巻よみたーい。
> 藤木氏の本は、朱雀シリーズが結構好きです。

もう既に4~5冊くらい出てるんだよね…早く読みたい~。
朱雀シリーズ…これもまたネーミングに惹かれるなあ。
ていうか、ひいちサン、ホントたくさん読んでるよね。尊敬!!

> 吉田直氏の「トリニティ・ブラッド」も読んで欲しいなぁ♪柴本さんの画繋がりで・・・(^m^)

面白そうです。画もぜひ見てみたい!
情報ありがとです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。