09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-01-12 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

TPP亡国論 (集英社新書)TPP亡国論 (集英社新書)
(2011/03/17)
中野 剛志

商品詳細を見る

 恥ずかしながら自分はTPPについて殆ど無知でした。昨年末あたり参加表明するしないの騒ぎでやっとあ~、そんなモノがあったんだ! と知った次第。ツイッターでもかなり騒がれていたので一体何? と思い始めました。なのでまったくのド素人。まっさらの状態でこの本を手に取りました。以下BOOKデータベースより内容。

TPP(環太平洋経済連携協定)参加の方針を突如打ち出し、「平成の開国を!」と喧伝した民主党政権。そして賛成一色に染まったマス・メディア。
しかし、TPPの実態は日本の市場を米国に差し出すだけのもの。自由貿易で輸出が増えるどころか、デフレの深刻化を招き、雇用の悪化など日本経済の根幹を揺るがしかねない危険性のほうが大きいのだ。
いち早くTPP反対論を展開してきた経済思想家がロジカルに国益を考え、真に戦略的な経済外交を提唱する。


第一章 TPPの謎を解く
第二章 世界の構造変化を読む
第三章 貿易の意味を問い直す
第四章 輸出指導の成長を疑う
第五章 グローバル化した世界で戦略的に考える
第六章 真の開国を願う


 発行が2011年3月。9刷が11月。TPPについて少し知識を仕入れようと思いたち、自分が行った本屋のベストセラーコーナーに置いてあったので購入。
 読了後の感想というと、TPPについてまったくわからなかった自分でもなかなか良く理解できたかな? という印象でした。
 本書内で繰り返し登場したキーワードが「TPP参加後における日本の農業危機・アメリカ主導・鎖国、開国・輸出」……等々。
 自分はTPPというのがもっと多数国規模で展開しているかと思いきや、アジア4カ国が発端、それにアメリカが加わり、ラスト日本が参加表明したというわりと小規模なものだということにかなり驚きました。だってものすごく騒がれていたし、これに参加しなきゃ日本もうお終い的なムードだった(ような気がしてた)ので。

 ですが、本書を読んでそれがまったく違っていたことが判明。結果的には日本とアメリカ間の問題なのね、と理解。
 TPP関連書籍はこれのみ読了なので知識無くて何とも言えないですけどね。反対に賛成論なども読んでみるとまた面白いのかもしれないし。
 TPPに参加しないと鎖国状態、みたいな言われ方もされていたのですね。初めて知りました。参加したから開国っていうのもなんかヘンでしょ? て思ってしまったけれど。ただ、参加してしまうと農業だけでなくさまざまな分野で経済的に不利になるということはかなり理解出来たような気がする。デフレ・インフレ、輸出入など基本的な経済の知識も述べられていて(著者の見解も含めて)、まったくド素人の自分でも理解できる。ただ、TPP参加によって農業以外のどの分野でどのような影響が出るのかも、具体的に知りたかった。

 終盤、日本のTPP参加とアメリカの安全保障問題が絡んでくるあたりはなるほど、そういう理論もあるのか! と目からウロコ。アジアの四カ国で締結された自由貿易協定を、広く環太平洋地域の諸国に拡大しようという趣旨のTPPだったはずが、いつの間にか日本とアメリカ両国の利害関係絡みになってしまったという、そこはかとない残念感が否めず。特にラスト、

「TPPに参加しないと、日本は世界の孤児になる」という非合理的な脅迫観念の根っこには、「これまでどおり、国防はアメリカに頼りきったまま、平和と繁栄を謳歌していたい。時代が変わったという現実を受け入れたくない」という強い願望が、べっとりと、へばりついているのです。~p237

 という文に複雑な思いを抱いてしまったのでした。経済関係などまるっきりダメな自分にはかなり勉強になった1冊でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : TPP * Genre : 政治・経済 * Category : TPP亡国論
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

* by かもめ組
こんにちは。私もこの本で、TPPを勉強しました!
非常に分かりやすく整理されていて、国際経済に疎くても理解しやすいですよね ♪

Re: かもめ組様☆ * by 惺
こんばんは!
このテの本てどうしても自分的に苦手なんですけど、
これはとても読み易くて自分でも理解できました!
TPPについて理解深まりましたね~。
今度は真逆の賛成論を読んでみて比較してみるのも
面白いかな~? なんて思っちゃいました!

こんばんは~♪ * by 紫苑
TPPについては興味あるのですが、学生の私でもこの本でわかるでしょうか・・・(・+・)

Re: 紫苑様 * by 惺
こんばんは!
> TPPについては興味あるのですが、学生の私でもこの本でわかるでしょうか・・・(・+・)
興味と関心があれば大丈夫だと思います!
自分も普段はまーったくこのテの話題に疎くて、読めるかな?
と思っていたのですが、なんとか平気でした。
中には経済の専門用語もでてきますが、そこはスルーで^^;
比較的読み易い書籍だと思います!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。