05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-01-13 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)
(2003/06/19)
鹿島 茂

商品詳細を見る

 ネットを何気なく見ていて発見した本。タイトルは強烈ですが、著者・鹿島茂氏はフランス文学専攻の大学教授。なので、内容もフランス文学を基にした悪女=ファム・ファタル指南書となってます。以下BOOKデータベースより内容。

男を破滅させずにはおかない運命の女femme fatale―魔性の魅力の秘密は何か。
宿命の恋の条件とは。フランス文学から読み解く恋愛の本質、小説の悦楽。

第1講 健気を装う女──マノン・レスコー
第2講 脳髄のマゾヒズム──カルメン
第3講 「小娘」が化ける瞬間──フレデリックとベルヌレット
第4講 自らに乞いを禁じたプロフェッショナル──従妹ベット
第5講 「金銭を介した恋愛」のルール──椿姫
第6講 ファム・ファタルの心理分析──サランボー
第7講 悪食のファム・ファタル──彼方
第8講 「恋と贅沢と資本主義」の女神──ナナ
第9講 「失われた時間」への嫉妬──スワンの恋
第10講 ファム・ファタルとは痙攣的、さもなくば存在しない──ナジャ
第11講 「神」に変わりうる唯一の救済者──マダム・エドワルダ


 大学の教授である鹿島センセイが男を惑わす悪女になるために女子達に講義してくれる──というコンセプトの下で話は展開。もうもう超絶楽しくて面白い!
 悪女指南のかたわら、きちんと専門であるフランス文学も紹介してくれ、自分ではとうてい読みとれない作品の深い意味まで解説してくれちゃうというオマケ付き!
 でその前に、メインテーマであるファム・ファタルとは何ぞや? ということで、鹿島センセの仰るには
「恋心を感じた男を破滅させるために、運命が送りとどけてきたかのような魅力をもつ女」
 とのことです。そんな女子を描いた作品がフランス文学にはゴマンとあって、中でも鹿島センセイよりすぐりの名作たちが、本書で取り上げられている11作。
 中でも自分的に印象深かったモノをいくつか。

第1講 健気を装う女──マノン・レスコー
 これがフランス文学史の中で真にファム・ファタルの名に値するヒロインが登場してきたのがこの作品だそうで。
 名家のお坊ちゃん・デ・グリューといかにも健気そうでありながら実は正真正銘のファム・ファタルであるマノンとの破滅的恋物語。
 鹿島センセイはマノンの男子を落とすテクニックを詳細に解説。これが爆笑モノなのだ!
 マノンが今で言うシティ・ガールなのだとか、真のファム・ファタルは男をマイナス無限大の地獄道にまで引き落とす……などなど過激にして納得の見解の数々にもう黙って読むしかありません。
第2講 脳髄のマゾヒズム──カルメン
 前出のマノンが健気なヒロインなら、カルメンは真逆。強烈なファム・ファタル臭をプンプンさせて、強く逞しい。いわば精神的には男子。で、Sの気質があるとかないとか。
 対するドン・ホセはマッチョでありながら、カルメンにいじられ喜んでしまうタイプとか。なので脳髄のマゾヒズム──鹿島センセイはマッチョでM気質があることから、MM男と命名なさってます……ホント笑える!この両者の隠れた気質を暴きながらなんとも不思議で激しい愛情についてのウンチクにまたも熟読。
第5講 「金銭を介した恋愛」のルール──椿姫
 これは自分的に大好きな作品なので気合い入れて読みました。
 まず最初に舞台設定18世紀フランスの社交界・裏社交界の詳細説明。コレを理解しただけでも、マルグリットとアルマンの関係がよくわかる。
 お金と愛情は表裏一体。その間で苦しみ続けたマルグリットにとって最愛のアルマンはオム・ファタル(命とりの男)だったのだ──という見解になるほどなと。

 とまあ、こんなカンジで面白くて濃すぎる内容のファム・ファタル論が展開していくと同時に、フランス文学まで楽しめちゃう! という一粒で二度美味しい著作。
 ですが、コレを読んだからと言っておいそれと「悪女」になれるかどうかは知らんぞ~といったカンジですかね。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 悪女入門
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。