01≪ 2017/03 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-10-17 (Wed)
ご訪問ありがとうございます☆

十蘭錬金術 (河出文庫)十蘭錬金術 (河出文庫)
(2012/06/05)
久生 十蘭

商品詳細を見る

 気になる作家久生十蘭。以前読んだ「十蘭レトリカ」が印象的だったのでまたも挑戦。ジャケ画に惚れました。以下BOOKデータベースより内容。

東西、古今の「事件」に材を採った、十蘭の透徹した「常識人」の眼力が光る傑作群。
酷薄の観察「彼を殺したが…」、亡命ロシア人の暗殺計画「犂氏の友情」、山田風太郎を唸らせた「勝負」、ドキュメント「プランス事件」、実際の犯罪か「悪の花束」、勇敢なる二等航海士「海と人間の戦い」、白瀬矗追悼?「南極記」、S19年によくぞ発表「爆風」、熱いものがこみ上げる「公用方秘録二件」、アジアの挺身「不滅の花」、以上。


彼を殺したが…… / 犂氏の友情 / 勝負 / プランス事件 / 悪の花束 / 海と人間の戦い / 南極記 / 爆風 / 公用方秘録二件 / 不滅の花

 面白かったし、久生十蘭の非凡さ(自分がこんなことを言うのは大変おこがましすぎるのだけど)というか天才ぶりを充分に堪能できる短篇集でした。
 事実・史実を基にし、そこから膨らませたストーリーの妙。素晴らしいです。フランスに滞在経験があるとのことなので、異国情緒溢れる作品から大戦中・自然との過酷な戦い・時代物等々、さまざまなシチュエーションにおける「人間」を捉え描いた秀逸の作品群でした。

彼を殺したが……
 怖いです。人間の嫉妬と憎悪と殺意を数ページで描写している見事さ。まさかまさかの展開に驚愕のイントロでした。
犂氏の友情
 舞台はフランス。とあるテロリストとの奇妙な友情。ユーモアを交えながらのある意味微笑ましい展開から意外なオチに。史実というか歴史を知っていたらラスト予想できたのかな。
勝負
 一番好きで印象深い作品。
 戦争の影が色濃くなる時代。高須と有本のふたりの青年と高須の妻。そして語り手。この4人が織りなす青春群像─というにはあまりにも複雑。
 特に高須と有本との根深い確執と葛藤に焦点を当てた男同志の友情と反駁の物語といっていいかな。
 戦争がなければこのふたりの間にこのような確執はなかっただろうにと思うと切なく虚しい。高須の生命を惜しまぬ潔さが深く余韻に残る。
悪の花束
 フランスが舞台。まるで翻訳ミステリーを読んでいるかのようだった。3つの短篇に共通するのは「変装」。不可解な殺人事件の謎を解いてゆく過程がなかなかスリリグで推理小説の謎解きのようで楽しい。
南極記
 外国人の視点による、日本人の南極到達の偉業を讃えたストーリー。記録小説風でありながら後からじわじわと感動が迫る。語り手の紳士的なバード大佐がとても良い。
不滅の花
 これもフランスが舞台。
 フランス内乱に身を投じた日本人の生涯とその墓を探し求める男のストーリー。内乱の悲惨さ、心ならずも異国に骨を埋めることとなったひとりの日本人への哀愁が胸に迫った。

 どれも充実の面白さでした。手を変え品を変え描く「人間」の姿。バラエティに富んだストーリーで時にクスッとさせられ、はたまた人間の醜悪さ高潔さを見せつけられる─そんな得難い1冊だと思う。名作。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 久生十蘭
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-12 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

十蘭レトリカ (河出文庫)十蘭レトリカ (河出文庫)
(2012/01/07)
久生 十蘭

商品詳細を見る

 書店に行ってジャケットに一目ボレ。幻想小説風な雰囲気に興味津々でした。以下BOOKデータベースより内容。

十蘭の前に十蘭なく、十蘭の後に十蘭なし。
破天荒へ向けての完璧な計算、予想を裏切り期待を裏切らないウルトラC。最高の達成度を示す異色の傑作群。
「胃下垂症と鯨」「モンテカルロの下着」「ブゥレ=シャノアヌ事件」「フランス感れたり」「心理の谷」「三界万霊塔」「花賊魚」「亜墨利加討」の圧巻八篇。


胃下垂症と鯨
モンテカルロの下着
ブゥレ=シャノアヌ事件
フランス感れたり
心理の谷
三界万霊塔
花賊魚
亜墨利加討 


 初めて読む作家サンだったのですが……ものすごく個性的&独特の世界に持っていかれました。
 300ページちょっとだったのですぐに読めるかな? と思っていたら、かなり読むのにてこずった。
 読みにくいというか難解というか。内容理解するのにとっても時間がかかってしまって。時代もあるのだろうけどすんなりと読める&作品世界に入っていける……というものではなかったです。(あくまで自分の場合)。
 8篇中特に印象に残った作品をいくつか。

胃下垂症と鯨
 なんとも意味不明のタイトル。友人?の家に居候していると思しき胃下垂症を患っている「私」。その「私」と友人の夫人との微妙な関係を幻想小説風に。
 タイトルにある胃下垂症は「私」持病。鯨は夫人が作ってくれたサンド・イッチの具。妙にインパクトある短篇。
フランス感れたり
 外国人が多く滞在する軽井沢を舞台に、フランス人・ベロォさんの滑稽な姿を当時の世界情勢に重ね合わせて描いているのかなと。
心理の谷
 これはなかなか面白かった!
 信託銀行専務の令嬢と付き合って逆玉を狙うサエない男子・山座。うだつが上がらない割に女子にはモテまくり。令嬢の他にももう一人、小悪魔的な少女・礼奴とも付き合い始めた山座。計算高い彼の二股恋の行方は? 小悪魔・礼奴の魅力が光る。
三界万霊塔
 巨万の富を得るために殺人を厭わない男の過去。見事富豪になるも、ふとしたことから墓穴を掘ってしまうというオチ。なんともブラック。
亜墨利加討 
 幕末から維新時代を舞台に、父親をアメリカ人に殺害された男が復讐するために遥かアメリカまで出向くという一種の復讐譚。世界に向かって開けようとしている日本をなにげに暗喩しているところも秀逸。

 8篇それぞれテーマも作風もまったく違う。
 幻想小説風であったり、ラブコメ的であったり猟奇的であったり復讐譚であったりとバラエティに富んだ作品群。
 このような作家サンがいたのだと、目からウロコ。フランスに滞在経験があったとのことで、作風がどことなく洒落ているのも特徴的。変幻自在の面白さ、堪能させていただきました。もっと他の作品も読みたくなる作家サンです。ごちそうさまでした(笑)。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 久生十蘭
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
タイトルがもうなんか・・・そんな感じだね(^^)
ジャケ買いをすると、思わぬ出会いがあったりするよねー。

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
> タイトルがもうなんか・・・そんな感じだね(^^)
> ジャケ買いをすると、思わぬ出会いがあったりするよねー。
確かに!
ハズれたりすることもあるけれど、
大当たりだった時はホントに嬉しい!
この本も意外な面白さでした☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。