04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-11 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1)
(2011/09/13)
ナボコフ

商品詳細を見る

 図書館で偶然発見したナボコフの未読本。新品っぽいし俄然興味津々で借りてきました! 以下文庫裏表紙より内容。

裕福で育ちの良い美術評論家クレッチマーは、たまたま出会った美少女マグダに夢中になるのだが、そこにマグダの昔の愛人が偶然姿をあらわす。
ひそかに縒りを戻したマグダに裏切られているとは知らず、クレッチマーは妻と別居し愛娘も失い、奈落の底に落ちていく……。


 端的に言うと「運命の女(ファム・ファタール)」モノ。
 ひとりの美少女に心奪われ破滅してゆく年の離れた男性の物語。ありきたりといえばありきたりなのだけど、さすがナボコフ。面白くて一気読みしちゃいました。
 まず、タイトルの「カメラ・オブスクーラ」とはラテン語で「暗い部屋」という意味。もっと詳しく言うと「素描を描くために使われた光学装置のこと(ウィキより)」であり、現在のカメラの語源にもなった言葉。このタイトルが作品をまさに象徴していて巧いなあと。

 前半部は裕福な美術評論家・クレッチマーと娼婦型美少女マグダとの馴れ初めと駆け落ち。
 特にクレッチマーは妻帯者でありながらマグダとのたった一夜の浮気が元で妻と娘と別居することに。すべてを失った彼にとって一縷の望みがマグダだけ。そのマグダは根っからの小悪魔で、クレッチマーとの付き合いもズバリ金銭目当て。クレッチマーを適当にあしらいながら一方では元彼であるホーンと復活して浮気を楽しんでしまうというなかなかに性悪サン。
 この、クレッチマーのマグダへの激しい依存度というか溺れっぷりが前半の読みどころかな。
 社会的・経済的に恵まれていたひとりの男がほんのコムスメにひっかかっただけで身を持ち崩してしまう、その情けなさぶりと激しい愛情ぶりが見事。

 で、後半がナボコフの真骨頂というか。ただの悲恋ストーリーに終わらせないところがね、巧い。
 紆余曲折あってクレッチマーはマグダとホーンの裏切りを知ってしまうのだけれど、そのきっかけがなかなかユニーク。クレッチマーの友人である作家を登場させて、構想中の作品のプロットをクレッチマーに語らせる中で浮気発覚を知らしめる……という流れになるほど~目からウロコ。
 そこから終盤に向けての悲劇の始まり。マグダとともに自殺を図ろうとしたクレッチマーに襲いかかる両眼失明という事実。
さらに皮肉なことに、憎き相手であるはずのマグダとホーンに養われながら軽い監禁状態にされてしまうという……サスペンス仕立てのスリリングな展開がまた面白すぎた。ラスト、一度は囚われの身から無事救われ、よもやハッピーエンド……というところでの衝撃の幕切れになんとも複雑な思いも。

 クレッチマーの悲劇はマグダとの出逢いの時から始まっていたのねとしみじみ。マグダとの恋は盲目。そのために家族という真の幸せを見極めることができず、さらに失明してから永遠に「暗い部屋」に留まることを余儀なくされた男の悲劇。ここに巧くタイトルが象徴されているなと。
 訳者のあとがきを読むとさらにこの作品の深みが理解できる。さらに作者の代表作「ロリータ」の先駆的作品である、という解説にも思わず納得。
 似たテイスト・エッセンスが散りばめられていながら「ロリータ」よりも平易にわかりやすい。「ロリータ」と比較して読むのもまたオツなのかも。
 いやーしかし! 小説中の男子はどうしてもこの娼婦型女子が好きだね~。関わると火傷するってわかっちゃいるけどやめられない! てヤツなのね、きっと。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ナボコフ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-04-14 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

ナボコフの一ダース (1979年) (サンリオSF文庫)ナボコフの一ダース (1979年) (サンリオSF文庫)
(1979/09)
ウラジミール・ナボコフ

商品詳細を見る


 やっぱ古すぎて書影がない~。仕方ないっすね、一体何年前の発行? 33年前とか…すごいなあ…。
 あ、リンクのタイトル2回クリック(ダブルクリックではない)するとアマゾンリンクに飛んで書影が拝めます!
 以前読んだ「幻影の都市」と同じく中野のまんだらけで購入したサンリオSF文庫。これは元値380円だったのに、自分購入金額は840円と高値がついてた! それほど貴重なの? と思いつつも購入できておもわずニヤリ。以下BOOKデータベースより内容。

同姓同名の男にまちがわれ、借りたこともない本の返済を迫られたり、見知らぬ人々のパーティに招待されたりと、ポーの「ウィリアム・ウィルスン」を彷彿とさせる作品「一族団欒の図、1945年」や、家族から見世物にされる怪物双生児の話など、本書は“文体の魔術師”ナボコフが、SF、ポルノ小説、童話、探偵小説などの体裁をとりながら、彼独自の世界を見事に結実させた短編集である。

フィアルタの春
忘れられた詩人
初恋
合図と象徴
アシスタント・プロデューサー
夢に生きる人々
城、雲、湖
一族団欒の図、一九四五年
「いつかアレッポで……」
時間と引き潮
ある怪物双生児の数場面
マドモアゼルO
ランス


 タイトルは「一ダース」となっているのに、作品数は13。これは英語の言葉遊びに由来して、解説によると言葉遊びが好きなナボコフがそれをもじったタイトルなのだとか。ふーん、なるほど。
 はっきり言って難解(>_<) 淡々とストーリーが進んでいくので、起伏があまり感じられずラストのオチもついつい見逃しがち&無いに等しかったり。それでも独特の文体と手堅いストーリーに唸る~! というわけで印象に残った作品をいくつか。

忘れられた詩人
 過去有名であった詩人ペローフ。天才とまで謳われたその詩人が不慮の事故で24歳の若さで亡くなってしまう。死後半世紀経ってその偉業を讃えようと記念講演会が開催された……が、そこに現れた奇妙な老人。彼こそ自称ペローフを名乗っているのだけれど……。
 少しミステリアスな読後感。革命で変わった体制へのちょっとした皮肉も含まれているのかなと。
初恋
 解説によると自身の体験に基づく話であるとか。10歳の少年と少女の幼くて可愛らしい恋と別れの物語。淡々としたラストに少し余韻が。
一族団欒の図、一九四五年
 同姓同名の人間に振り回されるひとりの男の奇妙な体験。図書館から延滞本の督促がきたり、突然逮捕されたりとすべて身に覚えのない災難に巻き込まれる男の物語。振り回されていると思いきや、逆に自分もその同姓同名の人間を振り回していたというオチが面白い。
ある怪物双生児の数場面
 結合双生児の悲しい回想録。心無い家族・親族によって見世物とされてしまう彼らの悲劇。
マドモアゼルO
 この話もナボコフの体験によるものとか。家庭教師・マドモアゼルOと「僕」との7年にわたる生活を懐かしむ回想録。ある意味ストイックな文体がさらにノスタルジックに思える。

 などなど、かなりバラエティに富んだ短編ばかり。自分的に思ったのが前述したとおり、全編通して良い意味でも悪い意味でも「起伏が感じられない」ということ。訳に因るところも多いのかな。じっくり気を抜かずに読まないとホント意味不明な部分が多々あった。なので結構疲れる小説かも。
 ラスト作「ランス」珍しいSFテイスト作。けれど作風は相変わらず淡々としているので、よくよく注意して読まないとSFだとわからない……。
 などと、いろいろ刺激的な作品でありました。ナボコフ、やっぱり難しい。「ロリータ」の方がよっぽど読みやすいよ~(>_<)


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ナボコフ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-25 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

ナボコフ全短篇ナボコフ全短篇
(2011/07/30)
ウラジーミル・ナボコフ

商品詳細を見る

図書館への返却期限が明日。3週間も借りていたのに読破出来ず。無念、ひたすら無念。以下BOOKデータベースより内容。

“言葉の魔術師”ナボコフが織りなす華麗なる言語世界と短篇小説の醍醐味を全一巻に集約。
英米文学者とロシア文学者との協力により、1920年代から50年代にかけて書かれた、新発見の3篇を含む全68篇を新たに改訳した、決定版短篇全集。


 ナボコフというとどうしても「ロリータ」の印象が強い。あの独特の作風と雰囲気・テーマ。この短篇集もそんな作品が多いのかと思いきや、まったくそんなことはなく、バラエティに富んだ、どちらかというと正統派な作品が多かったような気が。
 けれど、中には幻想文学的な作品もあって楽しめる。特に最初の作品 森の精 などはタイトルからしてそれらしい。
 語り手「僕」の許に奇妙な訪問者。それは「僕」が子供の頃共に遊んだ森の精だった。その姿はすっかりみすぼらしく変わり果てながらも「僕」の心の中に大切な思い出として残っていた。かつて遊んだロシアの地は無残に荒らされ自然は崩壊しいった様を語る森の精──これは一種のファンタジーでありながらも、革命によって混乱し、荒れ果てたロシアの地を案じると共に、亡命せざるを得なかったナボコフの心情を表現した作品なのではないかと、個人的に深読みしてしまった。

 他にも ロシアに届かなかった手紙 と題した作品も同系列なのかと。
 まず冒頭からして引きこまれた。
──美しい、いとしい、遠くはなれたひとよ──
 ロシアにとどまっている女性に宛てた書簡という設定なのだけれど、この女性というのがロシアそのものを暗喩し、語りかけているのではないかと。
 革命で故郷を離れざるを得なかったナボコフが、懐かしさ、故郷愛を込めて書いた作品なのではないかと、これもやはり自分的に思ったのだけれど。
 
 幻想性がさらに顕著なのが 雷雨 。そのものズバリ雷神が登場するちょっと微笑ましいストーリー。
 次作 ドラゴン も、想像上の生物ドラゴンを広告塔に見立て、人間の愚かな宣伝合戦を暗に批判したちょっと諷刺的な作品。
 その他、夫の妻に対する誤解から生じた嫉妬によって、妻を殺してしまう 復讐 はなんとも狂気をはらんでいるし、才能ありながらもかなりな変人でもある、ピアニスト兼作曲家バッハマンと、一人の慈愛に満ちた女性との愛情とも友情ともつかない奇妙な絆を描いた バッハマン など、どれもひねりのきいた作品ばかり。

 全68篇。自分は読み切れませんでした……が、作品集を読んでみて思ったのが、亡命作家ナボコフが故郷であるロシアをいかに気にかけているか、愛しているかということ。作品におのずとそれらの感情が滲み出ていてとても複雑な気持ちになったのも確か。
 そしてこの作品集を完成させるために苦労した息子・ドミトリィ・ナボコフ氏の序の言葉がとても印象的。
 重厚で万華鏡のように様々な面を見せてくれる作品群。いつか必ず再度挑戦をしてみたい。

 今日(2月26日)知ったのだけど、ドミトリィ・ナボコフ氏、22日にお亡くなりになっていたそうです。ご冥福をお祈りいたします。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ナボコフ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-04-15 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

ロリータ (新潮文庫)ロリータ (新潮文庫)
(2006/10)
ウラジーミル ナボコフ

商品詳細を見る


 「不思議の国のアリス」と双璧を成す、「ロリータ文化」や「ロリコン」という言葉の原点ともなった作品。
いや~自分のイメージとしては、18・9世紀あたりのイギリスorフランスの貴族社会を舞台にした、一人の少女偏愛男子の回想録のようなモノを想像していたのですが……まったく違いました。以下ウィキよりあらすじ。

ヨーロッパからアメリカに亡命した中年の大学教授である文学者ハンバート・ハンバートは、少年時代の死別した恋人がいつまでも忘れられない。その面影を見出したあどけない12歳の少女のドロレス・ヘイズ(Dolores; 愛称ロリータLolita)に一目惚れをし、彼女に近づくために下心からその母親である未亡人と結婚する。母親が不慮の事故で死ぬと、ハンバートはロリータを騙し、アメリカ中を逃亡する。しかし、ロリータはハンバートの理想の恋人となることを断固拒否し、時間と共に成長し始めるロリータに対し、ハンバートは衰え魅力を失いつつあった。
 ある日突然、ハンバードの目の前から姿を消したロリータ。その消息を追って、ハンバートは再び国中を探しまわる。3年後、ついに探し出すが、大人の女性となった彼女は若い男と結婚し、彼の子供を身ごもっていた。哀しみにくれるハンバートは彼女の失踪を手伝い、連れ出した男の素性を知り殺害する。後に逮捕され、獄中で病死。そして、ロリータも出産時に命を落とす。作品はハンバートが獄中書き残した「手記」という形式をとっている。


 時代設定は1940年代。舞台はアメリカ。第1章では、ハンバートの倒錯っぷりの凄さとあんまりにも露骨に表現された反道徳性に、う~ん、面喰いました。エロい表現も多々あるけれど、それは大して問題じゃない。主人公の極度の屈折度・ヒロインへの粘着力ありすぎる執着度・背徳とか禁断とか犯罪とかそんな単語なんか知らんぞ~、てな勢いの強烈な個性に自分的にはR18! ロリータと同年代の娘さんをお持ちの方がコレ読んだらきっと眉顰めるだろ~な~と、余計なコトまで脳裏をよぎる。
 が、読了してそんな心配は一掃されました。かなりクセのある作品だけど隠れた名作だな、と。

 自分も読むまでは思っていたキワモノ的な作品では全くなく、あらゆる読み方も可能な万華鏡のごとき作品であるとしみじみ思いました。あとがきにこの作品の様々な読み方が挙げられているけれど、その中でも自分は特に「ロード・ノヴェル」と「探偵(犯罪)小説」として興味深く読めましたね。
 道ならぬ関係のハンバートとロリータの2年にわたる逃避行。モーテルからモーテルへと渡り歩く2人の絶望的な将来がなんとも悲しい。そして縦横無尽に張り巡らされた終盤に向けてのハンバートの殺人をほのめかす伏線。自分からロリータを奪い去った人物を推理し、とうとう捜し出して目的を遂げる過程が何ともハラハラさせられる。

 この作品一読だけで理解するのは到底ムリです。あとがきと注釈が無ければ内容理解するの不可能(あくまで自分はです)! それほど他著名作品からの引用やメタファーや作者自身のアナグラムを多用していて、知識の無い自分は自力で読み解くのが難しかった。けれど、その意味を知れば知るほどこの作品の奥深さが理解でき、静かな感動を得られること必至!

 ちなみにハンバートは40代イケメン中年設定。ロリータことドロレスは12~15歳。典型的な小悪魔で、しかも汚ギャル設定(だってあんまフロ入んなくて、顔も洗わないらしい)。こーゆー組み合わせって今の日本にもいるよねェ。そしてロリータはフリフリのレースとかドレスとかは一切身につけません。着用するのはジーパンとか短パンとかとにかくカジュアル志向。ゴスロリファッションなんてもってのほか。
 ナボコフさん、自分の生んだ作品がまさか極東の地日本でこ~んなに曲解されたサブカルになっているとは夢にも思ってないよね~。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ナボコフ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

へぇー * by キヨハラ
この記事で名作の内容を知れてよかったです。
アメリカのお話だったとは。だって、ナボコフって姓も名前もロシア語圏ですよね。あらすじ的にもヨーロッパ文化的ですもんね。

Re: へぇー * by 惺
> キヨハラ様いらしゃいませ☆

そうそう。自分もビックリ。百聞は一見に如かずでした。ナボコフさんは亡命者らしいです。
この作品自体は好きなんだけど、如何せん、このハンバートというヤツ。実在してたら一発殴ってやりたい! 少女の敵!

ハナシ変わりますが、キヨハラさんのレビューで拝見した「隠蔽捜査」がとっても面白そうだったので、今度挑戦してみようかと。今日図書館に予約入れました。楽しみです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。