10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-02-20 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

 読書にアニメに音楽にフィギュアスケートにと、四方八方に手を伸ばすこの分裂症気味なブログにいつもぽちしてくださる暖か~いココロの持ち主の方、本当にありがとうございます。そしてお立ち寄りくださった皆様、感謝です☆

 今回はリンクさせていただいているサイト「きっとキミには届かない」の伊織様のレビューを見て、是非とも一読してみようと思った作品です。なんせ、自分の好みばかりのモノだと視野の狭い読書となってしまうので、新しい空気を入れるためにも! と思い至りました。

四日間の奇蹟 (宝島社文庫)四日間の奇蹟 (宝島社文庫)
(2004/01)
浅倉 卓弥

商品詳細を見る


 第一回「このミス大賞」金賞受賞作とのこと。伊織様のレビューでミステリー色は薄いと書いてあったので、そうなんだ~と思いつつ読んで正解でした。ミステリーだと思っていると、完全に肩透かしを食います。はっきり言ってカテゴリーミスだと思うのですが、コレいわゆるファンタジー系統に入ると思います。どうなんでしょう? 宝島社様?

 ……が、カテミスだろうがなんだろうが、作品自体は素晴らしい出来だと思います。(当時)新人作家とは思えないほど完成度高いです。
 ピアニストにとって命ともいえる指を欠損した敬輔と、天涯孤独でしかも脳に障害のある千織。お互いに共通しているのは底なし沼のような喪失感と虚無感。そしてその二人を補い、奮い立たせる存在として登場する真理子もまた、不妊症と離婚という負の側面を持つ人間。
 最初の邂逅から出口の見えないまるで昏い迷宮を彷徨っているような2人と真理子が決定的に違うのは、彼女の持つ強靭でしなやかな心の強さ。それ故、真理子のまるでイエスキリストのような慈悲深さと自己犠牲が、迷える子羊であった敬輔と千織の魂を、光射す迷宮の出口へと鮮やかに導いてくれたのだ、と、思いました。

 冒頭から事件が起こる中盤までが淡々と進んでいくんだけれど、これがまったく飽きさせない。次は次は? という思いでついついページをめくってしまいます。ここが新人さんにしてはものすごい力量だな、と感じる所以ですね~。
 中でも出色なのがピアノの演奏の描写。というか、音楽表現の描写の巧さと言った方がいいのかな。男性作家らしく硬質で的確で甘くない。もしこの浅倉氏がまったく音楽の知識が皆無で、資料オンリーでこの部分を書いたのなら、ホント、さすが職人芸! と称賛を惜しみませんよ~。

 ただ、解説にも著されていたように「先行作品」との類似が唯一の欠点だそうです。「先行作品」って、「今あいに行きます」とか? ← 違ってたらスミマセン 一時期流行ったいわゆる一連の魂乗り移りモノ作品のこと? 自分はそういった作品まったく読んでなかったんで、それが却ってよかったのかなあ。もしそれらを読んでいたら、なあんだァ、パクリかよ~と思ってしまっていたかも。

 それに肝心な敬輔の真理子に対する想いってどうだったんだろ~と自分はギモンに思ってしまいました。真理子にとって敬輔は忘れられない初恋の相手だけれど、け~すけクンにとっては真理子ってどのような存在だったのかな~ってところが、イマイチ釈然としませんでした。真理子=聖母イメージで描きたかったのかな? 
 まあ、それはともかく、千織というこの作品のカギとなるキャラクターを巧く動かして、さらにその関係は甘くもなく雑でもなくとても良く描けているなあと。加えて2人の明るい未来を感じさせる終わり方がとてもナイスでした。
 
 この作品を知るきっかけとなった伊織様に感謝です☆ それに同著者の「オールド・フレンズ」も期待値大です!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン   
スポンサーサイト
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 浅倉卓弥
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

ありがとうございます★ * by 伊織
『四日間の~』読まれたんですね~^^
そして、ブログ上でご紹介までしていただいてありがとうございます!!
TBまで・・・!
私もやり方がわからないなりに試行錯誤しながらTBさせていただきたいと思いますので、しばしお待ちくださいませ・・・^^;

レビューも的確で私が取り逃していたところも書いていただいて読みながら思わずうなってしまいました!
音楽の場面描写は確かに素晴らしかったですよね^^
真理子のマリア説にも私はそんなことすら思わず、スラスラと半ば飛ばし読みの勢いで読んでいたので、新たな発見でした。

この間、『白い薔薇の~』を読み終えたので、また感想を書きたいと思います^^
その際は是非意見をお聞かせくださいませ★


Re: こちらこそ★ * by 惺
> 浅倉卓弥面白かったですッ! 巧いですね~びっくりしました。面白すぎてあっという間に読んでしまいました。自分的に「オールド・フレンズ」がものすごく読みたくなってしまいました。← きっと他の著作もあるだろうに、何故かコレにココロ惹かれる……。

 突然トラバなどして申し訳ありませんでした。コメント残すべきだったんですが、自分、初トラバでドキドキしてたので、コメント残すというココロの余裕がありませんでした……お許しを。

 「トワイライト」すごく興味津々☆ 今日本屋に寄ったら文庫で売っていて買いたくてウズウズしました~。けどお給料日まで我慢ガマン。伊織さんのサイトは自分の読書の参考になります。また寄らせて頂きますねッ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。