05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-15 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

さかのぼってよくわかる日本の現代史 (廣済堂文庫)さかのぼってよくわかる日本の現代史 (廣済堂文庫)
(2012/04/21)
石川 晶康

商品詳細を見る

 最近新たに「世界史」とか「日本史」とか注目されてますよね。特に「世界史」。しかし自分的に「世界史」は壮大すぎるので、割と好きな「日本史」、特に興味ありながらも教科書では端折られがちな現代史に挑戦してみようかなと思って購入。新刊のせいか書店でもかなり目立つ位置に陳列されてました。以下BOOKデータベースより内容。

真珠湾攻撃、日本国憲法発布、55年体制、バブル崩壊など、日本現代史における重大な出来事の「ルーツ」を、時代をさかのぼりながら図解で明らかにする本。
歴史のターニングポイントを“さかのぼって”解明していくと、意外な事実が見えてくる!「今、起こっていることのなぜ?」もみるみるわかる、歴史雑学本。

History1 世界の中の日本
1941 真珠湾攻撃
1945 原爆投下
1970 70年安保闘争
  ↓
2011 TPP交渉参加
 
History2 日本の政治と経済
1945 財閥解体
1946 日本国憲法公布
1968 高度経済成長
  ↓
2011 東日本大震災

History3 日本の暮らしと文化
1964 東海道新幹線開通
1964 東京オリンピック
1970 大阪万博
  ↓
2010 はやぶさ帰還


 途中端折ってしまった年代ありますが、かなり読み応えある&わかりやすい!監修が某進学塾の人気講師というだけあって、教科書読むよりすんなり理解できた、自分的に。
 近現代史、特に現代史ってわりと歴史の時間でも端折られがちだと。実際その時代を生きていながら、いざ何が起こっているかと振り返ってみるといろいろ複雑でわかりにくい。政治とか経済とかになると、もーう全然お手上げ!! 的な。
 しかし、この本読んでかなり勉強になった。おおまかな出来事&事件&社会問題の内容が把握できたし。
 自分的に History1 世界の中の日本 が印象深い。リアルタイムで世界情勢・国内情勢に触れていながら実は一体お偉方は何やってんの?……ということが多々ありすぎて。新聞も熟読しないし。

 本書に挙げられている「竹島の日」「首相の靖国参拝」「普天間基地の移設問題」「尖閣諸島問題」「北方領土返還問題」「TPP交渉参加」等の項目は非常に興味深く読んだ。
 テーマ自体が領土問題扱っているのでかなりデリケート。どのようなことがきっかけで領土に関する日本対相手国間の摩擦が起こってしまったのか、その根本のいきさつから現在までの経過を詳細に分かりやすく解説しているのがありがたい。
 国際的に見て日本は昔も今もシビアな立ち位置にいるのだなあと実感。それにひきかえ、国内の政治家、特に指導的役割を担うべき方々の力不足に、いいのか?これで? とおもわずため息。

 History2 日本の政治と経済 では、戦後日本の復興がテーマなのかな。
 政治的にはやはり彼の国の影響を多大に受けて(受けさせられて?)いるのだなと。それが良くも悪くも、いいなりにならざるを得ない日本ってまるで掌で転がされているようだわ、とまたもため息。

 適度な薄さでサクッと読める。ホント、帯にもあるとおり、おおまかな流れを掴むのであれば受験や就活にも活用できそう。教科書読むよりは読みやすいしわかりやすい。我が国の現在の山積&多々ありすぎる問題点を知るにはもってこいだし、戦後あらゆる困難をどのように乗り越えてきたかを改めて知ることもできるなかなかユニークな視点の書籍だなあと思いましたね。「さかのぼってよくわか」ったかどうかは疑問だけど…別にさかのぼらなくてもよかったような……しかし、過去・現在における国内の時事問題を簡単にサクッと知りたいぞ! という方には良いのかな。自分的にはかなり勉強になった!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 歴史全般 * Genre : 本・雑誌 * Category : さかのぼってよくわかる日本の現代史
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。