05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-26 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

「折れない心」をつくるたった1つの習慣 (プレイブックス)「折れない心」をつくるたった1つの習慣 (プレイブックス)
(2011/03/30)
植西 聰

商品詳細を見る

 小説以外の本が読みたくなって、何か新書か実用書を……と本屋を探していたら目に留まった本。人気なのかな? 以下BOOKデータベースより内容。

負のスパイラルから抜け出せる“心のしくみ”とは?「折れやすい」自分をまず知ろう。
「つい悩んでしまう」から脱するヒント。「人と比べない」習慣を身につけるetc.―心の中の「へこたれない自分」を呼び覚ますヒント。


1章 心を折っているのは、じつは自分だった?
2章 なぜ折れやすいのか、意外な原因を知る
3章 無理にポジティブにならなくていい!
4章 自分の中の「へこたれない心」を呼び覚ます
5章 ちょっとヘコんだときの確実なヒント
6章 立ち直れなさそうな心に効くメニュー
7章 「視点」をシフトすれば人間関係に強くなる
8章 脳のしくみを生かした"高いハードル"の越え方
9章 すぐ折れない心をつくる新しいアプローチ
10章 「折れない人」になる言葉の使い方


 内容はかなりわかりやすいです。端的に言ってしまうと「自分を肯定しましょう」「自分を好きになりましょう」ということ。
 逆に言うと「自分を嫌いにならない」「自己否定をしない」となりますね。このことを全10章の中でさまざまなシーンに変換しながら繰り返し詳細に述べられてます。

 「折れない心」=「ヘコまない・落ち込まない心」ということですね。
 自分なんかしょっちゅう心が折れてますが、なぜか復活も早いです。どうやって復活しているのかそのきっかけを考えてみても……はて? いつの間にか復活している気がする。ヘコむだけヘコんで心の自然治癒するのを待つというか。
 なので、3章 無理にポジティブにならなくていい! にはとても共感しました。「落ち込んではいけない・悲しんではいけない」と気持ちにふたをするのではなく、「自分は今、悲しんでいるなあ」と、客観的に自分の心を見つめるのが良いのだとか。気分の落ち込みを素直に受け止めると、「落ち込んではダメだ」と自分にプレッシャーをかけるより早く復活できるとのことで。これにはなるほどなあと。
 無理に前向きならなくても良い、解決しなくていいこともたくさんある、など妙に納得できる章内容でしたね。

 読了して思ったのは、今まさに気分的にどーんと「折れている」人にはどうなんだろう、本書の効能は。わかっちゃいるけどできないよー、これができたら苦労しないよー、と思ったりする可能性もアリかなと。少しばかり復活し始めている、もしくは心の調子がよろしい時に予防策として頭に入れておくのが良いのではないかと思ったり。

 で、「グチ」を言うのはマイナスエネルギーをため込んでいるせいなのだとか。うーむ、自分は気をつけないとな。けっこう職場仲間と一緒にグチっているからな。「グチ」を言うことによって他人にもマイナスエネルギーを分けてしまっているという……いかんいかん自重せねば。
 最後に疑問がひとつ。タイトルの「たった1つの習慣」というのが……読了してからえ? たった1つって結局なんだったの? って思ってしまった。
 1つどころか、かなり膨大な数の習慣が挙げられていたような……というツッコミは置いといて。
 「心が折れ」ないように予防の書として読むのがいいのかな? というのが素直な感想でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 「折れない心」をつくるたった1つの習慣
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。