10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-29 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

東京バンドワゴン (集英社文庫)東京バンドワゴン (集英社文庫)
(2008/04/18)
小路 幸也

商品詳細を見る

 書店でとっても気になった1冊。タイトル買い! ちょっと洒落てて一体どんな話なの? と興味津々。以下BOOKデータベースより内容。

東京、下町の古本屋「東京バンドワゴン」。
この老舗を営む堀田家は今は珍しき8人の大家族。60歳にして金髪、伝説のロッカー我南人。画家で未婚の母、藍子。年中違う女性が家に押しかける美男子、青。さらにご近所の日本大好きイギリス人、何かワケありの小学生までひと癖もふた癖もある面々が一つ屋根の下、泣いて笑って朝から晩まで大騒ぎ。日本中が待っていた歴史的ホームドラマの決定版、ここに誕生。

春 百科事典はなぜ消える
夏 お嬢さんはなぜ泣くの
秋 犬とネズミとブローチと
冬 愛こそすべて


 面白かったです!
 なんだかTVの「大家族」や昔懐かしのホームドラマを観ているような気分になる、ほのぼの人情系のストーリー。
 なんたって登場人物がやたら多い! メインとなる堀田家の家族の面々。79歳頑固一徹の勘一を筆頭に、一番下は10歳の研人、そして語り手であり幽霊となってしまっている勘一の妻サチを含めて総勢9人という多人数キャラ達。家族のおばあちゃんである今は亡きサチの語り口がとても優しく癒し系でするすると物語の中に入っていける。

 特に強烈なのが勘一の息子・我南人(がなと)60歳! 伝説のロッカーという設定でなんと金髪。語尾に必ず「~ねぇ」がつく独特の喋り(時にウザく感じるが)、常に「LOVE」とともにあり、大物女優が愛人という破天荒すぎるキャラ!
 シングルマザーあり、異母兄弟あり、いつも若い女子が転がり込んでくるタラシの息子あり、のトンデモ家族にふりかかる日常のささいな事件。誰かしらが探偵となってそんな事件を解決し、さらに家族間の絆が深めてゆくという展開も大変よろしいかと。

 シリーズ化されてるんですね。なんだかわかる気がするな。核家族化で今はホントに少なくなってしまった、多世代共生家族。うるさいくらい賑やかな食卓、たわいもない兄妹喧嘩、家族の危機には団結して協力する……等々、ノスタルジーと羨望感じさせてくれます。
 これはもう何も考えずにただひたすら楽しんで読むのが一番かと。
 古書店「東京バンドワゴン」で繰り広げられる堀田家の珍騒動が今後どうパワーアップしていくのか気になる気になる!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 小路幸也
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by 潤
おはようございます~惺さん。
バンドワゴン読んでなかったとは意外です。
私大好きですこのシリーズ!!
あたたかいですよね。
テレビドラマ化しないかなぁとずっと思ってます。
人数多いけどみんな個性的だから苦にならない。
会話入り混じる食卓場面が特に好き!
シリーズは今も続刊中で長いですが、
ぜひ読み進めてみてください☆

Re: 潤様☆ * by 惺
こんばんは!
そうなのです!初・小路作品で初・バンドワゴンシリーズ!パチパチパチ~
個性豊かな大家族が懐かしいような、それでもってほっこりあったか!
なかなか複雑な家族関係なのに明るくて良いな~。
映像向きですよね、思いっきり。
ドラマ化したら人気出そうなのに!
自分的に語り手のさちおばあちゃんが大好きで。癒される~
シリーズ追い掛けますね☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。