04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-06-30 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

伝奇集 (岩波文庫)伝奇集 (岩波文庫)
(1993/11/16)
J.L. ボルヘス

商品詳細を見る

 未だかつてない難解さ。何度挫折しかけたか。前作「汚辱の世界史」はすんなりと読めたのですが……以下BOOKデータベースより内容。

夢と現実のあわいに浮び上る「迷宮」としての世界を描いて、二十世紀文学の最先端に位置するボルヘス(一八九九‐一九八六)。
本書は、東西古今の伝説、神話、哲学を題材として精緻に織りなされた彼の処女短篇集。「バベルの図書館」「円環の廃墟」などの代表作を含む。


八岐の園
プロローグ
トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス
アル・ムターシムを求めて
『ドン・キホーテ』の著者、ピエール・メナール
円環の廃墟
バビロニアのくじ
ハーバード・クエインの作品の検討
バベルの図書館
八岐の園

工匠集
記憶の人、フネス
刀の形
裏切り者と英雄のテーマ
死とコンパス
隠れた奇跡
ユダについての三つの解釈
結末
フェニックス宗
南部


 なんでしょうか? この難しさ!
 もうもう、前半部の八岐の園はまったくよくわからなかった。内容を味わう以前に書いてある意味がまったくわからず。訳に難あり? と思ったりもしましたが、いやいや、ほとんど自分の読解力の無さのせいだと。
 全滅の前半部にひきかえ、後半部の工匠集はなんとか楽しく読めた。復讐譚あり、ミステリーテイストあり、となかなかバラエティに富んでました。「汚辱の世界史」の中にもあった「薔薇色の街角の男」とよく似た西部劇テイストの話もあったりして。中でも印象に残った作品をいくつか。

刀の形
 アイルランド独立のため内戦が続く国内で出逢った2人の男。危機に瀕した語り手ヴィンセント・ムーンを匿い助けてくれたひとりの男。その彼を裏切り敵方に密告したムーンの告白が切なくやるせない。ラストでのちょっとしたどんでん返しが鮮やか。
裏切り者と英雄のテーマ
 祖国の英雄でありながら実は裏切り者であるというキルパトリック。その彼の死刑を巡る奇妙な画策。それは劇中で密かに暗殺するというもの。奇抜なアイデアが白眉。
死とコンパス
 若干ミステリーテイスト&復讐譚。とある犯罪人が殺された弟の復讐のために刑事(もしくは探偵?)を執拗に追い詰め、復讐を果たす。
ユダについての三つの解釈
 これもなかなか難解で……ただ、神が人間に身を落とした姿がキリストであるならば、神の弟子であるユダが身を落として密告者になった──という件はちょっと納得。
結末
 弟を殺された黒人の復讐譚。静かに穏やかに淡々と進むストーリー。視点を変えると、とある一人の男の夢物語とも思える不思議な一作。
南部
 まるで「結末」とリンクしているような作品だなと。西部劇テイストの男同士の決闘譚。対峙する男の静謐な中にもスリリングなムードが秀逸。

 等々、ホントてこずった1冊でした。できるなら、新訳で読んでみたいという……。難しすぎて訳も内容も……(泣)
 しかし、重厚且つ幻想的、そしてこの作家特有の決闘譚。自分的にかなり印象的な作品でした。あーでもでも、読むのにこんなに疲れた本は初めてかも……。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ボルヘス
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-06-20 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

汚辱の世界史 (岩波文庫)汚辱の世界史 (岩波文庫)
(2012/04/18)
J.L.ボルヘス

商品詳細を見る


 初・ボルヘス。
 幻想系の作風なのかなと、以前からちょっと気になっていた作家。以下BOOKデータベースより内容。

「無法請負人」モンク・イーストマン、「動機なき殺人者」ビリー・ザ・キッド、「女海賊」鄭夫人、「傲慢な式部官長」吉良上野介など、読者には先刻お馴染みの悪党や無法者についての史実や原話を本歌取りしたボルヘスの最初の短篇集。
「他人の書いたものを偽り歪めることで自分を愉しませていた」ボルヘスによる悪党列伝。


汚辱の世界史
ラザラス・モレル─恐ろしい救世主
トム・カストロ─詐欺師らしくない詐欺師
鄭夫人─女海賊
モンク・イーストマン─無法請負人
ビル・ハリガン─動機なき殺人者
吉良上野介─傲慢な式部官長
メルヴのハキム─仮面をかぶった染物師

薔薇色の街角の男
エトセトラ

 なかなか興味深い本でした。
 ボルヘスによる悪党列伝とのことですが、史実や原話(元ネタ?)を本歌取り(ちょっとパクった?アレンジ?)したとのことで。ま、ボルヘスによる味付けがなされている、と解釈した方がよさそうで。
 と言いつつ、自分が知っているのは吉良上野介のみだったので、後の悪党サン達の話は何処までが史実でどこまでがボルヘスによるアレンジなのかイマイチよくわからなかった。

 ですが、どの悪党サンたちの話もそれぞれ皆面白い。初めて知るエピソードばかりだったので、かなり興味深く読めた。
 特にビル・ハリガン。あのビリー・ザ・キッドとは知りませんでした。名前だけは有名だよね。その悪党ぶりと生涯がボルヘスの独特な筆致で書かれていてなるほど~と感心。

 おなじみ吉良上野介は、なかなかの感動作品。
 四十七士を主君に忠実な部下として描き、対して吉良上野介は徹底的な悪役として描いているその対比がまた鮮やか!
 外国人作家でありながら「忠義」を前面に押し出した1品となっているのが、自分的に少し斬新だったな。
 で、ボルヘスによるアレンジ部分……って、一番最後になるのかなあ? 薩摩の侍が大石内蔵助のことを誤解していたのを恥じて切腹した──というエピソード。 こんなのあったっけ? と、日本人ながらあまり詳しくない自分が少しばかり恥ずかしかったりして。

 さまざまな悪党達の生涯とその悪党ぶりを知っていれば、さらに面白く読める本だなあ、というのが読了後の感想。
 逆に、なんの予備知識無くても楽しめたのがラストのエトセトラ
 7篇の掌~短篇集なのだけれど、千夜一夜物語その他の書籍からすくいあげた秀作がどれもピリリとひとひねりあって、読んでいてやられた! との印象強かった。
 初ボルヘス。とっても個性的な作品でした。続いて他の著作も読んでみたくなりました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ボルヘス
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。