04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-07-14 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
(1989/06)
宮沢 賢治

商品詳細を見る

 有名作でありながらまともに読んだのは今回が初めて。目からウロコの作品群でした。以下BOOKデータベースより内容。

貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友カムパネルラと銀河鉄道に乗って美しく悲しい夜空の旅をする、永遠の未完成の傑作である表題作や、「よだかの星」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」など、イーハトーヴォの切なく多彩な世界に、「北守将軍と三人兄弟の医者」「饑餓陣営」「ビジテリアン大祭」を加えた14編を収録。賢治童話の豊饒な味わいをあますところなく披露する。

双子の星
よだかの星
カイロ団長
黄いろのトマト
ひのきとひなげし
シグナルとシグナレス
マリヴロンと少女
オツベルと象
猫の事務所
北守将軍と三人兄妹の医者
銀河鉄道の夜
セロ弾きのゴーシュ
鐖餓陣営
ビジテリアン大祭


 やはり大人になって読むほうが良いなというのが読了後の感想。よく教科書に載っているけれど、はたして子供の時にこれらの作品の奥深さをきちんと理解できるのか?といわれると決してそうではないと思う。今回ふとしたきっかけでいいトシになってから読んでみたけれど、大正解だった。印象に残った作品をいくつか。

双子の星
 かわいらしいファンタジー。いかにも童話という言葉がふさわしい。
 チュンセ童子とポウセ童子という双子のお星さま(こういう表現がぴったりなのだ)が、大けがをしたずるがしこい蠍星を助け改心させる話と、彗星に騙された二人が海に落ちてしまい、あわやひとでになるところを海の王様に助けられる。自己犠牲と慈悲・慈愛がテーマなのかと。
よだかの星
 これは教科書に載っていたような気がする。救われない話で子供心にもあまり好きな話ではなかったのだけど、オトナになってから読むとその印象もガラリと変わる。
 外見の醜さから受ける迫害に耐えきれなくなったよだかは星になろうと自らの命を断とうとする。ラスト願い通りに星となれたのは、神の救いか。
猫の事務所
 猫達の可愛らしい設定とは裏腹に苛めがテーマともなっている作品。宮沢賢治の作品には必ず弱者への苛めをテーマとしているものが多い。これもそのひとつ。しかし、ラストに大なり小なりの救いがあるのが特徴かな。
銀河鉄道の夜
 言うまでもなく有名作。
 今回初めてまともに読んだけれど、こんなに深い話だったとは。一応童話としてカテゴライズされている(と思う)のだが、この真のテーマを子供が理解するのは難しいだろう。
 貧困と父親へのあらぬ汚名を着せられて学校で孤立しているジョバンニ。その彼の唯一無二の親友カムパネルラ。現実世界ではふたりの接点はあまりないのだけれど、銀河鉄道に乗りこんでからはその結びつきは強固なものとなる。
 夢かうつつか。二人が乗り込む銀河鉄道はさまざまな場所へ停車し、乗客を乗せ、心通わせるジョバンニとカムパネルラは「ほんとうのさいわい」をさがすために旅を続けようとする。
 ジョバンニは生き、カムパネルラは死出の旅へ。永遠に別つこととなったふたりの道と友情がとても切ない。
 自分的にはカムパネルラをジョバンニの幼児性として捉え、子供時代との決別を意味しているのかなと読んだ。
セロ弾きのゴーシュ
 所属する楽団からその技術の未熟さを指摘され孤立するゴーシュ。奮起して密かに練習を始めた彼の許に訪れる珍客の数々。動物とゴーシュとの交流が面白い。一種の異種交流譚か。独特の乾いた文体が印象に残る。

 読了して宮沢作品には大きな特徴があるのだなと。
 苛めと孤立と密接に絡む生と死。おそらく作者の実体験や経験からくるものもあるのだと思うのだけれど、その陰あるテーマを最終的に「さいわい」を希求する心や慈愛、救いとして昇華させているところが素敵だなと。
 かなり宗教的な雰囲気を醸し出しているのだけれど、それと相まった透明感ある描写の数々が渾然一体となって独特の世界観を表現しているのだなと痛感。
 あらためてスゴイ作家&作品群なのだと実感しました。どの作品も心にグッときます。間違いなく名作たち。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 宮沢賢治
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

【プラネタリウム番組】銀河鉄道の夜 * by Medeski
銀河鉄道の夜を映像で再現したプラネタリウム番組があることは知ってますでしょうか?本当に洒落にならないくらい素晴らしいので是非、行ってみてください。私はあまりの素晴らしさに私、三回行きました。Youtube映像は所詮、二次元の産物。360℃の景色によって首を痛めました。

Re: Medeski 様☆ * by 惺
こんばんは!
さっそく探してみました、動画。
予告篇しかなかったのだけど、(1分ちょっと)なんですか、コレ?
素晴らしすぎるじゃないですか!
近所の上映施設発見したので是非観に行きたいと思います!
情報ありがとうございました!

お久しぶりです! * by 道楽猫
すみません。すっかりご無沙汰しておりました。
宮沢賢治といえば、今「グスコーブドリの伝記」のアニメが上映されていますね。銀河鉄道と同じスタッフが手がけているようでとても気になっています。
それと、プラネタリウムはKAGAYA氏のものですね。
私も見に行きました。本当に素晴らしくて知らずに涙ぐんでいました。機会があれば是非!!

Re: 道楽猫様☆ * by 惺
おはようございます!
「グスコーブドリ」はもう上映されてるのですね。知らなかった!
今ちょっとサイト覗いたら、猫が擬人化されてるのですね。
こちらも有名だけど、未読だなあ…近々挑戦してみよう!
宮沢賢治作品ってスゴイなーって今更(笑)
全作きちんと読みなおしてみたいなと←ひたすら願望のみ。

> それと、プラネタリウムはKAGAYA氏のものですね。
> 私も見に行きました。本当に素晴らしくて知らずに涙ぐんでいました。機会があれば是非!!

そうですそうです!
映像が綺麗過ぎて食い入るように観てました。
予告編だけじゃ物足りない~!!
っつーことで、今夏観に行くつもりです。楽しみ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。