10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-07 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

   

 いつものことながらタイトルに惹かれて&好きな国書刊行会の本だったので借りてきました。しかし、かなりブ厚くて半分萎えてたのだけど、読み始めたら面白くて一気読み!以下BOOKデータベースより内容。

22世紀のある巨大都市で、突如理解不能の残虐な連続殺人事件が発生した。犯人は、ゴーレム100、8人の上品な蜜蜂レディたちが退屈まぎれに執り行った儀式で召喚した謎の悪魔である。
事件の鍵を握るのは才気あふれる有能な科学者ブレイズ・シマ、事件を追うのは美貌の黒人で精神工学者グレッチェン・ナン、そして敏腕警察官インドゥニ。ゴーレム100をめぐり、3人は集合的無意識の核とそのまた向こうを抜け、目眩く激越なる現実世界とサブリミナルな世界に突入、自らの魂と人類の生存をかけて闘いを挑む。
しかしゴーレム100は進化しつづける…『虎よ、虎よ!』の巨匠ベスターの最強にして最狂の幻の長篇にして、ありとあらゆる言語とグラフィックを駆使して狂気の世界を構築する超問題作がついに登場。


 作者のベスターに対して何の予備知識もなく……SF作家なのだなあ、と漠然と思っていたくらいだったのだけど。なんでも映像畑の方だとか。
 それで納得。この作品、映画で例えて言うならば、ズバリB級作品。イマイチ垢ぬけてなくてどぎつくてもっさりしてる。←スンマセン、自分が思うB級作品のイメージはこんななの(笑)
 けれど、駄作というのでは決してなく、色に例えるならもうもう極彩色のどぎつさ。さらに猥雑・下ネタ等々なんでもアリの盛り込み方が凄かった。

 ジャンルとしてはまぎれもなくSF。22世紀の貧富の差激しい都市のとある高級マンションの一室で行われる交霊会。ヒマと退屈をもてあました8人のセレブ女性たちがお気楽に始めたそれが事件の発端。
 彼女達の深層心理の奥深くに潜む負の感情が集積し体現化された魔物・ゴーレム100が誕生し、彼女達の知らぬ間に次々と殺人を犯し、街を恐怖のどん底へと突き落とす。

 探偵役は勇猛果敢な女性精神工学者グレッチェン・ナン、助手役は有能でありながら少しヘタレの科学者ブレイズ・シマ。そして二人を締めるのが常に沈着冷静な警察官であるインドゥニ。
 この三人が得体の知れない怪物ゴーレム100を追い詰めてゆく。SFなのにミステリー&サスペンス要素を盛り込んでいるから飽きさせない。
 ゴーレム100の正体が退屈凌ぎのセレブ達の負の感情の集合体──というのは結構使い古されたネタ。けれどその事実を突き止めセレブ達を解体させようとするグレッチェンの活躍と、ゴーレム100を追ううちに解明される彼女の隠された真の正体という意外な展開にはちょっと驚き。

 進化した人類・この世界とは違うもうひとつの世界(亜界)・未知の化学物質である麻薬であるプロメチウム……等々、興味津々なガジェトもふんだんに登場してSF好きにはたまらないかも。そして、随所に盛り込まれた幾何学的&前衛的(ピカソ的?)なイラストの数々とくどいくらいの言葉遊びにはなぜかうーん、サイケだなあ(要は60年代的だなあ)と。
 グレッチェンとシマとの迷コンビの織りなすギャグにも笑えるし、ゴーレム100を追って亜界まで捜査に突入する警察官インドゥニ活躍には胸がすく思い。で、予想外のラストにはちょっと背筋が寒くなったし。

 この作品、解説にもあったけれどかなりフェミニズム的な読み方もできるとのこと。なるほど!と思ったけれど、逆に自分はラストを読んで実はそうではないのではと思ってしまったし。ギリギリのところでやはり男性優位的な到着点になったのかなと。
 などなど、こんな深読みしなくても普通にSFとしてミステリーとして楽しく読める作品。しかし、やはり好みが完全に分かれる作品でもあるかな。はっきり言って「奇書」にカテゴライズされると思う。でも食わず嫌いはもったいない。興味ある方は是非読んでみて損はないと思う。さらに巻末の訳者である渡辺佐智江さんの文がウィットに富んでいて最高だった!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : SF小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : ゴーレム100
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。