05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-06-06 (Thu)
ご訪問ありがとうございます☆

ダ・ヴィンチ×PLANETS 文化時評アーカイブス 2012-2013 (ダ・ヴィンチブックス)ダ・ヴィンチ×PLANETS 文化時評アーカイブス 2012-2013 (ダ・ヴィンチブックス)
(2013/03/15)
宇野常寛、青山裕企 他

商品詳細を見る

 以前読んだダ・ヴィンチで紹介されていた本。2012年~2013年の1年間のヒット作・話題作をジャンル毎にとりあげているとか。俄然興味!なので読んでみました。以下BOOKデータベースより内容。

『PLANETS』編集長で批評家の宇野常寛氏監修。映画、アニメ、ドラマ、音楽、マンガなど、2012年のジャパニーズポップカルチャー群を総ざらいする一冊! 約200作品をレビュー&ランキング形式で紹介。表紙&グラビアはAKB48の次世代センター島崎遥香を『スクールガール・コンプレックス』の青山裕企が撮り下ろし!

巻頭特集
AKB48
『平清盛』
『カーネーション』
1章 映画
2章 ドラマ
3章 アニメ
4章 マンガ
5章 ゲーム
6章 音楽
7章 小説


 ……というように。あらゆるメディアを網羅した1年間の総決算的な内容で大満足!
 巻頭特集の『平清盛』は放送を全然観ていなかったのだけど、記事を読んで今さらかなり興味が。
 「大河ドラマの常識を破るアニメ的・少女マンガ的な演出センス」
 というタイトルがあったのだけど……これ、かなり面白そうだし、実際の放送を観てみたかったなあと。
 『カーネーション』も朝の連続ドラマの中でもかなり絶賛されていて。今は『あまちゃん』もなかなかの人気らしいけど、朝の連ドラ、侮れない!って印象が。

で、巻頭特集の後は各ジャンル毎のレビュー&ランキング。
映画
同率1位 『戦火の馬』・『ヤング≒アダルト』・『アルゴ』・『桐島、部活やめるってよ』
 映画は最近ほとんど観ていないのでわからないけれど。
1位以外では『ドラゴン・タトゥーの女』『ダークナイトライジング』『007 スカイフォール』が面白そうだなと。あれ、全部洋画だ!
ドラマ
同率1位 『カーネーション』『リッチマン・プアウーマン』
3位   『最後から二番目の恋』
同率4位 『リーガル・ハイ』『車イスで僕は空を飛ぶ』

 ドラマは…ほんっとわからない…テレビを殆ど見ない人間なので…でも『リーガル・ハイ』は結構騒がれてたな……。
アニメ
1位   『おおかみこどもの雨と雪』
2位   『ジョジョの奇妙な冒険』
3位   『坂道のアポロン』

 うん。これはまあ妥当というか。おおかみこどもは一時期人気あったらね。坂道のアポロンも音楽も話題になったし。自分贔屓のエヴァは7位だった。
マンガ
1位   『大奥』
2位   『坂道のアポロン』
同率3位 『失恋ショコラティエ』『夏雪ランデブー』『新宿ラッキーホール』

 自分的に気になってるのが新宿ラッキホール。既読の方々の評判もよろしいので、いずれ挑戦!
 ゲーム・音楽・小説にはランキングなしっていうのがちと残念で。
 巻末には、今後の小説に関する可能性の示唆とか。ボカロ小説しかりネット時代の小説しかり。
 日本にとって重要な位置を占めつつある、サブカルチャーを知るための本でもあるなと。
 興味ある方にはたまらん1冊ですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 文化時評アーカイブス
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。