06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-01-07 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

ララピポ (幻冬舎文庫)ララピポ (幻冬舎文庫)
(2008/08)
奥田 英朗

商品詳細を見る

 前回あんなにピュア(!)で清々しい少年少女の感動的なハナシ(時の輝き)を読んだのに……この作品、あまりにも真逆でした。オトナの暗部を垣間見てしまったようで……なんか~、あらすじ書くのも憚られるな~。

みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。
対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉!!

 下流文学の白眉……はっきりそう言っちゃいます? でもまったくもってホントにそうでした。
 あの傑作「伊良部シリーズ」を生み出した奥田英朗の作品なので、相当期待して読んだのですが……こ、これはお子様は読んではマズいでしょう!
 というのが読了後の素直な感想。あらすじ読むと一発でわかりますが、そのような方達のハナシばかりです。刺激的です。正直途中でウンザリしました~

 が、さすがの奥田英朗!! 小説の構成がものすごく巧くて、ソコの部分だけは唸りました。
 あらすじでは長篇となってはいますが、実際はリンクしあう短編集といった具合。バトン小説・リレー小説といったカンジなのかなあ?
 最初の作品に登場していたワキキャラが、次の作品でメインとなる……といったカンジで、別キャラ視点からまた別の物語が構築されていくという面白さ。
 最初のハナシがめぐりめぐってラストのハナシに繋がっていくという構成にもなるほどな、と。 そういう小説構成面では面白かったけれど、作品的にはう~む。なんとも言えませんな。

 登場するキャラクター達は皆社会と接点を失っている、あるいは失いつつある、かなり独特な方達ばかり。その心理描写などは真に迫っていてものすごい!
 最初は軽~く語られてゆくキャラ達が、終盤になるにつれて実はものすごく恐ろしい人生の闇を背負っているというのが分かってきて、ある意味怖すぎる。
 そんな強烈な個性が6篇も語られるのだから、食傷気味になること間違いなし!!

 各主人公の現実はかなりキビしいです。その現実に負けて逃げ出す者・理性のタガが外れてしまう者・それでも前向きに生きている者……等々さまざまな人間ドラマが描かれていてシビアだな~と思ってしまいます。
 その中でもチョロチョロと登場する能天気な援交コギャル達が一番幸せそうに見えてしまった。彼女達もかな~りヤバい状況で生きているというのに。
 全篇を通して、登場キャラ達に向ける作者サンのシニカルな視点がなんともツボでした。さすがです!!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 奥田英朗
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

ララピポ * by KKGT-R
これ劇場公開で観てしまいました。
主役の成宮寛貴、村上知子(森三中)、皆川猿時(大人計画)、中村ゆりなど、配役も絶妙でした。
馬鹿馬鹿しすぎて面白かったです。

Re:KKGT-R 様☆ * by 惺
こんにちは~!
>主役の成宮寛貴、村上知子(森三中)、皆川猿時(大人計画)、中村ゆりなど、配役も絶妙でした。
自分が読んだのは記事と違う文庫の方だったんですが、
その文庫の表紙に出演者勢ぞろいしてたので、もしかしたら映画化してたの?
とは思っていましたが、やはりそうだったんですね。
村上知子→あ~、何の役だかすぐにわかっちゃったし~。
成宮寛貴→イケメンスカウトマンかなあ? なるほど~!!
ホント、配役ドンビシャというカンジですね。

> 馬鹿馬鹿しすぎて面白かったです。
映像化するとおもしろそう♪
オリジナルの方は、ううむ~、勝手にやってなさい、キミたち!!
という印象でしたね。かなり(ほとんど)エ○い描写もあったりして。

出遅れコメント * by 本読み人M
失礼しますv-356

私もこの作品は苦手でしたi-195
何か人間の見たくない部分がむき出しになってる感じ。
無様で滑稽で残酷。
でも映画は面白そうかも!


Re: 本読み人M 様☆ * by 惺
こんにちは~♪
結構好きな作家サンだったんで、読み終って一体どうしちゃったの?
と、ちょっと(かなり)ショックでした!
魔がさした? スランプ? とか余計なコトを考えたりして。
タイトルがおちゃめだったので、ライトなコメディ系を期待していたのですが……。

> 無様で滑稽で残酷。
まさにその通りです。救い無いですよね。
映画はまさか、まんま小説のとおりにはしないだろうから、
楽しめそうですよね~☆

個別記事の管理2010-07-02 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

家日和 (集英社文庫)家日和 (集英社文庫)
(2010/05/20)
奥田 英朗

商品詳細を見る

 奥田英朗の文庫新刊です(多分)。サクッと読めた短編集。以下BOOKデータベースよりものすごく簡単なあらすじ。

ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな“在宅”小説。

 これだけだとなんのこっちゃワケわからんですが、まさにこの通りのハナシなんです。

「サニーデイ」   専業主婦がふとしたきっかけでネットオークションにハマり、つかの間の自信と家族との大切な絆を手に入れる話。
「ここが青山」   会社が倒産し無職となった夫が専業主夫に目覚めてゆく話。ちと「ちょんまげぷりん」に似た感じ。
「家へおいでよ」  離婚した夫婦、特にダンナの方が精神的な抑圧から解放されて自分の城をつくってゆく話。別れた奥さんとヨリを戻すのか? が微妙なところ。
「グレープフルーツ・モンスター」 専業主婦のライトな妄想話。これは~ちと極端だな~と思ってしまったけど、さりげないエロさがオトナ向け。
「夫とカーテン」  え~? こんなにトントン拍子にハナシが上手くいくか? と突っ込んでしまいたくなったけど、大山夫婦(特に奥さん)がとってもイイ感じ。
「妻と玄米御飯」  ……タイトルから内容を想像するのはもはや不可能。でも夫の妻へのほのぼのとした愛情が感じられてクスッとしながらも、ほんわかじんわりココロがあったかくなる話。

 以上6篇収録。どれも粒ぞろいの面白さ!
 作者サンの描く女性(心理)が何と言っても巧い! 日常に埋没している専業主婦の心理なんかとってもリアルだな~と感心してしまう。ちとステロタイプ?とも言えなくはないけれど、嫌味がない。そして登場人物皆前向きで、滑稽で、少~し思い込み激しくて、それでも愛すべき人物達ばかり。
 このユーモアセンスが堪らんのです。毎度のことながらついつい読みふけってしまう。
 面白さの中にも、いろんな夫婦のカタチがあるのね~と少しばかり感慨に浸ってしまいました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 奥田英朗
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-05-20 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)サウスバウンド 上 (角川文庫 お 56-1)
(2007/08)
奥田 英朗

商品詳細を見る

サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)サウスバウンド 下 (角川文庫 お 56-2)
(2007/08)
奥田 英朗

商品詳細を見る

 伊良部シリーズで大爆笑させてもらった奥田英朗。もう期待値大でページをめくりました。
 上巻のページをめくるや否や、自分の生まれ育った街が舞台になっていてビックリ! そのまま感情移入して一気に読了!
 親近感持っただけでなく、内容も爆笑アリ、ほろっとさせられる場面アリで、非常に面白かった。以下裏表紙よりあらすじ。

小学校6年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても変わっているという。
父が会社員だったことはない。物心ついた頃からたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学校になって級友ができ、よその家はそうでないことを知った。
父は昔、過激派とかいうのだったらしく、今でも騒動ばかり起こして、僕たち家族を困らせるのだが……。


 上巻は東京中野編。導入部です。風変りな上原家、特に主である一郎の特異なキャラクターが、息子二郎の視点で次第に浮き彫りになってゆくところが一気に読ませる。
 この一郎父さん「イン・ザ・プール」での伊良部センセイとはまた違った意味で、ものすごくインパクトあるキャラ! 最初はなんだこのオヤジ? と思っていたんだけど、次第にそのハチャメチャぶりが痛快に思えてくるし。
 メインヒーローの二郎クンも嫌味なく描かれていて好感度大。特に男子がオトナの階段上る時の、身体の変化に戸惑うトコロとか(うう、表現しづらい)、中野での最後の夜、親友たちと共に不良センパイにひと泡吹かせるところなんか、もう最高! コレが青春だ~! と正直羨ましくなったし。そういうシチュエーションを設定する作者の巧さをひしひしと感じました~。

 下巻は沖縄編。いきなりの急展開でおお~! と最初違和感だったけど、読み進めるうちにグイグイと引き込まれる! 両親の抱く勝手な思想で、今までとまったく違う環境に放り出された二郎と妹桃子の、それでもめげずにたくましく生きてゆく姿に、頑張れよッと励ましたくなるし。
 クライマックスはこんなんアリ~? と正直ブッ飛んだけど、権力VS個人の構図にどう決着つくのかもう目が離せなかった! 
 いつまでも夢見がちなどうしようもない両親に、その両親を反面教師としてたくましく生きてゆく子供達。
 二郎の成長物語としても、固い絆で結ばれたとある一家族の物語としても読める、沖縄を吹き抜ける風のように爽やかな1篇。面白かった! ← コレばっかり

 しかし、中野ブロードウェイとか、サンプラザとか、中野公園とか。
 店舗名出してないけど明らかに判るまんだらけとか。かつて住んでいた者にとってはとっても懐かしく読めた。

 カツが通っていた中学校も実在しているぞ! 二郎が通っていた小学校は多分作者サンの創作だと思うけど。
 ブロードウェイ地下の店で売ってる20センチの特大ソフトクリームは知る人ぞ知る名物なのだッ☆

 ブロードウェイ上部の住宅区には、大昔には沢田研二(ジュリーよ、知ってます?)や、元東京都知事の青島幸男サンが住んでいたのだ!←今でも住んでいらっしゃるのかも。

Return

Theme : 読了本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 奥田英朗
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

こんにちは♪ * by ととろん
私もこの作品は楽しく読みました~♪
一郎父さん、最初は「何このオヤジ!?」って感じでイライラさせられましたが、
沖縄以降は何だか急に頼れる父さんになりましたねw
「沖縄を吹き抜ける風のように爽やかな一篇」という惺さんの評価に納得です!

Re: ようこそおいでくださいました☆ * by 惺
> ととろん様e-398

はじめまして♪
「サウスバウンド」面白いですよね~。父さんサイコ~!
でも実際にいたら困るけど……二郎クンも好きだ!
ととろん様の仰るとおり、沖縄に行ってからの父さんは別人みたい!
奥田作品、また好きになってしまったのでした。ととろん様のお気に入りの本がありましたら、是非教えてくださいね☆
またお越しください! コメントありがとうございましたe-466

個別記事の管理2010-03-24 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

「イン・ザ・プール」を読んで以来、伊良部センセイの毒気に当てられてしまいました。実は自分の周りにもこの作品のコアでディープなファンがいたことが判明。恐るべし伊良部一郎! というわけで、禁断症状を改善すべく一気に続巻を読了。期待を裏切らない内容でした。

空中ブランコ (文春文庫)空中ブランコ (文春文庫)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る
町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
(2009/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


「イン・ザ・プール」での主役はあくまで伊良部センセイでしたが、以下続巻になるにつれて個性豊かな患者達に取って代わられた感が。「町長選挙」においては完全にワキに回っている感強し!
 もうね~タイトル見るだけでも笑いがこみ上げてくる。「義父のヅラ」とか「アンポンマン」とかタイトル見ただけじゃ、一体どんなハナシなのか皆目見当がつかないし、もう、ギャグ線高すぎ!

 それに「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」などは、あからさまに誰がモデルなのかわかっちゃう。暗にそれらの方々を揶揄しているようで、いいのかなァここまで書いちゃって、と内心ヒヤヒヤ。 ← 何も自分がヒヤヒヤする必要は微塵も無いが。 ただ、たとえモデルがいたとしてもその方からここまでのハナシを創造してしまう作者サマは流石職人!

 全編を通してもっとも好きなタイトルは「女流作家」。これはあくまで自分の見解ですが、作者ご自身を揶揄しているような気がしてならない。実際にこのような病状を体験して、この作品が生み出されたのでは? とふつふつと思ってしまいました。
 終盤の、マユミが照れながらも愛子に作品の感想を述べる件がまた感動。(マユミちゃん、個人的に好きだ~。バンギャ設定が最高)

 人間の宝物は言葉だ。一瞬にして人を立ち直らせてくれるのが、言葉だ。その言葉を扱う仕事に就いたことを、自分は誇りに思おう。神様に感謝しよう。

 作中では愛子に語らせていますが、少なからず作者の本心が吐露されているような気がしました。個人的に素晴らしい文言だと思う。

 この作品、映像化して欲しいな~。伊良部センセーはカンニング竹山かドランクドラゴンの塚地武雅。マユミちゃんは黒木メイサ(胸の谷間はあんま無さそうだけど)を是非。脚本は三谷幸喜。「女流作家」の愛子は戸田恵子などはいかがでしょう? 「オーナー」「アンポンマン」「カリスマ稼業」はそれぞれのモデルの方たちで。う~ん限りなく広がる妄想に歯止めがきかない。面白いと思うんだけどな。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 奥田英朗
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 伊織
こんにちは^^
ついに2作品とも読まれたんですね~

ちょっとうる覚えにはなってしまうんですが、確かイン・ザ・プールに関しては映像化されてましたヨ。どの患者役かはわかりませんが、なんでもオダジョーが出演してたとか^^

私はまだ読むのがもったいなくて積読中です(苦笑)

Re: ホントですか? * by 惺
> 残念……観てみたかったです。伊良部役は一体誰だったんだろう? オダギリジョーはどの患者役だったのかなァ……等々もっと早く読んでいればと悔やむことしきり。

 でもこの作品、ホントにファンがたくさんいてびっくり、というか、自分が知らなかっただけなんだよね。いろいろと楽しい本に出逢わせてくれて伊織様にはとっても感謝です!

個別記事の管理2010-03-18 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

 ヤバイです。またしても軽い悶絶状態に陥った自分です。「きっとキミには届かない」伊織様のブログで知った作品です。

イン・ザ・プールイン・ザ・プール
(2002/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る

 見事な蒼の装丁に浮かぶ赤ん坊ですら、この小説の主人公である伊良部一郎に見えてくる。特にぷよぷよの肉の付き加減とか。
 どこかの野球選手の名前をムリヤリ足したような彼の肩書は精神科医。注射フェチの上にマザコン。全身贅肉に埋もれているキモカワ系の彼は、しかし「伊良部総合病院 神経科」勤務のまっとうな医師なのだ。ちゃんと看護婦もいるぞ。マユミちゃんというまるでキャバ嬢がコスプレしているかのような、美女。けれど彼女、愛想もそっけもない。注射打つのは巧そうだけど。
 そんな2人の許に様々な症状を訴える患者さんがやってくる。

イン・ザ・プール  不定愁訴に悩む働き盛りの男性。何故かプールで泳ぐことに命かけ始める。
勃ちっ放し     自らの意志とは無関係に常時臨戦態勢になってしまった気弱なイエスマン男性。
コンパニオン    自意識過剰が過剰すぎて被害妄想となった美女。
フレンズ      孤独を恐れる男子高校生がケータイ依存症に。
いてもたっても   強迫観念に苛まれるルポライターの騒動。
の5編収録。どれも現代を生きる我々がいつ罹ってもおかしくない神経症ばかり。

 対する伊良部センセイの治療法はまさに「患者の目線と同等に」か、あるいは「自分も一緒に患者になっちゃえ~」的なノリで、悩める患者と共に治療を施していきます。でもハタから見ていて(読んでいて)、医者も患者もバカじゃないの~? と思わずツッこんでしまいたくなる~! でも皆最後には病を克服してしまうのです。キモカワ伊良部センセイって一体名医なの? それともヤブなの? 確かめたいッという奇特な方は是非ご一読を。伊良部一郎の不気味な魅力に取り憑かれること必定です!

ブレイド [DVD]ブレイド [DVD]
(1999/09/17)
ウェズリー・スナイプス スティーブン・ドーフ

商品詳細を見る


以前ヴァンパイアモノで何か良い作品教えて下さ~いと言ったら、やはり伊織様が紹介してくれました。こっちは同じ男性でも伊良部センセイとは真逆だ~! 以下簡単なあらすじ。もちろんウィキより引用です。

ヴァンパイア・ハンターのブレイド(ウェズリー・スナイプス)は、黒人とヴァンパイアの混血として生まれてきた男。母親が臨月の時にヴァンパイアに襲われたのがその原因で、彼は己の忌まわしい運命を呪いつつ、世界制覇をもくろむヴァンパイア達を抹殺する使命に燃えていた。

 ……というように、いわゆる人間とヴァンパイアのいいとこ取りの無敵の彼が大活躍するハナシです。鑑賞後の第一印象が、ターミネーターのヴァンパイアバージョンといったところでしょうか。ウェズリー・スナイプス扮するところのブレイドがどうしてもシュワちゃんに見えてしまったのだ。が、ヴァンパイア達すべて秒殺のアクションシーンは文句なく素晴らしい! シュワ以上かも知れぬ。

 ブレイドと行動を共にするようになった女医のカレンも重要な役回り。彼女の医学の知識が宿敵を倒す手助けをし、その血がブレイドを救うことにもなるのだ。彼女なくしてこのハナシは成り立たない。
 久々にアクションモノ観て気分は爽快。
 伊織様、いつもありがとうございます。小説も映像も楽しませていただきました☆
 ご訪問してくださる皆さまも何かオモシロイモノありましたら、是非お教えください! 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン    
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 奥田英朗
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。