08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-05-25 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

名作うしろ読み名作うしろ読み
(2013/01/24)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

 自分は読売新聞を読んでいるのですが。その金曜夕刊に連載していた「名作うしろ読み」がこのたびめでたく単行本化されたと聞き、即借りてみました。連載当時からめっちゃ面白かったんだよね。以下BOOKデータベースより内容。

有名な書き出しは数々あれど、さてラストは? 古今東西の名作132冊を斬新な視点で読み解く、楽しくてタメになる丸わかり文学案内。
『雪国』『竜馬がゆく』から『ハムレット』まで古今東西の名作132冊を、ラストの一文から読み解く。


 連載時は日本文学と外国文学に分かれていたのだけれど、単行本化に際してわかりやすい分類が施されておりました。

1青春の群像
◆坊っちゃん/雁/風立ちぬ/檸檬/野菊の墓/竜馬がゆく/はつ恋/若きウェルテルの悩み 他
2女子の選択
◆細雪/二十四の瞳/赤毛のアン/あしながおじさん/風と共に去りぬ/ゼロの焦点 他
3男子の生き方
◆蒲団/蟹工船/学問のすゝめ/老人と海/グレートギャツビー/夜間飛行/月と六ペンス 他
4不思議な物語
◆雪国/藪の中/第七官界彷徨/赤いろうそくと人魚/変身/クリスマス・キャロル/押絵と旅する男/動物農場 他
5子どもの時間
◆一房の葡萄/路傍の石/銀の匙/長くつ下のピッピ/たけくらべ/蠅の王/十五少年漂流記 他
6風土の研究
◆富嶽百景/武蔵野/城の崎にて/ビルマの竪琴/関東大震災/菊と刀 他
7家族の行方
◆黒い雨/楢山節考/夫婦善哉/ノラや/氷点/カラマーゾフの兄弟 他

 という詳細なジャンル分けで登場。かなり読み易くなってて面白い。

「名作をラスト一文から読み解く」逆転の発想が素晴らしいというかユニークというか。
 各作品共にうしろの一文がタイトルとなって、そこから作品についての斎藤美奈子的解説&書評が怒涛の如く展開される。毒ありユーモアあり鋭い分析あり、の充実の論述であり、作品紹介でもあるかなあと。
 ほとんどが古典名作なので、現在視点に置き変えての読み解き方も笑えたし、その方がわかりやすい。
 例えば中堪助がロリコンでマゾヒスト(!)で、彼の作品「銀の匙」が実は淫靡な作品であると分析してたりとか。古典作を従来の解釈で捉えがちな自分の思い込みをバッサバサ斬り捨ててくれる爽快感!

 で、自分が一番好きなのが巻末の解説。
 これを読むだけでも爆笑できます。著者のこの作品に寄せる思いと信条が理解できるしね。
 物語のエンディングに関しての薀蓄&わかりやすい解説が自分的にはとても役に立ったし。
 中でも特に、

「ネタバレ」と称して、小説のストーリーや結末を伏せる傾向は、近年、特に強まってきた。
しかし、あえていいたい。それがなんぼのもんじゃい、と。
お尻がわかったくらいで興味が半減する本など、最初からたいした価値はないのである。

 読んでいて妙に納得。
 ネタバレしても、それに至る過程までが楽しく興味深いのであって。
「とにかく読んでみろ!」
 という著者のアツい思いが炸裂する充実の書評でありました。好きだなあ、斎藤美奈子。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト
Theme : 書評 * Genre : 本・雑誌 * Category : 斎藤美奈子
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-01-26 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

妊娠小説 (ちくま文庫)妊娠小説 (ちくま文庫)
(1997/06)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

 好きな斎藤美奈子さんのデビュー作。以前から読みたいなーと思いつつ果たせず。ちょうどブクオフさんにあったので即購入しました!以下BOOKデータベースより内容。

『舞姫』から『風の歌を聴け』まで、望まない妊娠を扱った一大小説ジャンルが存在している―意表をついたネーミングと分析で、一大センセーションを巻き起こした処女評論。待望の文庫化。

Ⅰ妊娠小説のあゆみ / Ⅱ妊娠小説のしくみ / Ⅲ妊娠小説のなかみ

 もう面白くないわけがない! ということでまたも一気読み。
「妊娠小説」とかね、タイトルがかなり衝撃的だけど、内容はもちろん真面目でかつ、爆笑モノ。デビュー作とのことなので若干いつもの毒吐きがおとなしめ?と思いきや、中盤からは俄然エンジン全開とばかりにイっちゃってました。最高です。
 で、「妊娠小説」って一体何? と思いの方。自分も最初はどんな内容なんじゃい?と思っておりました。ご参考までにその定義を書いておきますが、

●「妊娠小説」とは、「望まない妊娠」を登載した小説のことである。
●「妊娠」を標準装備した小説はとりあえずすべて「妊娠小説」である。
●「妊娠小説」に関する以上の定義は途中で変わるかもしれない。

 つまりは「妊娠」をとりあげた小説すべてが当てはまるということで。しかし、家庭内・妊婦の年齢が若すぎる・高齢すぎるのはアウト!だそうで。微妙な線引きの上にある日本の文学作品の中の「妊娠小説」について詳細に丁寧に論述しているという内容なのだ。特に有名なのが「妊娠小説」の元祖でもあり、「妊娠小説の父」との栄えある称号を頂いた森鷗外「舞姫」。確かにねー主人公の太田豊太郎はヒロイン・エリスを妊娠させちゃうしね。
 さらに「妊娠小説の母」として挙げられたのが島崎藤村「新生」。これは未読なので詳細はわからないのだけど、「舞姫」と同等の「妊娠小説」の二大名作されているところに瞠目。
 この二作品を原点として、さらに時代を行くと三島由紀夫「美徳のよろめき」、石原慎太郎「太陽の季節」のやはり二大作も堂々たる「妊娠小説」としてカテゴライズされているとか。これはもう驚くしかない!

 はっきりいって「妊娠」って文学的にはあんまりメジャーなテーマではないような気がしてた。しかし、村上春樹の「風の歌を聴け」も立派な「妊娠小説」だと断定するあたり、その定義と論述はかなり説得力あってもう脱帽。
 で、自分的にだんだんはっきりしてきたのが、それら「妊娠小説」に登場する男性キャラがなんともふがいなくて情けないヤツばっか!ということ。
 いくつかの作品を例に挙げているのだけど、どの作品の主人公(もちろん男性キャラ)の吐く台詞もとる態度もみーんな似たりよったりなのに驚き!女性からの「受胎告知 笑」に対する情けない反応とかね。男子にとっての「妊娠小説」は女子に捨てられる物語に対し、女子にとっての「妊娠小説」は男子を斬り捨てる物語云々っていうのに思わず納得してしまった。それほど類型的な作品が多くて、ある意味様式美なのかしらー? と新たな発見に興味深く読んでしまった。

 で、爆笑モノが、なぜ「妊娠小説」に登場する女性は中絶するのか? はたしてふたりは避妊していないのか? という疑問を提示し、それをクソ真面目に論証していくところがもうもう!素晴らしくて笑い死ぬかと思ったホント。
 で、結果として、やはり「妊娠小説」に登場するカップルの避妊率は低いということに。コラコラ!
 などなど、徹底した分析と論述。そして毒と笑いを含んだ絶妙な文章。そして絶妙な視点。妊娠に特化した小説の解説なんて誰も思いつかないし。
 紹介された「妊娠小説」は「舞姫」から発展して約100年分。その間、男女共妊娠中絶に関するストーリーの根幹はあまり変わってないなとつくづく思ったし。すぐれたユニークな評論であると共に、貴重なさまざまな「妊娠小説」の書評集としても読めた。面白かった!巻末にある「妊娠小説」の多さにもビックリだよー!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 斎藤美奈子
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-11-26 (Fri)

月夜にランタン月夜にランタン
(2010/11)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

 知る人ぞ知る文芸評論家の最新作。この著者の毒を吐きながらもユーモア溢れる論評が自分的に結構ツボ。最近はあんまりユーモア感が薄まった気がしないでもないですが。以下BOOKデータベースより内容。

落ちつけ!混迷ニッポンのから騒ぎをじっくり観察。少し先の未来のために、必読です。

 ……たったの2行というのが何とも。評論だから仕方ないのか。
 今まで読んだ著作がほとんど書評関係だったのですが、今回は2006年から2010年までの時事ネタ評。笑いアリの酷評といってもいいのかな?
第1章  リーダーの憂鬱
 安倍政権発足から評論は展開。元総理の著作「美しい国」の書評を交えながら今後の国政と安倍政権の行方を分析するあたり、なかなか手厳しい。
 その他登場する国内外の政治家・著名人・果ては裁判員制度まで、登場するネタはあまたアリ。
 ちょっと気になったテーマが大統領就任当時のオバマ政権について。新大統領に対し、過剰な期待は禁物であるとクギをさしているあたり、なかなか先見の明があるな、と思わず感心してしまった。

第2章  みんな競走馬
 タイトルの意味はイマイチ不明なんですが……。
 2006年からの時事ネタなので、ちょっと昔かな~と思ってしまうのは仕方ないとして。この章もその当時話題になっていた書籍の書評を中心として、世相をばっさばっさと斬り捨ててます。
 印象に残ったのが、一時期流行った「女性の品格」。この書籍も「国家の品格」の二番煎じと暗に指摘しながらも、後続の類似「品格本」についても揶揄を含めて毒舌評が冴えわたってます。
「女性の品格」、未読なんですが斉藤女史によると、この書籍は平成版「女大学」とのこと。(ちなみに「女大学」とは、遥か昔、享保年間の女子用の道徳書)。さらに斉藤女史、この本が売れるということは、「この国の品格は明治からさして進歩していないってことである」と結論づけてます。なるほど、そうなんだ~。

第3章  ブームの御利益
 主にお茶の間を騒がせた・あるいはブームになったネタを取り上げて鮮やかに斬り捨ててます。
 まずはケータイ小説。一時の隆盛ぶりとその内容の稚拙さにあきれながらも、何故こんなに流行るのかを的確に分析。
 その後、お掃除本についての真面目な解説に、白洲次郎の人気の秘密、日本人は何故ご当地検定が好きなのか?
……等々、興味深いテーマを続々と取り上げ、それを深く分析し見解を述べるあたり、冗談とも本気ともとれる不思議な面白さ!

 時事ネタなのでちょっと懐かし感あったり、著者がフェミニズム傾向なので少し偏り感じたりしますが、ああ~、あの頃ね~。と思い出しながら当時を振り返ってみるのもなかなかオツなもの。
 堅苦しい話題・テーマをわかりやすく笑いと共に読ませてしまう、著者のテクにいつも感心する自分なのでした。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 斎藤美奈子
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-08-13 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

それってどうなの主義 (文春文庫)それってどうなの主義 (文春文庫)
(2010/08/04)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

 久しぶりの斎藤美奈子女史の新作? といってもさまざまな書籍・雑誌・新聞に書いた著作を1冊にまとめたエッセイなんですが。
 タイトルも直接的には内容と関係ありません。でも、笑えます。以下文庫背表紙より内容。

「それってどうなの主義」とは、なにか変だなあと思ったときに「それってどうなの」とつぶやいてみること。ただそれだけですが、とても大切なことです。
日の丸、戦争、靖国から、皇室、教育、ファッション誌まで、オウム事件後10年のニッポンの右往左往ぶりを明快に解き明かし、違和感を突く痛快エッセイ集。

 前作の「誤読日記」も面白かったんですが、こちらもその上をいってます。面白い上に切り口鮮やか、毒舌ますます進化! といったところでしょうか。
 まず、冒頭からの「それってどうなの主義」宣言からして一気に引き込まれます。

一、「それってどうなの」は違和感の表明である。
一、「それってどうなの」は頭を冷やす氷嚢である。
一、「それってどうなの」は暴走を止めるブレーキである。
一、「それってどうなの」は引き返す勇気である。
 「それってどうなの主義」とはすなわち、違和感を違和感のまま呑み込まず、外に向かって内に向かって表明する主義。言い出しにくい雰囲気に風穴を開け、小さな変革を期待することなのです。 ~ 「それってどうなの主義」P.4より引用 ~

 と、ウンチクは続くのですが、著者がばっさばっさ斬り捨てるテーマは多岐に渡ってます。以下おおまかに章ごとで。

第1章  右を向いても左を向いても …… 「日章旗のお取り扱い」・「拉致と連行」・「派遣と派兵」等々。どちらかというと政治的、体制的な評論ですね。著者の独特の考察に唸る。

第2章  日本のメディアは大丈夫? …… 「男女対抗戦の謎」・「バーチャルな語尾」・「靖国神社は元気いっぱい」等々。ちょっとフェミニズム的なテーマもあったり、前章に引き続いて政治的なテーマもあり。

第3章  少数派の言い分 ……  「『丘』の陰謀」・「寅次郎と水戸黄門」・「NTTとNHK」等々。鋭い考察だな~と思ったのは「寅次郎と水戸黄門」。同じ国民的人気長寿番組でありながら、その微妙な差にメスを入れた著者の洞察力に脱帽です。

第4章  子どもと学校の周辺 …… 「さんすうの星」・「変態と変身」・「桜の咲かない入学式」等々。NHK教育番組(いわゆる3ch)もばっさりと斬ってしまう著者! でもなるほど感は否めず。その他仮面ライダーからとんでもない考察も飛びだしたりして、ものスゴイです。

第5章  女と男の文化の行方 …… 「オヤジとギャル①②」・「駒子の日本語」等々。「オヤジとギャル」はすざまじいほどの、とある評論家への反論エッセイです。理路整然、完璧無比。ここまで反論された相手の方の反応をゼヒ知りたかった。「駒子の日本語」とは、あの川端康成氏の「雪国」の駒子サンのことです。その彼女の言葉づかいについての鋭い考察には、そういえばそうだよな~と思うことしきり。

 相も変わらず、軽快かつユーモアあふれる語り口に隠された恐るべき毒舌! かの東京都知事サンのこともばっさばっさと斬り捨てて、いいんだろうか……。
 さらに輪をかけて珍妙で愉快なのが、池上彰氏の解説。著者の毒気にあてられたかのように繰り出す毒舌オンパレード! これだけでも一読の価値はあるかと思うのですが。

 久しぶりの評論・エッセイでしたが、楽しめました。斎藤美奈子女史、読売新聞の夕刊で「名作うしろ読み」というコラムを書いているんだけど、これも相当面白い。東西の名作を最終ページから書評していくのだけど、なかなか巧い切り口です。こっちも早く文庫化してくれないかな~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : エッセイ * Genre : 小説・文学 * Category : 斎藤美奈子
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

NoTitle * by レイア
これおもしろそうですね。
批判精神旺盛な人、けっこう好きです。
この本読んでみたいと思いました。

Re: NoTitle * by 惺
> レイア様e-339

面白いですよ~! 批判もバッチリあるんですが、読後感悪くない。カラッとした批判なり、批評なりなんで、読んでいて痛快です。
文庫で、お値段もそんなにお高くないので興味がおありでしたら是非どうぞ☆
コメントありがとうございましたe-420

個別記事の管理2010-02-01 (Mon)

「誤読日記」というタイトルにものすごく惹かれて購入。その前に、斎藤美奈子女史のファンでもあったのだけど。
 ワクワクしながら1ページ目を読むと。
 楽しい誤読生活のおくり方
 と題してさまざまな読み方が書いてある。
 ☆見取り読み ・ ☆脱線読み ・ ☆見立て読み ・ ☆やつし読み ・ ☆鳥の目読み ・ ☆虫の目読み
 ☆探偵読み ・ ☆クロスオーバー読み ・ ☆ひらめき読み ・ ☆カウント読み
 ときて、「本書は、以上のような方法をときに駆使し、内容のいかんによらず無理やり170冊あまりの新刊書を読んだ記録です」 ~略~ 「誤読術さえ身につければ、どんな本も無駄にはなりません。誤読は森林資源を有効に活用する、地球にやさしい本の読み方でもあるのです」 ~本文より抜粋。
 と、きました。う~ん、わかったような、そうでないような。
誤読日記 (文春文庫)誤読日記 (文春文庫)
(2009/09/04)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

 ?と思いつつ、いざ読み始めてみると、もう爆笑の渦! とばしまくりです、美奈子女史。
 2000年から2004年あたりに出版された新刊書なので、取り上げられている書籍も、今からみるとかなり懐かしいモノばかりですが、「あ~あ、あったあった、読んだ読んだ、この本!」としばし気分はその当時にトリップできます。

 ブッ飛んだ愉快発言のウラに隠された、ピリリときかせた皮肉や苦言。450ページをあっという間に読ませてくれます。

 ~ 自分と美奈子女史最初の出逢い。それはこの一冊から始まったのでした。 ~
モダンガール論 (文春文庫)モダンガール論 (文春文庫)
(2003/12)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る


 装丁に惹かれて購入。単純なんだな、自分。でも外さなかった! おカタイ評論かと思いきや、ぜ~んぜんッ♪
 明治時代から平成までの女性の生き方を詳細に調査、分類し、今後の女性の生き方までをも軽く示唆していらっしゃる。ともすれば堅苦しい内容を、弾けまくった文体で一気に読ませてしまう、物凄い手腕に脱帽!

 おもしろくてタメになる。まさにこの言葉がぴったりの、斎藤美奈子女史の著作。是非どうぞ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

Theme : オススメの本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 斎藤美奈子
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。