04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-11-03 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
(2012/09/01)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

 ものすごーく久しぶりの伊坂幸太郎。前は「ラッシュライフ」読んだんだっけ? 素敵なジャケ画にも惹かれて読了。以下BOOKデータベースより内容。

復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。
どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。
鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。
それぞれの思惑のもとに――「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。
疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説!


 面白かった!特にラストのどんでん返しが!久々にやられたな!というカンジで。面白くて一気読み。
 登場人物が「鈴木」「鯨」「蝉」の三人なんだけど、一般人は鈴木だけ。後の鯨と蝉はいわゆる殺し屋。鯨はターゲットを心理的に自殺へ誘い込む一風変わった殺し屋。蝉はナイフ使い。この三人の一人称語りでストーリーは展開してゆくのだけれど、それがまた飽きなくて良かったかも。

 一種のノワール小説だと思うのだけど、出てくる出てくる昆虫やら動物やらが。←あ、実物というわけではなく、メタファーというか擬人化で。
 解説にもあったとおり、この鈴木というキャラが読者との共感覚を抱けて自分的にはストーリーにすんなり入っていけた。これが蝉や鯨ばっかりのキャラだとなんだか嘘っぽくて白けたな、きっと。で、亡き妻の想い出が時に彼の強力な武器となって命の危険を救ったりね。

 特に印象的なキャラが「押し屋」である槿。ラストまで謎めいた存在で、彼を取り巻く謎の組織(笑)にも完全に騙された!
 終盤の、敵対する組織に正体がバレそうになった時の、あの住所のトリックとか! チラついていた伏線が見事に回収されて思わず笑っちゃったし。その押し屋の一枚も二枚も上手の攻防にホント胸がすく思いでした、ハイ。

 殺人描写もかなり克明で苦手な人はちょっと辛いかもしれないけれど、本格的サスペンス&バイオレンスが楽しめる。「蜂」にひっかけた意外な人物による大物毒殺にも、はー、なるほど、やられた!と目からウロコ。
 テーマがテーマだけに殺伐とした作風は否めないのだけど、ラストは明るく希望の持てるもので満足。
 最初はなんの関連性も無いと思われていたキャラ達が、終盤になるにつれて一気に関連性を増して収斂されていく手腕はさすが。散りばめられた伏線も見事に回収されて、うーんさすが。面白かったです。
 

blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 伊坂幸太郎
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

この作品大好きです * by keita
初めまして けいた と申します
おもしろいですよねー
殺し屋たちが個性的で
【マリアビートル】は読みましたか?
こちらも殺し屋たちの共演
【グラスホッパー】の登場人物もちょこっと出演

またおじゃまさせていただきまーす


Re: keita様☆ * by 惺
はじめまして、こんばんは!
ホントこの作品は面白かったです!
読み始めたら止まらず…(笑)
「マリアビートル」ですか!
この作品に味をしめて、伊坂作品何かないかなー?
と思っていたところだったので、おススメ感謝です。
チェックさせていただきますね。
ご訪問とコメントありがとうございました。


個別記事の管理2010-04-01 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

ラッシュライフ (新潮文庫)ラッシュライフ (新潮文庫)
(2005/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


 時間があったので一気に読了。
 いわゆる群像劇というのだそうだ。はっきり言ってものすごい感動や血湧き肉躍るといった高揚感は無い。が、淡々と進行する語り口に加え、完全無欠というべき緻密な構成に舌を巻く。
 それぞれ何の関係も無いような平行線をたどっていた5組のエピソードが、ミステリー要素をはらんで次第次第に絡み合い、一つの結末へと束ねられ収斂していく様は鮮やか。
 行間の奥深くに沈んでいた人間関係が、終盤になるにつれて意外な繋がりをもって浮かび上がってくるところにも思わずニヤリとしてしまう。

 そして憎いなァと思ったのはラスト。拝金主義者の戸田とリストラされ無職の豊田との場面。
「金で買えないものはない」と言い放つ戸田が、金おろか職さえリストラで失い、さらに生きる意味さえも失いかけていた豊田に見事に打ち負かされる。この対比に作者の巧さを感じた。
 社会の底辺で生きているこの豊田といい、姑息な泥棒であるはずの黒澤、真面目一辺倒で戸田に潰された佐々岡等々、これらのキャラクターが妙にすがすがしく、魅力的。
「ラッシュライフ」 ──豊潤な人生の意味を改めて考えさせられてしまう。陳腐な言葉だが金や地位や名誉では決してないのだ。
 あ、そうそう、忘れちゃならない重要なキャラ。豊田と行動をともにし、彼の心のよりどころである薄汚い老犬。この犬にこそ影の主役という称号を与えてあげたい。

 心揺さぶる感動的な名作というよりも、徹底的に練られたプロット技術による名作といったところでしょうか。
 うん、かなり影響されて自分も何だか今回は語り口が堅いような気がする。



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン 
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 伊坂幸太郎
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

過去記事に失礼します。 * by 読書系女子
伊坂幸太郎さんの本はいろいろ読んでみたいです。
このかた、かなりの書き手ですよね。

>完全無欠というべき緻密な構成に舌を巻く

となると、すごく読みたくなります。

Re: 過去記事に失礼します。 * by 惺
> 読書系女子様v-353
読んだのかなり昔なので記憶曖昧ですが、ものすごく巧いな~という印象。
道尾秀介とはまた一味違った面白さ!
他の本も読んでみたいけど、まだまだ先になりそうe-263
コメントありがとうございます☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。