01≪ 2017/03 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-04-22 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

 リンクさせていただいている「読みました」キヨハラ様のブログで知った作品です。警察小説?なんて読むの超~久しぶりでしたが、超~オモシロかったです。とっても読みやすくて、たて続き一気に2冊読了。以下ウィキよりあらすじ。
隠蔽捜査 (新潮文庫)隠蔽捜査 (新潮文庫)
(2008/01/29)
今野 敏

商品詳細を見る

竜崎伸也は独特の信念とキャリア独特の矜持を持つ警察庁のキャリア官僚。ある時、暴力団員の殺人事件が発生。10年前の少年犯罪が関わっていたことを知った竜崎はその対応の遅さに怒り、同じくキャリア官僚で小学校からの同級生である伊丹俊太郎や刑事局に詰め寄るが、暴力団の抗争が原因だからそんなに慌てる事はないと聞く耳を持たない。しかし次々と起こる殺人事件に方針を変更、捜査のやり直しの過程で警察官が殺人に関わっているのではないかという疑念を抱く。そんな中、息子の邦彦が薬物を使用していることを知って…。 
果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)
(2010/01/28)
今野 敏

商品詳細を見る

大森署に署長として飛ばされた竜崎。そこでも独自の持論を展開していた。それらを見ていた大森署の刑事や副署長たちは、少々戸惑いを覚えながらも竜崎とうまくやっていた。そんな折、開店前の小料理屋で拳銃立てこもり事件が発生。事件は捜査本部でSITとSATの扱いで混乱する状況が続いたが、最終的にSATへの発砲許可という竜崎の命令により、人質の確保・犯人の射殺で解決する。しかし犯人が所持していた拳銃に実弾が込められていなかったことを知り、無抵抗の犯人を射殺したのではないかと困惑する。

 ああ……もう最初はこの竜崎のあまりにも徹底した東大崇拝思考・エリート第一主義に辟易。この小説半分はジョークなのかな~と思ったほど。これじゃあ息子も横道逸れるわな~としみじみ同情。しかし、終盤にかけて俄然面白くなるのがこの作者の凄さ! だと思いました、ハイ。

 不祥事を隠蔽しようと躍起になる警察組織に鉄の意志をもって対抗しようとする竜崎。もうその凄まじいまでの完璧な官僚意識・原理原則主義、別名「変人」とも「朴念仁」とも呼ばれるその頑なな信念が炸裂! いつのまにか辟易していたことも忘れて、竜崎に激しく感情移入してました。ここまで自分の意志を貫き通せたら痛快だろうなァと羨ましく思ってしまう。けど水戸黄門よろしく伊丹を印籠代わりに使ってしまうところは、ちと反則じゃん? と思っちゃいましたが。

 そんな彼も家庭においては奥さんの掌の上で転がされている、しがない旦那様。そんなギャップにまた親近感が湧くし、2作目「果断」で、息子のDVD(おそらくナウシカ)観て、感動しちゃって勇気を奮い立たせてしまうという、かなり単純な竜崎の頭を思わず撫でたくなっちゃうし! もう憎めないヤツ!

 従来の警察VS犯人というありきたりの展開ではなく、警察内部しかも竜崎VS組織内対抗勢力という構図が新鮮でした。数々の文学賞を取ったことにも納得。
 ドラマ化もされてたのね。竜崎→陣内孝則・伊丹→柳葉敏郎……う~ん、ちとイメージ違うかなァ。

 キヨハラ様、ありがとうございました! いろいろな方のブログで様々な作品を知ることが出来て嬉しいです!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 今野 敏
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

そうそう! * by キヨハラ
すでに薄れつつある記憶が蘇りました。私も最初は、竜崎にむむむと思いながら読みました。途中で主要人物が輝きだす。割合最近の今野敏の小説は、このパターンが多いんです。
ドラマ化されていたとは、知りませんでした。
>龍崎→陣内孝則・伊丹→柳葉敏郎……う~ん、ちとイメージ違うかなァ。
ええ、ちょっと違いますねぇ。陣内じゃ、冷静で頭脳明晰な印象がでない。ギバじゃ、伊丹の油っこさがない。強いて言えば、むしろ逆では。

Re: そうかァ~! * by 惺
>キヨハラ様

確かに逆ならしっくり来るかも!
とにかく全編に渡って面白かった~。特にあの東大へのこだわり! ココ笑うトコかな~と思ってしまったし。何だか怪しい魅力満載の今野氏の作品もっと読んでみたくなりました。

ところで……自分の記事読みなおして、誤字の多さにギョッとしました。多分他にもあると思うんで、気付いても笑ってスルーしてくださいね。
コメントありがとうございました! また今野記事読みに行きま~す。 

警察小説 * by -
こんにちは。こはるです。

ハードボイルドな小説が好きなので、警察小説やギャング系小説は大好物です。

テンポの良いストーリーだと、一気読みできますよね。

久しぶりにアドレナリン噴出させたくなりました。



Re: ようこそお越しくださいました☆ * by 惺
> こはる様

自分はあまり読まないジャンルだったんですが、結構ハマりそうです。
何かオススメがありましたら是非教えてください!
自分も思い切りアドレナリン噴出してみたいです。

* by キヨハラ
今野敏のレビューってほとんど描いていないんですよ。
去年の暮れから今年の正月にかけて二、三十冊読んでます。似たような題が多くて読んだかどうか忘れちゃうのが、ブログをつけることにより、レビューを書いておくことにしたきっかけなんですが、ブログを初めてすぐに今野敏依存を脱却できたみたいで。そのうち、今野敏の中でもよかったやつのレビューを書きますね。でも私としては、惺さんがお読みになった2冊がたぶんベストです。(忘れっぽいので自分のことながら自信がありません。ごめんなさいね)
いいわけがましいですが、ご勘弁願います。

Re: いらっしゃいませ☆ * by 惺
>キヨハラ様

イエイエご勘弁なんて滅相も無いです。が、自分はこの壊滅的な視力で確かに見ました。「今野敏 警察小説以外」というカテを。フフフ……とても興味津々なので、ソレを近々覗きに行かせていただきます!

いつもありがとうございます。そしてコメントもありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。