04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-05-03 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

 幼少のころから何気好きだったんです。日本の伝奇小説としてあまりにも有名ですよね。以下ウィキより簡単な概略。

『南総里見八犬伝』は、室町時代後期を舞台に、安房国里見家の姫・伏姫と神犬八房の因縁によって結ばれた八人の若者(八犬士)を主人公とする長編伝奇小説である。共通して「犬」の字を含む名字を持つ八犬士は、それぞれに仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の文字のある数珠の玉(仁義八行の玉)を持ち、牡丹の形の痣を身体のどこかに持っている。関八州の各地で生まれた彼らは、それぞれに辛酸を嘗めながら、因縁に導かれて互いを知り、里見家の下に結集する。

 大抵の人はご存じであろう日本古典の名作。8個の玉と姓に犬の字がつく主人公達。神秘的で幻想的で、全国に散らばっている未だ見ぬ仲間捜し系のストーリー(なんのこっちゃ)の基本となっている作品。様々なメディアになってます。最も有名なのがNHKでの人形劇でしょうか。← 自分観てないのですが。
       100503_1346~01 古典文学全集 (23)
 自分にとって「八犬伝」との最初の出逢いはこの本。ポプラ社刊の正当派児童文学全集のうちの1冊。子供向けだからといって手ェ抜いてません。初っ端の伏姫・八房の件から里見家再興までをきちんと描いてます。幼少のみぎり、擦り切れるほど読みました。今でも手元にあります。
       100503_1343~01 新編八犬伝 ― 山手樹一郎長編時代小説全集 12
 どっかの古本市でゲットした山手樹一郎の「新編 八犬伝」は、殆どオリジナルに忠実ですが少しアレンジがしてあって面白かった! 秀逸は犬坂毛野の復讐エピソード。犬田小文吾との夫婦漫才チックなやりとりが最高! ただ、終盤はかなり端折っている感が否めない。八犬士が全員集合のトコロで大団円となってます。

里見八犬伝 [DVD]里見八犬伝 [DVD]
(2008/10/24)
薬師丸ひろ子 真田広之

商品詳細を見る

 映画では何といってもあの角川映画の「里見八犬伝」が良かった~。薬師丸ひろ子と真田広之のゴールデンコンビ。 ただ、内容的にはかなりアレンジ。伏姫の姪の静姫とかいうキャラと犬江親兵衛メインに展開。贔屓キャラ毛野クンは、なんと京本政樹でした。ものすごくマッチしてたゾ!

里見八犬伝 DVD-BOX里見八犬伝 DVD-BOX
(2006/03/24)
滝沢秀明 佐藤隆太

商品詳細を見る

 んで、最近ではTBSでやってた「里見八犬伝」。これもわりとオリジナルに忠実で、きちんと里見家再興までを描いていたような。キャストも豪華でとってもマッチしてたような気がする。タッキー犬塚と綾瀬はるか浜路が初々しくてナイス! 毛野クンは山田優でした~。
       100503_1508~01 八犬伝の世界―伝奇ロマンの復権 (1980年) (中公新書)
 最後に真面目な解説本を。
 実は卒論でこの作品を取り上げたときにとっても役だったモノ。「八犬伝」の基本構想の根幹となった「水滸伝」との比較検証もなされていて、とっても興味深く読める。
 他にも山田風太郎も忍法帖の一つにしているし(忍法八犬伝→内容的にはイマイチ)、滝沢馬琴の生涯とも絡めた作品も残している(八犬伝→コレもイマイチ)。

 ヅカ(宝塚)でも演ったらしいし、歌舞伎でも有名。その他アニメ・ゲーム・コミックにもなっている稀代の作品。ただ、このどエライ作品誕生の陰には、馬琴の息子の嫁であるお路という女性の存在を忘れちゃいけません。大作曲家ベートーベンが聴力を失ったのと同様、馬琴は晩年視力を失い、代わりに彼女が口述筆記をかってでます。そのおかげで後世にまで名を残す名作は誕生したというわけです。

 ああ……また長ったらしくてスミマセン。ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

☆尚、ここに挙げた書籍類はすべて昔のモノなので、今はもっと読みやすく新しいモノが出ておりますゆえ、そちらの方を是非。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン

「深く潜れ〜八犬伝2001〜」も面白かった。鈴木あみがいい味出してた!
あの千原兄弟がひきこもり系の役やってた~今思うと貴重なドラマだ!
廃墟と化した軍艦島がものすごく印象的だった。

Return

スポンサーサイト
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 南総里見八犬伝
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

No title * by Friday
懐かしい!!
私も持ってましたよポプラ社のその本.子供ながらドキドキしながら読んだ気がします.また読みたくなりました.
あと,薬師丸ひろ子の映画も覚えてます.結構おどろおどろしかった様な気が...

Re: 何しろ古いブツなので……。 * by 惺
> Friday様

ホントですか? 今じゃ図書館でしかお目にかかれないブツなのですが。
何たって読みやすくてありがたいです。

映画の方はうろ覚えなんですが、仰る通り結構グロテスク場面があったような。
当時真田広之ファンだったので、彼以外あんまり眼中に無かったe-263
今でもこの映画好きだ~って人いるみたいですョ。

コメントありがとうございました☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。