01≪ 2017/03 ≫02
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-11-16 (Tue)

ご訪問ありがとうこざいます☆

往復書簡往復書簡
(2010/09/21)
湊 かなえ

商品詳細を見る

 湊かなえの新作。
 評判がなかなか良いそうなので、少し期待していました。前に読んだ「Nのために」が自分的にイマイチだったので……。
 で、どうだったかというと、かなり面白かったです。が、この作者サン、「告白」という作品があまりにもモンスターすぎて、個人的にどうしてもソレと比較してしまったのですが、遜色ないかな?
 若干毒が薄目になっているでしょうか。珍しくハートフル? 心温まるラストの作品もありました。
 書簡体という手法を取っていますが、基本的な構造は従来の作風とあまり変化がないと思います。前置き長くなりましたが、BOOKデータベースよりあらすじです。

あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋は、行方不明だという。そこには五年前の「事故」が影を落としていた。真実を知りたい悦子は、式の後日、事故現場にいたというあずみと静香に手紙を送る―(「十年後の卒業文集」)。書簡形式の連作ミステリ。

十年後の卒業文集
二十年後の宿題
十五年後の補習 の3作収録。

十年後の卒業文集  友人から友人への書簡
 高校時代のとある事件をきっかけとして行方不明となってしまった友人をめぐる、さまざまな疑惑。部活仲間たちの絡み合う人間関係等々、事件の真相を探る手段として書簡を使用。そこそこ面白いのですが、内容としてはちょっと肩すかし食らった感じが。まず、登場する4人の人物が皆同じような語り口なので、最初誰が誰なのか理解するのに手間取ったのと、結婚式に代理で出席するというトリック? にはちょっとムリがあったかなと。
ただ、ラストの意外な結末には、やられたなッと思いましたね。

二十年後の宿題  元担任教師から教え子への書簡
 このハナシが個人的には一番気に入ってます。
 病気療養中の元教師・竹沢が、教え子である現役教師・大場にとある願いを託す。在職中に気になっていた6人の教え子のその後を調べてくれと。
 元教師が依頼主、現役教師が探偵役、というシチュエーションで読んでました。
 とある事件に巻き込まれた6人の子供たちを、退職後も気遣う竹沢。事件が子供達に悪影響を及ぼしていないだろうかと心配する彼女の心情を理解して快諾する大場。6人の様々な人生を知るにつれ、自分の漠然とした人生観を変えてゆく大場。そして、次第にはっきりとしてくる事件の真相。
 竹沢が意外にも恋のキューピットだと知れるラストに思わずほっこり。

十五年後の補習  恋人から恋人への書簡
 悲しい恋人同士の話。国際ボランティア隊として発展途上の国にいる彼と日本にいる彼女との遠距離恋愛……的な大甘な文面から始まります。が、その後の展開は予想外のモノ。2人のやりとりに、過去に何らかの事件・確執があったことを匂わせながら、国際ボランティア(海外青年協力隊?)の内容や、DVを盛り込んでいるのも巧く、最終的にとある殺人事件の真相に至るという展開も巧すぎです。
 
 書簡形式という小説構成は成功していたと思います。今の時代なんだからメールや携帯ですませばいいじゃん! というムリな設定・違和感は感じなかったので。
「二十年後の宿題」のように、この作者サンはわりとハートフルな作品書いても面白いのでは? 従来と少し違った作風を見た思いがしました。
 ただ、すべての作品に共通しているのは、学校、もしくは学生時代に起こった事件・悲劇。
 さすがに3作品も続くとね……シチュエーションに多様性があれば、もっと楽しめたかもしれないです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 湊かなえ
* Comment : (2) * Trackback : (5) |

早速読了ですね~^^ * by チルネコ
湊さんは告白の評判のよさは聞いてましたが、本書も同じくらい
きてるようですね!書簡小説というと登美彦氏や武者小路実篤
なんかを思い出しますが、今では書簡というだけで懐かしい
気配が漂うので時代って不思議ですね^^。
シチュエーションはやっぱ問題があるようですが面白そうです(笑)

Re: チルネコ様☆ * by 惺
>「告白」は完成しすぎた作品だったので、それに比べると他の作品は皆物足りなく思えてしまうのが、もったいないトコロだと思います。
でもこの作品は楽しめました!!
学校が舞台という設定が多いのは、作者サンが元・教師だったせいもあるのかな?
読んで損はない? と思います。でもあくまでも個人のお好みなのでね~。
書評かけたし、なんか宿題が終わった気分ですe-263
コメントありがとうございました☆

個別記事の管理2010-06-19 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


 映画の評判もなかなかよろしいそうで、何かと話題なこの作品。観に行った友人によると「怖かったけど、面白かった~」とのことです。どうしようかな、観に行こうかな?
 話題作だということで、以前に衝動買いしてしまいました。買って良かった~、損は無いわ~とほっとした1冊。

 作者サンお得意の数人による別視点からの展開方式。「Nのために」ではこの展開、あんまり効果的ではなかったけど、この作品では文句のつけようがないくらい巧く活かされてると思う。
 それぞれの人物の告白の中に表面では浮かび上がらなかった僅かな真実が暴かれていって、それによって人間の怖さ・愚かさを思い知らされる。
 何より恐ろしいのは本作の最初の告白者、森口 悠子。愛娘を殺された彼女の復讐の執念が執拗に、それでいて目に見えない蜘蛛の糸のように固く張り巡らされていて、正直コワい。私怨をはらすためには相手がたとえ子供であっても容赦しない。娘に対する愛情の深さゆえと言えばそれまでだか、現実問題として許されるべきではない。

 対する渡辺修哉も森口に匹敵するほどの敵役だと思った。彼の犯した罪はすべて自分を捨てた母親への飢えた愛情ゆえのこと。まあ、だからといって、許されるものではないけれど。その執念ともいえる思慕の念もある意味恐ろしいし、哀れでもあるなあと。

 読了した直後の素直な感想としては、どっちもどっち、完全なる互角の、母の愛VS母への愛。
 と読み解きましたが。どうなんだろ?

 映画もR15指定だそうで。かなり衝撃的な作品になっているのでしょうかね~。興味あるけど、何だか観るのコワイな~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 湊かなえ
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

コワおもしろい * by 読書系女子
こういう作品が話題になるぐらい、現代社会は複雑になているってことかなぁ。
修哉クンのお母さんが特別優秀な人だった、ってのが不幸の始まりだろうか?とか思ったり・・・
女性の人生についてまわる育児というものについて考えさせられました。

Re: コワおもしろい * by 惺
> 読書系女子様e-339

確かに……。
現代社会に対するたくさんの毒と風刺が込められた作品だなあと思いつつ、当たり前のことだけど、子供とは真摯な態度で臨まなきゃならん、と自分を戒めました。

「女性の人生についてまわる育児というものについて考えさせられました。」
   → 同感です。この作品の本質を衝いていると思います。

怖いけど、読み始めたら止まらない作品だった。映画も観たいけどどうしようかな。
コメントありがとうございました!







NoTitle * by 伊織
私もコレ、発売日を待って購入して読みました!
本屋大賞やるじゃん!
ありそうでなかったこの展開。激しく興奮しながら読み進めたんですが、やっぱり1章のインパクトが一番でした。
すべては親と子の愛情の相互間から来た動機というのが切なくもありますが、私には双方ともにエゴの塊に思えました。

・・・じゃあ自分が実際に2人の立場に立ってしまえば、そうもいっていられないのかも知れませんが。
なにはともあれ、この作品をデビュー時に書かれたことがすごいと思う次第です。

Re: こんにちは☆ * by 惺
>伊織様 e-339

私には双方ともにエゴの塊に思えました。
   ← ホントですね~。壮絶なバトルだな、と。

インパクトある作品ですよね~。自分もにわか図書館となって何人かの友人に貸していたモノがやっと返ってきて、再読と言う次第。人気あるんだよね…この本。
とにかくオモシロイ! この一言に尽きました! 買って損は無かったな。
あ、伊織サン、「暗黒童話」読みましたので、リンク貼らせていただきます。
いつもありがとうございます。感謝してま~す☆

個別記事の管理2010-06-06 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

NのためにNのために
(2010/01/27)
湊 かなえ

商品詳細を見る

 「告白」が期待に違わぬ面白さだったので、必然的にこちらもかなりな期待値大。読了後の感想は……やはり偉大なデビュー作には敵わない! でした。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

「N」と出会う時、悲劇は起こる―。大学一年生の秋、杉下希美は運命的な出会いをする。台風による床上浸水がきっかけで、同じアパートの安藤望・西崎真人と親しくなったのだ。努力家の安藤と、小説家志望の西崎。それぞれにトラウマと屈折があり、夢を抱く三人は、やがてある計画に手を染めた。すべては「N」のために―。タワーマンションで起きた悲劇的な殺人事件。そして、その真実をモノローグ形式で抒情的に解き明かす、著者渾身の連作長編。

 まずはじめに事件ありき。で、その後は複数の事件関係者視点での回想形式展開。
 登場人物が警察から事情を聞かれる第一章はあくまで表面的なモノ。続く第二章から各人それぞれの真の証言が始まってゆく。

 正直なところ、なんか……すっきりしなかった。まず、主人公って誰だったんだろう? 杉下希美? 西崎真人? 作品の軸になる人物がぼやけていてイマイチ分かりづらかった。
 それと、あまりにも唐突すぎな設定が多くて、えッそうだったの? という展開が何度かあって。例えば希美が突然余命半年とか……病気だった描写ってあったっけ?とあわてて前ページ確認したりとか。それと、安藤望も最初は女性かと思ってた。彼が終盤野口の自宅ドアにチェーンをかけるところなんか、あまりにも不自然でとってつけたカンジがして……う~ん、ちょっとご都合主義かなって思ってしまう。
 ただ、西崎の幼少時の虐待のトラウマは良く描かれていて、この人物だけ内面に深みがあったような気がする。

 登場人物皆「N」の頭文字を持つ。けれどそのことにそれほど深い意味を持たせる必要がどこにあったのか謎。
 それぞれがそれぞれの「N」のためについたウソと思惑が複雑に絡み合って起こった悲劇、という印象受けました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
Theme : 最近読んだ本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 湊かなえ
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

NoTitle * by 藍色
お互いがそれぞれに何かを犠牲にするのに、結局幸せになれない。切ないです。
トラックバックさせていただきました。

Re: 藍色 様☆ * by 惺
こんばんは~☆
「Nのために」……タイトルがとっても意味深ですよね。
TBありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。