03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-08-12 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

ちょんまげぷりん 2 (小学館文庫)ちょんまげぷりん 2 (小学館文庫)
(2010/08/05)
荒木 源

商品詳細を見る

 前作が自分的にとっても楽しめたので、期待値大で読了。
 新聞等でおおまかな展開は知ってたのですが、思っていたより盛りだくさんの仕掛けと内容で、予想以上に楽しめました。以下文庫背表紙よりあらすじ。

木島安兵衛が江戸に帰って8年が過ぎ、遊佐友也は14歳になっていた。
コンビニエンス・ストアで万引きをした後、家に帰らず逃げ続けていた友也だったが、深夜、巨大な水たまり状の穴の中に吸い込まれ、180年前の江戸時代にタイム・スリップしてしまう。
ちょうど、この世界では、安兵衛が菓子屋を営んでいるはず──。そう思って、安兵衛を探し続ける友也だったが、菓子屋「時飛庵」はつぶれており、安兵衛もなぜか消息を絶っていた。
失意の底にいる友也だったが、追い打ちをかけるように周囲の人たちから、くせ者として追われる身となるが──。


 一言で言ってしまうと、友也の成長譚。
 前作では安兵衛が現代にタイムトラベルしてきましたが、今度は14歳に成長した友也が江戸時代に跳んで行ってしまいます。ちょっとここらへんはお約束かな~とも思ったけれど、この先からが予想外の展開でした。

 なんたって驚きなのが、友也がいきなり(ちゃんと順序はあるんですが)歌舞伎役者となってしまうこと。ええ~? それはいくらなんでもあんまり……と思ったのもつかの間、今度は牢屋敷へと放り込まれる。そしてそこであの安兵衛と再会……となるんですが、一息つく間もなくこんどは琉球へと流罪!
 ……と、まあこんなふうに、友也に次から次へと降りかかる災難の嵐。ここまでくると、作りすぎじゃん? と思ってしまうのですが、この作品は後半以降から俄然読ませてくれました。

 現代で少しグレかかっていた友也が様々な試練と困難を乗り越え、最終的には死罪になるやもしれない安兵衛の救出を図るために動き出す。自分のココロの変化を自覚しつつ、皆の力を借りながら一歩、また一歩と前進してゆく姿に感動。
 そして将軍様の前での最大の試練。それを安兵衛と共に乗り越えた後の友也のココロの変化が清々しい。

 今作はお楽しみがいくつかあります! 例えば友也の初恋とか、彼が出会った歴史上の人物が一体誰なのかを楽しむのもオツ。
 エピローグともいうべき、友也の感慨を述べているラスト数ページにグッときました。
 ちょっと出来すぎ? と思う所もあるけれど、個人的には好きな作品です。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 荒木 源
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-06-12 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

 テンプレが突然崩れてやむなく変更することに……ショック
 きっと何か原因があるんだろうけど、自分には皆目分からず。ヘコんでます。
 と、まあ、そんなことはどうでもいいんですが、今日書店に行って思わず購入してしまったのが、この本。

ちょんまげぷりん (小学館文庫)ちょんまげぷりん (小学館文庫)
(2010/02/05)
荒木 源

商品詳細を見る

 ああ~もう!! 久しぶりにお目にかかった上条淳士の、ちょっととぼけたイラストに目が釘付けになりました! 懐かしきあのTO-Yが脳内を駆け巡る! 以下BOOKデータベースよりあらすじ。

シングルマザーの遊佐ひろ子は、お侍の格好をした謎の男と遭遇する。男は一八〇年前の江戸時代からやってきたお侍で、木島安兵衛と名乗った。半信半疑のうちにも情が移り、ひろ子は安兵衛を家に置くことに。安兵衛も恩義を感じて、家事の手伝いなどを申し出る。その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。仕事で疲れて家に帰ってくるひろ子にとって、それは理想の「主夫」であることに気づく―。

 偶然にも「夏への扉」と同じタイムトラベルものでした。でもSFではないです。テイストはまるで違って夫婦小説? 家庭小説? うっすらコメディチックなんだけど、テーマは現代の夫婦のあり方というんでしょうか? 
 語彙が無いので、うまく説明できないけれど、全く予想外の面白さにビックリでした。

 ひょんなことから現代にタイムトラベルしてしまった安兵衛。行くあても無く疲労困憊の彼を助けるのが、離婚し一人息子の友也を育てるシングルマザーのひろ子。
 生活は毎日いっぱいいっぱいで余裕などあるわけがない。そこに救世主のように現れた安兵衛。180年前の江戸時代から来た彼は助けてくれたひろ子に恩義を感じて家事・子育て一切を引き受けることに。
 男尊女卑が染みついている江戸時代の武士が、家事を仕切るというところが面白い。生真面目な安兵衛はあれよあれよという間に家事一切を完璧にマスター。息子の友也までが彼になつき、ひろ子も心に余裕が出来て仕事も順調に。そしていつしか、彼女の裡で安兵衛の存在が大きなものとなってゆく。

 ホントなんて理想的な夫婦像なんだろ~。加えて夫婦(じゃないけど)役割逆転劇の面白さ。もちろん現実にはこんなに上手くはいかないだろうけど、女でありながら大黒柱にならざるを得ないひろ子の悩みがわりとリアルに描かれていて、少し感情移入してしまう。そして、完璧家事をマスターした安兵衛がハマッてしまうのが、スイーツ作りというのも意外!
 クライマックスの予想外の展開が一気に読ませる。様々な事件やエピソードが挿入されていて、作者サマとっても巧いな~と感心しきり。
 ラストは、ちょっと都合良すぎるかな? と思うけれど、ほっこりじんわりでなかなか洒落たオチでした。

 映画化はどうなるんだろ? 安兵衛は錦戸亮かァ~。う~ん、どうなのかな? 小説読んだ限りではものすごく期待してしまうんですが。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 荒木 源
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

こんにちは * by 伊織
前のテンプレも大人っぽい感じで好きでしたけど、これもまたキレイ目な感じで素敵です☆


「ちょんまげプリン」!!
これ、一昨日に本屋さんで見かけ、ジャニの錦戸君主演で映画化もされるそうで、気になっていたんですよね~。でも最近、やたらと小説がドラマ化だったり、映画化されすぎているように感じてしまって、原作も手を出さなくなりつつえる今日この頃…。

でも、レビューを読ませていただいた限りは面白そう!!
読んでみようかな~と迷い出しちゃいました(笑)

Re: いらっしゃいませ! * by 惺
>伊織様e-339

これ隠れた名作?でした。自分はただ、表紙に惹かれて買ってしまったので……昔好きだったマンガ家さんだったのです(*^_^*)

面白くてすぐに読めちゃうし、でもちょっと(かなり)考えさせられるトコロもあって、1粒で2度美味しい作品でした~。
錦戸クンはちょっとイメージじゃないけど(イケメンすぎ)、このハナシ自体は映像化向きかも。
おヒマで気が向いた時に読むのがいいと思います!
いつも楽しいコメントありがと~☆

おじゃまします * by まいまい
かなり前の記事にコメントして申し訳ありません。
「ちょんまげプリン」をやっと読んだら、
自分の抱いていたイメージとけっこう違っていたので、惺様のレビューをもう一度。

おお、そうですよね。確かにSFではない、夫婦の話。役割逆転のおもしろさ。
設定一つでいろいろなおもしろさを手に入れることができるんですね。

しかし、忙しく働いていると女でも奥さんがほしい。
家の中にいると働けることがうらやましい。
いろいろ考えさせられました。

「ちょんまげぷりん2」が隣に並んでいて・・。
商魂たくましいな。おもしろいのだろうか?

Re: いらっしゃいまし~☆ * by 惺
> まいまい様e-420

過去記事にコメント大歓迎です! 嬉しいです!
「ちょんまげぷりん」読まれましたか~。意外な面白さでちょっとトクした気分になりました、自分的には。
さらっと読めるけど、少し考えさせられるような……そんな感想持ちました。

「2」は、新聞での読みかじりですが、今度はムスコが過去に飛んでいくみたいですよ。
ちょっと興味があるので買っちゃおうかな~と思ってます☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。