04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-06-25 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

テンペスト  上 若夏の巻テンペスト 上 若夏の巻
(2008/08/28)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 下 花風の巻テンペスト 下 花風の巻
(2008/08/28)
池上 永一

商品詳細を見る

 タイトルはシェイクスピアの作品にちなんでいるとか。以前、職場の先輩に「面白いよ~」言われて借りたモノ。以下ウィキよりあらすじ。

誰よりも聡明な少女・真鶴は、女であるというだけで学問を修められないことを不公平に思っていた。跡継ぎと目されていた兄の失踪を機に、宦官・孫寧温と名乗り、性を偽って生きていくことを誓う。
科試に合格した寧温は、王府の役人として、降りかかる難題を次々と解決し、最速の出世を遂げていく。
そんな寧温を阻む、数々の敵。遂に謀反人として八重山に流刑にされた寧温は真鶴に戻り、九死に一生を得る。その類稀なる美貌と才覚を見初められ、自分の意思とは裏腹に王の側室として王宮へ返り咲くこととなる。
平穏な生活はペリーの来航により風雲急を告げる。外交に長けた人物として、八重山にいる(と思われている)孫寧温に王府へ戻るよう王命が下る。昼間は宦官の役人、夜は側室と、真鶴は一人二役をこなさなければならなくなってしまう。
薩摩と清国、2つの国の狭間で揺れる琉球に近代化の波が押し寄せる。

 上巻がなんてったって面白い! 天才的な頭脳を持つヒロイン真鶴が、自らの性を偽って王府に入り、持ち得る才能を駆使してあれよあれよという間に出世してゆくところが痛快! 次々と降りかかる難題・試練を理性と知性でクリアしていくところなんか、一種のゲーム感覚で楽しめる。そして、性別を偽っているというのもスリリングで、それゆえ恋に落ちた時のヒロインの葛藤もよくわかるし。作者サンなかなか巧いな~と思ってしまう。

 そして何といっても素晴らしいのが、琉球文化・風俗の描写。豪華絢爛な王府の描写は目が眩むようだし、作中に出てくる科試の難解さには舌を巻く。随所に挿入されている琉歌も気品高くて効果的!
 そして沖縄出身という作者サンの、今は亡き琉球王国への深い造詣と愛情が行間から余すところなく溢れていて、どっぷりと作品世界に浸ってしまう。

 上巻は男装篇と言えばいいのか。真鶴(寧温)が陰謀に堕ちて八重山に流刑となるまで。
 下巻はいわゆる女性篇。本来の性、真鶴となって再び王府に返り咲き王の側室となって琉球の終焉を迎えるまで。
 自分の好みとしては上巻がベスト。下巻はう~ん、やっぱご都合主義が気になるかな。真鶴の親友として登場するキャラ真美那が突き抜けすぎててイイ味出してます。
 上下巻合わせて登場人物は一体何人になるのやら? でも皆個性的で生き生きしていて書き分けが素晴らしいです。

 嵐の夜に生を享けた真鶴は数奇な運命を琉球と共にし、最後は愛する人と結ばれ、新しい時代を生きてゆくという清々しいラストに素直に感動。
 歴史に飲み込まれた琉球王国の壮大な一大叙事詩といったところでしょうか。

 ウィキによると、2011年に仲間由紀恵主演で舞台化されるそうだ。う~ん、彼女も沖縄出身だし、なかなかナイスなキャスティングかも。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : 図書館で借りた本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 池上永一
* Comment : (4) * Trackback : (1) |

NoTitle * by -
おもしろそうですね。
いつか文庫化したら読んでみたいです。
わたしは同じ作者さんの「シャングリ・ラ」を読んだ事がありますが、とてもおもしろかったですよ^^

Re: いらっしゃいませ☆ * by 惺
> はじめまして!

上下巻2段組みで各430ページづつ……とっても読むのに時間がかかりましたが、読み応え充分で、うん、面白かったです!
ホント文庫で読んだほうがおトクかもです。お値段的にも! 図書館で借りてもいいんですが、未だに人気なのでちょっと待たされるし……。
「シャングリ・ラ」もかなり話題になったそうですね。興味津々なので読んでみたいです☆
あ、それとせっかくなので、今度ぜひお名前を教えてくださ~い!
情報ありがとうございました。またお越しくださいね~☆

私もテンペスト! * by 伊織
こんにちは~!

私もテンペスト上下頑張って読みましたよ~(泣)
もう、読み終わるころにはヘトヘトでしたもん(-Ⅱ-;)
勢いで読ませられてしまうんですが、そえ故に余計引きずられて疲れてしまったという…

琉球文化を描いたお話って初めて読んだので、すごく興味深かったし、自分にも関わりある土地(行ったこともないんですが…)だったので、その華麗さにはウットリでしたけども★

自分、記事自体をUPするのを迷ってました(´∀`;A
今もちょっぴり迷っております・・・。

Re: 私もテンペスト! * by 惺
> 伊織様 e-398

おおおッ読みましたか! ものすごく時間かかるよね、この本。厚さがハンパない。上巻はスラスラ読めたけど、下巻は正直疲れました……。
でも、初ジャンル? だったんで面白く読めた!
伊織サンも記事UPしましょうよ~!
真っ先に読みに行きますよん☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。