09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-08-11 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

あの空は夏の中 (角川文庫)あの空は夏の中 (角川文庫)
(1988/09)
銀色 夏生

商品詳細を見る


 夏なので。タイトルに惹かれてついつい。自分の心の奥底に性懲りもなく潜む、乙女心のかけらがたまに疼くのか、無性にこいういうの読みたくなります。ただし、銀色夏生限定で。
 この作品もかなり初期のものだと。なんと54版発行とか! 読み継がれているのね。
 特に自分の駄文感想なぞ必要ないよねー。詩は感覚で読むものと思っているので、ひとつの詩を読んでも感じ方は人それぞれだし。銀色夏生サンは失恋とか、別れ間近の微妙な気持ちを詠った作品が自分的に非常にツボすぎる! この本も印象的でもの哀しくてそれでも瑞々しい恋の詩がたーくさん詰まってます。

午後のテーブル
 別れてしまった後で、「彼」の本当の気持ちに気付く彼女。たった8行の詩の中に凝縮されたちょっとの後悔。
愛のよろこび
3つの連作なのかな? 自分は2作目がとても印象に残った。ちょっと引用。 

自分以外のものを愛することは 結局、自分自身を知ることにほかならない  自分自身を知ってもなお 他者の不在を痛感するのなら その者こそが自分にとって必要な他者 自分の欠けた一部であろう

 なぜか 他人は自分を映す鏡 という言葉が浮かんだ。愛する人は自分と切っても切り離せない存在? 分身という意味? なんて考えたりして。
あなたに会うまでは
 これも心にずしんとくる詩だった。破局して少し大人になった少女の心情なのかな? 一部引用。

あなたに会うまでは 夕焼けは美しく 花々はかぐわしく 朝露は清らかで 微笑みはやさしいものだった
今は 夕暮れは悲しく やさしさは傲慢で 純潔は罪深いばかりだ あなたは私をこんなに大人にしてしまった

 あー辛い恋だったのねとしみじみ。こうやって少女はオトナの階段登っていくんだよ、ちくしょう!
恋の後ろ姿
 次第に心が離れてゆき、疎遠になりつつあるふたりの心。そうなんだよね、わかる…。
逃げて逃げて逃げて
 疾走感に満ちた珍しい詩。ふたりが必死に逃げるのはオトナの干渉から?

 などなど。もっとたくさん素敵でぐさりとくる詩があるんですけどね。
 あいかわらずモノトーンを基調とした写真も素晴らしいというか、詩にマッチしてあの独特の世界観を支えてます。モデルさんは誰なのかな? 毎回のことながら、切なくノスタルジー溢れる言葉の数々に感動モノ。暑くて長い文章なんか読めないよ~という時に良いかもね。透明感ある作品ばかりで堪能したなー。満足。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 銀色夏生
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-09-27 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

詩集 エイプリル (角川文庫)詩集 エイプリル (角川文庫)
(2008/06/25)
銀色 夏生

商品詳細を見る

 平成20年初版発行ということなので、比較的最近の作品ですね。でも内容はまんま初期作品のようで、自分的にものすごく好み! 以下BOOKデータベース&裏表紙より内容紹介。

「君が探していたものはなんだったんだろう 僕でないことだけは ようやくわかったけど」 男性視点のロマンティックで哲学的な恋愛詩集。
「僕らは 知っていると思い込んでいた 言葉の意味を 傷ついた過去からいつも学ぶ」 より深くより強く静けさが僕らを支配する、星に尋ねた抒情詩集。

 うーん、ものすごく好みでした。作者サンの最近作は殆ど読まないのです。自分はホント初期作品が大好きで。今作もそのテイストをがっつりと残してくれて嬉しい限りでした。
 全編に渡ってすべて男性視点。さらっとしてて、作者サンの描く男性(少年)視点の詩はホントに物哀しいというか、哀愁帯びてて独特。
 約90編の詩の殆どが別れの詩。語り口は優しいけれど、放つ言葉はかなり辛辣で心に刺さる。自分の心情にどストライクな詩がいくつかあって、もう初っ端から感情移入。
 タイトル作の「エイプリル」なんか、かなりシビアな別れの詩。ものすごく余韻が残る。
 印象に残った作品をひとつ引用させていただきます。

  

「棲み分け」
  わかった 
  もういいよ
  君とは
  たぶん無理なんだ
  一緒にいること

  だからといって存在を否定するなんてしないから
  棲み分けようよ 僕ら



 「僕」という優しげな一人称に騙されるけれど、かなりシビアな内容だと思うんだけど。
 甘い、甘すぎな恋の詩も真骨頂だけど、自分的には作者サンはこういう別れの詩の方が素晴らしいと思う。特に男子視点なんかだったらもう言うこと無し!!
 原点に返った1作といったカンジでした。

 自分が特に良いなあ……と思った作品をつらつらと。
エイプリル 
彼女の心の中に自分はいないと悟った男子の決別を決意した想い。
解放感
別れられない人と別れようと決め、自分のために生きようと決めた瞬間の、相手の束縛からの解放感を詠ったもの。
どうしようもないこと
価値観の完全に違う相手に対しての失望と決別。
別れゆくこの時
愛しあっていた者同士の別れの瞬間。まだお互い別れの実感が伴わない心情が巧みに描かれている。

 どちらかというと、人生いろいろ、波乱万丈?あったオトナの方向きの詩なのかも……と思ってしまいました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 銀色夏生
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-01-21 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

君のそばで会おう (角川文庫)君のそばで会おう (角川文庫)
(1988/10)
銀色 夏生

商品詳細を見る

 久しぶりの銀色夏生。ふいにものすごく読みたくなってしまうんです。この作品はわりと初期のモノらしいけれど、個人的にすごく良かったです! 以下、出版社/著者からの内容紹介。

若き殉情詩人たちよ、君の言葉が詩ならば、君の迷いも詩である。好きなものを好きでいるために、世界は一瞬一瞬が0からはじまる…。若い魂の彷徨を描く、銀色夏生のポエム&フォトのビジュアル文庫。

 テーマは「失恋や別れ」……だと思う。どちらかというと、「わかりやすい恋」と似たテイストかも。
 少年少女達の恋の終焉、あるいはその予感を瑞々しく、爽やかに、そして残酷に詠っているのがもう素晴らしい。
 幸せの絶頂にいながら、いつかは訪れる恋の終わりに怯えたり、相手のココロが既に自分から離れているのを知りながら確かめることが出来なかったり、未だ好きなのに別れた相手のことを忘れられずに想い続けていたり……と、さまざまなシチュエーションにおける恋に想い悩むワカモノの心情描写と、ノスタルジックな写真の数々とのコラボが秀逸。

 自分的に特に印象に残った作品をいくつか。
あの恋の力を…裏切られた彼(彼女)が、潔くその事実を認めようとする決意。
恋人は この胸に帰らない…終わった恋の辛さと喜びを噛み締め、そして二度と帰らない恋人を想う。
神さま 堕落してしまいそうです…相手にのめり込むほどの恋をした喜び。
最後の散歩…別れた彼の幸せを願う彼女のひたむきな祈り。
夢の嵐…すれ違いの2人が、所詮結ばれない恋だったのだと気付き悔やむ。
ひどい別れ…一方的に別れを切り出された彼の辛い心情。

 等々、もういい年した自分でも胸キュンになる詩ばかりです。自分の要約ではムードもへったくれも感じられませんが……スミマセン。
 詩も切なく、瑞々しく文句無く素晴らしいですが、写真もそれ以上にステキです。見開き・航空写真を多用したスケール大きい写真の数々に思わず見とれてしまいます。
 青春のあの頃を今一度! 恋に想い悩んだあの気持ちを今再び! という方、是非ともこの本をおススメします。
 ノスタルジー溢れる言葉の数々と素晴らしい写真で、ひととき別世界へトリップしてしまうこと請け合いです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 恋愛詩 * Genre : 小説・文学 * Category : 銀色夏生
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

懐かしいw * by チルネコ
銀色夏生さんの著作も随分前読んでました!しかもあのエッセイのシリーズを10くらいまで読みました(笑)男の自分だけでは食指が動かないですが、知り合いの影響でハマりましたね~。今お子さんとかも大きくなってるんでしょうねw

あ~!これは!! * by 読書系女子
この表紙、見た事ある~!!
きっと昔持ってた!!!
なつかしぃ。
純真だったあの頃に戻りたいっ!?
(でも数学の試験はイヤっ)

Re: チルネコ様☆ * by 惺
> 銀色夏生さんの著作も随分前読んでました!
え~!!! ま、マジですか?
だ、男子で銀色夏生!! カルチャーショック受けました!!
こ、これは男子が読んでも面白いモノなのでしょうか?
ビックリしました!! 

>しかもあのエッセイのシリーズを10くらいまで読みました(笑)
エッセイは未読なのですが…自分はもっぱら詩集オンリーですね。
遥かとお~い昔に忘れ去ったオトメゴコロを必死に呼び戻そうと、本能がこの本を欲するんです~e-263
エッセイも面白そうですね。今度挑戦してみようっと☆

>今お子さんとかも大きくなってるんでしょうねw
銀色夏生サンの私生活については何も知らないのです~。
お子さんもいらっしゃったんですね。

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
> この表紙、見た事ある~!!
> きっと昔持ってた!!!
> なつかしぃ。
だよね~☆
もう、胸きゅんきゅんモノよッ!!

> 純真だったあの頃に戻りたいっ!?
> (でも数学の試験はイヤっ)
「純真」
そんな頃もあったのね……すっかり忘れ果てているわ。
数学の試験……そんなモノもすっかり忘れ果てています。

NoTitle * by semicolon?
澁澤龍彦の次が銀色夏生だなんてとてもナイスです!
清め・・・(笑)
いえ、澁澤氏のファンですがね。あはは。

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: semicolon? 様☆ * by 惺
こんにちは☆
> 清め・・・(笑)
フフ…わかります?
最近濃ゆいモノばかり読んでいたので、ここらへんでちょっとばかし爽やか系のモノを…ということで
鋭いですね~!

Re: こんにちは☆ * by 惺
v-83コメさま♪
銀色サンの人気にはビックリです。
愛読されていた方多いんですね~!

「胃痛」適切なアドバイスありがとうございます!
自分の場合は急性胃腸炎だったらしく、薬で治りましたが…持病のようなモノです。
昔からそうなので、胃腸には自分でも気をつけないといかんな!と自戒しております。
食生活を改善しなさいッとお医者様から言われたので、極力努力している次第e-263
親切なアドバイスありがとうございます。目からウロコの知識、感謝です!!
コメントありがとうございますi-176

個別記事の管理2010-11-05 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

これもすべて同じ一日 (角川文庫)これもすべて同じ一日 (角川文庫)
(1986/12)
銀色 夏生

商品詳細を見る

 久しぶりの銀色夏生。初期作品をチョイス。「わかりやすい恋」よりも前の作品。文句なく素敵です。以下文庫裏表紙より著者のことば。

いつの日も、歩きつづける道の途中で、時々こうしてこのような形で出会えることを幸福だと思います。
私が私の願いをみつめるようにあなたがあなたの願いをみつめてると、(たとえそれが無意識でも)遠くから信じることができれば、それこそがたったひとつの私の愛の形なのです。
運命なのか偶然なのかわからないけど、みつめあう瞳に感謝します。



 著者撮影の写真と詩がコラボした「純情詩集」とのことです。← Amazonの内容紹介にはそうなっていた。
 昭和62年に初版発行。そして平成22年5月に56版(!!)発行とのこと。56版ですよ~。スゴイです。愛読されつづけているのだなァとしみじみ思います。
 「純情詩集」……なるほどその通りかな。男子視点と女子視点で描かれている詩がなんといっても清々しくて瑞々しい。
 まるで幼い恋人同士が会話しているようなカンジ。掛け合いというのではないけれど、うまく呼応しあってるように思える。これも緻密な構成のうち? と疑ってしまう。

 言うまでもなく写真も見事で、写真集としても充分鑑賞に堪えると思う。
 四季折々を感じさせる自然や草花の色彩が綺麗に写されていて、特に素晴らしいのが空の写真。
 早朝を思わせる澄み切った空・茜色の寂しげな夕焼け空・突き抜けるような青空等々。空のいろいろな表情を巧く捉え、さらに詩を絶妙にマッチさせているところに、著者のセンスの良さをものすごく感じる。

 全体の詩の印象としてはほのぼの系・癒し系的な印象を受けます。
 だけど、この著者の詩にほのかな物悲しさを感じてしまうのは自分だけ?
 恋の詩なのに決して甘ったるくない。常に別れを予感しているような切なさを、ふと感じてしまう。
 そこが自分的にはとても好きなんですけどね。

 「これは 別れ という恋」・「僕たちの言葉は紙飛行機」の2作品がお気に入り。
 この作品、ホントはワカモノ向きだと思うんですが、自分のようないいオトナが読んでも素直に感動します。写真と詩の絶妙なバランスがたまらない。
 不思議な魅力を持った著者であり、作品でもあると思います。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 銀色夏生
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2010-08-27 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

詩集 風は君に属するか (角川文庫)詩集 風は君に属するか (角川文庫)
(2010/08/25)
銀色 夏生

商品詳細を見る

 新聞で発売を知って即購入! 久しぶりに銀色夏生の新作を手に取りました。以下Amazomより内容紹介。

その建物は小さく、森の手前にあって静寂につつまれている――。それは、あなたの心の中の城。そこに清々しい風を吹き込み、迷いやしがらみを一掃する。そんな言葉たちが強く語りかける、久しぶりの本格詩集。

 この作者サンの著作で所有しているのが「わかりやすい恋」のみ。しかも学生時代に購入。作者も自分も相当に若かりし頃だったゆえ、その後作品もどのように変遷していったのか、また自分もどのように理解するのか、読む前からちょっと楽しみでした。

 プロローグともいうべき「建物の朝焼け」で始まり、同じくエピローグともいえる「建物の夕焼け」で締めくくる構成もなかなかのもの。その間を107篇もの詩が埋めていきます。数だけみるとかなり多いですが、皆短い詩なのであっという間に読み終えてしまいました。

「わかりやすい恋」はまさに恋する少女向け、青春そのもの的な内容だったんですが、今作はやはり年月を重ねたオトナの女性の作品! という印象ですね。
 恋愛を詠っているモノももちろんあるのですが、なにしろハッとさせられたのが別れの詩。しかも失恋とか、一方的に捨てられて~という内容ではなく、強い意志を持って関係を断ち切ろうとする「決別」の意味合いを込めた詩が何篇かありました。

 強烈に印象に残ったのが「決着」。離婚を想像させるような、力強く毅然とした、凛々しい詩に驚きとともに感動。
 「詩」というと、どうしても甘ったるいモノを連想してしまうのですが、この詩に限ってはとても硬質で鋭さを感じます。

 「本当にきれいなもの」では、ワカモノにぜひ読んでほしい、知っていてほしい、というカンジでしょうか。「本当にきれいなもの」を知るためには、あえて汚いもの・醜いものを知らなくてはならない。まやかしや見せかけに騙されてはいけないよ、という作者のメッセージがストレートに伝わってきます。

 久しぶりに新作を読んだ銀色夏生。年齢を重ねて読んでもやっぱり面白いし、感じ方もやはり若い時とは違う。
「薔薇色の孤独」などは、やっぱりある程度人生経験を積まないと理解できない詩だと思うし。

 ヤバいですね。再び病みつきになりそうです。銀色夏生。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 銀色夏生
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

NoTitle * by レイア
新刊の詩集でてたんですねー。
薔薇色の孤独…なんてこの言葉だけで美しい。
さっそく読んでみなくては!!

Re: NoTitle * by 惺
>レイア様e-420

そうそう、偶然新聞で広告を見つけたんですが、買って損はなかった!
美しい言葉とさらに深く考えさせられる詩で大満足でしたよ~☆

銀色さん素敵ですよね * by ジーナフウガ
改めまして初めまして
銀色夏生さん、良いですよね。

作者の作品と読み手の感性が共に磨きあわされる感じがするのが好きです。

Re: 銀色さん素敵ですよね * by 惺
> ジーナフウガ様e-398

かなり久しぶりに読んだので、オトナになってから読むのはどうかな~と心配だったのですが、やはり共感しましたね。ひとつひとつの短い言葉がグッと迫って来るような。

ご訪問ありがとうございます! 
ジーナフウガさんのブログにもまた遊びに行かせていただきます☆

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: 銀色夏生! * by 惺
>v-83コメ様v-353
も~素敵ですよん☆
ポチポチお気遣いありがとです!

個別記事の管理2010-07-07 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

わかりやすい恋 (角川文庫)わかりやすい恋 (角川文庫)
(1987/12)
銀色 夏生

商品詳細を見る

 昨日のダ・ヴィンチの銀色夏生特集に思いっきり影響されてしまいました。
 もう○十年前の、自分が10代のまだ初々しかった頃(そんな時代あったのか?)読んでました。中でも一番愛読していたのがこちら。

 タイトルからして青春です。当時好きな男子がいて……なんて自分の想い出バナシなど面白いハズがないです。失礼しました
 写真+詩という変わった構成。写真もモノクロとカラーがいい具合の比率でとってもきれいです。初版が今から23年前……(汗)。 数字にすると途方も無く昔に感じますが、写真・内容共にまったく時代と古さを感じさせません。

 そしてなんといってもモデルがいいです。まだデビュー前の、今ではすっかりオバサン(失礼!なんかそんな歌詞のヤツ歌ってたよね)になってしまっている森高千里!
 可愛らしくて初々しいし、この詩のイメージにピッタリだと思う。

 収録されている詩の殆どは、女子の恋心を詠ったものばかりなんだけど、どの詩もうら若かった自分のココロにものすごく寄り添ってて、共感できたなァ。
 なんて、今思うととてつもなくこっぱずかしいですが。

恋人に出会って急に世界が変わったなんてそんな話。わかるけど、まっぴら。  ~「わかりやすい恋」より。

 ……オトメですね。一番好きなフレーズでした。
 過ぎ去ってしまった青春を思い出させてくれた1冊! う~んものすごくベタな表現。
 でも大人になった今、改めて読み返すとまた違った印象と感慨を持ちますね。癒されました。
 こういう繊細な表現と感性を、年を経て未だに持ち合わせている銀色夏生。さすがです!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
Theme : * Genre : 小説・文学 * Category : 銀色夏生
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

きゃ~☆こ・この本は! * by 読書系女子
昔、この本を当時好きだった人にプレゼントした記憶が蘇ってきてしまいました。。。惺さんったら。。。(読書系女子のためにブログ書いてくれているのかと思いました)

いや~夏ですね(なんて、脈絡もなく言いたくなるほどあわてています)

Re: きゃ~☆こ・この本は! * by 惺
> 読書系女子様e-339

フフフ……読書傾向が似ているワと思いながらエントリーしたんですが、まさか自分と同じくこの本に想い入れがあったとは……偶然ですね~。
この本を読んだというコトはやはりオトコ絡みですね? 自分も何度読み返して泣いたことか……そんな純だった頃に戻りたいです、ハイ。

いや~ホントあっついですねッ(訳も無く照れてますe-263)

図書館で * by レイア
借りてきました♪。
・・・・・わかるけどまっぴらのページ、確かに見ました。
昔のつれづれノートにも似たようなこと書いてありました。
でも、年月を感じますね~。最近の夏生さんは、恋を求めているらしいです。
恋で世界が変わることもいいなと思われたのか、
変わらない自信ができたのか、どちらなのでしょうねえ。
これは森高千里さんなのですね。

つれづれ⑰きれいな水の~には、女優の吉高由里子さんの小学生時代の写真が載っていました。
2000年頃、娘さんと同じ小学校で見かけて気になって、写真を撮らせてもらったそうなのですが、
銀色さんも、最近知り合いの人に言われて女優さんになっている事を知ったそうです。
オーラを持ってる人っているんですね~。

Re: 図書館で * by 惺
>レイア様e-339

こんばんは☆ 
借りてこられたんですね~! 今は密かな銀色夏生ブームなんでしょうか? 本屋に行くと、小さくですがコーナーが設けられていて殆どの著作にお目にかかれるんですね、ビックリしました。てっきり絶版になっているモノもあるだろうな~と(失礼!)思っていたので。

作者サンは恋多き女性なんですね~☆ お若いわ~! だからこそあんな詩が書けるのかなと。吉高由里子のエピソードはすごいな~。その吉高由里子しかり森高千里しかり、銀色夏生サンはオーラを持っている人を発掘するのが巧い人なんだなァとつくづく思ってしまいました。
まさか、初読了後何十年もたって銀色夏生の話で盛り上がれるとは夢にも思っていませんでした。
またレイアさんのところにも遊びに行かせていただきます☆
コメントありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。