09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-08-07 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

船に乗れ! (3)船に乗れ! (3)
(2009/11/05)
藤谷 治

商品詳細を見る

 3部作やっと読了しました。この3作目が一番読み応えがあったかも知れないです。以下bk1よりあらすじのような内容説明。

チェロを専攻する津島サトルも、高校2年生での2つのつらい別れを経て最終学年に…。それぞれの心がぶつかり合い、再びふれ合う、青春音楽小説3部作最終楽章。

 例のごとく手短です。でも、ホントにこのような内容ですね。
 中盤まではあいかわらずサトルの回想がスローテンポで進んでいきます。学年も最高学年となり、迎える最後のオーケストラ。その曲発表やら練習具合などが事細かに描写されているのは前2作と同様。
 きっと多少なりとも音楽の知識がある人・興味のある人ならば、読んでいて苦にならないのだろうけれど、正直自分にはまたか~とキツかったです。

 「四日間の奇跡」や「さよならドビュッシー」くらいの描写ならまだ理解できるし、すんなり読むこともできる。まったく音楽的に知識が無くても楽しめるし感動もできる。
 けれど、この作者サンの描写は専門的すぎて、正直言って途中で引いちゃう。
 専門的用語がバンバン出てくるけど、「はあ~そうですか~」なカンジ。帯に「クラシックの知識がなくても、まったく苦にならない~」とありますが、果たしてそうだろうか? 
 作者サンの音楽知識が豊富なのは充分理解できたので、万人にも判るように描くのも作家として重要な技量のひとつだと思うんですが……感動が殺がれてしまうのがとっても残念だし、もったいない気が。ま、ほとんど自分の読解力の無さのせいですけれど……。

 3作中、最後のこの3作目がやはり一番感動的。文化祭でのミニコン出場に向けての練習で3年生が団結し、ココロを通わせてゆくところなんかとても良いし、いよいよ本番と言う時の枝里子登場というサプライズも泣かせるし。
 仲間との深まる絆、枝里子との和解、そして伊藤慧との忘れ難い友情の確認。男女の枠を超えた鮎川との長い友情の始まりなど、いかにも青春を感じさせるエピソードが畳みかけるように盛り込まれてます。
 そして、サトル自ら退職に追い込んでしまった教師・金窪への謝罪。
 この金窪教師が自分的には一番感情移入できたキャラクターかな。
 サトルの人生においての重要な指針を彼はさりげなく示して、サラリと消えてゆく。この「船に乗れ!」というタイトルも彼の訳したニーチェの言葉だったとは。
 誰のためでもない「自分だけの道徳」を発見するために船に乗れ! という。

「勝ち組・負け組」という言葉がありますよね、あまり好きな言葉ではないんですが。
 でも、自分的にはどうしても「若いうちに人生に挫折してしまった、負け組サトルの青春回想録」という印象しか持てなかった。
 ほろ苦い青春……確かにそうだけど。
 ただ、いつまでも若い頃の想い出引き摺っているなよ~! もっと前向きなよ、まだまだ人生楽しいコトあるよ。サトル君! と、中年期にさしかかっている現在の彼に言ってあげたい衝動にかられました。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン

スポンサーサイト
Theme : 感想 * Genre : 本・雑誌 * Category : 藤谷治
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

また、おじゃまします。 * by まいまい
3巻読み終えられたのですね。
確かに音楽の知識や経験があったら、この小説をもっと楽しめそうで、ちょっと悔しいなと思いました。
作者さんの自伝的な作品だと言うことで、音楽への思いがあふれているのでしょうかね。

金窪先生の存在、重みがありました。許しはしない。でも年長者として言えることは言うんです。
こんな大人になれてないなあ。

惺様のラスト3行・・・。よし、おばさんもがんばらなくちゃ。

Re: こんばんは☆ * by 惺
> まいまい様e-339

作者サンの自伝的小説なんですか。そうなんじゃないかな~と、ラスト近くになるにつれ思いました。心情や音楽に関する描写がかなり詳細なので、想い入れがある作品なのだろうとは感じていましたが。
レビューは読了後すぐ書いたので、まだまだ浅い部分があったな~と。少し時間が経って今思うのは、やはり過ぎ去った青春時代への強烈なノスタルジーがすべての小説だったんだなと。それが甘きにしろ、ほろ苦きにしろ。
何にしても心に残る作品です。話題作になるはずですね。まいまいさんから紹介して頂いて本当に良かったです! 

ラスト3行は自分に言い聞かせるためのモノでもありま~す!
この年になると、前向きに生きていかないとなんだか人生もったいないような気がする~!!
自戒の意味も込めて~ってなんだかエラそうでイヤだわ……。
いつもコメントありがとうございますe-466 とっても嬉しいです☆

個別記事の管理2010-07-26 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

船に乗れ!(2) 独奏船に乗れ!(2) 独奏
(2009/07/02)
藤谷 治

商品詳細を見る

 夏休みに入って職場(図書館)も忙しくなってきました。早くも宿題関係の書籍をキープしようと、連日子供たちが来館してます。とってもいい事だと思います! ただ、オトナの方にも言えることですが、図書館の中では静かにね☆ それに寝ちゃダメよッ☆
 というわけで、忙しいせいかイレギュラー出勤も多く、本を読む時間がとれなくてジレンマとストレス……。往復の通勤電車の中で(結構集中して読める!)読んだこの本。以下BOOKデータベースよりチョ~簡単なあらすじ(になってないよ~)。

続巻待望の青春音楽小説、「光と影」のさらに色濃い第2楽章へ。

 ……だそうです。ワケわかんないよ~これじゃあ。といっても、幸せいっぱい・夢いっぱいの前作からの急展開! なんですが……。
 どの書評読んでもかなり絶賛されているようですが、う~ん、自分的にはイマイチです。あくまでも今のところ。
 今作では主人公サトルの短期留学という大きな展開があったわけですが、それもなんかな~。枝里子との悲劇?を演出するための小道具にしか思えず。短期留学をしてサトルが何を得、何を学び、どこが成長したのかまったく判らず。

 それとサトル帰国後の枝里子の境遇の変化がまったくありきたりで、ええ~!? こんなベタな展開でいいワケ? 感が強すぎました。
 サトルと枝里子の純な恋愛もイマイチ心にグッとくるものではなく(2人ともクールすぎ?)、ゆえに枝里子を失ったサトルが落ち込んでゆく心情の変化が理解できない~。でもって、サトルが公民の教師金窪をこれまた間接的に退職へと追い込む心理も納得し難かった。ただ、この金窪教師の最後の授業で、サトルを含めた全教師に向かっての、ソクラテスの逸話を盛り込んだ痛烈な怒りの描写は今作中で一番の見せ場(読ませ場?)であり、秀逸。

 サトルの回想はまだまだゆっくりじんわりと続いていくのでしょう。音楽の描写も自分的には少しクドく感じます。この作品、カテゴライズするとエンタメになるのかな? そうだとしたら、もう少しテンポ良く読ませて欲しいところ。タラタラとサトルの内面告白が続くのがちょっとね……長いかな? 青春小説というには物足りないカンジもするし。きっとスカッと系ではなく、ほろ苦系の青春小説なんでしょうね~。

 「船に乗れ!」のタイトルが何を意味しているのか興味湧くし、モチロン続く3作目も読むつもりです!

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 藤谷治
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

こんにちわ~ * by のびんこ
惺さんは、図書館で働いてるんですね!
なんとうらやましいことです~
永遠のあこがれの職業ですe-420

そっかー。図書館でいっつも本に囲まれてるのに、忙しくて本読む時間とれなかったら、それはそれはジレンマとストレスですよね。
生殺し?

Re: こんにちわ~ * by 惺
> のびんこ様e-420

そうなんです~。自分も憧れ~e-266の職場だったんですが(既に過去形)、夢と現実はやっぱり違いましたe-263
ゆっくり落ち付いてたくさん本が読める職場かな?と思いきや、180度正反対!
ほとんど肉体労働の世界です。痩せます。
どの職場でも共通ですがチームワークが大事だな、とつくづく思ってます!!
猛暑続きですが、お互い体調に気をつけましょ~e-267

図書館勤務!? * by まいまい
図書館勤務されてるんですか~。
本に関してはプロ!なんですね。
ワタクシもうらやましい~。
でも確かに仕事となると大変なんでしょうね。

「船に乗れ」2巻、
確かにベタな展開かも(笑)
というか、昔風?
昔の高校生ってこんな風だったなあ、なんて
郷愁にひたってしまいました。

でも遠く果てしなく広がっていたはずの未来なのに
ちょっとしたことで、限界がわかってしまう挫折感とか、
平気で人を傷つけてしまい、
取り返しがつかなくなってしまった時の痛みなどは
確かに自分にも覚えがあって
それが苦い共感を呼ぶのかな、と思ったりしました。

Re: 図書館勤務!? * by 惺
>まいまい様i-189

本に関してはプロ! ← まだまだ自分は全然です。恥ずかしいくらいダメダメです。なのでこうやってみなさんの書評を見てひたすら勉強中です!
「船に乗れ!」3巻が楽しみなんですが、やっぱ少しレトロ? なカンジがするのは回想だからなんですね。ソコの部分を自分はすっかり忘れてしまう時があって。現時点のサトルは一体幾つなんだろ~? とにかくラストが早く読みたいッっと思う時点でもうこの作者サンの術中にハマッてますね。

ご無沙汰しております * by こはる
いやいや、お久しぶりでございます。

なんと図書館に勤務されていましたか!
どうりで、カテゴリーも幅広いはずですね。

図書館勤務に採用されるって、大変そうですね。
でも、好きな本に囲まれて仕事が出来るって幸せですね。

私も、好きな人たちと好きな仕事をやっていきたいですな。

NoTitle * by レイア
惺さん、図書館での知的お仕事いいですね!!
本の動向がわかり、すぐ借りることもできますね。
でも本の整理や棚に戻すのは体力要りそうですよね。

これからも、
この作家さんはこんな内容書かれてるんだなーとか、
勉強させていただきます。

Re:帰ってこられたんですか~? * by 惺
> こはる様e-255

お帰りなさ~い☆ と言っていいのでしょうか?
そうなんです、自分は図書館勤めなんです~。でもショボいライブラリアン、しかも正規職員ではないので(ここらへんを語ると夜が明けちゃう!)、なんも自慢できることはありません。
本に囲まれて仕事は嬉しいコトですが、ほとんど肉体労働と接客なので、自分が図書館勤めだということを忘れてしまうコトもしばしば。
好きな人たちと好きな仕事ができたら人生バラ色ですよね~。また、そうではないトコロも人生の醍醐味ですけどね。
近々、こはるサンのところにも遊びに行きま~す☆
あ、「大人の社会化見学」借りましたッ! 面白かったですよ~☆

Re: こんばんは☆ * by 惺
>レイア様e-420

知的仕事が出来る~☆ と思って図書館勤め始めたんですが、実際は肉体労働のオンパレードでした。
人気の本・予約状況などが即座にわかって、その点はものすごくありがたいですが☆

もったいないお言葉です~。
自分こそレイアさんをはじめ、いろいろなブロガーさん達から勉強させて頂いてますッ☆
本当にブログっていいな~としみじみ思うこのごろです。
レイアさんのところにもまたお邪魔させて頂きま~す!!
コメントありがとうございましたe-466


個別記事の管理2010-07-08 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
(2008/10/01)
藤谷 治

商品詳細を見る

 いつもいろいろと楽しい情報を提供してくださっているまいまい様から教えていただいた本です。青春モノと知って面白ソ~と思って読んでみました。以下BOOKデータベースよりあらすじ。

音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗。不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイオリン専攻の南枝里子に恋をする。夏休みのオーケストラ合宿、市民オケのエキストラとしての初舞台、南とピアノの北島先生とのトリオ結成、文化祭、オーケストラ発表会と、一年は慌しく過ぎていく。書き下ろし、純度100パーセント超の青春音楽小説。

 音楽小説というジャンルが意外と多いのにビックリ。今まで読んできた中にもいくつかありましたが、皆それぞれ面白いのが共通点。スポ根モノとはまた違ったハングリー精神や友情・師弟愛・技術面の蘊蓄等が描かれていて飽きさせないのが魅力のひとつでもあるのかなと。
 全3作中の第1作目である今作。サブタイトル「合奏と協奏」もそれらの系統を踏んでいて興味深いし、否応なく次作を読みたくなる衝動にかられます。

 冒頭、主人公津島サトルの一人称、回想録といった形で作品は始まるのですが、初っ端からノスタルジーを感じさせる内容に、ググッと引き込まれてしまう。
 そして音楽小説らしく、それぞれの章の区切りは第1楽章・第2楽章~と結構凝ってます。
 まだ第1シリーズなので、サトルの青春時代から。おそらく最も充実して幸せな時期だったんだろうと推測できる時代の描写が中心となってます。

 このチェロを弾くサトルは音楽一家に生まれながらもずば抜けた天才肌というわけではなく、そこそこのレベルの持ち主。音大付属の高校を受験しても技術的にはOKでも、学力の無さゆえに失敗してしまうという、ちょっとヌけた少年。
 結局は祖父が学長をしている高校へと進学するわけだけど、その設定も愉快。高校だけでもほぼ女子校状態。同学年の男子生徒はたったの6人しかいないという……。ここがなんともユニークな設定でクスッとしましたが。コメディ路線入るのかな? と思っていつつ、実際はそうでもなく。この設定が巧く活きているとは1巻読んだだけでは何とも……。

 恋に友情・夏合宿に学園祭。有名な指揮者を招いてのオーケストラ発表会に初恋の女子と美人教師とのトリオ結成等々、まさに青春そのものの内容盛りだくさん。ただ回想の隙間から覗く、おそらく成長してからの、現在のサトルの少し感傷的な心情が気になるところ。
 まだまだ青春真っ只中!的な展開ですが、2巻以降はそうでもなさそうな、ちょっと悲劇入っているような予感。

 本屋大賞にノミネートされているとのこと。続巻にものすごく期待しますね。それに「船に乗れ!」というおよそ内容と結びつかないタイトルの意味も知りたいですし。
 まいまいサン、ご紹介くださってありがとうございました。2巻も続きます(多分、いつか)。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 藤谷治
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

さっそくのレビューありがとうございます。 * by まいまい
名前まで紹介していただいて照れちゃいます。 (^^)
3巻読み終えました。
音楽の素養のない自分が悲しい。
音楽好きだったら、さらにさらに楽しめたのに。

なんかヘルマン・ヘッセが読みたくなっちゃいました。

Re: さっそくのレビューありがとうございます。 * by 惺
> まいまい様e-339

え~もう3巻読んだんですか? 早~い!!
なんか、サトルが転落人生を送りそうな予感がひしひしと……。
なかなか面白いです☆ 続きが読みたい~。
一つの目標に向かって皆でガンバルゾ~!! 的な展開を予想していたんだけれど、まったく違いましたね。
サトルの今後に目が離せない。
ホント、ご紹介くださりありがとうございました! 感謝☆です。

本屋大賞7位! * by 伊織
こんにちは!
ご無沙汰しております。
これ一時私の周りのブロガーさんの間でも話題になってました。

本屋大賞受賞にあたっても色々憶測が飛んでおりました。
って私自身は未読です。音楽系のお話はとっつきにくいという先入観があってなかなか読むまでに時間がかかるんです~(泣)

もし、青春モノがお好きでしたら越谷オサムさんの「金曜のバカ」「空色メモリ」、水森サトリさんの「でかい月だな」なんかも良かったですよぉ~♪
あと青春ミステリーもなかなか侮れません^^



機会があれば読んでみてください~★

Re: 本屋大賞7位! * by 惺
>伊織様~e-266

本屋大賞7位なんだ。
ブログにもあるように、自分もまいまいサンというブロガーさんから教えて頂いたんです。
バリバリ青春モノかと思いきや、そうでもないらしい含みもあってなかなか面白そうな内容です。
音楽をテーマにした作品て意外と多くてオドロキ☆

自分は雑食なんで面白そうだな~と思ったモノはとりあえず読むか~なスタンスなんです。
いろいろご紹介ありがとうございます。最近時代モノとかSFとか多かったんで、たまに青春モノ読むとほっとしますね☆
コメントありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。