個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2010-12-31 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

 大掃除もひと段落つきまして(ウソ!)さっそく前回の続きです。長いです。自分でもイヤになるくらいです。
 飽きた方は全力でスルー推奨です!! 

国内文学
1位  蒼穹の昴  浅田次郎
もう、好きな時代背景だったこと、魅力的なキャラ、巧みなストーリー展開。すべてにおいて最高でした。浅田マジックで泣かされました。
2位  白い薔薇の淵まで  中山可穂
性別を超えた恋愛に読んでいて辛かった! 読了後、こんなに動悸が激しくなった作品は初めてでした。
3位  狼の紋章・狼のレクイエム  平井和正
自分のなにげラノベ好きはここらへんがルーツかも。孤高の人狼・犬神明は永遠のヒーローです。平井和正のシャープな文体もめっちゃ好み。
4位  江戸忍法帖  山田風太郎
忍法帖としての面白さもありますが、一人の姫の成長物語としても充分読める。
5位  空中ブランコ・町長選挙  奥田英朗
精神科医・伊良部の毒気にあてられました。ものスゴイです、この強烈なキャラクター。もちろん、作品も素晴らしい。
6位  花物語  吉屋信子
美しい日本語がここにありました~。なんて、美文調が最初辛いですが、少女の繊細な心理をすくい取った作品群はため息モノ。
7位  仮面の告白  三島由紀夫
初・三島作品でした。強烈なテーマと、情景描写、そして作者自身の克明な心理描写に唸った。
8位  男装の麗人・川島芳子伝  上坂冬子
川島芳子という存在を、おそらく初めてひとりの人間として取材した作品ではないかと。さまざまな満洲関係の書籍の参考文献として取り上げられている。
9位  モダンガール論  斎藤美奈子 
明治・大正・昭和・平成の女性の歴史を時に真面目に時にブッ飛んで論述する著者のユニークな語り口にやられました。評論とは思えないほどの面白さ!  
10位 キップをなくして  池澤夏樹
児童文学から。命の大切さをさりげなく、そして優しく静かに描いた作品。涙腺崩壊しっぱなしでした。類似作(元ネタ)があるらしいが、未読。
次点  ホルモー六景  万城目学

海外作品
1位  ロリータ  ウラジーミル・ナボコフ
予想外の名作に驚き。多少難解な部分もありますが、多様な読み方ができる奇書。
2位  続・813  モーリス・ルブラン
目下ハマり中のルパンシリーズ。中でも一番悲劇性・ストーリー性が高いと思われます。ルパンの人間味溢れるキャラと、波乱万丈の作品構成がたまらない。
3位  月は無慈悲な夜の女王  ハインライン
これも予想外の感動作でした! スパコン・マイクがヒーローといっても過言ではない。人間とコンピューターとの友情と革命というドラマティックな展開が素晴らしい。
4位  椿姫  デュマ・フィス
好きです、悲恋。もう有名作なので、あえて自分が語らずとも。
5位  ジェーン・エア  シャーロット・ブロンテ
嵐が丘・妹エミリも捨て難かったが、姉さんのこちらの作品も読み応え充分でした!
6位  嵐が丘 エミリ・ブロンテ  
自分の好みとしてはこっちなんだが…再読して、ジェーン・エアの真っ当な生き方と迫力に負けた。
7位  神曲  ダンテ  
今回地獄篇のみですが、過去に全作読了済み。見事な地獄の情景描写とドレの挿画が圧巻。
8位  悪の華  ボードレール
さぞヤバイ作品かと思いきや、華麗な散文詩といった印象でした。  
9位  異邦人 カミュ 
何度再読しても主人公の心理は理解できないのですが、今夏ブロガーさんたちと読んだ印象深い1作となりました。 
10位 わが半生  愛新覚羅溥儀 
ほぼ中国共○党のプロパガンダ作品……上巻は清朝末期の史実としてかなり読み応えアリです。下巻は既に広告塔となり果てていてイマイチ。   

 と、まあこんなカンジです。殆ど完全シュミの作品ばかり。
 いや~、今年ほど本を読んだことは未だかつてなかったです、ホント。読書がこんなに長続きできたのも、ブログを始めたことと、沢山のブロガーさん達との出会いと、このブログを覗いてくださる方々のおかげだと思ってます。ありがとうございました!
 皆様にとって2010年はいかがでしたでしょうか? 体調を崩さぬよう良いお年をお迎えください。
 そして2011年もどうぞヨロシクお願いいたします!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★年間ベスト本
* Comment : (16) * Trackback : (0) |

文学 * by KKGT-R
まさに文学! というか納得の文芸作品ばかりですね。
で、音楽とのギャップが凄いです。(笑)
来年もよろしくお願いします。

Re:KKGT-R 様☆ * by 惺
おはようございます!
フフ☆
これらテンションあがりまくりの音楽を聴きながら本を読むと何故か集中して読めてしまうんですよ♪
ブログにお邪魔するたびに絶景写真を拝ませていただき、とても癒されました。
水槽も圧巻ですよね~!!
こちらこそ来年もどうぞヨロシクお願いします!

管理人のみ閲覧できます * by -

NoTitle * by キヨハラ
白薔薇、国内総合で2位なんですね。もちろん惺さんの趣味独断が知れればいいんですよ。

読んだものをすべて覚えていらっしゃるなんてすばらしい。
中国人バイオグラフィー物、2点入ってきましたね。両方とも興味深いですが、来年は川島芳子の方を読んでみようと思います。愛新覚羅溥儀も人物自体には川島芳子以上に興味があるのですが、読み通す自信がありません。
ところで今までずっと気になっていたのですが、惺さんは、中国史とか中国文学とか、何か特別な係わり合いがあるのですか?

Re: こんにちは☆ * by 惺
v-83コメ様☆
わ~!!
嬉しいコメントありがとうございます!
山田風太郎の明治モノ、来年の課題?とします! 面白そう☆
今までは好みで忍法帖オンリーだったので。
いろいろとおススメの本ご紹介いただきまして本当にありがとうございます!
長文大歓迎です♪
来年もヨロシクお願いいたします。とっても励みになりました。
どうぞよいお年を☆

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
こんにちは♪
> ところで今までずっと気になっていたのですが、惺さんは、中国史とか中国文学とか、何か特別な係わり合いがあるのですか?
まったく無いですよ~。
何故中国史・中国文学関連に興味を持ったかと言うと…恥ずかしながら、学生の時に観た香港映画の影響です。
当時面白い作品がたくさんあって、それに興味持つうちに「川島芳子」という存在を知ってまた興味を抱き、必然的に満洲国関連の書籍も読むことになり……という経緯です。
なので、まったくのシュミです。しかも中国正史には恐ろしいほど疎いです。

キヨハラさんには今年1年とてもお世話になりました。
来年もどうぞヨロシクお願いいたします☆

ランキング! * by こはる
いやぁ~
今年の総決算ランキング、これいいですねぇ。
それにしても良く読まれてる。
私など足元にも及びません。

あ!町長選挙が入ってる。
なんか、嬉しいな♪

1位はやっぱり浅田次郎でしたか。
浅田次郎には、さんざん電車の中で号泣させられてしまって、(嗚咽するくらい)大好きなんだけど、つい敬遠しがち。

ストレスたまったら読んで思いっきり泣こうと思います。

今年は惺さんとブログで出会うことが出来て、本当に感謝しています。
このご縁を大切に思ってます。
また来年もよろしくお願いいたします。


Re: こはる様☆ * by 惺
こんばんは☆
> あ!町長選挙が入ってる。
> なんか、嬉しいな♪
だって、面白い! 
強烈な伊良部キャラには負けましたe-263

> 浅田次郎には、さんざん電車の中で号泣させられてしまって、(嗚咽するくらい)
わ~、つらいですね。自分は逆に車内で爆笑噛み殺しという経験があります。
それもかなりつらかった~!

> このご縁を大切に思ってます。
自分もです!!
こちらこそ来年もどうぞヨロシクお願いいたします。

NoTitle * by Friday
ランキング楽しく拝見させていただきました.
私は日本文学をほとんど読まないのですが,そちらまで網羅されていて流石です.
海外文学ランキングも,個人の趣味が出ていて良いですね.
特に悪の華が入っているあたりが素敵です.
ほかの方のお薦めをみると,以前読んだ本ももう一回読みたくなりますね.椿姫とかはまだ読んだことが無いので,さっそく読んでみようかな.
来年もよろしくお願いします.

お世話になりました (^^) * by まいまい
こうしてみても本当によく読んでらっしゃいますよね。
ワタクシも見習って読書ノートを作ってみようかしらん。
川島芳子伝もおもしろそうですよね。

またおじゃまします。
来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ、よいお年を!!

個別記事の管理2010-12-30 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

 2010年も残すところ今日・明日の2日間となりました。
 1年はとても早いです。あっという間でした。今年はこのブログを始めたので本ばかり読んでいたような気がします。様々なブロガーさん達と交流させていただき、楽しく読書できた1年でした。ありがとうございました☆

 他のブロガーさんのところに遊びにいきますと、皆さん今年のベスト本発表をなさってるんですね。とても面白~い!! 好きですね、こういうの☆
 で、自分も何人かの方から今年のベスト本を……というリクエスト?を頂いたので、今日・明日で整理しながらベスト本晒していきたいと思います。
 が!! 自分は何も考えないで読書しまくった結果、とんでもないバラつきとまとまりのないセレクトだったので、小分けにさせていただきます

スポ根モノ
1位  武士道シリーズ 誉田哲也
2位  DIVE!!       森絵都
3位  バッテリー    あさのあつこ
次点 風邪が強くふいている 三浦しをん   ものすごく迷ったのだ!

青春モノ
1位  夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦
2位  鴨川ホルモー 万城目学
3位  ガーデン・ロスト  紅玉いづき
次点 リテイク・シックスティーン 豊島ミホ  これも迷ったし!!

エッセイ
1位  不道徳教育講座 三島由紀夫
2位  しをんのしおり 三浦しをん
3位  あの頃ぼくらはアホでした 東野圭吾
次点 書を捨てよ、町へ出よう 寺山修司  

ビアン小説(とカテゴライズしていいのか…いわゆる女性の同性愛を扱った小説)
1位  白い薔薇の淵まで 中山可穂
2位  微熱狼少女 仁川高丸
3位  文月に不実の花咲く 仁川高丸
次点 猫背の王子 中山可穂屋根裏の二処女 吉屋信子 偏見持たないでね…文学賞も受賞したどれも名作揃いです。

SF
1位  月は無慈悲な夜の女王 ハインライン
2位  夏への扉 ハインライン
3位 七瀬ふたたび 筒井康隆    「時をかける少女」と迷いました!

ミステリー 国内
1位  吉原手引草 松井今朝子
2位  さよならドビュッシー 中山七里
3位  叫びと祈り 梓崎優  このジャンルって絶対的に読了数が少ない~!!

ミステリー 海外
1位  ルパンシリーズ モーリス・ルブラン
2位  ポー傑作集  エドガー・アラン・ポー
3位  Xの悲劇 エラリー・クイーン  ……はっきり言ってシュミです。

時代モノ
1位  眠狂四郎無頼控 柴田錬三郎 
2位  燃えよ剣 司馬遼太郎  
3位  黎明に叛くもの 宇月原晴明  
次点 テンペスト 池上永一  これも一応、時代モノだよね…。 

その他
1位  キムラ弁護士、小説と闘う 木村晋介
2位  本当は恐ろしいグリム童話 桐生操
3位  平気でうそをつく人たち M・スコット・ペック 

コミック
1位  BANANA FISH 吉田秋生  もう、これで決まりでしょッ!!
2位  半神 萩尾望都
3位  バクマン。 大場つぐみ・小畑健
次点 ローゼン・メイデン  コレもシュミです。

 つ、疲れた……ジャンル別だとこんなカンジです。
 どの作品も捨て難いし。本当に迷いますね。なんだか昔読んだ作品て、とても懐かしい。
 クリックするとレビューに飛びますが……とんでもなく過去レビューで今よりもさらに読むに耐えないモノが殆どです。悪しからず……。
 明日は総合のベスト本の予定です。その前に大掃除しなくちゃ!!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン

Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★年間ベスト本
* Comment : (14) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: おはようございます☆ * by 惺
v-83コメ様☆
充実コメントいつもありがとうございます!
読了本の中からお気に入りの何冊かを選ぶのってかなり難しいですね。
自分のレビューに対してこんなに有益なコメント頂けるのは本当に嬉しいコトです。
でも、v-83コメ様、かなりな読書量とお見受けしました。
おススメの1冊などがあれば、是非教えて頂きたいな~☆

おはようございます * by キヨハラ
白薔薇はカテ内で一位なんですね。やっぱり読まなくちゃ。来月時間ができるはずなので読みます!

惺さんは、(日本人を含め)中国、台湾文化圏の人物のバイオグラフィーを多数読んでいらっしゃいますよね。そちらがあがって来なかったのは、どうしてなのでしょう。単にあまりにもたくさん読んでいらっしゃって落としたのか、挙げるほどの内容でなかったのか、今年お読みになったのではなかったのか?気になります。

さっそく * by 本読み人M
参考にさせていただきます!
「夜は短し・・・」の一位には全力で同意♪

「半神」もさっそく購入して読みましたよ!
いやはやスゴイ作品でした。すべての収録作がハイレベル。
「半神」「偽王」「温室」が特に印象的でした。
あぁ~、コミックスをそろえてしまいそうな予感!!
(スペースないのに・・・)

NoTitle * by ひいち
これ、年明けてから、またゆっくり見に来ますねー☆
チェックチェックだわー(^∀^)

今年はこちらのブログと出会えて本当にラッキー☆でしたぁ
仲良くしてくれて、ありがとうございます(^^)v

来年もよろしくおねがいします☆
良いお年をお過ごしくださいね♪

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
こんにちは♪
> 白薔薇はカテ内で一位なんですね。やっぱり読まなくちゃ。
特異なジャンルなので他の書評等も参考にしてからの方が良いかも。
自分が良いと思うモノが必ずしもキヨハラさんにも良いとは限らないので…セレクト基準がなんたってシュミと独断ですから。

> 惺さんは、(日本人を含め)中国、台湾文化圏の人物のバイオグラフィーを多数読んでいらっしゃいますよね。そちらがあがって来なかったのは、どうしてなのでしょう。
バイオグラフィー類は「阿片王~」以外ほとんど再読です。が、再読といえど、今年読んだことに変わらないので一応考えてはいますよ~。
ただ、上位3作品挙げるとなると、仰るとおりちょっとキビしかったのでカテは作りませんでした。
フフフ…総合ベストで入れるかもしれません。

>単にあまりにもたくさん読んでいらっしゃって落としたのか
一応読んだモノは覚えてます~i-229
でもそう思っちゃいますよね、あまりにも雑然としすぎててe-263
コメントありがとうございました☆
とっても嬉しいです!

Re: 本読み人M 様☆ * by 惺
こんばんは♪
> 「夜は短し・・・」の一位には全力で同意♪
だよね~! コレはどうしてもハズせなかった!!

> 「半神」もさっそく購入して読みましたよ!
> いやはやスゴイ作品でした。すべての収録作がハイレベル。
> 「半神」「偽王」「温室」が特に印象的でした。
ホント!? やっぱスゴイよねッ!! 
ヘタな小説よりか断然面白いと思うゾ☆
自分もその3作は好きですi-176

> あぁ~、コミックスをそろえてしまいそうな予感!!
> (スペースないのに・・・)
わかる~!! 
自分もかなりヤバいです。新たな対策を考えないといかん!!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは♪
> 今年はこちらのブログと出会えて本当にラッキー☆でしたぁ
> 仲良くしてくれて、ありがとうございます(^^)v
> 来年もよろしくおねがいします☆
> 良いお年をお過ごしくださいね♪

こちらこそ!!
自分も後で遊びにいきま~す☆
来年もヨロシクお願いしますi-176

ばんわー^^ * by チルネコ
青春もののワンツーフィニッシュが嬉しいです!登美彦氏も万城目氏も京者にとっては贔屓の対象ですから~(笑)僕の中ではハインラインといえば夏への扉が不動なんですが、未読の月~が一位でしたか!それだけこの作品すごいってことですし、来年読んで見ますね^^エッセイにしをんさんのがなんか素敵です(笑)

惺さんとは本が好き~からブログを通じてお知り合いになれてよかったです^^稚拙な記事ばかり読ませてしまっておりますが、どうぞ来年も愛想つかさずお付き合いしていただければ幸いです^^よいお年を~~~♪

NoTitle * by おりえ
惺さん、こんばんは!!!
今年はお世話になりました。いつもレビューを拝見し痒いところに手が届くようなコメントによく首を縦に振っておりました。
こちらは暫くブログはお休みしようかなとは思っていますが、惺さんのブログは柱の陰より拝見させて頂きます。
良いお年を!!!

個別記事の管理2010-12-29 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

しをんのしおり (新潮文庫)しをんのしおり (新潮文庫)
(2005/10)
三浦 しをん

商品詳細を見る

 人生激場に続いて2作目。なんだか病みつきになる三浦しをんのエッセイ。何だか禁断の扉をこじ開けるような気持ちでページをめくりました。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

「漫画の王国」に生まれた小説家の乙女な日常生活。バンドを追っかけ上方へ、愉快な仲間と朝まで語り、わきあがる妄想の楽園に遊ぶ……色恋だけじゃ、ものたりない!
なぜだかおかしな日常はドラマチックに展開──日本の政局も、人気のTVドラマも、考え始めたらいつのまにかヒートアップ!
「読んで楽しく希望が持てる」、笑いだしたら止まらない、抱腹絶倒ミラクルエッセイ。

一章  そぞろ歩くは春の宵
二章  水を求めて夏の旅
三章  幻に遊ぶ秋の空
四章  さみしく轟く冬の風  の悶絶する28編収録。

 なんだかこのエッセイにレビューするのって無意味なような気がする。
 もう読んだそのまま笑って楽しめればいいんじゃん?的な気分になってしまった。それほどバカバカしくも、ある意味素晴らしい三浦しをん嬢の定評あるエッセイ。
 もう怒涛の勢いで自分に迫ってきました。スゴイです。

 漫画にほんのりBLにV系バンドに、果ては宝塚まで……V系バンドと宝塚は自分的に興味がある分野だったので(あ、漫画もだ)自然と読むのに力が入ったし~。
 作者サンて、基本アクティブ派ではないらしい。なので必然的に日常生活も平平凡凡のようなんですが、その平穏な日常を怒涛の笑いの世界へと変換させるあの筆力にはもう、あ然呆然とするしかありませんでした……特にスゴイのが、四章「暴れ唐獅子の咆哮を聞け」!
 しをん嬢が大ファンであるところの高倉健氏の、しをん嬢による妄想日常が、流れるようにさも事実のように描写されていく展開に、もうビックリ。それがまた、面白いのなんの! 妄想だけで軽く200枚を書けると豪語されるものスゴさ。恐れ入りました。

 同じく四章の「次元五右衛門チェックシート発動」……何のことだかわかります?
 男子の好みを2次元キャラに置き換えて比較するという……なんともオタクな方法。これを利用することによって、自分と友人の男子の好みが被るか被らないかがわかるという……わっかんないよ~という方はぜひこの本読むコトおススメします。
 ちなみに自分は五右衛門タイプが好みらしい。←あ、次元五右衛門とは、もちろんルパン三世のキャラのコトです。

 三浦しをん……本当に作家サンだよね? 「風が強く吹いている」を書いた方だよね?
 とつい確認してしまいたくなるほど、その作風のあまりなギャップに驚きながら、今作も充分楽しませていただきました~!
 どうも小説よりもエッセイの方に手が伸びてしまう自分て……たまにはしをん嬢の別な真面目な作品も読まねば!と思いつつ、やっぱム・リだな~。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : エッセイ/随筆 * Genre : 本・雑誌 * Category : 三浦しをん
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

おぉ~やっぱ爆笑ですねぇw * by チルネコ
この方の小説は読んでないですが、本書だけを読むとこういう阿呆系の作品を書かれるのかなーと思ってしまうほどです(笑)惜しげもなく自分をさらけ出す+作家としての文章力が噴飯ものにしてますね!これから小説との作風の違いが楽しみでもあります^^TBさせてくださいー。

Re: チルネコ様☆ * by 惺
自分もマジメな作品1作しか読んでないのでなんとも言えませんが、かなりギャップあります~!
マジメ作はあくまでマジメといった印象。
でも自分的にはエッセイが好きですけどね☆

>TBさせてくださいー。
いつもありがとうございます♪

個別記事の管理2010-12-28 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)あの頃ぼくらはアホでした (集英社文庫)
(1998/05/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る

 自分はそんなに熱心な東野圭吾読者でもファンでもないんですが、なかなか面白いというエッセイの存在を知り購入。一体この作家サンの素顔ってどんなん? と興味津々。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

ワルの巣窟、悪名とどろかすオソロシイ学校で学級委員をやっていた"命がけ"の中学時代。
日本で最初に学園紛争が起こり、制服が廃止されたという「有名校」での熱血高校時代。
花の体育会系&似非理系だった大学時代……あの頃みんながアホでした!
怪獣少年だった小学生時代から、大学を出て就職するまでを赤裸々に(?!)つづる、傑作青春記。


球技大会は命がけ・消えたクラスメイト・『したことある者、手え挙げてみい』・剃り込み入れてイエスタディ・ワルもふつうもそれなりに・油断もスキもない・つぶら屋のゴジラ  等々、大阪パワー全開の爆笑24編。対談のオマケもあるよん。

 東野圭吾…1958年大阪市生まれ。
 言わずと知れた人気作家。自分が読んだ作品はホント少なくて未だどんな作家サンなのかよくわからないけれど、作品からして結構カタブツ的な印象がありました~。
 が、!! 大阪の方だったんですね。作中に織り込まれる会話文が大阪弁でものすごく意外だったし、父・母・姉2人・親しい地元友人等と交わされる、大阪弁丸出しの会話がね~、自分的にツボでした! 一気に親近感が増した。
 で、読了後の素直な感想が、まんま昭和な人。これに尽きます。

 ネタがもう昭和のかほりで満ち満ちてます。初っ端から中学時代のクラスのワル達のエピソード。
 クラスは半スラム化、廊下は賭博場・トイレはタバコ臭充満・体育館の裏はリンチ場となってたというほどの学校の荒れっぷり。中でも東野少年のクラスはワルの巣窟で、しかも学級委員となった彼の運命たるやいかに……? 
 と、言いつつ、作者サンは対人関係のバランス感覚が大変よろしいようで、巧くワル達とも付き合えていたとのこと。スリル溢れるハナシを期待していたがそうでもなかった。けれど当時の愛すべきワル達のファッションに笑える。

 爆笑したのが、小学生時代。こんなに怪獣オタクとは知りませんでした~!! つぶら屋のゴジラ「ペギラごっこ」と「ジャミラやぞー」俺のセブンを返せの3編が東野圭吾によるTHE・怪獣オタクワールド全開! 
 もう詳しい詳しい! ウンチク垂れる垂れる! そのアツい語りに圧倒されっぱなし。特に俺のセブンを返せには作者のセブンに対するノスタルジーがかなり胸に迫りました。みんなあるのね、密かに隠し持つオタクな部分って。

 大学時代・アーチェリー部に所属し(意外~!!)、ご多分にもれず新歓コンパでの恐怖のアルコール責めエピソードが、なんとも恐ろしい! 先輩によるアルコール地獄の鬼気迫る体験談に思わず背筋がゾッ!としたし。

 と、人気作家サンの意外な素顔が面白かった……と素直に言いたいトコロだが、東野圭吾氏、まだまだ弾け方が足りな~い!!
 確かに面白くて爆笑するし、完璧に楽しめるエッセイなんだけど、まだまだ優等生的!!
 もっと自分のハズカシイ恥部をさらけ出してくれないとダメです!! 作者サンの周りの方達は思いっきりアホ全開なんですが、当のご本人がイマイチ、といったカンジでした。

 東野氏、実はガードが固いのね、と勝手に都合よく判断。全編大阪弁で通すとか、もっとおバカなエピソードを披露しちゃうとか。ちょっとパンチが足りなかったな~!!
 ただ、巻末にある対談で晒していただいたお写真。長髪で、くっきりした瞳。なんともお優し気なご本人を初めて拝見して……やはり懐かしい昭和のかほりを感じてしまった自分なのでした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : エッセイ/随筆 * Genre : 本・雑誌 * Category : 東野圭吾
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

こんばんは☆ * by まいまい
東野圭吾さんってもっと若い方かと思ってました。
ワタクシとほぼ同年代ですね。
そりゃ昭和のかほりがするはずです。(笑)

楽しそうですね。ウルトラセブン。体育館裏・・。
同年代ならではの楽しみ方ができそうです。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは♪

> そりゃ昭和のかほりがするはずです。(笑)
懐かしかったですよ~。なんせ自分も当然昭和生まれ☆ 
基本的に東野氏はマジメでお優しい方のようです。

> 楽しそうですね。ウルトラセブン。体育館裏・・。
おまけにブルース・リーに合コン・合ハイ等々、東野氏の眩しいくらいの青春を、ひととき共有させていただきました!
面白かったですよ~☆


こんばんわー * by チルネコ
東野作品は僕もやっと半分くらい読破したかな?という程度なのですが、こういうスラップスティック系のエッセイや小説は未だに読めてないんですよね^^。なんか東野さん=笑いというのが上手くイメージできなくて、食指が伸びません(苦笑)でもい惺さんの記事を拝見すると面白そうに思えてきて、早く手に入れて着手できたらと思います。早くしないとまた読機を逃す~~(笑)

Re: チルネコ様☆ * by 惺
こんばんは♪
> なんか東野さん=笑いというのが上手くイメージできなくて
自分もそうだった~、コレを読むまでは。
バリバリの大阪人だということが判明してビックリ!
やはり、オトナなため、弾け感はイマイチですが(自分の中で三浦しをんとどうしても比べてしまうe-263)充分笑えます! 計算された笑いドコロというか、やはり巧いです!
さらっと読めるので、おヒマな時にでも☆

個別記事の管理2010-12-27 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

緋色の研究 (新潮文庫)緋色の研究 (新潮文庫)
(1953/05)
コナン ドイル

商品詳細を見る

 ルパンを読んだので、シャーロック・ホームズも……という意味もない単純な理由で、記念すべき第一作のコチラをセレクト。以下文庫裏表紙よりあらすじ。

文学の知識─皆無、哲学の知識─皆無。毒物に通暁し、古今の犯罪を知悉し、ヴァイオリンを巧みに奏する特異な人物シャーロック・ホームズが初めて世に出た、探偵小説の記念碑的作品。
ワトスンとホームズの出会いから、空家で発見された外傷のないアメリカ人の死体、そして第二の死体の発見……と、息つく間もなく事件が展開し、ホームズの超人的な推理力が発揮される。

第一部  元陸軍軍医 医学博士ジョン・H・ワトスンの回想録再刻
第二部  聖徒たちの国  

 短編なので、かなり読みやすかったです。
 あまりにも有名なホームズとワトスンとの出会いが描かれていると知って、期待していたのですが、あまりにも現実的過ぎてビックリ。
 今でいうルーム・シェアの相手として出会ったのね~、なんだかとってもリアリティ感じました。全編通してほぼワトスンの一人称で語られてますが、彼のホームズに対する第一印象はいかにも変人! が、しかし!! 次第に明らかになるホームズの才能と独特な個性に知らぬ間に惹かれてゆくという過程がまた面白い。

 第一部では2人の出会いとワトスンから見たホームズ像。そして事件発生とホームズの冴えた推理による、いきなりの犯人逮捕!
 突如出現した犯人に自分はえ? なぜ? どうして? と一瞬理解不能に。ホームズが小出しにする推理の断片だけで、何故にこうなるの? という疑問は第二部で解明されました。自分的にはこの第二部が面白かった。
 犯人が何故、いかなる理由で犯行に及んだのか、その背景をきっちりと描いていて読ませてくれました。
 とある宗教団体がからんだ復讐譚なのですが、いわゆる犯行の動機部分に当たるこの第二部があってこそ、作品により深みが増すのかな、と。
 そしてラストは犯人逮捕に至ったホームズの見事な推理の解説で締めくくる、という構成もなかなか。苦悶に満ちた被害者の死に顔・壁に残った謎の血文字……などなど、雰囲気をもりあげるアイテムは充分だったのだけど、その謎解き部分は、自分的にちょっとこじつけ感が否めませんでしたね。

 ホームズの兄さんのマイクロフトも相当な変人だわ~、と思ってましたけど、さすが弟! ホームズもかなりな個性の持ち主と知りました。
 ルパンが華麗な悪の怪盗とするなら、ホームズは質実剛健の変人探偵(失礼!)とでもいいましょうか。
 予想外の「イヤなヤツ」ぶりが何とも面白かったです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : コナン・ドイル
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

ホームズ! * by semicolon?
ホームズとワトソンの出会いのシーンが大好きです。
驚きすぎて、私も鏡をじっくりみて自分を観察した記憶があります。
まー新発見を期待した私があほでしたが・・・(笑)。

Re: semicolon?様☆ * by 惺
> ホームズとワトソンの出会いのシーンが大好きです。
意外でした~!
もっと感動的なのかと思ってたら、淡々としすぎてた。
あの2人だからあんなカンジなのね~と、今は逆に妙に納得!

> まー新発見を期待した私があほでしたが・・・(笑)。
わはは……semicolon?サンはホームズシリーズお好きですか?
もしおススメがありましたら、いつでも良いので教えてください!
結構ハマりそう~☆

個別記事の管理2010-12-26 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

 スゴイですね~!
 さっそく女子フリー結果です☆

1位  安藤美姫  202.34
やはり…後半5連続ジャンプが圧巻! ホント、モロゾフの作戦と安藤選手の技術力勝ちという印象!
2位  浅田真央  193.69
3A成功おめでとう! ところどころ3回転が2回転になったけど、今季一番の出来だと思う!
3位  村上佳菜子 187.52
勢いあったし~! 攻めの姿勢が良かった。冒頭3回転コンビネーション見事!
4位  鈴木明子  175.96
今大会ジャンプが鬼門だったのかな? ステップは相変わらずの巧さ。残念無念です。
5位  庄司理沙  165.82
冒頭ジャンプが2回転に。次の2A+3Tが素晴らしい! ジュニアなのに安心して観戦できるのはなぜ?
6位  西野友毬  157.09
3F転倒が惜しかった! かつての天才少女健在! かな? ホント大人っぽくなりました。
7位  村主章枝  154.90
ブルーのパンツコスチューム! SPに比べるとちょっと精彩に欠けてるかも。ジャンプの転倒が惜しい!
解説のデリカシー皆無のコメントに激怒してしまった!
8位  大庭雅   150.47
…ここまできましたか。素晴らしい! 将来が楽しみです。
9位  石川翔子  149.63
川越→明治神宮→新横浜とリンクが変わるにつれ巧くなっていったような。洗練されたな~という印象。
10位 村元哉中 140.32
美人姉妹の妹サン! 
12位 今井遙  139.55 
ジャンプにミス多発……残念だ! SPからの切り替えが難しかったかな?

 ジュニア選手が3人もTOP10入り。やはり注目は大庭雅選手? 堂々8位入賞(なのかな?)!
 鈴木明子選手が涙を飲みました……後が無かった浅田選手、良かったです。

ワールド・フィギュアスケート 46ワールド・フィギュアスケート 46
(2010/12/28)
ワールド・フィギュアスケート編集部

商品詳細を見る

 12月28日発売予定☆
 村上佳菜子選手が堂々の表紙!
 もちろん注目の特集はグランプリファイナル
 全日本効果もあって売上倍増か?

 さあ、次は2011年3月21日~27日までの世界選手権! 東京で開催とのことで、日本が誇る最高レベルの選手達の演技が今から楽しみだな~。

世界選手権派遣選手。

男子 小塚崇彦・織田信成・高橋大輔
女子 安藤美姫・浅田真央・村上佳菜子 
ペア 高橋・トラン組
アイスダンス リード姉弟

各選手の皆さま、おめでとうございます!


Return

Theme : フィギュアスケート * Genre : スポーツ * Category : ★フイギュアスケート
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

またまたおじゃまします * by まいまい
さっそくの記事、嬉しいです。

安藤選手の演技、すばらしかったですね。
真央ちゃんが復活の演技を見せた後に、よくがんばりました。
モロゾフコーチの涙が印象的でした。

真央ちゃんもまだ完璧とはいかないけれど、とにかくすごい選手だとうなりました。
また世界選手権が楽しみですね。

村上選手もノーミス。とにかく新世代の勢いを感じた大会でした。
スピードがあるし、みんなジャンプがきれい!
鈴木選手・・めげずに4大陸でがんばってほしいですね。

Re: まいまい様☆ * by 惺
こんばんは♪
男子もスゴかったけど、女子も負けず劣らずスゴかったです。

> 安藤選手の演技、すばらしかったですね。
> 真央ちゃんが復活の演技を見せた後に、よくがんばりました。
> モロゾフコーチの涙が印象的でした。
コーチと選手って相性がとても大事だと思うんですけど、個人的にこの2人は理想的だなと。
いつも選手目線でいてくれますよね。だから人気なのかな?モロゾフコーチ。

> 真央ちゃんもまだ完璧とはいかないけれど、とにかくすごい選手だとうなりました。
強いなあ~とつくづく思いました。
自分に負けてないですよね。頭下がります。

> 村上選手もノーミス。とにかく新世代の勢いを感じた大会でした。
> スピードがあるし、みんなジャンプがきれい!
もう、ジュニア選手にはビックリでした。日本のフィギュア界はしばらく安泰ですね~。

> 鈴木選手・・めげずに4大陸でがんばってほしいですね。
ホントです。期待しちゃいます☆
あ~、残すは世界選手権だけ。
シーズンも終わりになってきましたね。なんか寂しいです。
コメントありがとうございました☆

NoTitle * by 椎名つばさ
私もフィギア好きで見てました!
真央ちゃん惜しかったです(T^T)

記事の感想分かりやすかったです(*^^*)

Re: 椎名つばさ様☆ * by 惺
こんばんは♪
スゴかったよね~!
真央ちゃん、残念だったケド、世界選手権代表になって良かった!
みんな、巧すぎて目がクギ付けでした☆
記事褒めていただき、ありがとうございましたi-176
嬉しいです☆

NoTitle * by キヨハラ
庄司理沙ちゃんに同感です。不思議と転んだりへまするような気がしませんね。
私もあっこちゃんのこと残念です。世界ランキング2位なのにワールドにいかれないなんて!

WFS 46、予約済みです。うふふ。

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
こんばんは♪
> 庄司理沙ちゃんに同感です。不思議と転んだりへまするような気がしませんね。
14歳だから、まだ怖いもの知らずなのかなぁ? 
でもあの落ち着きようは大器の予感。

> 私もあっこちゃんのこと残念です。世界ランキング2位なのにワールドにいかれないなんて!
かつての中野選手のようだヮ…と一瞬思ってしまった。
でも今日のエキシビのベリーダンスは良かったし。まだまだこれからさ~☆

> WFS 46、予約済みです。うふふ。
レビュー楽しみにしています☆


NoTitle * by キヨハラ
中野選手のこと、私も思い出しました。
かつてシンデレラガールと呼ばれ、結局オリンピックにいけなくて。本当にかわいそうでした。熾烈な世界ですよね。

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
こんばんは♪

> かつてシンデレラガールと呼ばれ、結局オリンピックにいけなくて。
そうそう。
で、就職先がフ○テレビ……今回の放送にはきっと心中複雑だったに違いない。
……というのは、自分の勝手な思い込みですが。
ホント、シビアな世界ですよねe-263

個別記事の管理2010-12-26 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

裁く十字架―レンテンローズ (幻狼ファンタジアノベルス)裁く十字架―レンテンローズ (幻狼ファンタジアノベルス)
(2010/11)
太田 忠司

商品詳細を見る

 思いっきりジャケ買いだったのですが、予想外の面白さでした! 以下BOOKデータベースよりあらすじ。

両親を航空機事故で失って以来、達哉は姉・伊月とふたりで暮らしてきた。しかし、最愛の姉は今度の日曜日に金持ちの男と結婚してしまう。
暗い想いを抱えた達哉は誘われるように「レンテンローズ」という名の花屋を訪れ、店主のノブらとともに久々に心安らかな時間を過ごした。だが結婚式当日―伊月が無残な姿で発見され…!

レンテンローズ
裁く十字架
沈む教室   の、幻想ミステリー3編収録。

 初めての作家サン。名前だけは知っていましたが、活躍の場はミステリーでラノベも手掛けているとのこと。なるほど、納得の内容でした。
 どの作品も良かったのですが、敢えて1作挙げるならラストの「沈む教室」かな。新たに書き下ろした作品とのことでやはりミステリー度がアップしてました。
 3作に共通しているのは、主人公が抱える悩みと葛藤。誰にも知られたくない心の暗部を抱えて生きる彼ら。
その彼・彼女たちにある時は救いの手を、またある時は断罪を迫るのは謎の人物・アカンサス!
 時代がかった黒い帽子とインバネスコートを身にまとい、絶体絶命のピンチに陥った悩める少年・少女に救いの手を差し伸べる!

 最初、この登場場面にブッ飛んでしまいましたが、読んでいるうちに違和感は解消。次第に、はやく出てきてよ~! と期待してしまう自分。アカンサスはいわゆる探偵役なのですが、さすがラノベ作家?サン。この突然西洋風ないでたちのキャラに、否が応でも作品世界に引き込まれてしまいます~!

 アカンサスというのは、実は裏の顔。表の顔は、「レンテンローズ」という、神出鬼没の謎の花屋で働くノブ青年。
 迷える少年・少女達は引き寄せられるようにこの花屋に迷い込み、ノブに癒され、抱える悩みに自問自答し、遂にはもうひとつの生き方を選択する。
 表の顔の草食系ホンワカ男子のノブもなかなかツボです。だが、彼がどういう理由でアカンサスに変身?するのか、その理由は謎。過去作読めばわかるのかな? 次作もあるらしいので、とにかく早くその謎を解明してもらいたいものです。

 ノブの相棒? のコ生意気な巨大インコも大変よろしいかと。ノブとのボケとツッコミ的な会話が面白い。さらにミユキという仲間も加わってパワーアップ!
 ゴシック調のジャケットも自分的にかなり好印象。気楽に読める1冊。なかなか面白かったです。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
blogram投票ボタン
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 太田忠司
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

NoTitle * by ひいち
こんにちは♪

太田忠司氏は「新宿少年探偵団」にはまって、その後色々読んでいます。
レンテンローズも読んだことがあるのですが、
このジャケじゃなかったな?シリーズで何冊か出ていましたかぁ?
後で調べてみよう~♪

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは☆
レンテンローズ読んでたんですね! さすが~☆
自分が読んだのは、過去に出版されたモノの復刊らしいです。
なので多分ひいちサンが読んだのは過去作品だと思われます。
予想外に面白くて一気読み!

「新宿少年探偵団」も図書館で見つけたし!
面白そうですね~♪

個別記事の管理2010-12-25 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

 昨日の男子SPは凄かったですね~。TOP4はもう次元の違いをひしひしと感じました。
 ただ、残念だったのがTV局の放送の仕方。あれは酷いでしょう! 明らかに視聴率稼ぎとしか思えない。
 2時間もあれば出場全選手放送できたはず。3分弱で32人だから余裕だったと思うのですが。普段見ることのできない選手を観戦できる絶好の機会だと思っていたのに、あれではあんまり。
 スター選手ばかりがフィギュアスケート選手ではないと、自分は思うのですが。

とまあ、それは良しとして。
女子SP結果です。
1位  浅田真央  66.22
3Aを果敢に挑戦。何とか着氷。このままのテンションでフリーに行ってくれ~! 片脚ステップが巧い。世界大会でこの演技を是非!!
2位  安藤美姫  64.76
衣装も変えてイメージ一新。GPFでは調子がいまひとつだったけど、今回は完璧!
3位  村上佳菜子 61.50
ジャンプエレメンツのラスト1つ。2Aが1Aに。ちょっと惜しいミスでした。
4位  庄司理沙  58.22
全日本ジュニア優勝・JGPF4位の実力派。ジュニアからの参戦で堂々の順位。
5位  村主章枝  57.18 
独自の世界が素晴らしい! ジャンプを完璧に決めてこの順位。
6位  西野友毬  57.02 
かつてのジュニアチャンピオン。どうしても「死の舞踏」イメージがあるけれど、スローナンバーで印象がものすごく変わった。 
7位  鈴木明子  56.86
ジャンプの失敗が痛かったかな? フリーを期待!
17位 今井遙    45.96
ジャンプ3要素(単独・コンビネーション・アクセル系)すべてにミスが出てしまって惜しかった。他の滑りはスピードあって良かったので、もったいないの一言。

 ジュニア選手の台頭がスゴかった。特に印象に残ったのが、大庭雅選手。3+3は当たり前。プラスキレのある滑り。このまま成長していけば、化ける選手だと思った。
 庄司選手はノービス・明治神宮リンク時代から巧かった選手。ついにここまで来たか~と感慨深い。次世代の滑りを堪能させていただきました。

 さてさて、引き続き男子フリーの結果です。ネタバレでもあるので、追記にします。

 混戦必至の男子フリー。最終結果はいかに?

1位  小塚崇彦  251.93
冒頭の4T・後半の3S転倒。2回転倒してこの高得点!!
2位  織田信成  237.48
やはり冒頭の4T・後半の3A転倒。やはり2回転倒してこの得点。  
3位  高橋大輔  236.79
ほぼノーミスとのこと。なのに3位……複雑です。世界選手権行けるかな?
4位  羽生結弦  220.06
スゴイなぁ……スタミナ切れらしいけど、この得点。4T回避して3Tにしたのかな?

 以下、無良崇人選手町田樹選手と続きます。男子も次世代選手が台頭の予感。
 それにしても、選手達の頑張りをきちんと伝えてくれないメディアには、ホント怒り心頭! の自分です。
 男子の放送、ちゃんとしてくれるのかな?
 今大会が全日本ラストの南里選手、ちゃんと放送してよね~!!


Return

Theme : フィギュアスケート * Genre : スポーツ * Category : ★フイギュアスケート
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

激戦です。 * by まいまい
いや~,本当に激戦ですね。
真央ちゃん,がんばった!もう,うるうるです。
そして美姫ちゃんも。このプログラム難しいんでは?
大技はないけど,すごい完成度だったと思います。
そして,ジュニア選手達すごいですね~!
ちょっと前だったら,みんなシニアで優勝するレベルですよね。
庄司理沙さんが,こがねえむしのお気に入り。
あっこちゃんの点数は低すぎないかい?

男子も見ました。高橋君,気迫の逆転3位でしたね。
ショートとフリー揃えるのは大変です。
小塚君も織田君も,そして羽生君も力が入ったかな・・。
そしてやっぱり南里選手は映らない。
全日本はいろんな選手が見られるのが楽しいんです。同感です。

スミマセン。また長くなってしまいました。明日も楽しみですね。

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: ホントです! * by 惺
まいまい様☆
大丈夫です! もう結果が出ているので承認させていただきました!

> いや~,本当に激戦ですね。
> 真央ちゃん,がんばった!もう,うるうるです。
このテンションをずっと維持してほしいのよ~!! 
明日はきっとやってくれる!

> そして美姫ちゃんも。このプログラム難しいんでは?
> 大技はないけど,すごい完成度だったと思います。
前のSPとガラッと印象変えましたよね☆
しっとりとして違った個性を魅せてくれるし~。明日の後半5連続ジャンプが気になる!!

> そして,ジュニア選手達すごいですね~!
> ちょっと前だったら,みんなシニアで優勝するレベルですよね。
> 庄司理沙さんが,こがねえむしのお気に入り。
きゃ~!! そうなんですか? 美少女のうえにとにかく巧い!

> あっこちゃんの点数は低すぎないかい?
確かに~!! なんでだろ? そんなハデなミスしなかったのに??

> 男子も見ました。高橋君,気迫の逆転3位でしたね。
でも、何故にあの点なの? とちょっと納得いかないゾ!

> 小塚君も織田君も,そして羽生君も力が入ったかな・・。
そうそう、ちょっと世界選手権意識しすぎてたかな?という印象!

> そしてやっぱり南里選手は映らない。
ヒドすぎe-263 フ○テレビ嫌い。

> 全日本はいろんな選手が見られるのが楽しいんです。同感です。
そうなんですよ~! みんな一生懸命頑張っているのに!!

> スミマセン。また長くなってしまいました。明日も楽しみですね。
いえいえ、とても嬉しいです。
世界選手権は誰が行けるんでしょうね~☆

NoTitle * by キヨハラ
南里選手、今シーズンで引退なんだから、映してあげて欲しかったですね。
大庭雅選手のジャンプには目を奪われました。Jrが元気だと、来年も再来年も日本フィギュアを楽しめそうなので、うれしいです。

Re: キヨハラ様☆ * by 惺
残念ですよね……最後くらい放送してくれてもいいじゃん!
と、今大会中、某TV局には怒りまくりでした。
ジュニア選手のレベルって高いのね~と驚きました。
層が厚くなって嬉しい限りです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。