FC2ブログ
個別記事の管理2012-04-12 (Thu)

ご訪問ありがとうございます☆

GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)
(2010/07/24)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

 しばらくぶりに読むGOSICKシリーズ。やっと5作目。以下BOOKデータベースより内容。

“君は、わたしを捜せないかね…?”あの日の囁きが予告であったかのように、突然学園から消えたヴィクトリカ。遠くリトアニアの修道院“ベルゼブブの頭蓋”に幽閉され、ゆっくりと弱ってゆく彼女を救うため、一弥はひとり旅立った。
豪華列車で出会った奇妙な客たち、遠い戦争の記憶。謎の夜会“ファンタスマゴリア”の血塗られたショー。かつてこの地で何が起こったのか。そして、一弥とヴィクトリカの運命は―。

 冒頭から登場する「ベルゼブブの頭蓋」の印象的なプロローグに一気に妖しげで幻想的な世界に惹きこまれてしまった。
 今作は囚われのヴィクトリカ編というべきか。父親の手によってソヴュールの要塞であった島「ベルゼブブの頭蓋」へと幽閉されてしまった彼女を助けるべく、一弥が単身乗り込んでゆくというもの。
 ちらつくヴィクトリカの母親の影、ソヴュール国内で対立するオカルト省と科学アカデミーとの確執、謎めいた「ファンタスマゴリア」、奇術の中で発生する連続殺人事件──と興味惹くエッセンスがたくさん散りばめられてます。

 何と言っても今回はヴィクトリカと一弥の距離がぐっと縮まった感じが。一弥は全面的にヴィクトリカを心を許しているのに、ヴィクトリカはなかなか素直じゃないからね。ツンデレ具合が相変わらず。けれど、幽閉されながらも必死に一弥が救出してくれると信じて待っているところなんか……もうもうかわゆいじゃないの!

 ミステリー部分はもう自分的にはどうでもいいかなー? っていうカンジで。←コラコラ!
 悔しいことにラスト! 気になるところでちょうど終わってしまっているのがね……もう……否が応でもⅥを読みたくなるような終わり方で。巧すぎでしょ、作者サン! まだまだヴィクトリカをめぐる謎は解決していない&一弥との絡みが今後どうなってゆくのかとっても気になって仕方ない。
 自分的にはなんとなーく悲劇になりそうな予感が……戦争の影がちらついているものね……。
 世界的規模で怒涛のラストになりそうな気がして、早くシリーズ読破したいな、まじで。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
スポンサーサイト



Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 桜庭一樹
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

同感です * by 風竜胆
>ミステリー部分はもう自分的にはどうでもいいかなー? っていうカンジで
いや、ほんとにそんな感じで、二人を見守っているという気持ちですね(笑)

Re: 風竜胆様☆ * by 惺
こんばんはー!
そうなんです! もうここまできたら親心?ってなもんで。
読んでてもどかしすぎるふたりの距離感!
はやくどうにかなっちゃいなさい!! ←コラコラ!
って思っているのはきっと自分だけじゃない…はずだと…(>_<)
TBありがとうございました!
自分もさせていただきます。

個別記事の管理2012-04-12 (Thu)
ご訪問ありがとうございます☆

サライ 2012年 05月号 [雑誌]サライ 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/04/10)
不明

商品詳細を見る


 新聞の広告で発見して俄然購入欲が! なんともそそられる特集で(笑)
 大特集 群像・日本の作家 と題して、日本の文豪ほぼすべてを網羅したと思われる充実特集でした!

特集第1部 明治・大正・昭和・平成 20世紀の文士総覧
1900年代 正岡子規・二葉亭四迷・尾崎紅葉
1910年代 夏目漱石・石川啄木・長塚節・伊藤左千夫
1920年代 芥川龍之介・有島武郎・若山牧水・森鷗外
1930年代 田山花袋・小林多喜二・宮沢賢治・直木三十五・立原道造
1940年代 太宰治・与謝野晶子・織田作之助・菊池寛・種田山頭火・島崎藤村・幸田露伴
1950年代 林芙美子・坂口安吾・久米正雄・斎藤茂吉・永井荷風・堀辰雄
1960年代 吉川英治・山本周五郎・谷崎潤一郎・江戸川乱歩
1970年代 志賀直哉・武者小路実篤・三島由紀夫・山本有三・川端康成・大佛次郎・檀一雄
1980年代 立原正秋・新田次郎・五味康祐・有吉佐和子・大岡昇平・向田邦子・開高健
1990年代 池波正太郎・藤沢周平・司馬遼太郎・井上靖・吉行淳之介・山口瞳・宇野千代・遠藤周作

 100年間の文豪がずらっとラインナップ! 見事です、壮観です。これら文豪の写真とエピソードを織り交ぜながらの解説。まるで文学史を勉強しているようだ!

特集第2部 文士の手紙と筆遣い
正岡子規から高浜虚子へ 
 正岡子規が体調すぐれない虚子へ送った手紙。子規自らも余命数年と知っていながら、虚子を気遣う優しさに思わず胸が熱くなる。第1部で病床の子規の写真があったりして、この子規という人物に自分はかなり好感を抱いてしまった。
夏目漱石から子供たちへ
 夏目漱石サンって子だくさんだったのですね!2男4女とは!大量吐血した後の、療養先の修善寺で病床から子供たちに宛てた手紙がとても痛々しい。
森鷗外から子供たちへ
 とても子煩悩な一面がうかがえる鷗外の手紙。「コドモ御中」というのに笑った! おちゃめ!
芥川龍之介から妻へ
 気難しげな容貌とは裏腹にとても素朴?な筆跡。で、その内容もなんともユニークというかこれまたおちゃめ!
梶井基次郎から友へ
 自分は梶井基次郎の生涯とかまったく知らなくて……結核のために早世されたのですね。友の父の訃報を聞いてお悔やみを綴る優しさがじんわりと心にしみます。

特集第3部 松本清張と森鷗外
 両文豪にゆかりの地・小倉を舞台に互いの接点と作家としての出発点をたどってゆく。どちらかというと松本清張メインの特集なのかな。意外と多い両者の接点に意外な感じが。

 等々、もう充実内容の特集でした。今までよく知らなかった文豪の、少しだけ垣間見ることのできた素顔。自分的には特に正岡子規が印象的でしたね。野球のユニフォーム姿から一転しての病床写真とか。後輩・高浜虚子に見せる優しさなど、作品以外で知る人間味に触れたような気がしてとても親近感抱きました。
 で、なんと! 付録が万年筆とか!! もうビックリですよ~。黒いシックなデザイン。めったに使わないんだけどなんだかとっても得した気分だったなー。

 教科書読むよりも、このサライ読んだ方が文学史理解できるんじゃないの? と思うほど写真豊富な大特集!
 堪能させていただきました☆


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 雑誌 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★雑誌
* Comment : (0) * Trackback : (0) |