個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2012-05-30 (Wed)

 いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
 ご訪問本当にありがとうございます!


 ひえー! もうすぐ5月が終わってしまうのねー!
 来月は6月。今年ももうあと残り半分ということではないですかー!
 うわー、ただ漫然とこの半年間過ごしてしまったよ。あと半年で何か有益な事をしたい&できるのか? いや、多分できないだろうなと。早いなー、月日が経つのは……(>_<)
 なんてそんなことはどうでもいいから5月後半に読んだ本です。

【金銀砂岸】萩尾望都
 復刻された幻の名作? カラーページ満載の豪華作品集でありました。主に80年代の作品が中心。貴重だよね。
【うふふな日々】あさのあつこ
 発売されるのを楽しみにしていた、あさのあつこの最新エッセイ。
 超絶面白かった! 素のおばちゃんトーク全開で親しみやすさ倍増! 笑かしてくれました♡
【檸檬】梶井基次郎
 有名作でありながら初挑戦。闘病生活を送っていたのですね。でさらに、こんなに自分を投影した作品を残しているとはまったく知らず。作風は重く暗いけれど、その才能は確かなのだなと。早世が惜しまれます。
【天地明察 上・下】冲方 丁
 話題の作品! 文庫化したので早速購入。噂に違わず面白かった。
 この作者のラノベ作品は個人的にはイマイチなのだけれど、こちらはさすがの巧さ。文句なく楽しめました。
【沙羅は和子の名を呼ぶ】加納朋子
 この作者の作品は青春モノしか読んだことがなかったので、初ミステリー。短篇集だったのだけど、どの作品も粒ぞろいの面白さでした。特にタイトルロールの「沙羅は和子の名を呼ぶ」がちょっとSFっぽくて秀逸。
【みをつくし献立帖】高田郁
 人気作「みをつくし料理帖」のレシピ本!
 どれも美味しそうで思わず作っちゃいました。味も内容も美味しい1冊☆
【夜よりほかに聴くものもなし】山田風太郎
 ご贔屓作家山田風太郎の初・現代作品。
 忍法帖シリーズほどの派手さはないものの、逆に静かな心に沁み入る心理描写が白眉。
 巧い作家はどんなジャンルも巧いのだなあと痛感。
【「折れない心」をつくるたった1つの習慣】植西聰
 たまに読みたくなる新書・実用書。これも何か実生活に役立つかなと思い購入。
 前向きに、自分を肯定して生活することが良いのよ~ということを繰り返し解説。たった1つどころかものすごくたくさんの習慣を伝授してくださります。
【着ればわかる!】酒井順子
 前から気になっていて……たまたま図書館にあったので即借り!
 面白かった……というか、作者のがんばりにただただ茫然&拍手~!
 セーラー服・タカラジェンヌ・キャパ嬢・茶摘み娘・十二単などなどいろんな衣装に挑戦し、考察を述べるその姿は素晴らしすぎる~(>_<) 作家魂をひしひしと感じました。
【東京バンドワゴン】小路幸也
 面白かった~♫
 大家族が繰り広げるほろっとした人情話&ちょこっとミステリーで。
 昔なつかしのホームドラマを彷彿とさせるストーリーに癒される。シリーズ化しているのね。続けて読もう!

 というわけで10冊~11冊。他にお気に入り雑誌の ゴシック&ロリータバイブルVol.44 も面白かった! 中村明日美子の読みきりマンガが最高です☆

 ということで、6月もいろいろと読みたい本が続々と。ただブ厚いモノばっかりでちょっとね……(汗)
 あと、もうボッロボロにおお泣きする&めちゃくちゃ感動する作品も読みたいなあ。そんな作品に出逢えると良いのだけどね。
 季節はだんだん夏に向けて不安定な天候続きになりますが、皆さまも体調崩されぬようご自愛ください♪
 ではでは来月もおヒマなおりにはこのブログ覗いてやってくださりませ!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
スポンサーサイト
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-29 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

東京バンドワゴン (集英社文庫)東京バンドワゴン (集英社文庫)
(2008/04/18)
小路 幸也

商品詳細を見る

 書店でとっても気になった1冊。タイトル買い! ちょっと洒落てて一体どんな話なの? と興味津々。以下BOOKデータベースより内容。

東京、下町の古本屋「東京バンドワゴン」。
この老舗を営む堀田家は今は珍しき8人の大家族。60歳にして金髪、伝説のロッカー我南人。画家で未婚の母、藍子。年中違う女性が家に押しかける美男子、青。さらにご近所の日本大好きイギリス人、何かワケありの小学生までひと癖もふた癖もある面々が一つ屋根の下、泣いて笑って朝から晩まで大騒ぎ。日本中が待っていた歴史的ホームドラマの決定版、ここに誕生。

春 百科事典はなぜ消える
夏 お嬢さんはなぜ泣くの
秋 犬とネズミとブローチと
冬 愛こそすべて


 面白かったです!
 なんだかTVの「大家族」や昔懐かしのホームドラマを観ているような気分になる、ほのぼの人情系のストーリー。
 なんたって登場人物がやたら多い! メインとなる堀田家の家族の面々。79歳頑固一徹の勘一を筆頭に、一番下は10歳の研人、そして語り手であり幽霊となってしまっている勘一の妻サチを含めて総勢9人という多人数キャラ達。家族のおばあちゃんである今は亡きサチの語り口がとても優しく癒し系でするすると物語の中に入っていける。

 特に強烈なのが勘一の息子・我南人(がなと)60歳! 伝説のロッカーという設定でなんと金髪。語尾に必ず「~ねぇ」がつく独特の喋り(時にウザく感じるが)、常に「LOVE」とともにあり、大物女優が愛人という破天荒すぎるキャラ!
 シングルマザーあり、異母兄弟あり、いつも若い女子が転がり込んでくるタラシの息子あり、のトンデモ家族にふりかかる日常のささいな事件。誰かしらが探偵となってそんな事件を解決し、さらに家族間の絆が深めてゆくという展開も大変よろしいかと。

 シリーズ化されてるんですね。なんだかわかる気がするな。核家族化で今はホントに少なくなってしまった、多世代共生家族。うるさいくらい賑やかな食卓、たわいもない兄妹喧嘩、家族の危機には団結して協力する……等々、ノスタルジーと羨望感じさせてくれます。
 これはもう何も考えずにただひたすら楽しんで読むのが一番かと。
 古書店「東京バンドワゴン」で繰り広げられる堀田家の珍騒動が今後どうパワーアップしていくのか気になる気になる!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 小路幸也
* Comment : (2) * Trackback : (1) |

* by 潤
おはようございます~惺さん。
バンドワゴン読んでなかったとは意外です。
私大好きですこのシリーズ!!
あたたかいですよね。
テレビドラマ化しないかなぁとずっと思ってます。
人数多いけどみんな個性的だから苦にならない。
会話入り混じる食卓場面が特に好き!
シリーズは今も続刊中で長いですが、
ぜひ読み進めてみてください☆

Re: 潤様☆ * by 惺
こんばんは!
そうなのです!初・小路作品で初・バンドワゴンシリーズ!パチパチパチ~
個性豊かな大家族が懐かしいような、それでもってほっこりあったか!
なかなか複雑な家族関係なのに明るくて良いな~。
映像向きですよね、思いっきり。
ドラマ化したら人気出そうなのに!
自分的に語り手のさちおばあちゃんが大好きで。癒される~
シリーズ追い掛けますね☆



個別記事の管理2012-05-27 (Sun)

ご訪問ありがとうございます☆

着ればわかる!着ればわかる!
(2010/09)
酒井 順子

商品詳細を見る

 以前から気になっていて読みたかった本。かなり昔に新聞で取り上げられていてちょっと話題だったような。
 すごく真面目そうな外見の著者サンがまさか扮装願望(コスプレ願望ではないらしい)をお持ちであったとは! 以下BOOKデータベースより内容……って、載ってなかったので簡単に自分流に内容を。

「たかが服」ではあるが、何を着るかによって人の性格やら心構えやらはかなり変わる。ある種の服を着てみないとわからない世界がこの世にはたくさんある。「扮装」を一種の旅と捉え、今まで知らなかった世界を旅することで何がわかったのか、そしてわからなかったのか。著者が体当たりで挑む扮装(取材)の数々。

春は扮装
セーラー服 タカラジェンヌ 茶摘み娘 スチュワーデス カウガール
夏は偽装
ディスコファッション 陸上自衛隊 青森ねぶた祭 ビーチバレー
秋は変装
キャッツ バスガイド キャバクラ嬢 養蜂家 ゴスロリ
冬は仮装
合唱団 巫女 永ちゃんファッション 十二単

 なんで扮装する必要があるの?
 と思わずツッコミ入れたくなったのだけど、何も考えずに読むのが一番かなと。
 著者サン、自分の中では知的エッセイストという印象強かったんだけど、その認識大部分改めます~。
 ものすごい体当たり取材というかなんともはや……よくもまあここまで……!

 全部で18種の扮装をこなした著者サン。そのチャレンジ精神に素直に感動&拍手を送りたい。厳選された扮装の数々。しかも尋常ではないモノも多数含まれているという秀逸なセレクト。
 タカラジェンヌにキャバクラ嬢とか……さらに養蜂家に永ちゃんファッションって一体……このようなファッションがあるんだーと目からウロコ状態! しかもゴスロリファッションまで挑戦してくれちゃうとは! ハンパないよ!

 この本のスゴイところは奇抜な扮装だけではなく、扮装後のエッセイがまた素晴らしいこと。さすがの巧さでまとめてあってなるほどなと。
 たとえば セーラー服。制服はすべて軍服から由来しているという説の紹介に始まって、さらにセーラー服が女学生の清純さと同時にエロさ(!)をあらわすアイコンである、という見解にはなるほどなと。
 他にも スチュワーデス では、その職業がハードであるために、着用する制服がいかにすぐれた機能を持ったものであるかを身をもって知った著者サンの記述に思わず納得。ハードな業務の中にも女性らしさが要求されるスチュワーデスを『体育会「女」部』とネーミングするセンスに爆笑!

 文中に登場する著者サンの扮装を描いた森伸之氏のかわゆいイラストがとても良い。しかし! コレ証拠写真はないの? とちょっと不満タラタラ……だったけど、あった、ありました。
 巻末にモノクロの小さい写真ですが、ちゃんと著者サンの扮装の証拠が載ってました。自分的にタカラジェンヌとキャバ嬢がツボ! セーラー服なんかとても初々しく見えるのは自分だけ? ゴスロリは正直ちょっとイタいかも……等々、ヴィジュアル的にも文章的にも(?)とても楽しませていただきました。昔懐かし着せ替え人形的なジャケットも笑えます!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 酒井順子
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 読書系女子
これまたおもしろそうな本ですね。
衣装を変えると確かにちょっと変わりますよね。
それなりにそれっぽくなれるというか。

Re: 読書系女子様☆ * by 惺
こんばんは!
いやいや~著者の体当たり扮装!にオドロキの1冊でした。
衣装を替えることによってきっと気分も変わるのだろうなと。
巻末に写真が載っていたのだけれど、
ホント、それなりにそれっぽくなってました^^

個別記事の管理2012-05-26 (Sat)

ご訪問ありがとうございます☆

「折れない心」をつくるたった1つの習慣 (プレイブックス)「折れない心」をつくるたった1つの習慣 (プレイブックス)
(2011/03/30)
植西 聰

商品詳細を見る

 小説以外の本が読みたくなって、何か新書か実用書を……と本屋を探していたら目に留まった本。人気なのかな? 以下BOOKデータベースより内容。

負のスパイラルから抜け出せる“心のしくみ”とは?「折れやすい」自分をまず知ろう。
「つい悩んでしまう」から脱するヒント。「人と比べない」習慣を身につけるetc.―心の中の「へこたれない自分」を呼び覚ますヒント。


1章 心を折っているのは、じつは自分だった?
2章 なぜ折れやすいのか、意外な原因を知る
3章 無理にポジティブにならなくていい!
4章 自分の中の「へこたれない心」を呼び覚ます
5章 ちょっとヘコんだときの確実なヒント
6章 立ち直れなさそうな心に効くメニュー
7章 「視点」をシフトすれば人間関係に強くなる
8章 脳のしくみを生かした"高いハードル"の越え方
9章 すぐ折れない心をつくる新しいアプローチ
10章 「折れない人」になる言葉の使い方


 内容はかなりわかりやすいです。端的に言ってしまうと「自分を肯定しましょう」「自分を好きになりましょう」ということ。
 逆に言うと「自分を嫌いにならない」「自己否定をしない」となりますね。このことを全10章の中でさまざまなシーンに変換しながら繰り返し詳細に述べられてます。

 「折れない心」=「ヘコまない・落ち込まない心」ということですね。
 自分なんかしょっちゅう心が折れてますが、なぜか復活も早いです。どうやって復活しているのかそのきっかけを考えてみても……はて? いつの間にか復活している気がする。ヘコむだけヘコんで心の自然治癒するのを待つというか。
 なので、3章 無理にポジティブにならなくていい! にはとても共感しました。「落ち込んではいけない・悲しんではいけない」と気持ちにふたをするのではなく、「自分は今、悲しんでいるなあ」と、客観的に自分の心を見つめるのが良いのだとか。気分の落ち込みを素直に受け止めると、「落ち込んではダメだ」と自分にプレッシャーをかけるより早く復活できるとのことで。これにはなるほどなあと。
 無理に前向きならなくても良い、解決しなくていいこともたくさんある、など妙に納得できる章内容でしたね。

 読了して思ったのは、今まさに気分的にどーんと「折れている」人にはどうなんだろう、本書の効能は。わかっちゃいるけどできないよー、これができたら苦労しないよー、と思ったりする可能性もアリかなと。少しばかり復活し始めている、もしくは心の調子がよろしい時に予防策として頭に入れておくのが良いのではないかと思ったり。

 で、「グチ」を言うのはマイナスエネルギーをため込んでいるせいなのだとか。うーむ、自分は気をつけないとな。けっこう職場仲間と一緒にグチっているからな。「グチ」を言うことによって他人にもマイナスエネルギーを分けてしまっているという……いかんいかん自重せねば。
 最後に疑問がひとつ。タイトルの「たった1つの習慣」というのが……読了してからえ? たった1つって結局なんだったの? って思ってしまった。
 1つどころか、かなり膨大な数の習慣が挙げられていたような……というツッコミは置いといて。
 「心が折れ」ないように予防の書として読むのがいいのかな? というのが素直な感想でした。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 考えさせられる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : 「折れない心」をつくるたった1つの習慣
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-25 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

夜よりほかに聴くものもなし  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)夜よりほかに聴くものもなし 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
(2011/09/23)
山田 風太郎

商品詳細を見る

 忍法帖シリーズ以外、しかも初・現代小説ということで興味津々で読了。山田風太郎でミステリー……ほとんど忍法帖しか知らなかったのでいったいどのような作品なのかと。以下BOOKデータベースより内容。

東京で五十過ぎまで刑事生活一筋に生きてきた八坂は、ある日、車が母子を轢いた現場に遭遇する。居合わせた男の証言によって過失の事故と判明し、運転していた御曹司は無罪に近い判決を受けた。2年後、八坂は証言者が御曹司の運転手として働いているのを知る。その哀しき理由とは…(「証言」)。
同情すべき事情、共感できる動機。犯罪者それぞれの背景に心揺れる八坂。だが、それでも…。哀愁漂う連作刑事ミステリ。

第一話 証言
第二話 精神安定剤
第三話 法の番人
第四話 必要悪
第五話 無関係
第六話 黒幕
第七話 一枚の木の葉
第八話 ある組織
第九話 敵討ち
第十話 安楽死


 やはりスゴイ作家なのだなと改めて感心させられた。忍法帖のような派手さ豪快さエンタメ性はないけれど、哀愁を帯びた初老の刑事佇まい、深い心理描写、納得できる動機、当時の社会のどうしようもない不条理等々、引きこまれて一気に読了。山田風太郎は忍法帖という卓越したアイデアだけが面白いのではなく、彼が持つ読みやすい文体、テーマ、そして作品の奥底に流れる人間愛──特に社会的・人間的な弱者に対する愛情が満ち溢れているからなのだなと痛感。

 主人公である刑事・八坂がとても渋くて優しい。
 遭遇する犯罪をいきりたって断罪するというのではなく、静かに穏やかに慎重な推理と捜査を重ね犯人を挙げてゆく。巧妙なトリックや派手な逮捕劇があるわけではない。犯人と八坂との間の、時に静謐な時に行き詰るような心理戦。心理的捜査と言ったらいいのか。犯人の心の闇に直接沁み入り、穏やかに罪を暴いてゆく。頑なに犯人を攻めるのではなく、犯人の動機に共感したり反感を抱いたりあくまでも人間味溢れるやり方で断罪し、逮捕に導いてゆく過程の描写が巧みで感情移入。

 1960年代を背景としているので社会風俗等に多少時代を感じてしまうのは仕方ないけれど、各キャラクターの個性や心理・犯罪の動機などは充分現代でも通用するし納得できる。
 各話のラストでの八坂の決め台詞「それでもおれは君に、手錠をかけなければならん」の言葉が重く辛く感じるのは、やはり犯人のどうしようもない葛藤や苦悩を八坂が充分理解しているからなのだ。犯人にも罪を犯すそれ相応の動機があり、悲しみがある。まるで社会の縮図のような複雑な人間模様を垣間見ているよう。

 久々に読んだ重厚な人間ドラマ。やっぱり好きだな、山田風太郎。彼の作品の奥底に優しさがあり、人間に対する愛情をふつふつと感じてしまうのは自分だけではないはずだと。なにより奇を衒わない読みやすさがとても好きだ。
 ヴェルレーヌの詩のフレーズからとったタイトルも印象的。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 山田風太郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-24 (Thu)

ご訪問ありがとうこざいます☆

ゴシック&ロリータバイブル Vol.44 (インデックスムツク)ゴシック&ロリータバイブル Vol.44 (インデックスムツク)
(2012/05/24)
不明

商品詳細を見る


 5月24日発売。いやいや早い。前号Vol.43からもう3カ月も経ったのね。あっという間ですな。
 今号もカラーページ満載、充実記事で超絶読み応えありました!
 まずContentsにはいきなり嶽本野ばら氏のコラム?「子羊達への誓約書」があったりして細かいところも贅沢。
 冒頭数ページは各ブランドの新作特集! 一例を挙げると、 Angelic Pretty  metamorphose temps de fille  Innocent World 等々。
特にオドロキなのが、声優の水樹奈々をモデルにした ALICE and the PIRATES ! セーラー服アレンジのロリータに、ダークな典型的ゴスロリスタイルと、両方ソツなく着こなしているのはさすがだなと。最近メジャーな方々がモデルとして登場しているのよね。今号はAKBの佐藤すみれにタレントの神田沙也加とか。うーん、ちと複雑だな……。

美しいゴシック&ロリータになるための…魔法のビューティBOOK
 こ、これは…面白い!
 魔法の完全ドールメイク 
 ドールで有名な、プーリップ・ブライス・スーパードルフィーをモデルにして完全メイク指南!
 ものすごいよ~。読モたち皆まんまドールのようになってた!しかも似合ってる!特にスーパードルフィーメイク・Unaの変身ぶりには参った!
 ヴァンパイア・ファミリーの美白術 
 要はこれからの季節に必需品の日焼け止めの紹介。それをゴスロリテイストでやるとは…さすがバイブル!
 このページに神田沙也加嬢がご登場。

Triple*Fortune タダカイエ × ALI PROJECT 宝野アリカ × マンガ家 三原ミツカズ
 3人の 「お洋服に夢中」物語 なのだそうだ。タダカイエはなんでも有名なコスプレイヤーさんだとか。宝野アリカ様がデザインした衣装をタダカイエさんが制作、そのイラストを描いたのが三原ミツカズ氏。氏の素晴らしいゴージャスイラストが見事3次元化しててビックリだ。アリカ様、まったくお年を感じさせない……なりきりスゴイです~。

TheaterRomantica 美少年探偵團 ~由良お嬢様を「黒と影」から救い出せ!編~
 もうもうお遊びのページですな。美少女読モ達が、明智探偵&少年探偵団になりきって怪盗・黒と影(黒とかげ)と対決する! という誌上ドラマ!
 読モの美少年っぷりが圧巻だぞ! もちろんファッション紹介も忘れずに。ゴスロリ・王子系・着物(!)等々個性的ファッション紹介ページとなってもいるのだ。ちなみに…物語のベースは江戸川乱歩の「黒とかげ」なのだとか(笑)

 その他、オスカー・ワイルドの「幸福の王子」を彷彿させる、タイトルもそのものスパリの中村明日美子の読み切りマンガ The Happy Prince も哀しくてしみじみ。さらに、バイブル掲載のこれまでの読み切りを集めた単行本も出るとのことで! タイトルは Aの劇場 7月20日発売予定なのだとか。要チェックですな! 

 お値段お高めだけど、読み応えは抜群! ますます充実感アリなバイブル!
 次号は8月24日発売予定とのことだ!

 
blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 女性ファッション誌 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ゴシック&ロリータバイブル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-05-23 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)
(2012/05/15)
高田 郁

商品詳細を見る


 買ってしまいました、レシピ本! 帯の惹句「今日から我が家の食卓が『つる屋』に!!」にも惹かれてしまいましたねー!
以下文庫裏表紙より内容。

大好評「みをつくし料理帖」シリーズで登場した料理をあなたのご家庭に!!
「はてなの飯」「ありえねぇ」など、本編ではご紹介できなかったレシピを初公開。澪がつくり出す料理を著者自らが完全再現。
また、つる屋の間取り図や書き下ろしエッセイなど余すところなく収録。そして、ここでしか読めない、澪と野江の幼き日の思い出を描いた書き下ろし短篇小説「貝寄風」を特別収録した豪華なレシピ本。

  みをつくし4

 ということで、作ってみました(笑)
 時計まわりに上から ありえねぇ 山芋の磯部揚げ はてなの飯

  みをつくし2
ありえねぇ ~「花散らしの雨」より~
 いわゆる酢の物ですね~。コレは実は自分流にアレンジしてしまって…オリジナルはもっと凝った味のはず。

  みをつくし1
山芋の磯部揚げ ~想い雲より~
 これはものすごーく美味しかった! 大和芋がもっちもちではんぺん+おもちみたいな食感で!
 作るのも芋をすって海苔にのせて揚げるだけ~の超簡単作業! おまけにヘルシーだし。

  みをつくし3
はてなの飯 ~八朔の雪より~
 これも~超絶品!! 煮しめた鰹と生姜の風味がマッチしてご飯が進みました。ところどころ茶色いのはお焦げではなく、煮汁です。混ぜるだけ~のまたも簡単調理でした。
 などなど大食いの自分にとってかなり魅力的なレシピ本!! しかもコレ、かなりダイエットメニューかもって作りながら思いました。だって油をあまり使わないし、純和風料理だし。健康食間違いなし!さらに他のメニューにも挑戦したくなる~。

貝寄風
 書き下ろし短篇小説ですね。澪と野江の幼少時のお雛祭りの一日を描いたほっこり作品。
 おさない二人の、相手を思い遣る健気な心が切なく温かい。澪、早くあさひ太夫を身請けしてやってくれ~!

***************************************************************
 
 ということで、今日は仕事が休みだったため、用事のついでにお茶の水~神保町~九段下まで行ってきました!
 快晴でとても気持ちが良かったので写真などをパチパチと。

神保町1

 聖橋
 お茶ノ水の駅を出てすぐのお茶の水橋から撮影。自分は橋よりも下を流れる川のあまりの水鏡っぷりに感心したし。
 こうやって見るとなんか歴史を感じる。特に川に浮かぶ材木船?とか。

神保町2

 湯島聖堂
 湯島聖堂 は孔子廟とのことで。孔子様の銅像もででんッと鎮座しておりました。お茶の水駅出てすぐ。初めて行きました。近くて驚き。

神保町3

 ニコライ堂
 一度行ってみたかった ニコライ堂! 中に入る勇気がなくて外観だけだが……一般人も入れるのかなあ? 入ってみたい~。もうもう圧倒的! ビルの谷間に突如として現れる荘厳なチャペル。素敵です。

神保町4

 東亜高等予備学校跡地
 今は 「神保町愛全公園」 となっている、かつて周恩来など中国人留学生が日本語習得のために通った予備校の跡地。
 画像のように立派な碑が建っていて、自分が行った時はちょうどお昼時で、昼食後の多くのサラリーマンさん達がくつろいでおりました。

 などと、いつの間にかお茶の水~神保町の名所探訪となってるし。和洋中の名所に行けてちょっと満足。
 ホントは健康診断に行っただけなのにねー。帰りは九段下まで歩いていい運動になりました。しかし、今日は暑かった!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 高田郁
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
おはよー☆
健康診断が素敵なお出かけになってる(^∀^*)
ふふ。いいね☆

みおつくし・・・のお料理だー!!!
自分で作ってみちゃうなんて~(^∀^)
素敵だわ!惺さん!!おいしそう!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
天気も良かったのでついついフラフラと……。
良い運動になりました☆

大食いなのでこういうレシピ本に実は弱くて(>_<)
昔話題になった「体脂肪計タニタの~」もしっかり買ってしまったのデス(笑)。

個別記事の管理2012-05-23 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

沙羅は和子の名を呼ぶ (集英社文庫)沙羅は和子の名を呼ぶ (集英社文庫)
(2002/09/20)
加納 朋子

商品詳細を見る

 ひさびさの加納朋子。さとうひろみの可愛らしいけれど何かしら意味あり気なジャケットに惹かれて購入。以下BOOKデータベースより内容。

もしもあの時、別の選択をしていれば、全く違う人生を歩んでいたのだろうか…。平凡な会社員・元城一樹のふとした夢想が、すべての始まりだった。
一人娘の和子の前に姿をあらわした不思議な少女沙羅。その名前が甦らせる、消し去ったはずの過去。やがて、今ある世界と、あり得たはずの世界とが交錯しはじめて―。表題作を含む、全10編を収録。珠玉のミステリ短編集。


黒いベールの貴婦人
エンジェル・ムーン
フリージング・サマー
天使の都
海を見に行く日
橘の宿
花盗人
商店街の夜
オレンジの半分
沙羅は和子の名を呼ぶ

 面白くて大満足な1冊でした。この作者の作品は青春物の「少年少女飛行倶楽部」しか読んだことなかったので、本職?のミステリーはこれが初めて。
 全10作品すべてが良くできていて自分的にハズレなし! 特に印象に残った作品をいくつか。

黒いベールの貴婦人
 最初はタイトルからして幻想小説かと。しかし一種のオカルト(ホラー?)×ミステリーと判明。
 夏休み、暇をもてあました大学生とミステリアスな少女との不思議な交流。謎を解くカギがタイトルの「黒いベールの貴婦人」とは!
フリージング・サマー
 美しい年上の従妹・真弓に憧れる知世子。その真弓が外国に行っている間彼女の部屋に住むこととなった知世子が体験する不思議な出来事。
 いるはずの人間が実は既にこの世におらず、存在すら忘れ果てていた人間がふいに姿を現す。異界と日常が混ざり合う独特のストーリー。
天使の都
 最愛の娘を事故で亡くし、その関係に亀裂が入りつつある夫婦。夫人である麻里子が旅先で出会った少女によって傷心が癒される。そこには洒落た仕掛けが。オカルト物かと思いきや、実は優しくほっこりした夫婦再生の物語。
海を見に行く日
 とある母親の一人称語りで終始。
 一人旅に出る娘に向かって語られる若き日の自分の旅行譚。カラッとした喋りの奥底に流れる娘を思いやる母親の優しさがさりげない。
橘の宿
 このまま日本むかし話になりそうな掌小説。素敵です。
オレンジの半分
 双子少女の複雑な心情を描きながらも、ほっこりミステリーとなっている構成の見事さ。自分も姉妹だからなんとなくわかるなあ、この気持ち。
沙羅は和子の名を呼ぶ
 自分的にベスト作。オカルト×ミステリーと見せかけながら実はSFパラレルワールドテイスト。さらに家族の物語でもあるなと。
 もし今と違う生活を選びとっていたら……誰でも一度くらいは考えるであろう迷いを巧く切り取った1作かと。父親一樹の心理描写が巧いく、少女・沙羅の存在感が圧巻。

 ほとんど印象に残ったんですけどね。珠玉の作品群といっても過言じゃないような。面白すぎました。今度は本格長編ミステリーに挑戦してみたい!


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : 加納朋子
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。