個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-03-31 (Sun)
いつもこのブログを覗いて下さる皆さま。 コメント・拍手・トラックバックしてくださる皆さま。リンクしてくださっている管理人の皆さま。
ご訪問本当にありがとうございます!


 あっという間に3月も終わりです。早いですね…ということで、3月後半に読んだ本です。

アフリカの瞳 (講談社文庫)アフリカの瞳 (講談社文庫)
(2007/07/14)
帚木 蓬生

商品詳細を見る
  前に読んだアフリカの蹄がアバルトヘイトならば、今作はエイズ。社会問題をうまくエンタメ作品とする作者サン、凄いの一言です。

戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫 JA 183)戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫 JA 183)
(1984/02)
神林 長平

商品詳細を見る
  うん、後半イチの作品だった! 超絶面白かった!かなり昔の作品なのにまったく古さ感じず。雪風と零のドライな絆がね、すごく良いよ!続編も読むよ!


未完成  角川SSC新書  大作曲家たちの「謎」を読み解く未完成 角川SSC新書 大作曲家たちの「謎」を読み解く
(2013/01/10)
中川 右介

商品詳細を見る
  これもものすごく面白かった。クラシックの大作曲家が残した未完成曲をめぐるミステリー風味が斬新。


本にだって雄と雌があります本にだって雄と雌があります
(2012/10/22)
小田 雅久仁

商品詳細を見る
  自分は何を勘違いしたのか、この本書評かとばかり思って読んでいたので、最初???とばしまくりでした。プラス、独特の文体・語り口なので中盤まではちと辛かった。が! それ以降は怒涛の勢いの面白さで一気読み。とある家族の本にまつわるファンタジーといえばいいのかな。


死神は恋を連れてやってきた死神は恋を連れてやってきた
(2012/09/19)
渡辺 容子

商品詳細を見る
  前に読んだ「エグゼクティブ・プロテクション」のリンク作的な。おなじボディガートエンタメなのだけど、今作はラブコメに徹して変化がつけられていて楽しめた!


空想科学読本13[そんなコトして死なないの!?]編空想科学読本13[そんなコトして死なないの!?]編
(2013/03/15)
柳田理科雄

商品詳細を見る
  超有名作でありながら今さら読んだというね。評判に違わぬ面白さだった!なんたって理科雄先生の知識と爆笑文に目からウロコ!


文学と悪 (ちくま学芸文庫)文学と悪 (ちくま学芸文庫)
(1998/04)
ジョルジュ バタイユ

商品詳細を見る
  こ、これは…とても難解でした…日本語で書かれているのにさっぱり内容が把握できず…日本語が記号のように思えたよ、まじで。バタイユさん、今度は小説でお目にかかりたい。


乙女のトリビア (祥伝社黄金文庫)乙女のトリビア (祥伝社黄金文庫)
(2013/03/13)
嶽本野ばら

商品詳細を見る
  ひさしぶりの野ばら氏でした!矢沢あいさんのジャケ画も超絶素敵で。自分的に気になるテーマの雑学がてんこ盛りで一気読みしてしまいました。興味ある人には堪らん1冊ですな。


深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
(1976/04)
ギャビン・ライアル

商品詳細を見る
  ツイッターTLから流れてきた「PSYCHO-PASS」情報で知った作品。知る人ぞ知る作品だったのね。自分自身と戦う登場キャラが多くて思わず共感してしまった。


で、あと小説以外でコチラ。
坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
佐野菜見

商品詳細を見る

巷で話題らしいので読んでみました。う~~ん、シュール!&レトロ!
坂本、学ラン脱いで執事服でも充分イケるんじゃないかと…笑。

 ということで、後半は9冊でした。エンタメ・SF・新書・評論・コミック等々、相変わらず雑食で。
 来月もいろいろと面白そうな本を仕入れております。今から読むのがとても楽しみです。
 で、明日から4月。入学・就職の方々、おめでとうございます。
 そうでない方々(自分もだ!)、新年度も日々楽しく愉快に過ごせるようにしたいものですね!
 ではおヒマなおりにはこのブログ、のぞいてやってくださりませ。

 3月後半にいただいた拍手コメントのお礼は追記にてどうぞ!
 いつも本当にありがとうございます!


人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆

雪野真優 様
未完成 大作曲家たちの「謎」を読み解く
仰るとおり、「歴史に名を残す音楽家の裏側」大変面白かったですよ!
意外にも現実的な理由が多いのにビックリで。
大作曲家も人間なんだなあ…とつくづく思ってしまいました。
拍手コメントありがとうございました!


medeski 様
未完成 大作曲家たちの「謎」を読み解く
medeskiさんのお眼鏡にかないましたでしょうか?
これは意外な掘り出し物?でした!
一読の価値はありますよー! ぜひぜひ!
いつも拍手コメントありがとうございます。とても嬉しいです!

Return

スポンサーサイト
Theme : こんな本を読んだ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★ひとやすみ ~駄文です~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-30 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
(1976/04)
ギャビン・ライアル

商品詳細を見る

 TwitterでTVアニメ「PSYCHO-PASS」関連の情報とともに知った作品。知られざる古典名作の予感がして即座に食いつきました!以下文庫裏表紙より内容。

ルイス・ケインの引き受けた仕事は、マガンハルトという男を車で定刻までにリヒテンシュタインへ送り届けることだった。だがフランス警察が男を追っており、さらに彼が生きたまま目的地へ着くのを喜ばない連中もおり、名うてのガンマンを差し向けてきた!
執拗な攻撃をかいくぐり、ケインの車は闇の中を疾駆する! 熱気をはらんで展開する非情な男の世界を描いて、英国推理作家協会賞を受賞した冒険アクションの名作。


 ストーリー的にはどうなんだろ? 結構ありがちなものだと思ったり。あ、違うか。本作が元祖で、後続の似た作品があるってことか。
 タイムリミットまでにとある重要人物を目的地までに送り届けなければいけないが、行く手をさえぎる障害&妨害人物が…という端的にいうとこんなカンジのストーリー。

 ヒーローは第二次世界大戦中にレジスタンスの地下活動をしていたルイス・ケイン。その彼が同じく仲間であった現在は弁護士であるアンリ・メルランからとある要人・マガンハルトの護送を依頼される。同じくパートナーとして選ばれたのがアメリカでもNO.3のガンマンハーヴェイ・ロヴェル。さらにマガンハルトに同行する秘書のヘレン・ジャーマンの4人と共に、シトロエンに乗り込み一路目的地であるリヒテンシュタインへと旅立つ──。

 面白かったです。かなり根強いファンがいらっしゃるのですねー。そんな古典名作を読了できて幸せ。
 自分的にはかなりスピーディー&息をもつかせぬハードなアクションがバンバン展開されるのかと思いきや、実は落ちついた堅実で手堅い展開。
 一応ミステリーにカテゴライズされるのだけど、自分的には男の友情譚として読んだなあ…。特にケインとハーヴェイの。このガンマンハーヴェイが人間臭くてものすごく良いキャラなのだよ。ガンマンのくせになんとアル中とか! 屈強のヒーローというわけではなく、その内面はかなりナイーブでメンタル弱い感ありあり。ゆえに酒に逃げガンマンとしては致命的なアル中に陥ってしまう。そんな彼と穏やかな中にも一本筋の通った男気を感じさせるケインのコンビがなかなか。

 ビジネスマン・マガンハルトを襲う陰謀から護るために、見えない謎めいた敵の攻撃をかわしながら着々と目的地を目指すふたり。最大のピンチをルイスの元戦友である伯爵夫人ジネット・マリスに助けられなんとかタイムリミットまでにリヒテンシュタインにたどり着くが……。
 ここで、敵の正体が明らかになるというね。アクション&サスペンスな展開から一気にミステリー部分へ。犯人はなんとなく途中でわかってしまったのだけどね。自分はどちらかというと人間ドラマとして読んだかな。ケインとハーヴェイを始め、登場するキャラクターは敵ではなく、常に自分自身と戦っているような気がして。己の誇りを護るため・己の弱い心と決別するため等々、キャラクター達の複雑な心理描写にものすごく引き込まれてしまった。

 タイトルの「深夜プラス1」とは、タイムリミット午前0時の1分後。という意味だそうで。イカしてます。なんとなくだけど、チャンドラーの「ロンググッドバイ」を連想してしまった。こちらも男同士の熱い友情というか絆を描いた作品だからね。爽快な読後感でした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : ★初めまして ~このブログについて~
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-29 (Fri)
ご訪問ありがとうございます☆

乙女のトリビア (祥伝社黄金文庫)乙女のトリビア (祥伝社黄金文庫)
(2013/03/13)
嶽本野ばら

商品詳細を見る


 いやあ…個人的に気になる作家、嶽本野ばら氏ということと、矢沢あいさんのジャケ画にとり憑かれて購入。嶽本氏のジャンル限定の雑学知識の豊富さに脱帽! 以下BOOKデータベースより内容。

乙女のカリスマ、野ばらちゃんのおしゃれエッセイ、ついに文庫化!
MILKやVivienne Westwood、COMME des GARCONSから
CHANEL、Diorなどのブランドヒストリー、
そしてゴシック、ロココ、ヴィクトリアンなどの
ファッション・キーワードを嶽本野ばらが
知的かつラフに解説するエッセイ集。
カバーイラストは、矢沢あい描き下ろし!

MILKのあんなこと、ヴィヴィアンのこんなこと、君が知らない、31の豆知識。乙女のカリスマが贈るおしゃれエッセイ。『Zipper』で人気の全30話に加え、未掲載のボーナストラック「原宿の話」を収録。


 面白かったですよん!野ばら氏といえばゴスロリファッションや(サブ)カルチャーに精通した方なので、その方面をこよなく愛する方にはたまらない1冊かと。本書でとりあげられているテーマをざらっと簡単に紹介しますね。なんせ25+ボーナストラックというものすごい量!

香水 姫系 オーブ 指輪 MILK キティ ロココ ヴィクトリアン 天使 ブライス 薔薇とおまじない 刺繍 パンク タロット Candy Stripper アリス CHANEL ゴシック Jane Marple サンタクロース Dior クロス ピアス 薔薇 下着 Tシャツ COMME des GARÇONS 少女漫画 原宿(ボーナストラック)

 さて、気になる単語はありましたでしょうか? 自分的にはすべて気になりまくって一気に読了。
 さすがの野ばら氏。総てのテーマについて詳細で且つわかりやすい解説つき。読者を若いお嬢様で意識しているので(自分、ゴメン…)噛み砕いた表現解説なのに、重要な事実はしっかり押さえているというね。
 自分的には 香水 オーブ ロココ ヴィクトリアン 原宿 がものすごく興味深かったというか、勉強になったかな。
 オーブって聞き慣れなかったけど、宝珠なのだとか。王家の証であるとか。香水は四種類あってその特徴と用途について。ロココは良く聴く単語だけど、その由来が貝殻であるとか。ヴィクトリアンはよくヴィクトリアン調って言葉を聴くけど、その意味は?とか。ちなみにイギリスのヴィクトリア女王のことを指すのね。ファッションリーダーだったという事実も初めて知ったし。
 で、ラストはボーナストラックの原宿。これは渾身の解説でホント面白かった。
 まるまる原宿の歴史を語る語る! 堅苦しくなくてわかりやすい。どのようにして今の原宿という街ができたのか? ファッションと関連して語る野ばら氏の原宿愛に思わず胸熱。
 ランドマーク的存在のキディランドやラフォーレの歴史なんかおもわず目からウロコ! 特にキディランドなんか、戦後アメリカ進駐軍の家族(特にその子供)のために作られたショップとは知らなかった―!

 オリジナルハードカバー発売が2009年ということなので少し時代を感じるけれど、それでも充分楽しめる面白さ。ま、興味ない方にはどうでもいいさ~という内容なのですけどね。好きな方には堪らないテーマ盛りだくさんの充実トリビアでしたー!好きだわ、こういう雑学。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : サブカル好きな人に * Genre : 本・雑誌 * Category : 嶽本野ばら
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

トリビア~♪ * by ゆき
コレ、大分前に読みましたよ。単行本で。
ゴスロリとサブカル好きの乙女のための本ですよね、まさに!
個人的にあのVivian WestwoodとSex Pistolsに意外な関係性があったのには目からウロコ。
どっちもアヴァンギャルドですけどね~。

Re: ゆき様☆ * by 惺
こんばんは!
もう本屋で見つけて即買いでしたよー大好物でこういうの。
面白いですよね!知っているようで知らない雑学満載で。
自分もVivianとSex Pistolsの関係は初めて知ったし。
さすが野ばら氏ってカンジでした!
新作も出たようなので(確か…違ってたらスミマセン)そちらも楽しみ!

個別記事の管理2013-03-28 (Thu)
ご訪問ありがとうございます☆

文学と悪 (ちくま学芸文庫)文学と悪 (ちくま学芸文庫)
(1998/04)
ジョルジュ バタイユ

商品詳細を見る


わたしたちは世界史がつい先程まで「善」の通俗化としての残忍な悪と「悪」の通俗化としての残忍な善にとりかこまれていたのだということを忘れるべきではない(解説より)。
―文学にとって至高のものとは、悪の極限を掘りあてようとすることではないのか…。エミリ・ブロンテ、ボードレール、ミシュレ、ウィリアム・ブレイク、サド、プルースト、カフカ、ジュネという8人の作家を論じる。


エミリ・ブロンテ / ボードレール / ミシュレ / ウィリアム・ブレイク / サド / プルースト / カフカ / ジュネ

 スミマセン。最初に謝罪しておきます。はっきり言ってこの作品、自分には難解すぎました。
 初・バタイユだったのでかなり期待・楽しみにして読んだのですが…内容半分も理解できませんでした、ハイ。
 想像ではバタイユによる、8人の有名作家が描いた作品の「悪」を分析・解析・解説してゆくものだと思っていたのですが…読解力不足が悲しい…。
 まあ、自分なりに気になった作家の理解できた部分まで感想書いてみたいと思います。

エミリ・ブロンテ
■エロチスムとは、死を賭するまでの生の賛歌である
うーむ。雰囲気的には素晴らしい言葉だと思うが、意味としては自分的に理解不能。
しかし、この言葉、エミリ・ブロンテの名作「嵐が丘」のテーマとしては近いものがあるなと。あの作品はまさにヒースクリフを「悪」と捉え、キャシーを情熱あるいは生と死の象徴とし、彼等ふたりを「愛」として描いた作品だと自分的に解釈しているので、ふたりが醸し出す愛情=エロチスムはまさに死を賭するまでの生の賛歌であるという言葉がぴったりかと。
 バタイユさん、かなりエミリ・ブロンテを絶賛されています。短い生涯で隔絶した土地に住んでいながら、あんなにも凄まじい「悪」を生み出し描ききったことへの称賛惜しまず、でした。

ボードレール
■人間は、みずから自分を断罪するのでないかぎり、自分を徹底的に愛することはできない
名言ですが、やはりイマイチ…すみません。
このボードレール論にはバタイユはかなりページを割いて詳細に述べてます。参考文献?として引き合いに出されているのがサルトル。彼の論述を通してボードレールの「悪」について(おそらく作品)述べているのらしいけれど、いかんせんそのサルトルの論述自体がわからんので如何ともし難い。

ミシュレ
まったく初めて知る作家で。その著作「魔女」という作品が当時発禁処分になったとかならないとかで、かなりいわくつきの作品であるらしい。その「魔女」を通して、善と悪、さらにはミシュレの生涯を論じている。らしい。

ジュネ
この作家にもバタイユはかなりページを割いてます。自分も「花のノートルダム」を読んだけれど、かなり衝撃的な作品だった。まさに「悪」を描いた作品であったし、この作家こそ「悪」を書くにふさわしいのではないかなあと。バタイユは「泥棒日記」の方を挙げ、前出したサルトルの著作「聖ジュネ」を通してジュネの作品から彼の生涯の「悪」についてまで詳細に論述。あまりに絶賛してるので「泥棒日記」が超絶読みたくなったし。

 総勢8人の作家たちの作品に潜む「悪」。
 「悪」があるからこそ小説は活きてくる。自分的にはそう思います。その「悪」を詳細に分析し論述しているバタイユ。ちょっと驚きでした。自分的印象は「かなりヤバい小説を書く人」だったので。
 徹頭徹尾、硬派で徹底した作家・作品研究論に圧倒されました。自分、読解力プリーズです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : バタイユ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

半分挫折でした * by ゆき
私も図書館から借りて読んだのですが、全く理解できず・・・・・・挫折に近い状態になりました。
最初のエミリ・ブロンテから作品を読んだことがない私が読んだのが間違いだったかも。
『泥棒日記』は読みました。かなり面白かったですよん♪
それにしてもラインナップにあったカフカは「悪」なのでしょうか・・・・・・?

Re: ゆき様☆ * by 惺
こんばんは!
やっぱりそうですよね? コレわからないですよね?
よかった~自分だけじゃないんだ!
何が書いてるのかさっぱりわからず、どうしよう意味不明~><
ってなってたんですよ~。
ブロンテは好きな作家なのでなんとか読めたけど、
あとはもうお手上げ状態で…。
「泥棒日記」面白かったですか?自分も近々挑戦します!
カフカの悪はどうなの?ってカンジですよね。よくわかりません状態…です。

個別記事の管理2013-03-27 (Wed)

ご訪問ありがとうございます☆

PAX VESANIAPAX VESANIA
(2013/03/27)
妖精帝國

商品詳細を見る


1. 序
2. Astral Dogma
3. Solitude
4. 狂気沈殿
5. ココロサンクチュアリ
6. 月鏡反魂シネラリウム
7. Siege oder sterben
8. missing
9. The Creator
10. Herrscher
11. 空想メソロギヰ
12. 葬詩
13. 機械

3月27日発売。ひさしぶり(2年ぶり?)の自分ご贔屓・妖精帝國のニューアルバム。
かなり期待していたのですよ~。CD屋に駆け込みましたが…1店目ナシ…嘘でしょ~と思いながら2店目へ…ありましたよ~しかもがっつりアニメコーナーに。うーん、仕方ないけどさ。充分HR・メタル・V系でもイケそうだよ。
…とまあ、前置きはこれくらいにして。
うん、なかなか良かったです!ツイッターでもいろいろと情報が流れていた通り、メンバーの入れ替えがあったりと、ユニット自体新たな出発!的な印象。中でも気になった曲をいくつか。

2.Astral Dogma 曲 橘尭葉
初っ端からいきなりメタル系の活きの良い曲で。どちらかというとらしくない曲なのだけど、自分的にはものすごく好み!Vo.のYUIが手掛ける詞も雰囲気抜群で好きです。

3.Solitude 曲 紫煉
作曲に注目!橘氏以外の曲を初めて聴いたよ!新メンバーの紫煉氏によるものなのだが…いいかもー!
今までとはちょっと違ったテイストでありながら、妖精帝國っぽさも残してるし。曲半ばのギターソロが聴かせるよね!これも好きです、ハイ。

4.狂気沈殿 曲 橘尭葉
これはまんまHR・メタルです! おもわずヘドバンしたくなるような!←トシを考えましよう(笑)
疾走感ハンパなし!

5.ココロサンクチュアリ 曲 Nanami
これは変わり種って印象。曲も新メンバーなのかな?Nanami氏(女史?)が手掛けていて。結構女性的なメロディラインなんだよね。ちょっとばかりJPOPっぽいかな~。

8.missing 曲 紫煉
またも!紫煉氏の曲!眠り姫をモチーフにしたドラマティックな歌詞とメロディラインが超絶好みです!コレは自分的おススメな1曲。

11.空想メソロギヰ 曲 橘尭葉
これはもう別格・ネ申曲! アニメ「未来日記」のOPだったよね!
自分的に妖精帝國の代表曲のひとつだと信じて疑わない。何度聴いても飽きない名曲。

13.機械 詞 大槻ケンヂ 曲 本城聡章 King-Show
筋肉少女帯のカバー曲だそうで。オリジナルを知らないのでなんとも言えないのですが、良い曲です。詞ももちろん極上です。他アーティストのカバーを聴くのは初めてなのでものすごく新鮮!

 ということで全13曲。
 かなりバラエティに富んでるし、冒険してるし、挑戦の1枚だと思う!
 今までの妖精帝國のイメージを残しつつ、新境地を目指しているな!という印象持ったし。
 メンバーも新たに、新生妖精帝國ってカンジで自分的にはものすごく楽しめた!耳福でした^∇^

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : アルバムレヴュー * Genre : 音楽 * Category : ★音楽
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-26 (Tue)
ご訪問ありがとうございます☆

坂本ですが? 1 (ビームコミックス)坂本ですが? 1 (ビームコミックス)
(2013/01/15)
佐野菜見

商品詳細を見る

 巷で話題らしい?ので読んでみました。ジャケ画からしてタダモノではない印象。以下BOOKデータベースより内容。

クール、クーラー、クーレスト高校生の登場!
この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである――。
入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。彼にかかれば、ただの反復横跳びは、秘技「レペティションサイドステップ」へと変貌し、上級生からの「パシリ」は、「おもてなし」へとクラスチェンジする。
そんな彼のクールな一挙手一投足から、目が離せない。


第1話 1年2組坂本君
第2話 ビー・クワイエット
第3話 守られるより守りたい
第4話 今日から使える恋愛心理術
第5話 パシリスト坂本

 こ、これは…! まったく予備知識なく読んでしまったのだが…面白い…。
 このジャケ画がこのマンガの面白さをまんま現してます。黒板の溝でビリヤードとか…w
 まさにシュールな笑いという表現がピッタリで。大爆笑というのではないのだけどね。なんだろ…掴みどころの無い面白さというかなんというか。
 作者が女性なんだよね。自分的に女性らしからぬ絵柄だなあ…とまず感心。ものすごいリアルな画で、しかもちょっとばかり一昔前の恐怖マンガ(ホラーマンガではなく恐怖マンガ)っぽくて自分的に楳図かずお氏を連想しちゃったよ。
 で、ヒーローの坂本が七三分け?のイケメンメガネ男子。高校一年のその彼が学校を舞台に学生生活で起こるあらゆる困難と障害を華麗に乗り越えてゆく──的なストーリー…ってこれがまたディフォルメの極地で面白すぎる!

 学校内の不良共の嫌がらせをなんなくかわし、さらにはその仲間の一人を惚れさせちゃうとかね。妖しすぎる魅力を振りまきながら関わる人々をその坂本ワールドに引き込んでゆくというね。
 1巻収録は5話。それぞれのタイトルを見てどんな話を想像します? 
 自分の想像のはるか斜め上をいく奇想天外で独特なマンガだった。ただものすごく気になるのが、この学園の制服。学ランにセーラー服とか。で、生徒達の雰囲気もイマイチ(というか全然)垢ぬけていなくて、まんま一昔前なのだけど…。そこに何か今後の展開を左右する秘密が?
 などと、思わず深読みしてしまう。ホント妖しげな、だけど病みつきになりそうなマンガだった!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 感想 * Genre : アニメ・コミック * Category : ★コミック
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-24 (Sun)
ご訪問ありがとうございます☆

空想科学読本13[そんなコトして死なないの!?]編空想科学読本13[そんなコトして死なないの!?]編
(2013/03/15)
柳田理科雄

商品詳細を見る

 外出先の本屋で衝撃的な出会い(嘘)をした1冊。有名ですよね。勤務図書館にもあって読みたかったんだよねー。以下BOOKデータベースより内容。

不吉な数字「13」。本書『空想科学読本13』にも、死の淵ギリギリの技や行為を扱った原稿が集中した!
『テニスの王子様』の1人ダブルスから、『ゴルゴ13』の落下しながら狙撃まで、
「そんなコトして死なないの!?」と言いたくなる、人間の限界を超えた現象を科学的に考える!
実践したら、死なないか。いま注目の漫画・アニメの「超絶現象」を、科学的にズバッと解析。『テニプリ』1人ダブルス、『黒子』緑間3Pシュート、『BASARA』秀吉パンチ…など33行為。

① 「黒子のバスケ」緑間真太郎のすごい3ポイントシュートを解析してください。
② 小さなモンスターボールに、ポケモンが入れるのはなぜですか?
③ 「暗殺教室」で殺せんせーはマッハ20で動き、暗殺の手を逃れます。マッハ20なら可能ですか?
④ 「とびだせ どうぶつの森」では、ジンベエザメを一本釣りにします。そんなことはできますか?
⑤ アニメ「戦国BASARA」で、豊臣秀吉はパンチ一発で海を干上がらせました。そんなのアリですか?

~以下略。

 このようなトンデモ質問が33個。もう、コレヤバすぎる~~~!
 噂には聞いていましたが、悶絶するほどの面白さ。スゴすぎる…。
 アニメやマンガでの非科学的現象や技などを超真面目に理論的に解析解説する理科雄先生ったらさすがというかおいてけぼりポカーン状態というか。
 …いやあ~爆笑させていただきました。

 とにかく凄いんですよ。回答が。分析が。文章の面白さが!!!
 これはもう感想などまともに書けるわけがなく。とにかく読んでみてよ!というしかない。
 自分的に白眉だったのが、
⑪「スーパーロボット大戦」では、大きさの違うロボットたちがいっしょに戦います。危なくないですか?
 という質問。に対する回答がなんと!比較対照するために理科雄先生が抽出したのが総勢50機(単位これでいいんだよね?)のロボット達。
 元祖マジンガーZからエヴァ等最近のロボットまで。いろいろ分析解析をした結果の回答が

こんなに戦力を分散させて大丈夫なのか気になるが、これほど大きさの違うロボットがいるのだから、戦況に柔軟に対応することも可能だろう。ロボットも人間も適材適所だと思います。

 とか。うますぎるまとめにはぐらかされた感MAXだけど、面白ければいいや~的な。思わず納得するしかないでしょ。

 ということで、噂に違わぬ面白さ。でもホント科学のお勉強にもなりそうだよ。「質量保存の法則」とかね。なんだか懐かしい響き。面白くてタメになる。一粒で二度美味しい理想的な本だと思われます。大満足で読了しました!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 柳田理科雄
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-03-23 (Sat)
ご訪問ありがとうございます☆

  

 以前読んだ「エグゼクティブ・プロテクション」が自分的にかなり面白かったので、同じ作者の最新刊?を読んでみました。以下BOOKデータベースより内容。

外国人VIPの警護班を任された、駆け出しの女性ボディガード・愛。美術商だという容姿端麗なVIPを護衛する最中、彼女に警告の電話がかかってくる。“その男は死神だ"と。その言葉を裏付けるかのように、関係者の死や何者かの突然の襲撃に遭い、愛は自らの人生を揺るがす大きな事件に巻き込まれていくことに――。誰が敵で、誰が味方か? 先の読めないボディガードサスペンス!

 「エグゼクティブ・プロテクション」はかなりシリアスなサスペンス&ミステリーだったのだけれど、こちらは真逆のコメディ&ちょっとファンタジー&サスペンスといった感じ。ボディガートというモチーフは共通しているけれど、意識して雰囲気変えてるなあ…(あ、いい意味で)って思った。
 面白かった&気楽に楽しめたストーリーだったかな。

 とある警備会社に勤務する一流愛(いちながれあい)はスポーツ・格闘技が堪能で、さらに腹筋が6つに割れているほどの男前女子。その彼女が外国人の要人の警護を依頼されたことから、彼女の運命が大きく変わるとんでもない事件へと巻き込まれていく。
 もうね、ハイスピード・ハイテンションでまっしぐらに突き進むストーリー。愛が警護を受け持ったのは、一時的なショックで喋れなくなった、なにやら秘密めいたジョンと名乗るイケメン。彼を護衛するにつれて殺人事件が起こり、ついにはそのジョンや愛にまで危機が迫る!

 …というね。味方だと思っていた人物が実は敵だったり。警護をしているはずの愛が実は警護されていたとか。様々な仕掛けとどんでん返しが随所に盛り込まれていて最後まで飽きずに読めた。なんたって愛のキャラが面白すぎて。彼女の一人称で語られる、その語りがもう爆笑というか。性格も大雑把で強靭な身体なくせに、常に夢見る夢子ちゃん的な女子らしさのギャップが笑える。警護対象のジョンに惹かれつつ、その彼の正体を疑問に思ってしまう心情がなんとも健気で!
 誰が自分の味方で誰が敵なのか? そして極めつけは愛自身も知らなかった自分の出生の秘密。こうくるとかなりベタな展開が予想されちゃうんだけどね。でもそれが明かされるラストにかけてがなんとも怒涛の勢いでスゴい! かなりツッコミどころは満載なのだけど、まあ、これもアリかぁ~と読ませてしまう作者の力技。
 架空の国を舞台にハードなアクションありサスペンスありラブロマンスありヒロインの妄想ありミステリーあり、の豪華な1作。
 自分的にはシンデレラストーリー&ボディガードサスペンス&ミステリーとして読んだかな。こんなのアリなの? と思いながらも大変楽しく読めました。ボディガードネタが続くけど、マンネリ感無くてなかなか面白かった!

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : 渡辺容子
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

感動しました! * by みか
はじめまして♪ 「エグゼクティブ・プロテクション」の感想を拝読して読んだところすっごく良かったので(ありがとうございました!)、本書は発売前に予約してもう3回読みました。最初の時は「おもしれぇぇ」てな感じでしたが、読み返すと隅々までお話が練ってあって凄いですね。ジョンが愛のお兄ちゃんのことを自由にしてあげられなかったことを悔やんでいて、だからこそ万感の思いで告げる「お逃げください」。
最後のほうで、愛が逆プロポーズしますけど、自分が幸せになりたいってエゴでなく、ジョンのことを救いたい一心なんですよね。ヒロインの名前の通り、ホンモノの「愛」がテーマになっていて感動して友達にもすすめまくっています。これからも読書の参考にさせていただきます!

Re: みか様☆ * by 惺
はじめまして!
わわ!自分の感想を読んでいただきありがとうございます!
「エグゼクティブ・プロテクション」はホント面白かったですよね。こんな話があるんだ!
と当時はものすごく感動した覚えが。
みか様、すごい。発売前から予約とか。自分は最近知ったので遅すぎ~><。
仰られる通り、よく練り込まれた作品だなあと。今回はコメディタッチ&ラブロマンス仕立てで、「エグゼクティブ~」とは似たモチーフだけど、まったく違ったテイストにしているのはさすがだなあと。

>ヒロインの名前の通り、ホンモノの「愛」がテーマになっていて感動して

そうですよね!なんたって「一流の愛」ですものね!
みか様のおススメ本などもありましたら是非教えてください。
お互いに面白い本をこれからも探してゆきましょう!
ご訪問とコメントありがとうございました^∇^

わ。偶然~。 * by igaiga
わたしも本日upしております。
ドタバタコメディでしたね。
ボディガードしていたと思っていたら実はされる側だったという・・・
しかし、タナカさんの謎はそのままでしたね。
なんだったんだろう・・・彼・・・(遠い目)

Re: igaiga 様☆ * by 惺
こんばんは!
ですねー!こんな展開になるとはビックリでした。
ツッコミどころ満載で結構楽しく読めました。
タナカさんの謎…そういえばそうですね~。
最初はもっとすごい役なのかと思っていたのに…。



承認待ちコメント * by -

Re: みか様☆ * by 惺
こんばんは!
自分の稚拙感想文を読んでいただくだけでもありがたいことなのに、
コメントまで頂戴できるのは本当に嬉しいです。

みか様からの真摯なお考えを大切にしたいと思うので、
頂いたコメントは自分だけが読めるようにしておきたいと思います。
1冊の本に対して抱く感想は人それぞれなのだなあ、としみじみ思いました。
だからこそ読書は楽しくもあるのだなとも思ったり。
こうやっていろいろと語れるのも嬉しいです!

「空想科学読本」予約されたのですか?
自分的にはかなり面白く読めました。結構好きです~こういうジャンル!
理科雄先生の分析に感心したり爆笑したり。
みか様も楽しく読めると良いですね!
コメント本当にありがとうございました!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。