FC2ブログ
06≪ 2021/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-02-05 (Fri)
 ご訪問ありがとうございます☆

 この本は山田忍法帖の中でも、知る人ぞ知る本かなあと。甲賀・伊賀忍法帖みたいに映画化されていないし、いまいちマイナーな作品かもです。
 でも、自分の中では5本の指に入るくらいの名作だと思ってます。「魔界転生」よか、ずっといいぞ!

風来忍法帖―山田風太郎忍法帖〈11〉 (講談社文庫)風来忍法帖―山田風太郎忍法帖〈11〉 (講談社文庫)
(1999/07)
山田 風太郎

商品詳細を見る

 う~ん、いつも思うことだけど、表紙のセンスが……

100205_0026~01 ←自分が大昔に購入したモノ。角川文庫版です。

 舞台は「のぼうの城」でも有名な落城寸前の忍城。その城主の許に輿入れした麻也姫と、彼女を護るにわか忍者、7人の香具師が、敵方の忍者と繰り広げる攻防戦。凄絶な闘いあり、淡いロマンスあり、もう存分に楽しませてくれます。
 乱世をムチャクチャに生きてきた7人の香具師達が、麻也姫との出逢いによってその生き方考え方を感化されて、最期には彼女のためにひとり、またひとりと命を落としてゆくのがまた哀れ。涙を誘います。

 600ページほどの量ですが、飽きることなくあっという間に読み切ってしまいます。
 山田忍法帖、一作品読むと中毒のように次が読みたくなっちゃうんだよね~。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事
Theme : 歴史・時代小説 * Genre : 本・雑誌 * Category : 山田風太郎
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する